晴風万里

2013年 07月 03日 ( 1 )




高橋源一郎選手の講演会「太宰治vs津島修治」を聞いて



茫洋物見遊山記第129回&鎌倉ちょっと不思議な物語第290回

6月最後の日曜日の昼下がり、市の商工会議所ホールではじめて源ちゃんの講演会を聞きました。ことし62歳になる彼だが、モスグリンの細身の野球帽をかぶり、リュックの中から太宰の文庫本を9冊も取り出し、去年の暮れから3たび鎌倉で暮らし始めたというマクラを振ってから、ユーモアをまじえた面白くて為になる文学談義がはじまりました。

当日はお話よりも朗読したかったそうで、太宰が奥さんの前でこたつに入りながら即興口述(しかも修正なし!)した「駆込み訴え」、そして「女生徒」の1節を「太宰本人になり変わって」朗読してくれました。
源ちゃんの話では、現在我が国でいちばん読まれているのは太宰の「人間失格」(2番目は漱石の「坊っちゃん)で、その他もろもろの作家の作品はいずれは消えてゆくだろう。太宰の作品の魅力は、その「固有の音楽性」にあり、しかも作品ごとに話者に憑依してその「声」(ヴォイス)が七色に変化する。こんな魅力的な文学は、太宰のほかには宮沢賢治と中原中也にしかない、ということでした。

これは源ちゃんが胎教で彼の5番目の奥さんのおなかに向かってラッパでいろいろな詩を朗読したときの反応で実証された、と語っていましたから、たぶんそうなのでしょう。

そしていまは小説も詩も人気がなくてどんどん寂れている。時代のいちばん尖鋭な才能の持ち主はラップ(ヒップホップ)に向かっているとして、ふたたび「駆込み訴え」を今度はみずから机を叩きながらラップで歌ってのけたのが本日のハイライトでありまして、これは満場の拍手喝采を浴びたのでした。

いくら作家が大思想をしゃかりきになって絶叫しようが、その文体に固有の魅力的で強烈な音楽的ひびきがなければ、遅かれ早かれ時代から取り残されてしまう。例えば太宰から学んだ山田詠美の小説の「文尾」の無限のバリアントと、塩野七生のどこまでいっても「だ」で終わる論理的ではあっても非知性的で単細胞な文尾を比べてみれば、それは歴然としています。そういう思いがけない切り口が深く心に刻まれた初夏の1時間半でした。

なお鎌倉芸術館では7月7日まで源ちゃんの企画による「太宰治vs津島修治」展が好評開催中です。

ザアメンの匂いとどこが異なるか言葉には出来ず栗の木過ぎる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-07-03 08:49 | 鎌倉案内

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧