晴風万里

<   2008年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧




佐野真一著「甘粕正彦 乱心の荒野」を読んで



照る日曇る日第151回

満州帝国の影の支配者といわれた甘粕は、超天皇主義者であったとおなじくらいに、超合理主義者でもあった。

本書の371pには満映理事長時代の甘粕は東条に満州情勢を報告するために一時帰国した折の挿話が書かれている。甘粕は、国民精神総動員などと書かれたポスターや宮城を電車が通る時に帽子を脱いで頭を下げる人々を見て、「こんなバカなことをさせる指導者は人間の心持ちがわからない人たちです。国に対する忠誠は宮城の前で頭を下げる下げないで決まるわけではありません」といったそうだ。

そこで「そういう精神指導は誰がやっているのでしょう」と武藤富雄がみえすいたことを訊ねると、「そりゃ軍人と彼らに迎合する人たちですよ。軍人というものは人殺しが専門なのです。人を殺すのは異常な心理状態でなければできないことです。一種の気ちがいです」
 と軍人である己の本質を見据えた発言をしている。

関東大震災の戒厳令下、東京憲兵隊渋谷憲兵分隊長兼麹町憲兵分隊長甘粕正彦は、東京憲兵隊長の小山介蔵、その上司の憲兵司令官の小泉六一の名に従って大杉栄、伊藤野枝、大杉の甥の宗一を「一種の気ちがい」となって拷問、凌辱、殺戮した。

著者は発見された死因鑑定書やさまざまな聞き取り調査に基づいて殺害の直接の実行犯は甘粕ではなく、彼の命令に従った部下であったと主張しているようだが、仮に100歩譲ってそうだったとしても、主義者撲滅と抹殺を熱烈に唱えていた当時の彼が、このおぞましい犯行を主導・教唆・加担したことは間違いないだろう。

1945年8月20日、青酸カリを服毒した甘粕の最期を看取ったのは当時満映の映画監督をしていた内田吐夢であった。

「体温はまだ残っていた。テーブルの上の灰皿からシガーの最後の煙がゆらゆらと立ち上がって、永井荷風の「濹東綺譚」の本の頁に三通の遺書がはさんであった。人間が自分の股倉の中で死んでいくのは決していい気持のものではなかった」(409p)

♪西暦2008年8月31日「夏の思い出」をじっと聴いている我が息子よ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-31 18:46 | 読書

イサク・ディネセン著「アフリカの日々」を読んで



照る日曇る日第151回


「アフリカの日々」を読んでいて、これはいつかどこかで見聞きした話だなと思っていたら、やっぱりロバートレッドフォードがかっこよく死んでいったあの愛と哀しみの「アウト・オブ・アフリカ」の原作だった。しかし映画ほどあまっちょろくはない。映画はメロドラマだが、こちらは文字通り土着のアフリカへのつきせぬ共感と愛そのものが美しく正確な文章で淡々と綴られていく。

作者はデンマーク人女性というので驚くが、独立前のケニアには英国やフランスンなど多くの西欧人が入植していたという。白人の植民地にはもちろん土着のスワヒリ族、マサイ族がソマリ族、それにアラブ人が連れてきたソマリ族も住んでいて、雄大な大自然を舞台に様々な国籍、人種の人々がほとんど神話的な物語を営んでいたようだ。そこでは太鼓が打ち鳴らされて村人たちの激しいダンスが始まり、ライオンやキリンや牛や馬たちが部族の族長たちと戦い、神々と人間たちと動植物が渾然一体となって不可思議な交歓を楽しむ。
 もとより愛と音楽もかけては入ない。

 レッドフォードに相当する人物は、この小説には登場しないが、強いていえば彼女に空から見るアフリカの素晴らしさを満喫させて結局は飛行機事故で墜落氏を遂げたデニスだろうか。映画では野宿する2人のテントに鳴り響いたモーツアルトの23番のピアノコンチエルトが印象的だったが、デニスは、「ベートーベンもあんな風に俗悪でなければ我慢するんだけど」と著者に語るような実にものの分かった男だった。

私はいまちょうどベト氏の全作品を聞き終わったところだが、この人はバッハやバロックの時代の音楽家、あるいはハイドンやモーツアルトに比べても成り上がり者の音楽で、それは必ずしも悪口ではないのだが、やはりお上品さなぞ微塵もない音楽と言わざるを得ない。

2人がライオンを撃つところ、2人がアフリカの大空からバッファローを見るところは素晴らしい。
それはそうとアフリカの老人は知恵がある。「ベニスの商人」のシャイロックの言い分はまったく正しいというのだ。(これは私も同感)問題は血であるが、老人はアントニオの胸に真っ赤に焼けたナイフを差し込めば血は1滴も出ないし、一ポンドになるまで計りながら少しずつ切り取れば苦痛は激しく正確にカットできると主張するのだが、少年時代の演劇でアントニオを演じた私にはことのほか興味深かった。

♪ウイルスに冒されし傷は深くしてブログの夏はとく去りにけり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-30 20:18 | 読書

平野啓一郎著「決壊」を読んで




照る日曇る日第150回

この節は自分を独り静かに滅却できない人間が通りすがりの人間を無差別に殺害する殺人事件が流行しているが、この小説でもその種のテーマをなんのてらいもなく取り扱っている。これは一昔も二昔も前にはやった小説作法における「主題の積極性」なるもののお色直し再登場?ではないじゃろか。

しかしいずにせよ殺人事件の真実を明らかにすることは法律家の手に余るので古来多くの作家や心理学者や研究家がその因果関係を深層まで下降してあれやこれやとろんぴようしてきた。ホームズやポアロやくりすていなどが活躍する専門的な文芸じゃんるすらあるが、けっきょくなぜジキルやハイドが不可解な殺人事件を起こしたのかを素人にもよくわかるように解明してくれた作物はドストエフスキーの罪と罰以外にはなかったというても過言ではない。

こんかいこの若き俊英が鋭意取り上げた無差別テロルも、悪魔のような殺人鬼やら国会図書館の調査員やらフジテレビの人気女子穴や、京都警察署の刑事やら鋭くきれる高校生や交際相手の陰部の写メールやらあほばかクレーマーママやら浮気する主婦やら2ちゃんねるの書き込みやら残虐なぶり拷問やら携帯ごっごやら田舎のじいさんばあさんやらぷーる教室に通う少年等々が上下2巻にまたがって次々に登場して、これでもか、これでもかとばかりにあれやこれやの悲劇や惨劇や社会正義の演説や精神心理の最新御託やらマスコミ評論家のあほばか解説の限りを尽くすのだが、この某宮中外殺人事件がいったいどうして起こったのかはついに解き明かされることはない。

ただいかにも「真実らしい」事実や情報や解釈や想像や推察やら断定やら教条やら著者の主観的なあまりにも主観的な思い付きが陸続と登場し、結局は全山雷動して鼠一匹も現われないままにいたずらに原稿料を稼ぎまくる文字数だけは膨大な「小説らしきもの」は終わってしまう。

既存の情報やデータをいくらさかしらに「コピペ」したところで、現代も、人間もその本源はおろか片鱗すら描き得ないという好個のサンプルだろう。致命的なのは、登場人物のほぼ全員の生活と生命の精髄が描かれず、まるで著者手作りのでくの坊のように、バリ島の亡霊のように、不出来な操り人形のやうに気色悪く揺曳していることである。

なんのことはない、決壊しているのは自分自身の小説世界であることは、その哀れな結末を読めば自明である。少しはドスト氏のラスコーリニコフの肖像なぞを研究してから筆を染めてほしいものである。

なお著者は、単なる小説の単なる興味本位の筆のすさびであるとはいえ、共犯の少年を流行の精神鑑定にかけ、これまたいま大流行の「広汎性発達障害」なる代物と恣意的に結びつけてくだらない三文小説の座興の種にしている(下巻348p)が、現今のようにこの障害の定義が大混乱し、いまや猫も杓子も発達障害視されている不透明な状況において、このようなとれんでぃ用語を登場人物に仁義も切らずに刻印すること自体が、この小説の風俗小説としての本質を雄弁に物語っているのではないだろうか。

♪耕君のため巨大な蓮の葉と花を贈ってくれた「木」さんに感謝すありがとう 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-18 20:41 | 読書

続 五味文彦・本郷和人編現代語訳「吾妻鏡」第3巻を読んで 



照る日曇る日第149回&鎌倉ちょっと不思議な物語143回

いっぽう弟の義経を憎みその殲滅をはかろうとした頼朝は、文永3年1186年4月8日に京で捕らえた静御前を鎌倉八幡宮に召し、白拍子の名手として知られる彼女の踊りを強いた。


よし野山 みねのしら雪 ふみ分けて いるにし人の あとぞこいしき

しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな

の「黄竹の歌」2曲を、彼女自身による歌唱と舞踏、工藤祐経(後に曽我兄弟による仇討ちで富士巻狩りで殺される)の鼓、畠山重忠(後に北条氏の陰謀で殺される)の銅拍子(現代のシンバル)による伴奏で御前演奏したのである。

「黄竹の歌」というのは中国の清商曲、呉声歌のレパートリーであるが、当代一流の美しきシンガーソングライター静は、前者は古今和歌集の壬生忠岑、後者は伊勢物語第32段からの本歌取りを試み、自分の夫への純愛を限りなく称揚することによって、対極にある権力者の非人間性と政治的無節操を真正面から批判してのけたのだった。

その内容も内容だが、当時彼女は妊娠7ヶ月の身重であったから、このパフォーマンスは文字通り命がけの公演であったのである。

頼朝は激怒したが、妻政子によって「あなたの伊豆時代の私への恋情を想起せよ」といさめられ、ようやく矛を収めた。が、同年7月29日になって、誕生した義高の子息を安達新三郎に命じて由比ガ浜の海に捨てさせた。
静は赤子をひしと抱きしめ何時間も泣き続けたが、母の磯禅師が強引に奪い取って新三郎に引き渡したという。

同病相哀れむではないが、こんな憂き目をみた静に対して、大姫は温かい同情を寄せていたようだ。「吾妻鏡」5月27日の条には、静が病からの回復を祈るために南御堂(勝長寿院)に籠っていた大姫を訪ねて芸を披露して、褒美をもらったと記されている。

9月16日、静と磯禅師は暇を賜って帰洛したが、政子と大姫は多くの貴重な宝物を与えたという。

頼朝が由比ガ浜を訪れたのは、翌文治3年1187年の7月23日のことだった。夏の海浜を散策しながら、孤独な関東の王は、己が圧殺した甥のはかない命に思いを致したのだろうか。

♪世界一速き男の脇見かな 茫洋
♪観衆を見物しつつゴールせり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-17 19:24 | 読書

五味文彦・本郷和人編現代語訳「吾妻鏡」を読んで 1

その1照る日曇る日第148回&鎌倉ちょっと不思議な物語142回

7月下旬に発注された賃労働が本日午前にやっと終了。午後3時から30分間の由比ガ浜海水浴を楽しむ。今日は大潮であった。昨日より波風少ないが、なぜか遊泳注意の黄色い旗が翩翻とひるがえっていた。

この頃は愛用のデジカメは海には持っていかないことにしている。細かな砂塵がレンズというよりCCDに付着して画面を汚すからだ。修理はこれでもう4回目になる。機種は富士のファインピクスだがこの会社とこのFX-F30という機種に構造的な欠陥があるのだろうか?

それはさておき、源頼朝と政子の長女大姫と義経の妾、静は史上稀に見る悲劇の女性である。

木曽義仲の長男義高と政略結婚させられた大姫は、にもかかわらず夫を愛するようになる。ところが義仲が京から追われるように放逐され、頼朝の子範頼と義経の連合軍によって一敗地にまみれ、寿永3年1184年に近江の粟津で殺されると日本のロメオとジュリエットの運命は一変する。

政子の懇望むなしく義高は冷酷非情の男頼朝によって暗殺され、これが愛娘の生涯癒えないトラウマとなった。あまつさえ頼朝は大姫を京の後鳥羽天皇の妃として入内させようとはかるが、このことがますます彼女の心の病を亢進させる原因となった。

大姫はその後13年間生きたが心はたえず死んだ恋人の元にあり、恨みは暗殺者頼朝の胸に永久に刻まれた。

頼朝と政子はおのが政治的野心愛する娘の生きがいを奪ったことを後悔し、毎晩杉本観音から巡礼古道を通って逗子の岩殿寺までお百度参りを行なって回復を祈ったが、建久9年1197年7月14日、大姫は二十歳の若さではかなくもこの世を去った。

巡礼古道は堤一族の開発によって山もろとも鎌倉霊園に造成されてしまったが、岩殿寺は健在である。


♪健ちゃんが卑猥といいしモミジアオイ臆面もなく赤く咲きけり
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-16 20:21

宇苗満著「幻の鎌倉」を読んで



照る日曇る日第147回&鎌倉ちょっと不思議な物語141回


今日は敗戦記念日なのに、今年11回目の海水浴。風波強く全身砂まみれになった。
同じ由比ガ浜の海なのに、毎回様子が違うので飽きることがない。

さて本書だが、著者は鎌倉新宗教の一方の旗頭である一遍についての逸話を掲げている。

一遍上人が鎌倉に入ろうとして巨福呂坂切通しにやって来たのは弘安5年1282年3月1日のことだった。ところがちょうどそのとき蒙古来襲の戦死者供養のために円覚寺を建築中だった執権の北条時宗がやってきて一遍上人一行と鉢合わせをしてしまう。

当時ちょうどこの地点に関所があり、一遍は警護の武士によって棒で何度も打たれたがいささかもひるむことなく入鎌を目指したが、時宗はそれを許さなかった。

その夜、一遍は工事中の円覚寺から離れた建長寺に独り向かった。境内には仏光国師(無学祖元)が座禅を組んでいたので、一遍は「踊り跳ねて伏してだにもかなはぬを、居眠りしてはいかがあるべき」と詠んだところ、仏光国師は「踊り跳ね庭に穂拾う小雀は、鷲の棲家をいかが知るべき」と返したという。

これによって一遍上人は大悟し、一同が野宿しているところに引き返した。現在の光照寺がその法難霊場であるというのだが、これはいかにもまことしやかにしてたぶん根も葉もない史実であろう。

ちなみに光照寺は実在し、時宗遊行寺派の名刹であるから一遍とは深いつながりをもっている。まゆつばなのは大悟うんぬんの一条である。


何と言っても63年間戦争しなかったのだ 戦後日本に三度乾杯 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-15 19:33 | 読書

さらば利尻礼文



♪ある晴れた日に その37

利尻にはただ一軒の魚屋なし魚屋なしに魚喰う人の幸

走れども走れども一台の車なし車なき礼文の喜びと悲しみ

浜茄子の色と香りは優しくてげに礼文こそ花の浮島

サハリンと呼ばず樺太と言うバスガイド国家主義者ならねど好ましと見る

カフカ(香深)という港にてレブンに別れを告げにけり


♪遥かなる利尻礼文の海と山わたしの夏がゆるゆる暮れて 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-13 20:45 | 詩歌

宗谷岬・稚内紀行



♪ある晴れた日に その36

立秋の海と空とが交わる日宗谷岬に樺太見たり

樺太はわが指呼の間に横たわる海と空とが接するところに

台湾人は怒鳴るがごとく会話せり礼文稚内のフェリーの中で

稚内の青物市場で求めし富良野メロン余す所なく食べにけり

稚内の生鮮市場で買いし蟹一匹残らず食われにけり


♪ノコギリソウツリガネニンジンウスユキソウエゾカワラナデシコなど咲き乱れたり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-13 20:32 | 詩歌

続 礼文島紀行



♪ある晴れた日に その35

海猫鳴きアキアカネ飛ぶ北の海アザラシの群れ一路南下す

リーダーは頭を一旋加速せりいずこへ急ぐや樺太アザラシ

「冷た貝」に食べられてしまった「小巻貝」礼文の浜に静かに眠る

さいはての冷たき海に沈みけり真っ赤に燃えし礼文の夕陽は

今宵一夜の想い出にとエーデルワイスを歌いしは礼文船泊のホテルの女


♪誰一人訪れることなき砂浜にあまたの貝が捨てられており 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-11 21:53 | 詩歌

礼文島紀行



♪ある晴れた日に その34

わが国の最北端の岬にて営業す民宿スコトンはとことん商人

桃太郎が空に向かって投げつけし強大な岩を桃岩というにや

にやうにやうと哀しき声にて鳴きにけり最果ての空にウミネコどもは

朝五時にサイレン鳴りて島民はこぞりて昆布漁を支援するなり

昆布干しは過酷な仕事よ村人はいくたびも葉を浜に並べて


♪ウミネコはかうかうとも鳴いていた最北の地の最果ての空 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2008-08-10 20:49 | 詩歌

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧