「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2011年水無月 蝶人狂歌三昧




♪ある晴れた日に  第93回



鶯や全山アリアに聴き惚れて

三匹の火垂る輪舞し皐月尽

天に星地に蛍舞う良夜かな

一匹の蛍が統べている私の暗闇

二人して蛍見に行くうれしさよ

別々の葉っぱで眠る紋白蝶

大ニッポン疲弊して咲く栗の花

山笑う岩波文庫を読まぬ莫迦

柑橘を生らして捨てる大農家

梅の実を残して流れる小川かな

おらっちはおらっちはおらっちはおらっち

書斎に飛び込んできたダイミョウセセリと一夜を明かした

なんやかやで私もニッポンも疲れ切っているよ

おお君はカワラナデシコの花のように可愛いい

購入限定弐拾四名様痲論一個五百八拾円也為義母

雀百まで僕、僕、僕、てめえに自信があっていですねえ

紫陽花の花のごとうつろうよニッポンおよびニッポン人の心

風呂に入りながらそのまま眠る極楽往生

世の中にお混ぜご飯のお焦げほどおいしいものはなし

世の中に混ぜご飯ほど美味しいものなし三合を三人で食べる

そうかそれでも生きていくのがひとのみちなのか

誰誰がどういう料簡で海岸にどんどん原発おっ建てたんだ

あれほどの被害を蒙ったのにどうして原発を止めたくないのかまるで理解できない

どうしてあんなに総理大臣になりたがるのかまるで理解できない

あんたは人の話を全然聞かないからきっと政治家になれるだろうよ

君の言うことを信じるべきか否かその大きな耳袋を見ながら考えているわたし

たった3千円のゴミ箱を買うのに1週間も迷うソットサスの弟子ミケーレ・デ・ルッキが好きだ

ルリシジミよテングチョウよどうして君たちは示し合わせて同じ日に生まれるのかね

「幸せになろうよ」最終回を見た長男が「僕も幸せになります」と叫んだ幸せになっておくれ



20余匹のオタマを全部喰い殺し1匹の巨大オタマ生き残れり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-30 15:36 | 詩歌

内田樹・高橋源一郎著「沈む日本を愛せますか?」を読んで




照る日曇る日第438回

表題の問いかけについては、もちろんイエスだが、別に無理矢理愛する必要はないでしょう。ジャパンがじゃんじゃんシュリンクすることは、五五年体制が崩壊し、バブルが崩壊し、戦後が崩壊したときからみんな分かっていたことで、ただそれを口にしてもどうしようもないから黙っていたにすぎない。

これからしばらくの間は、いやもしかすると数世紀の間は、少子高齢化の我が国には右肩上がりの経済成長はなく、大いなる発展やら繁栄やら物質的な豊かさは夢のまた夢と成るので、生産と消費のスケールを死なない程度にゆっくりと落としていって、節電やら省エネどころか食欲も性欲も出世欲も半減させ、つまりは個々の価値観とライフスタイルを激変させ、おのれの身丈に合った新後進国にふさわしいちまちました生活をすればいいのである。

日本がラフォンテーヌの「寓話」のカエルのように己を夜郎自大に過信して膨張すると自他ともにろくなことにならないのは歴史が証明している。経済大国の首座を争奪戦とする熾烈なたたかいは例のBRICS諸国にゆだねて、われらはベネチアやローマやロンドンやマドリードのように、壮大な黄昏の中で、ゆっくりと歴史の主舞台から退去していけばいいのである。

もうひとつの論点である我が国の米国への属国化は、一九四五年から現在までずっと続いてきたことであって、いまに始まったことではない。もちろん江藤淳と武装共産党と全共闘が墓場から化けて出て共同戦線の最前列に立って反米独立攘夷闘争を成功させれば、旧来の陋習や精神的コンプレックスやら憲法トラウマなどは払しょくでき、新しいニッポンの夜明けが訪れるだろうが、そんな無茶なことをしなくとも、半世紀以内に米帝の政治経済軍事優位は崩壊するから、その隙に魔法が解けたわれらは自然とあこがれの自主独立を労せずに手にすることができるのである。


あんたは人の話を全然聞かないからきっと政治家になれるだろうよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-29 14:07 | 読書

鎌倉「銭洗弁天宇賀福神社」を訪ねて



茫洋物見遊山記第58 回&鎌倉ちょっと不思議な物語第241回


この神社は文治元年1185年に源頼朝の夢枕に宇賀福神が立ち、鎌倉の西北に湧き出している霊水で神仏を祀れば人民は信仰にめざめ、国内も平和になるであろうよと託宣があったことにはじまるという。

頼朝が早速この地を捜索したところ、この聖なる泉を発見。ただちに岩窟を掘らせてこの神社を創建したのだそうだ。

ところが13世紀の半ばになって執権北条時頼の時代になると幸福や知恵、財力などの神とされる弁財天を信仰する者どもが大挙して金銭を洗うようになった。

このあほらしい迷信はいまなお続いているのだが、鎌倉五名水のうちもっとも美味にして霊験あらたかなる太刀洗水は、今日も誰ひとり訪れる人もなく八〇〇年前の悠久の昔から滾々と二種混合の湧水を垂れ流している。



「幸せになろうよ」最終回を見た長男が「僕も幸せになります」と叫んだ幸せになっておくれ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-28 11:45 | 鎌倉案内

梟が鳴く森で 第3部さすらい 第1回


bowyow megalomania theater vol.1



11月25日 曇

昨夜、お母さんの夢を見ました。お母さんはおっしゃいました。岳君でしょう。岳君も行っといで。変名食べ方したら、、変な食べ方したら、理恵先生に、笑われちゃうよ。又理恵、見てる。先生の言う事、聞かなきゃ、駄目でしょう。岳君、何処、見てる。早く、風邪、治そうね。教えなさい。笑うんじゃない。きちんと、おはなし、しなさい。

もう平気だって、どうしたの。はっきり、ゆってよ。悪いけど、返してね。ちゃんとかえしなさい。ちゃんと、返してあげなさい。

休んでなさない。煩い。あたり前だ。いて。岳君、何ですか。ワッ わははははじゃない。おかしくない。そんな写真、見てたら、ポップコーン、あげません。お母さんには、もう1カ月以上会っていません。


書斎に飛び込んできたダイミョウセセリと一夜を明かした 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-27 20:10

ビリー・ワイルダー監督の「翼よ! あれが巴里の灯だ」を観て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.127

この1957年製作の米映画は初めて見た時も感動したが、久しぶりに再見してまたしても涙した。

1927年の5月にニューヨークのルーズベルト飛行場を単葉単発機で飛び立ったアメリカの朴訥な青年が、大西洋を横断しておよそ33時間後にパリ郊外のル・ブルジュ空港に着陸するという冒険ヒコーキ野郎の物語であるが、まず「セントルイス魂」号という飛行機の名前(映画の原題でもある)が素晴らしい。青年の野望を応援するセントルイスの実業家たちの心意気が見事にいい表わされている。

この「セントルイス魂」号を鉄パイプと木とキャンバスを使って突貫工事で製造する小さな飛行機工場のスタッフと佇まいがまた素晴らしく、フィラデルフイアから見送りに来ていた娘の手鏡を借りてガムでくっつけ、それを計器に利用するエピソードも心憎い。睡眠不足に悩まされるリンドバーグが、あやうく海面に激突しそうになるところを、太陽光線を反射して救うのはじつに彼女の手鏡なのである。

ようやく完成した愛機を駆って雨のルーズベルト飛行場を辛うじて離陸する箇所ではおもわず涙が出てしまう。なんとか海上に出てからも危機が続き、高空で機体が氷結してしまう箇所では思わずハラハラドキドキしてしまうが、ほとんど無手勝流航法のリンドバーグは、そのつどなんとかしのぎ切ってアイルランドを経て、シェルブール上空からセーム河を遡ってエッフェル塔を遠望するところでは、ましたしも感動で涙が出てしまう。
「翼よ! あれが巴里の灯だ」とは、なんと素晴らしい邦題であることか!

飛行中の回想シーンで主人公の人柄を鮮やかに浮き彫りにし、既に夜になったル・ブルジュ空港への決死の着陸で手に汗を握らせ、最後に主人公と傷だらけの「セントルイス魂」号を対面させ、「ル・ブルジュでは20万人が、帰国してからは200万人が彼を迎えた」というシンプルなナレーションで紙吹雪乱舞するブロードウエイの凱旋パレードをちらっと見せて、脱兎の如くフィルムを終えるビリー・ワイルダーのスマートでお洒落なこと!


なんやかやで私もニッポンも疲れ切っているよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-26 13:31 | 映画

ピナ・バウシュ演出ウッパタール舞踏団の「私と踊って」を視聴して


♪音楽千夜一夜 第209夜


ほんとはこれは音楽としてはドイツの古い民謡が効果的に使われていても、音楽以上に演劇と舞踊と音楽が混然一体となった一種の総合芸術なのだが、どこに入れたらいいのか分からないので、ここで千夜一夜することにする。

昨日も今日も風が強く、さっき庭で2羽の紋白蝶が交尾しようという体制に入っていたのだが、風だけではなく、そういう気分にならなくなってしまったので、1尺ほど離れた別々の葉っぱに止まって薄青い筋の入った翅をしっかり閉じて、まだ夕方なのに早い夜に入ってしまったけれど、この「私と踊って」という作品は、ある男と女のまさにそういう関係を劇にしていると思った。

はじめは女が、次に男が、男と女に恋をして、最後の最後に全員が舞台の最前列に勢ぞろいして「「私と踊って!」と叫ぶ時に男と女の切ないまでの純粋存在が真っ裸の無垢の状態で全面開示され、観客の心の奥底を鋭く貫きとおすのであるが、芝居の見どころとしてはそこに至るまでの男女のかけひき、すなわち愛の提示や虚勢や内心の葛藤や絶望や憎悪やらのほとんど見るに堪えない荒々しい展開にある。

青年男女も胡蝶も、できたら好きな相手と性交したいと念じてはいるのだが、昆虫においてすら性交や生殖は生の最終目標ではなくて、その周辺、その周縁に散らばっている歌や踊りや休憩や沈思や買い物や睡眠や蕩尽や暇つぶしにこそ、生の本質、換言すればクチュールというものがある、ということをピナ・バウシュ選手はわれらに伝えようとしているのだ。

言言肺腑を衝くという言い方があるとしたら、これは見見臓物を抉るとでもいうべきパフォーマンスであろう。女を演じたジョセフィン・アン・エンディコットの熱演が感動的だった。


別々の葉っぱで眠る紋白蝶 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-25 17:05 | 創作

川西政明著「新・日本文壇史第5巻」を読んで 後篇


照る日曇る日第437回

川端康成の「雪国」の駒子のモデル、小高キクがなんと昨二〇一〇年一月三一日に八三歳で亡くなったとは知らなんだ。著者はこの雪国が後年の「美しい日本の私」への一里塚であったことを手際よく論証している。

最後のとっておきのお楽しみは、井伏鱒二の巻である。私はかねてから東京の高田馬場に所在するある大学のことを故赤塚不二夫氏とともに「馬鹿だ大学」と公言して顰蹙を買っているが、それは総じてこの大学の学生の優秀さに比して教師のレベルが酷過ぎたからであった。

ところが思いがけず本書でその輝かしき伝統は、井伏鱒二の時代からすでに堂々と存在していたことを知って私は一驚し、かつまたその確信を新たにした次第である。

早稲田の露文科に入った鱒二は、片山伸という男色趣味の教授に襲われ、あわやというところを辛うじて逃れ、それが元で結局馬鹿だ大学を退学して文士になる道を選んだそうだ。この片山は井伏のみならず多くの学生を毒牙にかけ、多数の男色犠牲者を出したので、遂に大正一三年の一〇月に当時の露文科の講師たちが立ち上がって、かの坪内逍遥や吉江喬松などに訴え出たので、片山はとうとうロシアに逃亡したという。

以上駆け足で紹介したが、頭から尻尾まで餡子がてんこ盛りに入った美味しいタイ焼きのようにニッポンの文壇史を堪能できるのが、この本である。


一匹の蛍が統べている私の暗闇 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-24 11:30 | 読書

川西政明著「新・日本文壇史第5巻」を読んで 前篇


照る日曇る日第436回


いよいよ佳境に入る川西文壇史の第5冊は「昭和モダンと転向」を主題に伊藤整、高見順、平野謙、中野重治、川端康成、井伏鱒二の、生と性と青春と政治と文学を取り扱う。

この六名の文学者のうち著者がもっとも精魂こめて論じたのが中野重治であることは歴然としているが、その他の五名の行状もみな変態的に面白く、いまどき読んでこれくらい楽しませてくれる書物も滅多にないだらう。

精神的にラブする女とセックスだけの女の両方を必要とした性的少年、伊藤整の呆れた下半身活動を知ってしまうと、後年彼がなぜロレンスのチャタレイ夫人に拘ったのかが何となく分かるような気がするし、高見順の修羅の人生を辿ればこれまた性愛の地獄そのものであって、最後の恋人小野寺房子との間に出来た娘、恭子を、なぜ正妻の秋子が入籍して養女にしたかは、いくら考えてもよく分からない。

平野謙が経験したリンチ共産党事件では、査問の結果官憲のスパイと認定した小畑達夫を日本共産党の幹部である袴田里見、宮本顕治、逸見重雄が殺す場面に息をのむ。連合赤軍の内部粛清の原点がここにある。また潜伏中に女性の肉体をハウスキーパーとして人身御供に供しているような集団に革命なんて出来るわけがないことも分かる。

しかしその共産党員であるというだけで中野重治の受けた拷問の凄まじさには驚く。彼が殺されなかったのは、その直前に小林多喜二を虐殺した刑事が続けて殺戮することを控えたからだ、という指摘にはなるほどと頷けるものがある。そういう時代だったのである。


誰誰がどういう料簡で海岸にどんどん原発おっ建てたんだ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-23 14:09 | 読書

クラウディオ・アバド指揮ルツエルン祝祭管の「マーラー第9」を視聴して


♪音楽千夜一夜 第208夜

昨2010年8月20、21日にスイスのルツエルン文化会議センターで行われた演奏のライブを衛星放送の録画で視聴しました。

まずこの人のマーラーは、ちっとも苦しんだり不安に苛まれたりしていないのが途方もなく奇妙かつユニークです。いったいこの世紀末の世界苦の神経病みのヒポコンデリーのユダヤ人音楽家のことを、アバド選手はどんな風にとらえているのでしょう。まさかその音楽通りの能天気な楽天家と思っているのではないでしょうね。

次にこの人のマーラーは、限りなく美しい。異常なまでに透明で、抒情的で、天国的に美しい。アバドはその快美悦楽の園の世界を、見も世もあらず、歌いに歌います。
あたかもつとに天上の音楽として知られているト長調交響曲の最終楽章の世界を、このニ長調の最後の交響曲の最後の楽章でまたも再現しようとでもするように。

これはワルターやバーンスタインやテンシュタットとは正反対の音楽。そこに暗欝なデイオニソスの懐疑や暗黒や疑惑の影などひとかけらも見えず、地中海を浮遊する太陽神アポロンが放つ黄金の光の音楽があんぐりと口を開けっぱなしの私たちを魅了する。そう、これもまた、もうひとつの異貌のマーラーなのです。


天に星地に蛍舞う十三夜 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-22 14:17 | 音楽

梟が鳴く森で 第2部たたかい 第53回


bowyow megalomania theater vol.1


歌いながら洋子は、両手を夜空に高く掲げつつ、細長い身体をゆっくりくねらせながら踊るのでした。


ああ、私の好きだった男の子たちよ
橋爪君、吉元君、黒田君、安田君、相沢君、ヨハン・ヘリベンシエール君、
どこへ行ってしまったの? 
どこかで元気にしているのでしょう?
それとも、もうこの世の人ではないの?
私ももうすぐそちらに行くわ
それまで、そこで待っていてね……


そう言いながら洋子は、青白い満月の下で、踊り続けました。


死者たちのため、生者たちのため、ものみなすべてのため、名づけえないすべてのものたちのために、洋子はいつまでも、いつまでも踊り続けるのでした。


                                              第2部たたかい 完





購入限定弐拾四名様痲論一個五百八拾円也為義母 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-06-21 14:24

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧