「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2011年卯月 茫洋狂歌三昧


♪ある晴れた日に 第90回


一匹の大蛇の上の花見かな

この桜見せてあげたし二万人

非国民と言われし人の花見かな

わが庵に咲くやこの花オオシマザクラ

上野にて桜咲く日に母逝きたり

憂いつつタンポポの道を歩みたり

気前よくCD買うのも国のため

四月馬鹿慎太郎も馬鹿都民も馬鹿

人間はカッコつけたら終わりです

        *

四月は残酷な季節

朝はコーヒーとトースト、昼は「笑っていいとも」を見ながら生協の関西風キツネうどん、夜は肉じゃがとご飯とみそ汁とデザートにイチゴを食べて、寅さんの映画を一本見てからお風呂に入り、「いろいろあったけど、今日もなんとか一日終わったね」などと言いながら、親子三人枕を並べて朝の七時までぐっすり寝ていたかったという声も確かに聞こえた。

私には今日もいろいろあってそれなりに楽しかったが、そのいろいろが突然無くなる日が誰にも訪れると改めて知った。

しかし波一つない海岸には大きく傾いた一本の松の木だけがしきりにそよいでいるだけ。神の不在は、いつまでも続くのであるか。やはりこの世には神も仏もないのであろう。

四月は残酷な季節。太陽が宙天に達した頃、カワナゴの大群が少女たちの黒髪の林を潜り抜けていく。

        *

どの指導者もこんなもんだよ俺たちのその薄っぺらさにちょうど見合って

一票を投じた党の無様さは我等自身の無様さでもある

声高に時の政府をなじる人君ならもっとうまくやるだろ

あほばかは東京都に最も多しまたぞろあほばか都知事を担ごうとする

「慎太郎」ではなく「錆びたナイフ」と書け東京都民よ

なにゆえにあのげじげじむしにいれあげるとうきょうとみんのあんぐはてなし

わが講義欠席にして帰国する留学子女に語る言葉なし

脳味噌いっぱい花が咲くオレンジスイカバナナ咲く

きことわとはきこちゃんととわちゃんがとわにあいしあうはなしです

銀行に勤めておりしこの私利子を間違えうろたえる夢

闘牛に突き殺されし夢見たりビゼーの「カルメン」を聴きし夜

モーツアルトはパン、バッハはごはん、ベートーヴェンは肉、サティはワサビ

サティって何者なんやよお分からんわとぶつぶつ言いながら弾いてるからこーゆ録音になるんじゃチッコリーニ 

死地に乗りゆくあほばか兄弟てんで恰好よく死にたいな

聖地につき犬の散歩禁ずという霊園糞が嫌なだけなのに噴

天も照覧カズ一撃みちのくに届けダンスダンスダンス

イナックスの修理の人が掻き出す耕君が捨てし硬貨の数々

小説なんかより思想書を読むんだと言うておりし先輩東京高裁長官となりき



平尾由希仙台に去りて四月尽 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-30 13:36 | 詩歌

メットのエド・デ・ワールト指揮「ばらの騎士」を視聴して



♪音楽千夜一夜 第194夜

2010年1月19日にメトロポリタンオペラで上演されたシュトラウスの代表作をビデオで視聴しましたが、あまり景気のいい話は書けそうにありません。というものこのオランダの指揮者の音楽がリヒアルト・シュトラウスをまったく自家薬籠中に収めていないからです。

彼は長くオランダのロッテルダムのオケを率いていたベテランで、ワーグナーなどはなかなか聴きごたえのする音楽をやるのですが、終始平板な劇伴を垂れ流すのみでありました。

演出はナサニエル・メリルという聞いたこともない人ですがこのオペラハウスの巨大な空間の処理を持てあまして凡庸の極致ですし、侯爵夫人がルネ・フレミング、オクタビアンがスーザン・グレイアム、ゾフィーがクリスティーネ・シェーファー、男爵がクリティン・ジグムンドソンという布陣は、当代の歌手の水準としては上等の部類に属するのでしょうが、往年のシュワルツコップやルチア・ポップなどの歌声が焼きついた耳にとっては格別の感慨はさらさらなく、この程度の優等生的な節回しにブラボーの声を惜しまない当夜の観衆のおそまつさに呆れかえったことでした。

唯一の救いは当日のインタビュアーにプラシド・ドミンゴが登場したくらい。先だって見物した同じ劇場の「カルメン」が抜群の出来栄えだっただけに、残念無念の3時間となってしまいました。こんなことなら高橋源一郎でも読んでいたほうがよかったな。


闘牛に突き殺されし夢見たりビゼーの「カルメン」を聴きし夜 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-29 19:32 | 音楽

ホロビッツ爺の「独グラモフォン全集」7枚組を聴いて



♪音楽千夜一夜 第193夜


春って曙なら、ホロビッツって、顔も演奏も古狸だと思う。

ここにはその古狸がソニーから移籍して晩年に入れた7枚のCDが収められているが、どれもこれも不作為という名の作為に満ち満ちており、それが嫌になるとしばらく離れていたくもなるのだが、最近のピアニストのCDの作為がもっとあざといと気がつくと、またまた手に取ってしまうのです。

例えばカルロ・マリア・ジュリーニ&スカラ座と入れたモーツアルトのk488はまあ普通の出来だが、同時に収録されたk333は生気溌剌としている。この時の映像を見ると、古狸は「オケなんかうざったい。ソナタのほうがよっぽどいい」などと温厚なジュリーニに失礼なセリフをほざいて、収録寸前までk333をつまびいているのだが、その演奏のあざやかなこと。本番のテークよりもそっちのほうがよほどチャーミングで、そんなことはここに収められた「ホロビッツ・アット・ホーム」のビデオ収録の時も散見された。

同じライブでもかしこまった世紀録音ではなくて、ざっかけない試技の指のすさびに天才の霊感がほとばしる。モスクワでの一期一会のライブでシューマンのトロイメライを弾いたときに目をしばたたく中年の聴衆に感動した私だったが、映像なしの録音ではさほどの演奏とは思えなかった。かように音楽鑑賞には目が邪魔になることもある。


聖地につき犬の散歩禁ずという霊園糞が嫌なだけなのに噴 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-28 17:00 | 音楽

クララ・ハスキルの「デッカ・エディション」全11枚組を聴いて



♪音楽千夜一夜 第192夜

心が乱れて落ち着きを失いそうになった日にはクララ・ハスキルのモーツアルトを聴くと、かなり効き目があるから不思議だ。そこには慌てず急がず、ゆっくりと己の信ずる道を歩んでいくおばあさん、酸いも甘いも嚙分けた媼の熟成の音が奏でられている。

若き血がたぎる青春の音楽はそこにはない。人生の黄昏の音楽、あるいはもはやその人は黄泉の国でみまかっていて、死から次の生への途次である中有に向かいながら二短調協奏曲のアレグロを弾いているのかも知れない。そんな音楽。

この選集にはモーツアルトのk271や466、491、459、488、595などのピアノ協奏曲がマルケビッチ、フリッチャイ、バウムガルトナー、スボボダなどの指揮で収められているが、録音の時期やオケの精度の違いはあっても、彼女の演奏の解釈はまったく変わることなく、この世の果ての中有の音楽を孤吟している。

同じモーツアルトのグリュミオーと入れた6つのヴァイオリンソナタも枯淡と優婉のあわいに絶望と希望が点滅するような演奏で、絶品というよりほかにない。そのほか彼女がかつてフィリプスに入れたシュウマン、シューベルト、スカルラッテイ、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全集も楽しめるベスト盤といえるでしょう。


モーツアルトはパン、バッハはごはん、ベートーヴェンは肉、サティはワサビ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-27 14:07 | 音楽

ダグラス・サーク監督の「翼に賭ける命」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.119

ウイリアム・フォークナーの原作だというので期待して見た1957年製作のハリウッド映画でしたが、出来はいまいち、今二、今三ということでさっぱりでした。

主演はお馴染み大根ロック・ハドソン。新聞記者に扮して第一次大戦の撃墜王ロバート・スックに近づくがお目当ては彼の妻のドロシー・マローン。この三角関係を軸にしがない曲芸飛行士の愛と哀しみの人情ドラマが繰り広げられていくが、役者も演技もドラマにも深みがないので、読んだこともないがフォークナーの原作にまでけちをつけたくなる超B級の飛行機映画野郎譚でありました。

事故を起こしたパイロットが群衆が群れる場所を避けて海上に墜落死するという感動のラストは、むかし実際に静岡県で起こった米軍パイロットの英雄的な最期を思い出させてくれました。彼は市街地を避けて河川に降下して亡くなったわけですが。


銀行に勤めておりしこの私利子を間違えうろたえる夢 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-26 17:01 | 映画

「田村隆一全集」第3巻を読んで



照る日曇る日 第426回&ある晴れた日に第89回


深い海の底で、もう一度桜を見たいねという声がした。

朝はコーヒーとトースト、昼は「笑っていいとも」を見ながら生協の関西風キツネうどん、夜は肉じゃがとご飯とみそ汁とデザートにイチゴを食べて、の寅さんの映画を一本見てからお風呂に入り、「いろいろあったけど、今日もなんとか一日終わったね」などと言いながら、親子三人枕を並べて朝の七時までぐっすり寝ていたかったという声も確かに聞こえた。

私には今日もいろいろあってそれなりに楽しかったが、そのいろいろが突然無くなる日が誰にも訪れると改めて知った。

しかし波一つない海岸には大きく傾いた一本の松の木だけがしきりにそよいでいるだけ。神の不在は、いつまでも続くのであるか。やはりこの世には神も仏もないのであろう。

四月は残酷な季節。太陽が宙天に達した頃、カワナゴの大群が少女たちの黒髪の林を潜り抜けていく。


憂いつつタンポポの道歩みたり 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-25 20:01 | 読書

新国立美術館で「シュルレアリスム展」を見て


茫洋物見遊山記第55回

パリ・ポンピドゥセンターに腐るほど在庫しているシュールリアリズム、ではなくてシュルレアリスム関連の絵画やドローイングや参考資料などがずらずら並んでいましたが、一等面白かったのはパリ・フォンテーヌ街にあったアンドレ・ブルトン邸のアトリエを撮影したヴィデオでした。

ここにはアジア、アフリカ、イスラムなど古今東西の美術品や骨とう品が所狭しと並べられ、しかもそれらの1点1点が展覧会の作品を超越するような無類の面白さで、この元祖シュルレアリストの眼力の凄さを雄弁に物語っています。ブルトンの如き既存の文明の価値観に属されない無垢の眼の持ち主であったればこそ、超現実主義なる独創的な美学を編み出すことができたということが如実にわかる映像でしたが、きけばこの貴重な世界文化財を2003年にオークションで解体してしまったとはなんと無法な振る舞いでしょう。馬鹿に付ける薬がないとはこのことです。

2番目の見ものは、ダリが脚本協力をしたルイス・ブニュエルの古典的名作「アンダルシアの犬」と「黄金時代」の映画上映です。冒頭で女性の眼球が剃刀で切断される前者の衝撃は制作されて83年後の今日もなお失せてはいませんし、ワーグナーのトリスタンとイゾルデの伴奏に乗って繰り広げられる「黄金時代」の抜粋は、たった5分間とはいえ当時右翼が爆弾を投げつけた理由が分かるような気がするキッチュな作品です。


肝心の本展の作品では、私の大好きなイヴ・タンギーを筆頭に、ミロ、マグリット、キリコ、ダリ、数は少ないですがピカビアとデルボーが展示されており、シュルレアリスムなどと粋がってはいても、後期印象派の明後日に描かれたことが明々白々なコレクションなのでした。


小説なんかより思想書を読むんだと言うておりし先輩東京高裁長官になりき 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-24 10:58 | 芸術

ジョン・マッデン監督の「恋におちたシェークスピア」を見て

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.118



監督や主演俳優についてはヒロインのバルトロウの乳房の尖り方が美しいという以外に格別言うべきことはないが、「未来世紀ブラジル」や「太陽の帝国」の脚本を書いたトム・ストッパードの卓抜な思いつきがことのほか素晴らしい。

シェークスピアの「ハムレット」に拠る戯曲も書いている彼は、本作ではわが偏愛の奇書「ソネット集」をひとひねりして、若き日の沙翁の恋愛譚をこしらえた。

沙翁の「ソネット集」は謎の美貌の青年貴族とこれまた謎の「ダークレディ」への愛を描いているが、ストッパードはこの映画のヒロイン、ヴァイオラを男装させることによって、沙翁の両性愛、バイセクシュアリティをビジュアライズしようとしている。

すなわち、あのオスカーワイルドが着目した「ソネット20番」の、

姿かたちは男だがすべてのかたちをうちに従えている。
だからその姿が男の眼をうばい、女の魂をまよわせる。(高松雄一訳)

の艶姿に翻弄される沙翁を描こうとしたわけだが、それにしてはバルトロウも、ましてやジョセフ・ファインズも明らかに役(者)不足で、この優れたシナリオでの再映像化を望むこと切なるものがある。

しかしながら、沙翁の恋が「ロミオとジュリエット」の戯曲&上演と同時並行で生き生きと進行していくことや、ロミオ上演の成功が同時に2人の現世の恋の終わりであり、それを次作の「十二夜」のプロットへと接ぎ木していく脚本家のアイデアはこれまた秀逸で、沙翁への永遠の愛を胸に秘めたヒロインが、未踏の荒野に歩み去るラストシーンは、ほとんど感動的でさえある。



一票を投じた党の無様さは我等自身の無様さでもある 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-23 09:37 | 映画

シュテンファン・ルツオヴィスキー監督の「ヒトラーの贋札」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.117


第2次大戦中に強制収容所のユダヤ人たちが動員されて大量のポンド紙幣を捏造する話。まさかと思ったが、実話でこの映画にも登場する印刷工の手記が原作になっている。

この原作者はもう少しでドルに成功するところだった偽札作りをサボタージュすることによってヒトラー一味に抵抗し続けるのだが、映画も観客もそんな政治的レジスタンスなんかどこ吹く風で、いつのまにか贋札製作チームに陰で声援を送っている感じになってしまうのは妙な気分だ。

なんでも1億3200万ポンドの精巧無比な偽札を作ったそうだが、それで英国政府がどれだけ打撃をこうむったかといえば、あんまり関係ないだろうな。それでもこういう映画やジッドや島田雅彦の小説などが相も変わらずつくられるのは、おそらく人間は誰しも偽札を作って蕩尽してみたいという欲望が心の底にあるからに違いない。

一夜のカジノで巨萬の偽札を失いながら、「また作るさ」と豪語する主人公が、うらやましくなってしまった。


声高に時の政府をなじる人きっと君ならうまくやるだろ 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-22 13:17 | 映画

メトの「カルメン」新演出ビデオを視聴して



♪音楽千夜一夜 第191夜

2010年1月16日にNYのメトロポリタンオペラで上演されたビゼーの「カルメン」のライヴを視聴しました。

まず表題役のエリーナ・ガランチャの演技と歌唱が素晴らしい。2幕では盗族仲間と見事なダンスまで踊ってのけますが、舞台で棒立ちになったままの日本人も少しはツメの垢でも飲んでください。

そしてもはや押しも押されぬ実力派になったドンホセ役のロベルトー・アラーニャが力づよい歌唱を聴かせ、ファム・ファタールへの恋の怨念を最後まで貫き通します。

この2人の主役に第3の軸として堂々と張りあうのがバルバラ・フラットリのミカエラです。とかく「カルメン」ではこのドンホセの恋人役の存在がないがしろにされて三角関係のドラマツルギーに緊張が欠けるケースが見受けられるですが、演出のリチャード・エアはこの弱点をしっかりカバーしています。

開幕の3時間前に代役を命じられたニュージーランド出身の元会計士テディ・タフ・ローズもそつのないタフな歌唱を展開し、新人指揮者のゼニック・ネガ・セガーも若者らしい情熱的な劇伴で盛り上げ、終始高水準のパフォーマンスが繰り広げられていました。

もっとも大きな感銘を与えられたのは4幕最後の演出で、凶刃に倒れたカルメンの右手にドンホセが指輪をはめている舞台がぐるりと回ると、そこはなんと闘牛場。オペラはいままさにエスカミリヨが巨大な牛を仕留めた興奮と大歓声のなかで幕を閉じるのです。

少年少女合唱団の起用といい、このオペラの読み変えを迫る前代未聞の演出といい、リチャード・エア恐るべし。いつも音楽鑑賞を妨害するあほばか演出に不平たらたらのこの私も今回ばかりは完全に脱帽です。



どの指導者もこんなもんだよ俺たちのその薄っぺらさにちょうど見合って 茫洋
[PR]



by amadeusjapan | 2011-04-21 10:55 | 音楽

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧