「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧




2008年文月茫洋詩歌集



♪ある晴れた日に その31

現実を知れば知るほど身軽に動けぬこの矛盾をいかにすべきや 

わが名と同じ亡羊という歌人を見出したり致し方なく今日よりは茫洋とせむ 

Only connectただつながれといいしは英国文人E.M.フォスター 

かまくらのはちまんさまのげんじいけしろはすにむかいてあかもさきおり 

中国銭を鋳りて生まれし鎌倉大仏 

品川のホームに聳える超高層神なき真昼にガラス輝く 

こんな監獄で働いて何がうれしいのかよ超高層に蠢く死せるアリたち 

こらあ父にアホ笑いするなと怒鳴りつけ自閉症の息子に投げしは春樹訳「熊を放つ」上下巻 

今日もまた自閉の息子が描いている関東平野全線路線図 

ムクはムクはムクはムクはムクはムクはムクはムクはムクはムク

実存は本質に先行するや否やと考え込みしは30年前 

沿線の紅いカンナの命かな 

セオリーの真白きパンツをはきこなす背高き女性の尻のかたちよ 

山手線停まるやいなや突入す若き男のさもしき心よ 

妻は大蛇を我は子蛇を見き 同じ日の朝と夜とに

アマグモをあめぐもと呼びしNHKを切る

ファッションを扱う小さな広告代理店ありませんかと問いかける女子大4年生 

たった一度も授業に出なかったくせに試験日はいつですかと尋ねる女子大生 

あと一日出席足らぬ学生の哀願を心を鬼に退けて去る 

息を吐くと布袋腹が出る この中には何が入っているのだろう 

ダガーナイフに罪はない ダガーで刺すやつが悪い 

アフリカ人も中国人もフランス人もブラジル人も日本人も浮かんでいるよ由比ガ浜の海

翡翠飛びニイニイ鳴き今日からは私の夏だ 

今度の戦争のためにでっかい戦車が通れる道路を作っているんですと道路工夫語る 

二十年苦楽を共に働きしが住友不動産原宿ビルに変わり果てたり 

ファンドなどと英語でカッコつけてるが我利我利亡者の仕事なりけり 
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-31 16:34 | 詩歌

安田次郎著「走る悪党、蜂起する土民」を読んで



照る日曇る日第142回

足利尊氏の執事として権力をほしいままにした高師直は、四条畷の激戦で楠木正行を戦死させ、一時は尊氏の弟直義が逃げ込んだ尊氏邸を大軍で十重二十重に取り囲んだほどの勢いを見せた。

師直は夜な夜な貴族の家に忍び込んで評判の娘を誘拐してはその貞操をほしいいままに蹂躙していた典型的なバサラ大名で日本史上有数の好色な武人だった。

あるとき美人の誉れ高い出雲守護佐々木塩冶判官高貞の妻に横恋慕した師直だったがまったく相手にされない。いつもならお得意の夜這いと暴力に訴えるのだが、考えた挙句に「兼好と云ける能書の遁世者を呼び寄せて」ラブレターの代筆を頼んだ。「徒然草」の兼好法師はどうやら当代一のゴーストライターとして知られていたらしい。

ところがせっかくの名文なのに高貞の妻は開封すらせずに捨ててしまったので、師直は怒り狂って「今日よりその兼好法師、是へよすべからず」と出入り差し止めにしてしまったという。
兼好にすれば、彼女が読んでくれさえすれば色男になびかせる自信もあっただろう。彼女が読まないのに自分を首にした師直に対しては頭にきたのではないだろうか。
しかし権力者の要請にこたえて恋文を書いてしまう吉田兼好の姿は、独立不羈な「徒然草」の世界を知るものにとってはいささか意外の感もしないではない。

今日もまた自閉の息子が描いている関東平野全線路線図 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-29 17:13 | 読書

続々 網野善彦著作集第17巻「日本」論を読んで



照る日曇る日第141回


「百姓」とは文字通り百の職業・職種の民を指すのに、いつのまにやらそれが「農民」だけを意味し、都市の商工業者や漁民や山民を排除し、あまつさえ差別するようになったと網野は執拗に説いた。

たとえば養蚕業者は稲作農耕とは無関係なのに、いまなお養蚕農業というカテゴリにー取り入れられ、農民の仲間とされているのは果樹農家という用語と同様に奇妙な話である。

養蚕の原料となる桑は漆と同様弥生時代以降全国で生産され、主に女性の手で生産・販売された。それは稲作のそれが主に男性によって担われたことと好一対をなしていると網野はいう。

女性はまゆや糸や絹を自らの宰領で商人に売り渡して自らを飾り、自らの収入とし、夫の家業の農業が不振な年には、ルイス・フロイスが安土桃山時代に証言しているように、「妻が夫に高利で貸し付けていた」。

その後わが国で発達した工業制工業の時代にあって、富岡の製糸業や綾部の郡是製糸などが花形産業として活躍するようになるが、その主要な担い手はやはり2000年以上の養蚕・製糸の技術を持つ女性たちであった。

それにもかかわらず、彼女たちの力量は正当に評価されずに「女工」とさげすまれ、かずかずの哀史がいたるところの野麦峠で繰り返されるようになったのはどうしてだろうか。

このように遠い昔の歴史を掘り返してみると、社会の中で女性の占める位置がもっとも高くなったのが現代であるとは、いちがいに言えないようである。


二十年苦楽を共に働きしが住友不動産原宿ビルに変わり果てたり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-27 19:31 | 読書

続 網野善彦著作集第17巻「日本」論を読んで 



照る日曇る日第140回

私たちは、そも何のために、何に忠義立てして、重厚長大な国家という鎧兜を身にまといたがるのだろうか。恐らくは己の魂に自恃がないからだろう。

と、これは私のひとりごと。

それにしてもこれから日本はどこへ行くのだろう。私たちは日本をどうすればいいのだろう。

今を去ること遠くない時代に、この国の理想は「東洋のスイス」であると語った人もいた。

またある痴人は、日本という国家を解体し、アジアの南極にすることが生涯の夢であるという。特定の国家権力と戦力がない永世中立世界万民公有自由通商地域にしようというのである。さうしてそれが実現不可能ならば、廃藩置県ならぬ「廃国立県」を行なって江戸時代の昔に戻ろう。「統一と団結」から「孤立と自由」へ、「集権」から「分散」へ向かおうというのである。

思うに、少なくとも沖縄・東北・北海道はいますぐ独立すべきだろう。そのほうがけっきょくお互いの仕合せになるだろう。さもなければこの奇妙奇天烈な国家は、勝手に暴走して人民をまたしても鉄のくびきで緊縛し、最後にはお得意の「自衛のための侵略戦争」をおっぱじめるにちがいない。

と、わが親しき三年寝太郎は、このときばかりは目を山猫のようにらんらんと光らせて熱く語るのであった。

♪あと一日出席足らぬ学生の哀願を心を鬼に退けて去る 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-25 22:54 | 読書

網野善彦著作集第17巻「日本」論を読んで 



照る日曇る日第139回

日本について考えたり、議論する前に、日本という言葉とその内容にこだわらなければなるまい。「日本」という称号が歴史に初めて登場するのは7世紀末の689年制定の飛鳥浄御原令からであり、ほぼ同じ頃に「天皇」なる称号も誕生したと著者はいう。

すると、倭の国の王が存在したことはあっても、神武から天智までの天皇は存在せず、「縄文・弥生時代の日本人」などはそれ自体が形容矛盾でありナンセンスな表現であることになる。

「日本」にしても「天皇」にしても、それは始まりと終わりのある単なるひとつの歴史的存在にすぎないのに、私たちはそれらが格別に重要・重大な名称や存在であるかのように錯覚しているのではないだろうか。

日本と日本国の明確な定義すらできていないのに、日本人論だの日本文化論だの日本国民国家論がにわかに成立するわけがないとも、著者はいう。

著者によれば、日本、日本と一口にいうが、日本が孤立した島国で一元的に水田稲作に特化した瑞穂の国であり、万世一系の日本民族という単一民族が作り上げた単一国家であるなどという幻想は、とっくの昔に打ち砕かれている。

縄文人、弥生人の昔はさておくとしても、列島にかろうじて成立したのは本州西部を基盤とした倭人が住む「ヤマト国家」だけであって、もともと北海道はアイヌ王国、沖縄は琉球王国、東北と九州南部は完全な別国家であった。

それだけではなく、本州本体の東部は源頼朝が確立した「関東国家政権」であり、京の西部政権とは別の政治的経済的文化圏を構成していた。ヤマト国家ですら異質で敵対的な要素を内部にはらんだ2重権力国家であった。それらを長い時間をかけて名目だけのパッチワーク&アマルガム体制にもちこんだのが現在の日本国と日本民族なのである。

それなのに私たちはどうして誰一人確証できない日時に「建国記念日」を祝ったり、陰気な短調の和旋律を無理矢理起立して唱和するひつようがあるのだろうか? 
私たちは毎日服装を取り替えるように、いつだって国名や国歌や象徴天皇制を自由に改変・改廃してもいいのである。


今度の戦争のためにでっかい戦車が通れる道路を作っているんですと道路工夫語る 亡羊
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-24 19:15 | 読書

プロムス2008はじまる


♪音楽千夜一夜第40回 

この夏もロンドン恒例の音楽祭プロムス2008が始まった。第114回目のヘンリーウッド・プロムナードコンサートの開幕である。

これからおよそ2ヶ月間毎日毎晩何千何百というコンサートをライブ中継で聞くことができると思うと、なにがなしにうれしくなる。

初日はおなじみロイヤルアルバートホールからの中継で、ルイジ・ビエロフラーベック指揮BBC響によるリヒアルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」(クリスチン・ブリュアー独唱)、モーツアルトの「オーボエ協奏曲」(ニコラス・ダニエル独奏)などを聴いたが、オーボエがよい音を出していた。指揮者は昔から三流の人だが、三流だってべつに悪くはない。私もようやくそういう悟りの境地に達しました。

しかし何千マイルを隔てて聴くこの巨大ホールの音の素晴らしさは、有楽町駅前や渋谷区神南の最悪音響犬小屋空間の比ではない。なによりも音楽を愛するロンドン市民の心の鼓動に触れるよろこびがある。
そのほかのプログラムは、これまでにピエール・ローラン・エマールの素敵なシューマンのピアノ曲やチョンミュンフン指揮ラジオフランス響によるサンサンスの交響曲オルガン付きなどを聴いたが今年もなかなか楽しめそうだ。

ともかくソロもオケも世界各国から古参、新進気鋭のめぼしいものがどんどんやってくるので連日のプログラムから眼を離せない。内田光子とアルゲリッチのピアノはいつも素晴らしいが、去年は長年にわたって低迷を続けていたポリーニが久しぶりに光彩陸離たる演奏をやってのけたのでちと驚いた。どっこいミラノの孤高の天才はしぶとく生き延びていた。どうか今年も世界一うるさいロンドンの聴衆と惰眠をむさぼる小生のロバの耳を驚かせてほしいものだ。

なおプロムスにはクラシックだけでなく詩の朗読プログラムもたくさんある。


♪翡翠飛びニイニイ鳴き今日からは私の夏だ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-22 22:04 | 音楽

由比ガ浜で泳ぐ



♪バガテルop69

 夏は海に限る。昨日も今日も夕方近くの由比ガ浜で消夏した。

今年は南風に吹き寄せられた赤い海草が海岸近くにうごめいているのが気になるが、少し沖に出れば消えうせてしまう。昔はこうやって泳いでいると体にボラだのがこつんこつんと体当たりしてきて心地よかったものだが、最近はあまりそういう体験がなくなった。

けれど海は海だ。
泳いでいると、ここが吾等人類の発祥地であると体感できる。
毎日のように日替わりで起こる人殺し事件も、それらを朝から狂ったように報道しているマスコミも、それらすべての原因をおのれ一人が分かったつもりでしたり顔にロン評しているさかしらな人たちや目前に迫った仕事の締め切りなんぞもすべて忘れはて、寄せては返す相模湾の穏やかな波にぽっかりと浮かんでいた。

それから陸にあがって寝転んでいると、日本人だかブラジル人だかよく分からない若者たち数人がサッカーの模擬戦をしていて危ないので、「馬鹿者、こんなところでサッカーなどやめろ」と注意したが、「済みません、済みません」と口先で言うだけでいっこうにやめない。

良識は無理だとしても、最低限の常識さえ持ち合わせない手合いが日々増殖しているようだ。家に帰ってからピエール・モントウー八〇翁指揮ロンドン響の演奏でラベルを聴いていると、おおいに清了されちまった。

♪アフリカ人も中国人もフランス人もブラジル人も日本人も浮かんでいるよ由比ガ浜の海 
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-21 20:02 | 鎌倉案内

コクーンの建築



勝手に建築観光31回

9/11の同時多発テロ以降も、コクーンニングcocooniningの思想はしぶとく息づいている。

私たちはその証左を渋谷東急文化村のシアターコクンや埼玉県大宮市の商業施設コクーン新都心といったネーミング、さらには最近新宿西口に建設中の東京モード学園コクーンタワーや北京五輪メーン会場の建築デザインにもその格好の例を見出すことができる。

北京国家体育場は、プラダ青山店やドイツのワールドカップのメイン競技場、ロンドンのテートモダン美術館などを設計したスイスの有名な建築家デユオ、ヘルツォーク&ド・ムーロンによるものであり、すでに「鳥の巣」の愛称で親しまれている。

またモード学園のコクーンタワーは、名前どおりの繭とも見え、直立させた鳥の巣のようにも見えるが、北京と新宿のいずれもがけっして内に閉じこもらず、外部に向かって威圧的に聳えているようだ。

9/11の同時多発テロ直後のコクーンニングcocooniningの思想が、ともかく安全無害な隠れ家に逼塞しようという温和で後退的な負の姿勢であったのに対して、およそ10年を経て建てられたこの2つの巨大建築では、己の領分と身の安全をしっかりと守りながら、外部世界(先進西欧諸国や競合専門学校)に対して激しく自己を誇示しつつ攻め込み、切り込む姿勢をするどく表明している。

遠くから眺めるその姿は、「繭」や「巣」という平和的な名称とは裏腹に、盾と矛を備え、和戦両様にすばやく対応する現代戦士の象徴のように、私には映るのである。



♪ダガーナイフに罪はない ダガーで刺すやつが悪い 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-19 23:18 | 建築

コクーンの歴史



ふあっちょん幻論第22回 

繭には家蚕と野蚕の2種があるが、そのいずれにも不可思議な効能が秘められていることは古代の中国でよく知られていた。

紀元前2600年頃のある日、当時の中国の皇帝の妃西陵が1つの繭を誤って湯の中に落としたことが絹の誕生につながった。そして絹を着ることは美しさだけでなく、心身の健康のために役立つことが分かったのである。

わが国の絹織物は、応仁の乱がようやく終わった焼け跡の西陣を産地として作られはじめたが、明治2年に政府が大阪、のちに京都に開設した舎密局が絹やカイコを近代科学の観点から研究し、これが大きく産業振興に役立った。
さらに1930年代に蛹・糞・繭などカイコの生活史を徹底的に研究した結果、繭やそれを原料とする絹はたんぱくのかたまりで抗菌性があり、絹のガーゼを患部に当てるだけでさまざまな効果があるということが広く知られるようになった。

では最近のカイコ・絹情報をいくつかご紹介しておこう。

カイコは糸を作る際にCO2取り込む。いまはやりの「環境に優しい」生物なのである。

家蚕は「春嶺鐘月」という蚕からとるのが普通だが、京都の老舗呉服商「誉田屋源兵衛」では、皇室の「紅葉山御養蚕所」でしか飼育されていなかった日本原種の希少蚕「小石丸」を使って1着100万の絹織物を生産している。

絹産地である山形県米沢市「クレッシェンド・ヨネザワ」の生地はことのほかシャネルに愛され、毎年のように発注されている。

デザイナーの岡正子は、ハイテク新合繊の自在さと繊細な絹の美しさの両立をめざして糸加工から染めや織、仕上げの精錬加工に至る伝統技術とハイテクノロジーのハイブリッドに挑戦している。

日本伝統のカイコ技術は、海外にも進出している。
インドは生糸生産が年1万4千トンで中国に次いで世界2位の蚕大国だが、JICA国際協力事業団は12年にわたってインドにおける飼育研究を指導した結果、丈夫で長い生糸の生産に成功し好評を博している。この改良型は07年に6700トンまで増産されたが、肝心の日本生糸は年産400トンに急落しているのが残念。

日本・中国のカイコは年2回孵化するが、暑いインドでは5回である。しかしもちろん2化性の方が糸は丈夫で長く、高品質である。

カイコの食草はクワだけだと思っていたが、クヌギ、コナラ、クリも食べるという。今度試してみよう。チョウも複数の植物を食草にしているからこれは考えてみれば当然のことだった。


♪息を吐くと布袋腹が出る この中には何が入っているのだろう 亡羊
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-18 23:20 | ファッション

コクーンの時代



♪バガテルop68

2001年9月11日の同時多発テロ以降、世界は変わった。
人々の心に疑心暗鬼が忍び込み、お互いがお互いを無邪気に信じることが出来なくなった。信頼と無垢の時代が終焉したのである。

この年の冬、米国社会では「コクーンニングcocoonining」とか「コクーンニング消費」という言葉が流行した。Cocoonとはチョウやガやカイコが作る繭のことで、繭の中には蛹が入っている。まるで小鳥がぬくぬくと巣の中で眠っているようだということで、「巣ごもり消費」という言葉も生まれた。

いつ殺されるかわからないような危険な場所に出かけず、家族が家内で身を寄せ合って過そう。安全を確保し、家族の絆とささやかな幸せを確認しようとする自己完結的な生活と消費行動がその年のクリスマスには顕著だった。これがその後世界中に流行し、一世を風靡した「癒しとヒーリング」志向のはじまりではなかっただろうか。
「癒されたい」とか「癒された」という甘っちょろい用語が、その用語の使用者の精神の退廃と堕落をあますところなく証明していることはさておくとしても……。

ちなみに01年のクリスマスには、わが国でもクライスラー「愛の喜び」などのヒーリング音楽CDや32000円の銀製スプーンセット、12000円の日比谷花壇の本物のツリーが売れ、DVD、大画面プラズマTV、ホームシアター元年となった。ソニーのプレステに対抗してマイクロソフトの新型ゲーム機「Xbox」発売されたのはその翌年のことだった。

「コクーンニングcocoonining」の元になったロン・ハワード監督のSF映画「コクーン」は1985年に公開されていた。映画宇宙のからやってきたアンタレス星人がフロリダのプールの中に沈めた巨大な繭が、じつは生命の力を回復させる驚異的な能力を持っていて、瀕死の老人たちを救うというあらすじである。


確かに繭には玄妙なエネルギーがある。私の郷里は養蚕業の盛んな口丹波であるが、少年時代の毎日のおやつはカイコの蛹であり、こんがりと炒ったあの素晴らしく美味な蛋白質を摂取することによって貧しい日々の糧を補っていたことを懐かしく思い出す。

コクーンの生命力はアジアの片隅の農村で数多くの勤労青少年とルンペンプロレタリアートを救済していたのである。


♪たった一度も授業に出なかったくせに試験日はいつですかと尋ねる女子大生 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-07-17 16:39 | エッセイ

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧