晴風万里

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧




オルセー美術館展2010「ポスト印象派」を見る



茫洋物見遊山記第28回

月曜日の午後、オルセー美術館展2010「ポスト印象派」を見物してきました。

あらゆる方向からやってくる光線を描こうとしたモネ、森羅万象をキャンバスの上で解体し再構築しようと試みたセザンヌ、未開の国の風光に新芸術の根を下ろそうと苦闘したゴーギャン、女性の放恣な肢体に限りない偏愛の目を向けたボナールなどの傑作115点が続々登場して眼福の限りを尽くしますが、本展の白眉はなんといってもゴッホとルソーでしょう。

 わが偏愛の日曜画家アンリ・ルソーの「戦争」と「蛇使いの女」を間近で眺めることができたのは望外の喜びでした。この2つの作品さえあれば、私は本展にガチャガチャ並べられているスーラやシニャックやシスレーやエミール・ベルナールやロトレックの凡作愚作どもを喜んでゴミ箱に投じるでしょう。

 ゴッホは1887年から1889年までに制作された7点が並んでいますが、「自画像」「アルルのゴッホの寝室」「星降る夜」「銅の花器のフリティラリア」などを眺めていると、その比類ない藝術の素晴らしさに圧倒され、いつまでも鑑賞していたいという誘惑に駆られます。

思うにこの人の作品は単なる「絵画」ではなく、それ以上のなにか奇蹟的なもの、例えば此岸と彼岸を行き来する精霊の踊り、あるいは宇宙的な生命の饗宴そのものではないかと思われます。

自画像や白百合や大熊座から放射される紫や黄色や橙色や緑色の色彩の氾濫は到底この世の人間の業とは思えません。夜の空から降って来る無数の星を寄り添いながら仰いでいる小さな恋人たちをご覧なさい。これはゴッホという天才を仲立ちとして私たちに伝えられた一種の天界からのメッセージではないでしょうか。

そこでは人類の誕生以前の原始的な存在が、生の混沌のただなかであらんかぎりの歓喜の歌を歌っています。そして私は、聖なる酔っぱらいのその聖歌に、いつまでもいつまでも耳を傾けていたのでした。


荒れ狂う命のたぎりをキャンバスに叩きつけおりゴッホ顕現 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-31 21:53 | 芸術

西暦2010年皐月茫洋花鳥風月人情紙風船



♪ある晴れた日に第76回 


ホー、ホー、ホー、ホー ホー、ホケキョ ショパン哉

長島一茂がギリシアの暴動について語っている五月の朝よ

飛んでいる蝶の名前を言えることほぼゆいいつの長所ですかね

年年に知らぬこと多く現れ出でてよくも考えずみなほうりなげる

カラオケでわたくしがただひとつ歌える歌赤胴鈴之助

若き日のわたしをクラシックから遠ざけた平井丈一朗のバッハ演奏

わが胸の奥の奥にも巣食いたる「空気さなぎ」よ何を孕むや

摩周湖を泳いでいたが怖くなり引き返したりと元赤軍派学生

母のごとき咳をしている咳しつつ思う

ちちははの京の土産に頂きし「ギリシア神話」はついに読まれず

氷雨降る春の夕べの桜花光を待たで白々と散る

瓶というものに惹かれる資本蓄積を思わせる故なるか

なにゆえぞ広告を商う君(われ)の顔卑しき

ええじゃないかそれがどうなろうとあれがどうなろうとええじゃないか

MGMのライオンのごと吠えることわが唯一の特技なりけり

今日もまた鏡の前でMGMのライオンのごとく三つ吠えたり

日本橋の三越前のライオンで待ち合わせし人はついに来たらず

原宿のR社ビルのエレベータードアが開いてホワイトライオン降りたり

フランス人がライオンの歯と名付けたるタンポポの花のギザギザを愛ず

チューリップアントワネットの如く落つ

首飛んで君が魂魄いずくにやおわす

イルカ殺すなクジラ殺すな日本人よ

鶯は三人囃子ではやしおり

鶯の囃し疲れて休むかな

ダンデリオンライオンの歯が笑っている

横須賀やきのうの夢の捨て所
  
菖蒲湯や息子のあとに入りけり

この棒がこの黄金虫が虚子である



俳聖のいかな名句も吾輩のひりだす駄句に叶わじと知れ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-30 16:45 | 詩歌

蒲原有明・川端康成旧居跡を訪ねて




茫洋物見遊山記第27回&鎌倉ちょっと不思議な物語第219回

鎌倉文学館の「文学散歩」に参加して、明治時代の詩人蒲原有明と昭和の文学者川端康成の旧居を見物しました。大塔宮からほど近くにあるこの旧居跡には現在も蒲原有明の遺族の方が住んでおられるそうです。

鎌倉のいいところは、表通りからちょっと入ればどこか山奥の侘び住まい風の雰囲気が楽しめることですが、鶯乱れ鳴く当地もちょっとそのような野趣を醸し出しておりました。なんでも林に誘われて東京から移った最初の住まいがこの旧有明邸であり、1946年(昭和21年)に三島由紀夫が自作を携えてはじめて鎌倉を訪問した場所もこの川端邸であったそうです。

わが国の詩壇に象徴詩という手法を薄田泣菫とともに確立したといわれるこの詩人を私は嫌いではありません。再読しようと思って書斎を探したのですが、有明の詩集と随筆集「夢は呼び交わす」はいつのまにか息子が勝手に持ち出してしまって手元にないので、文学館のテキストから「あまりりす」という詩を彼の「春鳥集」より孫引きして、全国の学友諸君に対する本日の連帯の御挨拶に代えたいと存じます。


『あまりりす』

おほどかに、
ひとりほほゑめる
わが戀の
花や、あまりりす。

あやしうも
貴に、すゐれんの
照りいづる
媚にも似もやらず、

おもひ屈し
すこしたゆたげにも
うつむける、
あはれ、あまりりす。


ちちははの京の土産に頂きし「ギリシア神話」はついに読まれず 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-29 15:24 | 鎌倉案内

佐藤賢一著「王の逃亡」を読んで



照る日曇る日第346回

血わき肉躍る「小説フランス革命」も、いつのまにやら第5巻となりました。
ヴェルサイユからあほ馬鹿おばさん連中によってパリのチュイルリー宮に拉致されていたルイ16世は、なにをとち狂ったのかマリー・アントワネットの情人と噂のフェルセン伯の先導で国外逃亡を図ります。

 しかし様々な労苦と蹉跌の後、あと一歩というヴァレンヌの地で、とうとう王本人であることがばれてしまったルイ御一行さんたちは、逃亡に気付いた国民議会の追手につかまってしまうのです。

この小説のもっとも面白い箇所は、フランス王国の王様ともあろう人物がコルフ男爵夫人ことマリー・アントワネットの執事デュランに扮装して、ヴァレンヌ町の助役ソースと吉本興業的漫談を取り交わすところでしょう。

そこでは王などという肩書を取り払った、あるいは取り払われた生身の、結構機転のきく、人の良い、太ったおっさんの等身大の姿が浮かび上がり、身分や地位や権威や権力というもののあほらしさがはしなくも逆照されているのです。

国民議会の右派、左派、中間派を代表する3名の議員に強引に逃亡用の大型ベルリン馬車に乗り込まれたルイ6世の周章狼狽ぶりもあざやかに活写されていて遺漏がなく、さあこれからフランス革命はいったいどうなるのだろう、とハラハラドキドキさせてくれる著者の手腕は見事です。

瓶というものに惹かれる資本蓄積を思わせる故なるか 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-28 17:20 | 読書

「鎌倉宮」を拝しながら



茫洋物見遊山記第26回&鎌倉ちょっと不思議な物語第218回


「鎌倉宮」は、承久3年1209年に建立されたいまはなき東光寺の跡に明治2年に建立された新造の神社ですが、これも廃仏毀釈の変種かもしれませんね。この神社にはどういう因縁だか毎年新年に一個人という資格で「正式参拝」しているのですが、そこで聞かされる神主のくだらない講話には辟易しています。

 宗教者にとってこの種の精神講話は必須の布教手段であって、私はこれまでキリスト教と仏教とこの神道というの3つの系統の講師のレクチャーを耳にしてきたことになりますが、その順番で内容がおそまつ君になるような気がしています。

 靖国神社といい鎌倉宮といい現代史に無知で不勉強なために落ち目の神道勢にあって、私がゆいいつ期待しているのが、最近ННKを退職して神主に転向された神戸大震災時のアナウンサーとして有名な宮田氏で、いつかは彼の精神講話を聞いてみたいと思っています。

閑話休題。

さて「鎌倉廃寺事典」によれば、東光寺の前身が建久2年に頼朝が建てた薬師堂であるとする「吾妻鏡」の記述は誤りで、これは近くの永福寺の伽藍の一部であったそうですが、このために現在の大塔宮の一帯は薬師堂谷と呼ばれるようになりました。

東光寺のもっとも著名な事績は、このお寺に幽閉されていた後醍醐天皇の皇子である護良親王が、足利直義の命令で殺されたことでしょう。「太平記」には彼が淵辺某の刀の鋒を口にくわえて激しく抵抗したけれど、ついに首切られて果てたことが生々しく記述されております。

護良親王の墓はこの神社にもありますが、じっさいの生首が葬られているのは浄妙寺の首塚で、かつて作家の高橋和巳夫妻がそのすぐそばの洋館に住んでいました。

首飛んで君が魂魄いずくにや 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-25 17:53 | 鎌倉案内

古井由吉著「やすらい花」を読んで



照る日曇る日第345回


一羽の胡蝶によって夢見られた酔生夢死の奇譚が、耳を傾ける人とてなく、とつとつ語り継がれております。そのさま在原業平のしどけなき恋物語を、あるときは漂泊の詩人西行法師の高雅な法話を、またあるときは耳無芳一の流麗な琵琶さばきを聴くがごとし。

いかにも面妖な食わせ者のこの老人は、古今東西いかなる風体のいかなる存在・非在のものにも軽々と身をやつして、囁くがごとく、啼くがごとく、またあるときは嗤うがごとく、風のように浮かび、水のように流れる物語のやうな独吟を臆面もなくわれわれに送ってよこすのです。

この端倪すべからざる風癲老人はまだ生きておるのか、もうとっくの昔に死んでしまっているのか、生きながらに死んでいるのか、それとも死んでいながらなお生き延びておるのか、されさえも定かならず、彼岸と此岸、男と女、仙人と童子の領域を自在に往来しながら一種の悟りごとき箴言をのたまい、弱法師の能面をつけて風雅の踊りをひとさし舞ってみせるのです。

古典文学の精華と現代文学の「これまでの蓄積」がほどよく熟成された見事な作品ではあるけれど、「いったいそれがどうしたの?」と尋ねたら、どこからも誰からも返事がなさそうな、そんな虚しさも内蔵する珠玉の短編集、であります。
それにしてもこの老人が小説の登場人物に仮託して描き出す、性と生へのあくなき執着にはほとほと感嘆せざるをえません。

ああ、この古狸め!


♪なにゆえぞ広告を商う君(われ)の顔卑しき 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-24 20:33 | 読書

ポール・トルトリエの「EMI録音集」を聴いて



♪音楽千夜一夜第133回

1枚200円というスーパー・バジェット価格につられて買ってしまった20枚組のCDですが、なんという音楽のたのしみをプレゼントしてくれたことでしょう。窓際の梅から桜、桜から躑躅へと季節が過ぎるのも忘れて、書斎の英国製ハーベス・モニターから流れ出る流麗なチェロの音色に耳を傾けたことでした。

まず驚いたのはバッハの無伴奏の演奏です。カザルスもロストロポービチもヨーヨーマもフルニエもマイスキーもデユプレもトルトリエに比べると、いかにも重い楽器を重々しく弾いているという印象になってしまいます。
トルトリエは、まるでヴァイオリンのように軽やかに、鶯が歌うように楽しくチェロを鳴らすのです。

しかも彼は、抜群の技量をもちながらも、そのテクニクを表に出さず、いっさいの虚飾を排してひたすら作品の本質に迫り、作曲家の音楽に奉仕しようとするところが好ましい。彼の前ではすべてのチェリストが、鈍重で、神経質なゴーシュという趣になるのです。

ここまで書いてきてひとつ思い出したことがあります。私が生まれて初めて聴いたのは平井丈一朗という下手くそかつ音楽性皆無のチェリストの超超どんくさい演奏でした。かのカザルスの高弟という触れ込みの男のそのバッハを、私はカントの純粋理性批判を拝読する思いで傾聴したのですが、あまりにも拙劣で無味乾燥なその演奏に心身が拒否反応を起こし、それ以来長きにわたってこの楽器とこの作曲家、そしてクラシック音楽に対して決定的に悪印象を懐くようになりました。じつにじつにわが生涯最悪の不幸な音楽体験でしたが、もしあの時、平井丈一朗の代わりにポール・トルトリエを聴いていたら、と改めて思わずにはいられない雨の日曜日の午後でした。

♪若き日のわたしをクラシックから遠ざけた平井丈一朗のバッハ演奏 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-23 17:25 | 音楽

バーンスタイン指揮ウイーンフィルで「マーラーイ短調交響曲」を視聴する



♪音楽千夜一夜第132回

今年はショパンとシューマンの記念の年であることは知っていましたが、マーラーの生誕150周年でもあるということを、私は最近レコード会社から続々発売されるマーラー全集の販促宣伝キャンペーンで知らされました。

誰かの記念年だからと言ってその人の記念品を購入する義理もないわけですが、商魂逞しい企業のおかげで今は亡き音楽家の存在についての認識を新たにしたり、彼らの名演奏の記録を破格の値段で入手できたりするのは、それほど悪い気はしません。

今日の昼下がりに仕事をしながら視聴したのは、バーンスタイン指揮のウイーンフィルが1976年の10月にウイーンのムジークフェラインザールでお客さんを入れて録画したマーラーの第6番イ短調交響曲のライブ演奏でした。

第5番のシンフォニーが妻アルマへの愛の告白であったのに対して、その次に作曲されたこの曲には「悲劇的」という名前が与えられ、だからこれはマーラーとアルマとの愛と幸福の生活の崩壊の予言とその実現の実況中継の音楽ということになります。
つまりこの音楽家は、貧乏や不倫や不幸やらを悲劇的に描くことを特技とするわが国の私小説作家の手法を模倣して?、はじめて交響曲という形式で表現したわけです。

なにやらいわくありげな序奏にはじまって、妻との牧歌的な人間関係に亀裂が走り、双方の行き違いや誤解がお互いの不和や対立を深めていくと、指揮者は激しく指揮台の上でジャンプを重ね、オーケストラはマーラー夫妻と一緒に泣いたりわめいたり致します。

そして終曲の第4楽章アレグロ・エネルジコのクライマックスになると、カタストロフは最高潮に達して、楽屋の奥の方から打楽器奏者がえんやこらさと持ち出してきた巨大な木製の大槌が3度にわたってやはり木製の土台に叩きつけられ、われらが愛する主人公マーラーは、心臓麻痺?で死んでしまうのです。

しかしいったいどうして我々は誰がこんな奇怪な、けたくその悪い、ほとんど病気の音楽を聞かされなければいけないのでしょうか。偉大な音楽家を襲った個人的な不幸には衷心からの同情を惜しむものではありませんが、できればこのような四丈半襖の下張の如き身辺音楽、肺病やみ風の私小説音楽、自己中的自分史音楽ではなく、自分の人生を遠くに放擲した宇宙音楽、あるいは森羅万象を対象にした普通の音楽を書いてほしかった。

異様なまでに肥大化した卑小な己の自意識を、なんの慎みも恥じらいもなく大衆の面前にさらけ出し、まるで己がイエスキリストか狂ったニーチェのように「世界苦」を主題とした壮大な音楽として公開しようとするのは、(現に今鳴り響いている音響に限りなく私自身が惹きつけられているとはいえ)、ほんとうはらちもない愚かな行為ではないでしょうか。

マーラーのその悲愴で悲劇的な音楽を、あたかも己がマーラーその人であるかのように錯覚し、偽装して汗と涙の実演を繰り広げるバーンスタインという人にも、最近の私は昔のようには共感できずに、白々とした気持ちで眺めておりました。
赤むけのお猿さんが己の性器を弄んで泣き笑いしているような後味の悪い道化音楽を耳にしたあと、ハイドンのピアノ音楽なぞを聴いてお祓いし、そのどす黒く汚染された心をさっと洗い流した、ある「守旧派」の土曜日の午後でした。


♪ええじゃないかそれがどうなろうとあれがどうなろうとええじゃないか 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-22 17:57 | 音楽

鎌倉文学館で「高浜虚子 俳句の日々」展を見る



茫洋物見遊山記第25回&鎌倉ちょっと不思議な物語第217回



百千の薔薇薫る鎌倉文学館で、俳人高浜虚子の特別展を眺めてきました。(7月4日まで開催)

虚子と言えば、ただちに

流れ行く大根の葉の早さかな

遠山に日の当たりたる枯野かな

などの秀句を思い浮かべますが、いずれも叙景のデッサンが的確で、イメージの喚起力がことのほかあざやかです。

虚子は正岡子規が唱えた写生句から出発して、「客観写生」「花鳥諷詠」という理念を唱え、俳句という芸術にはじめて理論的骨格を与えた人物ということになっています。しかしその偉大な功績を評価するとともに、彼によって拒否され、切り捨てられてしまったより多様で豊饒な俳句世界の可能性についてもあわせて一瞥を投げておく必要があると思います。

子規の膨大な句作をつらつら眺めてみると、この近代俳句の始祖が抱え込んだ複雑怪奇で融通無碍、さながら化け物のように自在な複合的表現世界は、とうてい「客観写生」などという無味乾燥なスローガンにとどまるような単純な性格の代物ではなかったと思われます。弟子の虚子は、そのほんのひとにぎりの遺産だけを譲り受けて、彼の個人営業を開始したにすぎないことがわかるのです。

そのことは、虚子と並ぶ子規のもうひとりの高弟であり、かつては子規の後継者に擬せられ、いまではほとんど忘れられた同郷の俳人、河東碧梧桐の自由奔放な新傾向俳句に接してみれば、身に沁みて理会できることでしょう。

しかしながら、碧梧桐の自由律に対して生涯にわたって徹底的な戦いを挑み、あえて「守旧派」を自称した虚子自身が、「客観写生」をモットーとする「花鳥諷詠」を詠んだかといえば、まったくそうではないところに、この人物の懐の深さをうかがい知ることができるでしょう。

去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの

金亀子(コガネムシ)擲つ闇の深さかな

春風や闘志抱きて丘に立つ

などという俳句を詠む人間が、己がしつらえた「客観写生」と「花鳥諷詠」の2枚看板糞食らえ、とひそかに考えていたことだけはまず間違いないでしょう。私にいわせれば、この図太い棒、この輝く黄金虫、この柔らかな春風と真っ赤に燃える闘志こそが、虚子の本質そのものなのです。
俳諧の中興の祖は、師の子規ほどのスケールではなくとも、獅子「心」中にあまたの魑魅魍魎が暗躍する漆黒の闇を抱えこんでいたようですね。


♪この棒がこの黄金虫が虚子である 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-21 21:20

黒井千次著「高く手を振る日」を読んで



照る日曇る日第344回

こういう作家がいるとは知っていましたが、その作品を読むのはおそらくこれがはじめて。タイトルが抒情的で、なんだか涙腺を刺激するので、ついつい読む気になったのですが、ラストではその通りになりましたから、まずは想定内の首尾を収めたというところでしょうか。

テーマは「高齢者思慕あるいは恋愛」と言って構わないと思います。会社を定年退職して還暦を過ぎ、古希を迎え、長い人生の「行き止まり」に逢着した男女の交情が、はじめは処女の如く、終わりは脱兎のごとく描かれ、諸般の事情で老人ホームに入ることを決意した大学時代の同窓生の女性に「高く手を振って」別れを告げるところで、この30年遅れの思慕純愛小説が終わるのです。

といいたいところですが、実際は「右手を高々と差し伸べる仕草を見せかけて途中で止めた」と書かれているのが悲しいところ。「今日はね、ご挨拶に上がりました」と言うなりソファーの上の主人公に激しく覆いかぶさってみずから接吻を求めてきたヒロインが、今生の別れに際して、「私に見えるように、大きく振ってね」と頼んでいるのに、黒井選手はどうして「題名通りに」ちゃんと手を振ってあげないんですか? これでは羊頭狗肉でしょう、と文句をつけたくなる主人公のカッコ悪さです。

全然関係ないけど、同窓会の後、タクシーで女性を送って行って、「さよなら」を言おうとしたら、いきなり接吻されたりしたりした経験は、みなさんありませんか。ああいう夜は、どうもそういうことをやってみたくなるものらしい。そしてこの小説もそーゆーノリで書かれている節もあります。

それはともかく、小説の最後の最後で電話が♪リンリンと鳴ります。
相手はもしかするといま別れたばかりのヒロインかも知れない。そうであれば「行き止まり」状態に陥った主人公に、新しい生の情炎がふたたび点火されるかもしれません。
はてさていったいどうなるのか? 読者に気をもたせつつ最後の一節が王手飛車取りの妙手のようにぴしゃりと盤上に打ちつけられるのです。

「電話の呼び出し音は家の中から止むこともなく続いている」

さすが名人の練達の手腕というところでしょうか。


♪マリー・アントワネットの首の如く落花せり一輪の真っ赤なチューリップ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2010-05-18 20:07 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧