晴風万里

2013年 07月 12日 ( 1 )




梅原猛・観世清和監修「元雅と禅竹」を読んで



照る日曇る日 第606回
金春禅竹の疾走する悲しみ
「翁と観阿弥」「世阿弥」に続く「能を読む」シリーズの第3巻は、世阿弥の長男観世元雅と娘婿金春禅竹の登場である。本巻では元雅の代表作である「藤戸」「天鼓」「弱法師」「隅田川」、そして禅竹の「定家」「芭蕉」「杜若」「三輪」「龍田」などを中心に彼らの作品と考えられている38曲をとりあげ、現代語訳を付した懇切丁寧な解説を施している。まさに「能を読む」醍醐味ここに尽きるといっても過言ではないだろう。

父世阿弥から「比類なき達人」とたたえられた元雅の作品に通底するのは、その短い生涯を予知していたかのような名状しがたい悲痛の念である。「弱法師」における盲目の美少年俊徳丸の夕日の日想観の光景はかの黒澤明の「乱」でも引用された名場面だが、さしずめ小林秀雄なら「モーツアルトのト短調交響曲を耳にしているような疾走する悲しみ」とでも評するに違いない。

梅原氏は金春禅竹の作品に流れる男女合体・両性具有の思想について論じ、「定家」における藤原定家と式子内親王の爛れた邪淫、「芭蕉」における芭蕉の精と山僧の性交、「杜若」における在原業平と彼が関係した8人の女性たちの象徴である杜若の精との男女和合の歌舞の道に触れて、「これぞ天台本覚思想の真髄である草木国土悉皆成仏の現れである」と喝破するのだが、いつもなら素直にウンウンとうなずくはずの僕ちゃんが、思わず小首をちょいとかしげたのはいったいどういう風の吹きまわしだったのだろう。

足利義満という権力者によって能の世界の絶頂に立ったかに思われた世阿弥と元雅だったが、その子義教の代になると急激に遠ざけられ、元雅は暗殺、世阿弥は佐渡に配流され、代わって世阿弥の甥音阿弥が重用されるようになる。

私はかねていくら短気で横紙破りの独裁者義教でも、そこまでやるには余程の理由があるはずだと思っていたのだが、松岡心平氏の「元雅の地平」を読んでその裏事情についてはじめて知ることができた。

世阿弥の長男元雅と次男元能(「申楽談義」の著者)は、かねてより南朝の小倉宮を支持する南大和の豪族越智氏の反権力闘争に加担しており、そのとがめを無実の世阿弥までが蒙ったのである。血気にはやった若者の政治参加が、天才能楽師親子の死命を制した。今も昔も政治の火遊びはあたら有為の才能を殺してしまうのである。


モデルの道端ジェシカより元体操の池田敬子選手が好きだ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-07-12 10:36 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧