晴風万里

<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2009年霜月茫洋歌日誌



♪ある晴れた日に 第68回




風に縋れ食草求む黄蝶かな

上野介の首が落ちたるさざれ石

晴朗な魂の頬笑みを隠す黒き雲

霧の奥から現れ出たるは永遠

弦と弦つま弾くギターのおぞましき

テレビ見つつ頷く妻の好ましや

電話しつつお辞儀する妻の好ましや

仁義なき花盗人を憎みけり

ジンジャーの白い花を見ている私かな

アズディン・アライアの黒のミニから柔らかな2本の脚がくねくねと降りてきた

男たちの挽歌どころか己の挽歌を歌うのか疲弊したジョン・ウーよ

あのこ可愛いや死んでもいいよグサリ突き刺す心の臓
 
あなうれしCD1万円注文す2カ月ぶりに発注ありし夜

われ描くゆえに都市ありカルヴィーノ語りき

せめてあと20年あらばさぞや傑作が生まれたろう人情紙風船のごとし

エカテリナの抱擁リンカンの分厚い掌漁夫の見し夢のまた夢

君知るや幕末の巨大機械平成の御代になおも駆動するを

小松菜をおろぬこうかと尋ねたる愛しき人よおろぬき給え

小松菜をおろぬこうかと我に聞く愛しき人よおろぬき給え

弦と弦乾いた爪が震わせるギターほどおぞましき音はなし

オオフロイデとドイツ語で歌わない限りわれは第9演奏会をボイコットすべし

束の間の命の限りを文芸に捧げつくせり小西甚一

ただ一日で他の男に乗り換える今も昔もコシ・ファン・トゥッテ

満月の星空に響くあのアリア夜の女王はそも何者
 
ぽんぽこというマイミクさん今頃どうしているのやら

南風吹かば思いは常に立ち返るわれらの故里常夏の国

いまいちどカザルスの「鳥の歌」聴きたしと横須賀の海岸をさまよう夜

ダイエーの500m先に潜水艦浮かぶ横須賀に驚かぬ人

くださいください芥川賞そんな恥ずかしい手紙をよくも書いたもんだ
 
ヘプバーンもペックもワイラーも死にたれど「ローマの休日」は永遠に残らむ

世界中のマグロの8割食らい尽くす我ら強欲日本人


♪汝エコノミーよどこまでも沈み行けわが憂鬱よりも奥深く
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-30 07:08 | 詩歌

軍服の国産について



バガテルop115&ふぁっちょん幻論第53回

昨日だか一昨日だかの新聞の短信で、鳩山内閣の北沢防衛大臣が、「軍服を外国から調達しているような国はない」と文句を言っていたようです。

うろ覚えで申し訳ないのですが、例の仕分け人たちが、防衛予算のうち軍服の国産経費が高すぎるので、海外調達にせよと仕分けしたことへの感情的な反発のようでした。

恐らく彼は国防の最前線に立つ自衛隊員の衣服を外国製にすれば、皮膚の外部から夷狄・毛唐の不純な血が混じり、純乎たる愛国の精神が汚染されるとでも思ったのではないでしょうか。

考えてみれば、自国防衛の大半を外国の核兵器と軍備に依存しているこの国で、軍服だけを国産にしてみたところでいったい何が変わるというのでしょう。防衛予算が足らなければ、横須賀や舞鶴に係留してある不要不急のイージス艦を、楽天かヤフーのオークションにかければ、まるで打出の小槌のように現金化できるはず。あどけない寝言をいうのはやめてほしいものです。

ところでいまや軍服はもとより、世界のお洋服は、自動車と同様どこの国に行っても「純国産」などは天然記念物&世界遺産の範疇に属し、ギャップもH&Mもユニクロもアフガニスタンのカルザイ大統領が大好きな名だたるラグジュアリーブランドも、その縫製はほとんど中欧やアジアの発展途上国に外注しています。そうでないと産業として生き延びる道がないからです。

数年前にイトーヨーカ堂が北朝鮮で縫製した超安価なスーツを、わが国の最底辺でのたうつ超ビンボー・リーマンは、いまだに愛着していることを、私だけは知っています。
縫製はベトナムやバングラディシュ、カンボジアにまかせ、デザインだけは実力のあるデザイナーに外注すれば、いまの予算の半分以下でユニクロの「+j」に負けない、安くてかっこいい軍服ができるでしょう。戦争と軍隊を憎むイデオロギーは別にして。

そもそも軍服は、ファッションの原点でした。バーバリーやアクアスキュータムのコートも、第1次大戦の英国陸軍の塹壕戦から誕生したのです。北沢防衛大臣さえ決心すれば、経営破綻に陥って苦悩しているわが国のトップデザイナー山本耀司氏などを起用して、
世界に冠たる「メード・イン・ワールドの軍服」が誕生するかもしれません。戦争と軍隊を憎むイデオロギーは別にして。


♪小松菜をおろぬこうかと我に聞く愛しき人よおろぬき給え 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-29 19:39 | ファッション

花盗人



バガテルop115

青白い花が近所の草むらに咲いていました。

とても珍しい可憐な花です。私が写真を撮っていると、通りがかりのハイカーも数人立ち止まり、

「トリカブトに似ていますね」
「いや、あれは夏の花だからね」
「それでは、いったい何の花でしょう?」
「らんらんランラン蘭の花? あなたのお名前なんていうの?」

なぞと喃喃喋喋、丁丁発止と楽しくおしゃべりしたのが昨日の午後のこと。

 今朝早速もう一度撮影しようと現場を訪れましたら、影も形もありません。

気をつけてよくよく探してみたら、花があったと思しきあたりに、ぽっかり開いた黒土の穴。一昼夜の間に花盗人が鼠小僧のやうにやってきたのでせう。

無残に花を散らし、風と共に去りぬ。油断も隙もあったものではないわいな。

どうにも風流を解さぬ世の中になり果てたものです。


♪仁義なき花盗人を憎みけり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-28 17:30 | 自然

ある思い出



遥かな昔、遠い所で 第86回

久しぶりに大学生の次男が帰宅して家族四人で食卓を囲んだ。

生まれた時から障碍のある長男のKが「Kちゃん、いい子? Kちゃん、いい子?」と何回も聞く。この問いかけにうんうんと肯定してやると、彼は深く安心するのである。

はじめのうちは「Kちゃん、いい子だよ」と答えていた私たちだったが、こんなくだらない問答を早く切り上げて食事に取り掛かろうとして、軽い気持ちで「Kちゃん、悪い子だよ」と私が言ってしまった。

えっ!と驚いたKの反応が面白かったので、次男もふざけて「Kちゃん、悪い子だよ」と言った。妻までも笑いながら「Kちゃん、悪い子」と言ってしまった。

長男はしばらく三人の顔を代わる代わる見つめていたが、やがてこれまで見たこともないような真剣な顔つきで「Kちゃん、悪い子?」とおずおず尋ねた。

調子に乗った私たちが、声を揃えて「Kちゃん、悪い子!」と答えたその時だった。突然彼の両頬から大粒の涙がまるでロタ島の驟雨のようにテーブルクロスの上におびただしく流れ落ちた。

それは真夏の正午だった。セミの声がみな死んだ。

私たちは息をのんでその涙を見つめていた。そうして無知で傲慢で無神経な大人がこの恐ろしく繊細な魂を傷つけてしまったことを激しく後悔したのであった。


♪霧の奥から現れ出たるは永遠 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-27 20:48 | エッセイ

梟が鳴く森で 第6回




9月18日

何? 岳君? 何? 岳君? 用事が無いのに、ちゃんと、座りなさい。と、吉田先生が仰言いました。
指、差さないの。ね、岳君。御喋り、しない。知らない。バイバイ、と、川島先生が仰言いました。
稔、おしっこ、しちゃ、駄目。おしっこ、したら。分かった、と。山本先生が言いました。

9月19日 晴

勉強を頑張る。吉阪伸介

連絡帳を忘れずに、持ってくる事。福井仁治

一日も早く退院する。福井伸一

字を丁寧に書く事。松野文枝

サッカーを上達、させる事。山田三平

勉強を一生懸命、遣る。高井公平

僕は、体力作りを頑張ります。坂本岳


♪ジンジャーの白い花を見ている私かな 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-26 19:55

中島みゆきの最新シングル「愛だけを残せ」は素晴らしい。



バガテルop115&♪音楽千夜一夜第96回


私はこれまで心身共に落ち込んだとき、モントー指揮ロンドン響ベートーヴェン交響曲第4番第1楽章の出だしのところと、この中島選手の「ファイト」によってどれだけ救われたか分からないが、この度の「愛だけを残せ」の捨て身のボーカルには、ほとほと震撼させられた。
中島は平成のマリアカラスじゃ。


♪ぽんぽこというマイミクさん突如消えたり今頃どうしているのやら 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-25 17:03 | 音楽

梟が鳴く森で 第5回



9月14日

 空き缶投げ捨ては、止めましょう。

9月15日 雨

 渋谷、代官山、中目黒、祐天寺、都立大学、自由ケ丘、田園調布、多摩川園、新丸子、武蔵小杉、元住吉、日吉、綱島、大倉山、菊名、妙蓮寺、白楽、東白楽、反町、横浜、高島町、桜木町、お父さん、桜木町行った? 何で行った? JRで行った?
京浜東北線? 新型? 旧型? 
帰りは? 東横線でしょう? 急行? 各駅停車? 横浜まで東横線の各停? でしょ?
JRと東横線と、どっちが安い?


9月16日

お待たせ、しました。4番ホームから、急行新宿行きが、参ります。次は長後に、止まります。危険ですから、白線の内側迄、御下がり下さい。
お待たせ、しました。4番ホームから、急行新宿行きが、発車、致します。

9月17日 雨

マリオ、ルイージ、ピーチ姫、キノピオ、クッパ、御兄ちゃんキノコ、御姉ちゃんキノコ、弟キノコ、王妃、国王。



♪世界中のマグロの8割食らい尽くす我ら強欲日本人 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-24 13:55

メルビッシュ音楽祭のレハール喜歌劇「ルクセンブルク伯爵」を視聴する



♪音楽千夜一夜第95回

これは06年8月1日にオーストリアのイジートラー湖に面する巨大な野外劇場で行われたメルビッシュ音楽祭の公演です。

指揮は日本でもおなじみのルドルフ・ビーグル爺。あとは私の知らない人ばかりの出演ですが、いずれも歌って踊れる器用な歌手揃いと見受けられます。

歌って踊れて演技ができる役者の存在が、オペラからオペレッタを派生させ、それがのちにミュージカルを誕生させたとも考えられますが、レハールの音楽はウイーンの民衆音楽に恩師ドボルザーク譲りの歌謡的なメロデイを加味したポピュラーミュージックとでもいえばよいのでしょうか。ある種の生真面目さと定式通りのお笑いをとってつけた奇妙なアマルガムが、わたしたちをちょっと面白がらせたり、なんだこの音楽は、と軽蔑させたりすることになるわけです。

有名な「メリーウイドオ」の後で書かれた、このパリを舞台にしたどたばた劇「ルクセンブルク伯爵」は、あいかわらず能天気な筋書きでごきげんなばか騒ぎを繰り広げ、いかにもありがちな恋のさやあての後はお決まりのハッピーエンドで終わります。

会場がばかでかいために歌手はみな口元にマイクをつけて歌っていて、それが本物のクラシックやオペラではない喜歌劇というややマイナーなポジションにかえってふさわしいように思えてきますが、まばらな拍手が途絶えてしばらくすると湖上に花火が打ち上げられ、それが一入この興業のわびしさとはかなさを伝え、ここ2カ月発注のないわたしのやるせなさといつまでも共振するのでした。

♪あなうれしCD1万円注文す2カ月ぶりに発注ありし夜
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-23 15:14 | 音楽

山中貞雄監督「河内山宗俊」を見る



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.20

これも夭折した山中の時代劇映画です。

遺作の「人情紙風船」で心中する、いな妻に無理心中されてしまう忍従型の武士をやった河原崎長十郎が茶坊主の主役を、やくざな髪結い役の中村翫右衛門が浪人をあいつとめこのご両人はまたしても、(いな遺作と同様に)命を落とすのです。

しかもその遠因が原節子扮する甘酒屋の娘可愛さのためと来ている。彼女の不肖の弟が遊郭の遊女とできてしまい、その水揚げ代の300両を都合してやろうと身を苦界に堕とそうとするけなげな娘が気の毒だというので、あたら大の男がもろ肌脱いでやくだと大立ち回りを演じて、挙句の果てに2人とも死んでしまうのですからプロットとしてはいかがなものかと思われます。

けれども、純情可憐な原節子がぴたりと壺にはまってじつにういういしい。いい歳こいた海千山千の男が乗りかかかった船、とうとう大事な命まで投げ出してしまうってことは今も昔もあったのではないでしょうか。

 それにつけても30分近くあったとかいうラストの迫真の立ち回りがあまりにも短すぎるのは物足りない。溝のバリケードの裏側から刺殺される河内山宗俊の壮烈な死にざまもこれが延々と続いてこそ生かされるのですからね。

監督・脚本 山中貞雄、脚本三村伸太郎、撮影町井春美、音楽西悟郎、出演 河原崎長十郎、中村翫右衛門、山岸しづ江、加東大介、霧立のぼる、市川楽三郎(1936年 日活太秦発声制作)

♪あのこ可愛いや死んでもいいよグサリ突き刺す心の臓 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-22 15:23 | 映画

ウイリアム・ワイラー監督「ローマの休日」を見る



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.19

私のいちばん好きな映画は、やっぱりこれ。「ローマの休日」なのです。

二度と帰らぬ男と女の青春の輝き、ローマのスペイン広場、コロッセオ、サンタンジェロ城、コロンナ宮殿、疾走するヴェスパとフィアット。老獪なウイリアム・ワイラーの巨大な手のひらの上で永遠の恋人たちは恋の輪舞を踊るのです。

しかし何回見ても、涙が出てしまうのはどうしてでしょうか。王国の掟に雁字搦めになったアン王女、(というよりはヘプバーンの)おそらくはたった一度の自由、たった一度の恋、たった一度の(実際は2回するのですが)接吻が、見る人の胸を切なく打つのでしょう。

 とりわけ最後の記者会見のシーンで、訪問した世界の都市でどこがいちばん良かったかと聞かれたアン王女が、どこの都市もそれなりに良かったと答えようとして、「ローマです」と断言するくだりは、はっと胸を突かれます。
そしてアメリカ通信社の記者に扮したグレゴリー・ぺックを万感の思いで見つめた小鹿のような黒い瞳が急速に光彩を閉じて、生涯の恋を断ち切って厳しい王女の顔に戻る瞬間を、ワイラーは鋭くとらえています。

柱が高くそびえた宮殿の間を去っていく男の悲しみは、じつは王女のそれよりもかえって深いのでした。



 ♪ヘプバーンもペックもワイラーも死にたれど「ローマの休日」は永遠に残らむ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2009-11-21 09:14 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧