「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧




宗教的情熱について



政治と宗教に熱中することほど危険なことはない。

政治と宗教は敵に寛容ではない。「汝の敵は、殺せ!」という恐ろしい呪文を胸に、あのオウムも、クロムウエルもルターも、ジャン・カルバンもブッシュも、ビンラディンも、キリスト教の新旧両派も、イスラムの原理主義も、敵を倒し、殲滅することに昨日も今日もそして明日も情熱を傾けるのである。

政治と宗教の本質は、恋愛と同じように原因不明の病いである。

それは猛毒ウイルスの伝染病のように一世を風靡し、嵐のように来たって、また嵐のように去る。

闘争の当事者は、この嵐の来襲に理性的に対応することは不可能である。ただ嵐に向かって立ち上がり、嵐によってなぎ倒され、その間におびただしい敵を殺し、敵からも殺戮され続ける。そうしていつの間にか嵐の季節は終るのである。

私は大本教の本拠である裏日本の山陰の街に生まれ育ったが、この小さな盆地にはさまざまな流派の仏教とキリスト教、大本教から天理教、黒住教、創価学会にいたるまでの新興宗教がほとんど全部揃っていて、いわば選り取り見取りであった。

私が親の指令で通っていたプロテスタント教会のある牧師は、ある晴れた日曜日の朝、教会の窓ごしに見える巨大な新興宗教の本殿を指差して叫ばれた。

「見よ、あれなる悪魔の宮殿を。すべての多神教は邪宗である。サタンよ、退け!」

 そのマルチンルター張りの説教があまりにもかっこよすぎたために、いらい私はなぜか「一神教は多神教よりも優位に立つ」という迷信を盲目的に信心するようになり、そのデマゴギーから自らを解放するまでに長すぎた無駄な歳月を必要としたのだった。

 ところでその危険な2つの麻薬である宗教と政治をミックスした組織といえば、ドイツではキリスト教民主同盟、わが国では公明党ということになる。

いずれにせよ猛烈にエネルギッシュで触れば暴発する危険な政党である、か?、と一時は疑われた。特にかつて公明党の母体である(であった?)創価学会の布教活動は鎌倉時代の日蓮もかくやという凄まじさで、彼らの「折伏」攻勢にたじたじとなった人は数多かったものである。

私はかつて京都市左京区の百万遍をちょっと上がって、叡電の線路をまたいでからちょいと左に入った田中西大久保町に1年間下宿していたが、この家の日蓮正宗=創価学会信者のおばあちゃんの朝晩の勤行は、静かな古都の四囲に鳴り響くほどに凄かった。

ところが昔はいざ知らず、最近の学会員は奇妙なまでにおとなしい。特に正宗系の大石寺と絶縁してからは、あの名物だった勤行時間も短縮することが許され、念仏のボルテージも昔日のそれに比べていくぶんトーンダウンしているようだ。

そればかりではない。公称827万、日本人の16%が学会員というこの巨大組織の内部ではさまざまな胡乱な現象が進行しているようだ。

我が家の近所には創価学会の人が多いし、かねてからこの宗教&政治コラボレーション集団に興味のあった私は、島田裕巳著「創価学会の実力」を読んでみた。

著者によれば、創価学会はかつては日蓮宗の1派である日蓮正宗を教学の基本にしていたが、90年代のはじめにこれと決別したために宗教思想の濃厚な核を喪失してしまった。

また創価学会は、かつては大石寺参拝や宗教大会などのセレモニーを通じて宗派全体のモラルアップを果たすことができたのだが、現在では選挙以外にその効果的な機会がなくなってしまったという。

さらに公明党は最大の宗教党派であるにもかかわらず、その内部では様々な問題が横たわっており、カリスマ池田大作ですら公明党や学会内部からの規制が働いて自由に動けない。ポスト池田が大問題だ、などと説いている。

このように学会や公明党に関する(私のような素人には)斬新な知見を随所で見出すことができる本書だが、この作者の文章力と構成が弱いためか、同じくだらない話題が何度も繰り返され、原稿料を版元から稼ぎたいのであろうか、さして重要とも思えない話柄をえんえんと引き伸ばしているのが気になる。この内容なら、本書の半分の原稿量で十分であろう。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-31 21:40

大森望・豊崎由美著「文学賞メッタ斬り!リターンズ」を読む

前作の「文学賞メッタ斬り!」が芥川賞や直木賞の内幕を暴露して面白かったので、その続編にもつい手が伸びてしまった。

ともかく渡辺淳一や石原慎太郎、津本陽とか宮本輝などの審査委員がいかにでたらめな審査をしているのかがよくわかる。

直木賞担当の津本などは毎回最終候補作を読まずに審査しているそうだ。また芥川賞の審査委員は任期がないということも初めて知った。

本書は、時代遅れの感度の鈍い老壮大家?が、新しい時代の新しい文学の芽を評価するどころかブルトーザーのように押しつぶしてきた「輝かしい歴史と実績」についてもくわしく教えてくれる。

今回は特別ゲストに文壇のハンカチ王子、いや違った、貴公子の島田雅彦が登場。そこまで語っていいのかという内輪話をスラスラと話す。

以前彼にインタビューしたときにも感じたことだが、「言語明瞭、意味明快」という言葉は、まさしく彼のような作家のためにあるのだろう。

彼はビールでくちびるを潤しながら、(「インタビューなどはビールでも飲みながらじゃないとやってらんないよ」とほざいた!)実に豊富なヴォキャブラリーを、的確かつ華麗に駆使しつつ、しかも見事なまでに論理的に語る。

最近やっと消えてくれたアホバカ小泉や、それに代わって最近やたらと出没する安倍ちょうちんの超醜い日本語とのなんという違いであることか!

よどみなく流れる島田の言葉をテープに起こすと、そのまま完璧な日本語になっているのに驚いた。彼なら太宰治がやってのけたように、ビールを飲みながら同時筆記で小説を書くことができるだろう。

第2回の「詩のボクシング大会」で優勝したときの最後の即興詩のできばえも、誠に見事なものだった。

このあいだ三島由紀夫の日本語や英語の講演(新潮社の全集にCDで入っている)を聞いたときに思ったのだが、この二人の朗読はどこか感じが似ている。まあ二人ともハンサムで頭が異常に切れる作家には違いないけど。

この点、引き合いに出して悪いが、例えばテレビ東京の「カンブリア」だか「ウンベルト」だかしらないが下らないビジネストーク番組に出演している村上龍の拙いしゃべりに比較するとそれこそ雲泥の差である。

ちなみにこの番組では小池栄子のしゃべりの方が龍よりクレバーなのも不思議だ。

もうちっとぐあんばれよ、龍。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-30 20:50

都築響一著「夜露死苦現代詩」を読む



まずは、本書の第11章「少年よ、いざつむえ」に掲載されている友原康博氏の「くさった世の中」という作品を紹介しよう。

「くさった世の中」

くさった
世の中は
身を
生じない
反発の
ゆれみが
のし
かかって
くる
のだ
だから
きびしく
追求する
激しい
なぞは
荒れて
いる
世の中の
くさみで
ある
ことは
決して
うそで
ないことを
実証して
いる
のだ
だから
はてない
気持が
つづくのは
さぞ
不思儀な
事は
ない
では
ないか
そこに
激しく
もみ
あう
ので
ある


著者は、生命力を喪失し、業界内部だけの自己満足で消耗の限りを尽くし、いまや仮死状態にある「現代詩」に最後の鉄槌をくだそうとしている。

高踏的な桂冠詩人の超難解な1行よりも、死刑囚の稚拙な5・7・5や、あまねく人口に膾炙されている相田みつおの「今日の言葉」や玉置宏の天才的な話芸、障碍者の輝かしい「言葉のサラダ」、肉体言語としてにラップ・ミュージックにより高いゲイジュツ価値を見出そうとする著者の考え方はじゅうぶんに説得力をもち、次々に繰り出される豊富な実例に圧倒される。

思わず、「くたばれ、現代詩。よみがえれGENDAISI!」と叫びたくなるような、パンクでファンキーな1冊である。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-26 22:56

「芥川龍之介展」で思ったこと

今日は、ははとつまとわたしの3人で鎌倉文学館の芥川龍之介展に行きました。

旧前田侯爵邸でかつて佐藤栄作首相の別荘でもあったこの英国調の洋館の歴史は古く、三島由紀夫の最後の作品にインスピレーションを与えた建物としても有名です。

広い前庭にはさまざまなバラが咲き誇り、その向こうには太平洋や大島を望むことができます。(文学館の入り口右手の坂の上には、かつて長勝寺という大寺があったんだよ)

私は以前この文学館で中原中也や夏目漱石の展示に接することができました。

そして中也が生前に通ったカトリックの教会や空気銃を買った玩具屋やまだ長谷に実在していることを知り、そこを訪ねたものでした。
ちなみに私は昭和12年に彼が亡くなった病院で毎年の身体検査を受けています。(関係ないか)

それから夏目漱石の名刺のおしゃれなことにも驚きました。

現在私たちが使っているものに比べると天地も左右も短いそれは絶妙なプロポーションで構成され、使用されている日英のフォントの繊細さは、彼が好んで描いた南画の神経質すぎるほどの繊細さとあいまって私を感嘆させたものでした。

そして今日この眼で接した龍之介の「芋粥」や「鼻」や「蜘蛛の糸」、「奉公人の死」などの生原稿の筆跡は、驚いたことに私の亡くなった母の筆跡に瓜二つだったのです! 

私は思いもかけないところで母の亡霊に出会ったような気がしてちょっとショックでしたが、それだけになおいっそう芥川に親近感を抱くことができたように思います。
漱石ほどではありませんが、生真面目な書体が印象的でした。

さて現在の東京北区の滝野川に生まれた芥川は、塚本文と結婚直後の大正7年3月から1年ほど鎌倉で楽しい新婚生活をエンジョイしました。

若すぎた晩年に芥川はこの短かった鎌倉時代が最も幸福な時期だったと回想しています。

彼は最初は大町、次いで由比ガ浜の借家(野原西洋洗濯所跡)に住んで久里浜の海軍機関学校の英語教師を勤めるかたわら「蜘蛛の糸」や「邪宗門」などの短編を書いていました。
この2箇所とも漱石の夏季の借家があった近所ですね。

私にとって芥川の最高の作品は「蜜柑」です。

寒村から奉公に旅立つ少女が、上り列車の窓を開けはなって見送りに来てくれた弟たちに放り投げる別れの蜜柑の鮮やかな黄色の放物線を思っただけで、涙がにじんでくる涙腺の弱い私ですが、この名編も当時の軍用列車であった横須賀線での体験がもとになっています。

よせばよいのに東京に出て、トレンドの最前線で苦悩した挙句に「将来に対するただぼんやりとした不安」が原因で昭和2年に服毒自殺を遂げた龍之介。

おそらく彼は、満州事変から日中戦争にいたるその後の昭和日本の暗い道行きを直感し、その前途に絶望して自栽したのではないでしょうか? 

そして恐ろしいことに、芥川が懐いた「将来に対するただぼんやりとした不安」とは、平成の今に生きるわたしたちにも感じられるまったく同質の時代的不安ではないでしょうか? 

村上の龍ちゃんにも増して、芥川の龍ちゃんは、今こそ私たちにとってリアルな存在です。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-25 21:58

開運祈願


鶴岡八幡宮の本殿に登って祈祷が始まるのを待っていると、七・五・三で家族と一緒にやってきた少年の声が聞こえた。

「ねえ、神様はどこにいるの?」

すると彼の父親がおぼつかない声で答えた。

「奥のほうだよ」

少年が「あそこらへん?」と、指差しながらまた尋ねると、

「いいや、もっと奥の上のほう」

と、父親がおぼつかなげに答えるのを、私は吹き曝しの畳の上で震えながら聞いていた。

少年よ、いったい神様はどこにいるんだろうねえ?

もしかすると、私たちの正面の御簾の奥の扉の奥の、そのまた奥に、神様はいらっしゃるのかもしれないね。

あるいは、神様はもしかすると、そこにも、ここにも、どこにも、いらっしゃらないのかもしれないね。

でも、今日のお昼前、私たちの大好きな八百万の神様は、

八幡様の本殿にも、

静が踊った舞殿にも、

実朝が公暁に殺されるのを眺めていたイチョウにも、

本殿の屋根の上でやかましく鳴いている烏にも、

その烏の上にどんより広がっている曇り空の中にも、

それから、小さな掌を合わせている少年の心の中にも、

やわらかく微笑んでいたのだった。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-24 19:56

死刑囚たちの歌

死刑囚たちの歌


よごすまじく首拭く
寒の水

布団たたみ
雑巾しぼり
別れとす

叫びたし
寒満月の
割れるほど

梅雨晴れの
光を背負い
ふりむかず

秋天に
母を殺せし
手を透かす

桜ほろほろ
死んでしまえと
降りかかる

つばくろよ
鳩よ雀よ
さようなら

絵を
描いてみたい気がする
夏の空

キャラメルで
蝿と別れの
茶をのんだ

房の蝿
いっしょにいのって
くれました

幸せは
ひとつで足りる
鬼あざみ

革命歌
小声で歌ふ
梅雨 晴間
 
以上、都築響一著「夜露死苦現代詩」(新潮社)第五章「死刑囚の俳句」より転載
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-23 21:10

こんな夢を見た

こんな夢を見た

おれはその会社で干されていて、毎日暗い日々を送っていた。

永代橋の近くにあるその会社の「サンプル現売所」(会社の製品見本を社員や株主に安く販売する)に配置転換されていた。

ある日人事課長の竹内から「いまから大株主のお嬢さんと一緒にそちらに向かうからよろしく」という電話があり、まもなく2人がおれが働く狭く汚い展示コーナーに現れた。
そのお嬢さんは宝塚出身の真矢みきに少し似ていたが、生まれたばかりの赤ちゃんを腕に抱いていた。

竹内が「あまでうす君、ちょっとこの児を頼むよ」と言うので、おれは断ろうとしたのだが、竹内が強引に赤ちゃんを押し付けたので、おれは仕方なく慣れない手つきで胸に抱いた。

その男の子はすこぶる元気で、両手両足を振り回し、なんとかおれから逃れようとする。おれは必死で彼をなだめようとしたが、彼は母親を求めてますます狂ったように泣き叫ぶ。

「これはダメだ。おれの手にはおえないよ」と、おれは竹内の助けを求めた。しかし二人の姿はどこにも見当たらない。

「くそお、どこに消えてしまったのか」、とおれはわが身をのろい、地団駄を踏んだが、赤ちゃんは火がついたようにますます猛り狂うばかりだ。

そこでおれは一計を案じておれの右手の人差し指を赤ちゃんの小さな口に入れ、しゃぶらせると、赤ちゃんはすぐに泣きやんだ。

「やれやれ、やっと落ち着いたか。これで安心だ」と言いながら赤ちゃんの顔を眺めたおれは驚いた。おれの腕の中には強大な黒猫がいて、凶悪な眼をらんらんと光らせ、おれの人差し指をピンク色の長いー舌でペロペロなめながら、おれをじっと見つめていたのである。

赤ちゃんはどこへ行ったのだ。こいつは猫というより、黒ヒョウだ。どうしておれは黒ヒョウをだっこしているのだ?

あせり狂ったおれは、その黒猫を一気に放り出そうとしたのだが、まずおれの指を解放するのが順序だと考え直し、右手の人差し指をそろりそろりと彼奴の獰猛な口から抜き出そうとした。

と、その途端、黒猫は彼奴の奥歯に挟んだおれの指にギリギリっと力を込めた。

「い、痛い。お前、おれの指を食いちぎるつもりか?」とおれが尋ねると、「そうさ。そうするつもりさ」と彼奴は答え、またしても上下の奥歯の力を込めてきた。

これはいかん。このままでは食われてしまう。と思うのだが、相手が猛獣ではどうしようもない。指の1本くらいはあきらめよう。そしてこれは誰でもが簡単に経験することではないビッグな椿事だから、この貴重な体験をライブで歌に詠もうと決意した。

そこで右手の人差し指を黒猫にかまれたまま、おれは、

黒猫に指はさまれし門前仲町

と1句詠むと、彼奴は、「お、いいね、いいね。地名を入れ込むとはやるじゃん。ではこうするとどうなるね?」
といいながら、おれの大事な人差し指をガブリと食いちぎったので、激痛が走り、彼奴の口の中にはおびただしい血が流れた。

そこでおれは痛みと衝撃に耐えながら、歯を食いしばって

黒猫に指食いちぎられし秋の午後

と、さらに1句詠みながら、憎っくき彼奴を地面に叩きつけると、彼奴は「うぎゃあ」と叫びながら永代橋方向へ脱兎のごとく逃げていった。

そのときやっと竹内課長が真矢みき風の女と戻ってきた。

女はおれを見、おれの周りをグルグル見回しながら、「あたしの、あたしの赤ちゃんは?」と尋ねるので、おれはこう答えた。

赤ちゃんも猫も消えたり隅田川



e0099622_2136285.jpg
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-22 20:54

映画プリティ・ウーマン(PRETTY WOMAN)を観る。

ジュリア・ロバーツが大スターの仲間入りを果たしたシンデレラ・ストーリー。ウォール街でその名をとどろかせる実業家、エドワード。ふとしたことからロサンゼルスでしょう婦のビビアンと出会い、2人はパートナーとして1週間一緒に過ごす契約を交わす。そしてビジネスとしての関係だけのはずが、いつしか心ひかれていくことに・・・。ジュリア・ロバーツが徐々にエレガントな淑女へと変身していく姿が見どころの大ヒット作品。

(原題:PRETTY WOMAN)
〔製作〕アーノン・ミルチャン、スティーブン・ルーサー
〔監督〕ゲイリー・マーシャル
〔脚本〕J・F・ロートン
〔撮影〕チャールズ・ミンスキー
〔音楽〕ジェームズ・ニュートン・ハワード
〔出演〕リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ、ローラ・サン・ジャコモ  ほか
(1990年・アメリカ)〔英語/字幕スーパー/カラー〕

リチャード・ギアがロスからサンフランシスコまでジュリア・ロバーツを連れてきてサンフランシスコ・オペラ(日本が単独和平を結んだ会場)で「椿姫」を見せる。

ギアが、「オペラは最初に見た瞬間にその世界に入れるか否かがすぐ分かる」と偉そうなことを言って、娼婦で無教養役のジュリア・ロバーツの反応を終始傍から見守っている。

すると案の上彼女が涙する姿を見てよし、よしとうなずく。自分はまったく感動も、鑑賞もしていない。

こういうところに監督・脚本の「娼婦=無教養」という差別意識が透けてみえる。

王子様が白馬に乗ってかわいそうなシンデレラを助けにくる、というお話を臆面もなくやってのけるシーンもすごい。

80年代後半のセレブのモード(セルッテイ)が現在とあまりにも異なっていたことに驚くが、こういう典型的な悪しきハリウッド映画を馬鹿面下げて見に行った観客の顔が見てみたい。

プリティ・ウーマン PRETTY WOMAN 1990年・アメリカ
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-20 19:39

Joseph Jaffe著「テレビCM崩壊」(翔泳社)を読む

消費者主権がますます声高に叫ばれ、消費者自体の個衆化、ミクロ化、多価値複雑分裂化現象が進行すれば、当然マス媒体とマス広告の価値と効果は減少するだろう。

本書はそのマス媒体の中でも特に米国のテレビCMに焦点をあてて最近の動向をレポートしていて参考になる。

Web2.0時代の到来のなかでテレビCMのみならず新聞・雑誌・ラジオ媒体はますます媒体としてのパワーを喪失し、その古典的な媒体形式を変容させるだろう。

しかしそれが直ちに媒体自体の「崩壊」につながるかどうかは予断を許さない。

むしろWeb2.0の進化と提携、同調する新しい形式と内容の、それこそニューメディアが続々と誕生するのではないだろうか。 
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-20 19:36

工藤美代子の「われ巣鴨に出頭せず」を読む

工藤美代子の「われ巣鴨に出頭せず」を読む

昭和20年12月16日、GHQからの召還命令を拒否して服毒自殺した最後の公爵近衛文麿の厖大な伝記である。

まず工藤氏は、1928年の済南事件における関東軍参謀将校による謀略とされている張作霖暗殺事件および近衛内閣発足直後の1937年(昭和12年)7月7日、盧溝橋における日中衝突による支那事変の勃発を、スターリン=毛沢東の国際共産主義者による深謀ではないかと指摘するがもしそうだとすれば昭和史は大きな書き換えを迫られるだろう。

1940年第2次近衛内閣を組閣した近衛は、東条英機を陸軍大臣、松岡洋右を外務大臣に起用したことが裏目に出て、自らの手で日本を太平洋戦争に導く転回点を作ってしまう。しかし工藤氏によれば、更に大きな過ちを犯したのは、ポスト近衛の東条と内大臣の木戸だと断じる。

彼らが連携連合して天皇への強固な「壁」をつくり、一切の外部の情報を遮断したために、天皇は情勢を適切に判断できず、その結果終戦が遅れることになったという。そして従来とかく優柔不断で弱虫といわれた近衛が、実は意外にも東条や木戸よりも剛毅で誠実な性格で、吉田茂などとともに最後まで終戦工作に従事し、天皇への忠勤に励んだ、と、著者は結論づけるのである。

「銀の匙をくわえて生まれてきた近衛は、時にその匙を口から放り出そうとし、また銀が少々錆びようとも気にとめない生涯だった。誤解されたまま棺の蓋を閉められた近衛だったが、その生涯は政敵をも恨まず、貶めず、ひとり内なる天皇の傍へ先立った。巣鴨に出頭しないことで護り通したものこそは、近衛の天皇への絢爛たる愛の証だったのではないだろうか。決して弱くはなかった貴種の、終戦の日が来た。(本書の感動的な結末部分より引用)

しかし、私に言わせれば近衛と天皇の友情や忠誠などはどうでもよい。

近衛も木戸も東条も統帥権を総攬する昭和天皇の戦争指導の傘下にあったのであり、天皇を主犯者とする共犯者のサークルの住人であったにすぎない。

あれほど終始積極的に大東亜戦争に加担し、他の誰にもできない強力無比な戦争指導を行いながら、結局昭和天皇は戦争責任をとらなかったし、国民もまた自らの責任にほおかぶりをした。(最近では連合国による東京裁判ですら無効であると唱える歴史オンチが登場する始末だから何をかいわんやである。)

このキーポイントをはずして藤原氏の高貴な血をひく貴人宰相の功罪をきめ細かくあげつらったところでいったい何になるのだろう。

それこそ目くそ鼻くその類ではないかとけちをつけたくもなるのである。
[PR]



by amadeusjapan | 2006-10-20 19:32

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧