晴風万里

すべての言葉は通り過ぎてゆく 第3回



西暦2013年長月蝶人狂言畸語輯


男子の生きる力の根源は、それぞれの男根の生命力そのものにある、と考えてはいけないだろうか?9/30

「国民皆保険」すら法律に出来ず、観光名所も閉鎖し、「銃規制」も出来ないくせに腹が立つとすぐに外国に戦争を仕掛けるなんて、マメリカもずいぶん民度の低い国だなあ。9/30

クリスチャンでもないのに、なんで十字架のネックレスをするのか。こういう無神経な連中がヤクザの象徴である刺青をおのれの身体に擦りこむのだ。

他国の利害に引きずりまわされて否応なく戦争への道を歩むことになる「集団的自衛権」を推進する「積極的戦争主義者」が、「積極的平和主義」を標榜するとは笑止千万だ。

モザールの最初の変ホ長調の交響曲のような短い詩を書きたいな。彼の最後のハ長調の交響曲とおなじ3つの和音が出てくる詩だ。9/26

鳥も虫も犬も猫も、独りで生まれて独りで黙って死んでいく。自分の落とし前は自分でつける彼らはじつに立派だ。最後まで人様に迷惑をかけっぱなしで未練たっぷりに死んでいくのは人間だけだ。9/26

世界の果てまで行って敵と戦うための集団的自衛権を我がものにしたいのなら、その前に垂れ流している1日300トンの汚染水を、世界の果てまで回収しに行きなさい。13/9/26

震災で市民を援助したと称される山口組、台湾を占領したが善政を施したとも唱えられている旧日本帝国、医療に貢献しながら衆院選で選挙違反を犯した徳洲会等々。どんな組織も善悪二つの側面を内部に秘めているのだろうか。9/23

太平洋戦争の遠因が日中戦争で、その遠因が第1次大戦で、その遠因が日露戦争で、その遠因が日清戦争だったとすると日清、日露のいずれかをやめておけば無駄な血と汗と涙を流すことなく平和を享受できたことになる。9/22

これまで私は概念を詩に置き換えようとあがいていたのだが、あるとき眼前の事物(それが1輪のタンポポであれ1羽の蝶であれ)を1行の文章に置き換えようとしたとき、その連続が詩になりうるという確信をつかんだのだった。9/21

仕合わせな人々の慎ましさは、幸運が彼らの気質に与える穏やかさからくる。ラ・ロシュフコー(二宮フサ訳)
9/21

最上の演奏を知らないひとは、次善の、次善の演奏を知らない人は、普通の、普通の演奏すら知らない人は最低の演奏に熱狂的な快哉を叫ぶ。この「演奏」を政治や経済や文化に置き換えてみることもできるだろう。9/21

坂本龍一がスタインウエイではなくヤマハを弾いているのを知って、ちょっと嬉しく思う程度には私も愛国主義者だ。9/16

空は、疲れない。ル・クレジオ

結局はおのれが招来する獰猛なリヴァイアサンの嚢中に飲み込まれてしまうことが分かりきっているのに、おのれが愛する国家とおのれの幸福はついに同致できないことは明明白白であるにもかかわらず、秘密保護法案などに血道を上げる迷妄。9/18

人間は夢と同じもので織られている。果敢ない一生の仕上げをするのも夢なのだ。シェークスピア「テンペスト」

「マッチ擦るつかの間海に霧深し身を捨つるほどの祖国ありや」と寺山修司はカッコよく歌ったが、もちろんそんな祖国なんて世界中探したってどこにもない。先の大戦から私たちが学んだのは、「どんな国のためにせよ、やすやすと身を捨てるべきではない」という一事であった。9/15

表現を精選することはしない。心が自由に脱線して果てしなく主題を吹き流しながら思考の海の中に入っていくのを追いかけ、リズムだけをもっぱら気にかけてレトリックの息づかいや曲げられた文意であふれる言葉の海のなかを泳いでいくことだ。ケルアック「即興的文章の要点」

君のその愛国主義と排外主義が、君が熱愛する国を滅ぼすことだろう。9/13

詩集に栞が付いていないのは、いっきに最後まで読んでしまうか、それとも気が向いたときにどこかの頁を「えいやっ」と開くのが、詩を読むときの掟というか暗黙のならわしだからということを知っていたかい。9/12

死のれ 死のれ マザー マザー (中上健次「紀伊物語」より)

「そこで思考停止してしまうから、その思想は駄目だ」などと鬼の首でも取ったように言う人がいるが、ではその後その人の思考は何センチ進んだのか?「下手な考え休むに似たり」で、下らない思案に明け暮れしているより昼寝でもしているほうが遥かにましなことも多いのである。 9/11

♪ラララ汚染水は将来も絶対安心なんだって。未来永劫覚えておこう、実態を直視しないこの男の舌先三寸。9/9

オリンピックをやりたい人はどんどんやってください。私はテレビで見てますから。9/8

病気でもないのにブクブク肥った人間は醜い。あれはおのれの欲望に負けて豚のように大喰らいした結果なのだろう。最近そういう手合いが、芸能界だけでなくN響やベルリンフィルにも増殖してきたようで嫌な感じだ。9/8

「超短詩型文学」とは俳句、短歌を中心とする短詩型文学よりも少ない音素(文字数)で構成された文学をさす。俳句が「5+7+5=17」の音素で成り立っているのに対して、超短詩型文学はそれより少ないゼロから16の音素で構成される。13/9/7

「しらべ」を武器とする短詩型文学に対して、超短詩型文学は音素に内在する「ことだま」および無調ないし無調的音律に依拠して、前者におけるいささかの不毛、倦怠、停滞の状況をいさましく切り開こうとするのである。 

仕合わせな人びとの慎ましさは、幸運が彼らの気質に与える穏やかさからくる。ラ・ロシュフコー(二宮フサ訳)

平和は手の中の卵です。力を籠めなくても、熱狂の中で自然に潰れます。小川国夫「ヨレハ記」より9/6

一人で笑うのが、本当に笑うってことだ。小川国夫「ヨレハ記」より

戦争には勝ち負けよりも肝要なことがある。そいつが終わって幸せになれるかどうかってことだ。小川国夫「ヨレハ記」より

私はエジプトでは前大統領派を、シリアにおいては反政府軍を支持しているが、だからと言って国際義勇軍に参加する根性もない。地球は私の意思とは裏腹に回転していることを寂しく認めよう。13/9/3

フルトヴェングラー、トスカニーニの名演奏を実際に耳にした人がクライバー、バーンスタイーン、カラヤン、チェリビダッケを第2流の演奏也とレッテルを貼り、悔しがる彼らが最近のチンピラ指揮者の演奏を酷評している。さて真実はいかに?9/2

10年前にありもしない大量破壊兵器を口実にイラクに攻め込んだアメリカが、いま化学兵器を使用したシリア政府への正義の鉄鎚を躊躇う。「世界の騎兵隊」の落陽は釣瓶落としだ。13/9/1


なにゆえに右肩上がりを夢に見る息の上がった老大国よ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-02-02 10:19 | エッセイ

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧