晴風万里

「丸谷才一全集第1巻」を読んで



照る日曇る日第661回

著者の処女長編「エホバの顔を避けて」を冒頭に据え、後年の中短編「贈り物」「にぎやかな街で」「秘密」「川のない街で」「思想と無思想の間」「男ざかり」を従えた全集の第1巻である。

 「エホバの顔を避けて」は旧約聖書の「ヨナ記」を元に著者が想像の限りを尽くして延々と拡張しつつ再創造した神と人との対決というか対峙の物語である。

 だいたい聖書の中の人物の多くは、いきなり神の子を産めとかイエスの弟子になれとか鶴ならぬ天の一言で命令(召命)され、彼らはそれがどんな無理難題であってもたやすく受け入れるのであるが、この物語の主人公は「エホバの顔を避けて」断固としてそれに逆らう。

腐敗堕落したニネベの街が、ソドムやゴモラのように王や住民もろとも滅亡したって彼にはなんの関係もない。もしも彼らが前非を悔いて懺悔するなら、慈悲深きエホバは彼らを救ってやるに決まっているのだから。

 それなのにエホバは、あくまでヨナに対して「その街へ行って40日以内に全員悔いあらためなければ皆殺しにすると告げよ」と命じるのである。

 小説では俄か預言者となった彼がニネベの民に懺悔させるために超人的な努力を払う有様を色々な協力者を繰り出して延々と書き綴っているが、その点が原本の聖書とは全然違う。

彼らがあんまりあっさりと改心してしまい、エホバが殲滅するという前言をあっさりと撤回してしまうので、ヨナが「結局そんな簡単に出来レースにするのなら、なんでおいらを海に投げ込んだり大魚に食わせたりするんだ。許せない」と他ならぬ神様!に対して怒り狂って抗議するのである。

ところが驚いたことに、ただの庶民がエホバの予定調和なゆるいやり方に対して激昂するという前代未聞の肝心かなめのシーンが、この小説ではすっぽり抜け落ちているので、物語の最後の「お前はたかが影よけの瓢の木が枯れただけで勿体ないと嘆いているが、12万人が住む大都市が一夜にして滅亡するのを惜しいとは思わないのか」というオチがてんで効いていないのである。

大山鳴動して鼠一匹とはこのことだろう。


なにゆえに横を向いて眠るのか天界が落ちてくるのが怖いので 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-03-13 13:28 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧