晴風万里

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2011年文月 蝶人狂歌三昧




♪ある晴れた日に  第94回


天啓の如く鮎閃きぬ

土曜日はゴマダラカミキリと遊びけり

ニイニイゼミ鳴きて夏綻びぬ

ものみながはげしくにおう夏の夜

少数の見知らぬ友に日記書く

丸印は性交ありし日か荷風日記

かにかくに今日もなんとか生きている

秋風やパソコン嫌いの女がひとり

佳麗衆カレー週加齢臭鰈集華麗秀

今宵特許許可局開店杜鵑

かくかくしかじかてふコマーシャルが大嫌いなわたし

親子丼食えば死んだ鶏を食うておる心地す

ガンにならないように麵麭の黒焦げを削る

この子居所がないこの老人居所がない

祖父に巻いてもらいしゲートルの柔らかきこと

見る前に飛ぶな褒めるな有名建築家の商品ども

1匹の雌を争い2匹の巨大雄ウナギが滑川に躍りあがる満月の夜

柳腰の雌を狙いし雄ウナギ噛み合いしまま水面を超えたり

空青く草は緑に燃える日よわが生命も赫奕と燃ゆ

原発はニッポンを死に至らしめるガンである撲滅せよガン

だんだん好きな人が減って嫌いな奴が多くなる

三台も自動車を並べている家の玄関をモンキアゲハが通り過ぎる

人一人殺しちゃっても死刑にならぬ日本は素敵な法治国家

駅近く線路の傍にカンナ咲き鎌倉の夏今年も来にけり

全国の男の顔色なからしめ花咲き誇る三千世界

性愛の極意を生きた小島信夫永井荷風の跡を継ぎしか

人として最低の人を任命する最低の人辞表受け取る

ニッポン戦場、ニッポン洗浄、ニッポン沈没、ニッポン脱出

ひめじおんのうえで胡蝶たちがつかのまたわむれるやうに

父上の死に目にも母上の死に目にも会えなかった

築地なる朝日新聞コケルとも鎌倉朝日とわに栄えん



君知るや消えちまった私の行方を 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-31 09:52 | 詩歌

市川昆監督の「おとうと」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.135

1960年製作のこの映画は、黒白のコントラストを強調した世界初の「銀残し」という画像処理を施された映画ですが、その特色は本作よりはスピルバーグの「マイノリテイ・レポート」などでもっとよ強烈に生かされていましたが、この映画でもヒロインの岸恵子の陰影のあるくまどり、父親役の森雅之の深みのある重厚な表情にその効果を発揮しています。

原作は幸田文、脚色は水木洋子、そして監督が市川昆ですから、姉の岸も「おとうと」の川口浩も大船に乗せられたようなもの。父役の森と義母役の田中絹代の強烈な助演を受けて、薄命の少年の哀しい映像物語ができました。

不良でろくでなしの弟を若くしてガンで亡くなった川口が熱演しているが、その弟を「熱愛」する姉の岸もまけじと張り合う。ラストで臨終の弟が差し伸べた腕を抱けなかった姉が、つかの間の失神から甦って無意識にエプロンをつけながら病室に飛んで行くストップモーションにすべてのスタッフの情念が籠っているようです。

岸恵子がデパートで万引きしたと疑われて非人間的な取り調べをされるシーンや、半身不随の意地悪で孤独な義母役の田中絹代が、キリスト教信者仲間の岸田今日子とひそひそ陰微に密談を交わすシーンも忘れ難いものがあります。


ニッポン戦場、ニッポン洗浄、ニッポン沈没、ニッポン脱出 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-30 16:34 | 映画

アルフレッド・ヒッチコック監督の「ロープ」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.134

1948年に製作されたヒッチコックのサスペンス映画です。

いきなりロープでの殺人シーンがでてくるのがいかにもヒッチですが、話の中身はジエームズ・スチュアート扮する大学教授の「超人!」思想を真に受けた教え子2人が共謀して、自分より劣る(と思われる)友人を殺害するというもの。1924年に起きた実際の事件を元にしたお芝居を原作にしているそうです。

どんな脚本でも素晴らしい映画に仕上げる名人ヒッチコックですが、ラスコーリニコフ張りの犯罪理論を実際にやってのけた大馬鹿者を当のスチュアート先生がとっちめるという珍奇珍妙なお話を微に入り細にわたってリアルに演出すればするほど台本の底の浅さが露呈されて、これを名匠の傑作として鑑定することは中島誠之助といえども難しいでしょう。

追伸 原発に関する驚くべき情報!

http://t.co/GeWgLHh


ガンにならないように麵麭の黒焦げを削る 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-29 13:09 | 映画

ロマン・ポランスキー監督の「チャイナタウン」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.133

この映画もこれまでに何回か見たはずなのに、それを忘れてまた見てしまった。ロサンジェルスの水道をめぐる殺人事件をジャック・ニコルソンの私立探偵が巻き込まれ最後はファム・ファタール役のフェイ・ダナウエイがロスのチャイナタウンで非業の死を遂げるところまでポランスキーは一気呵成に見せてしまう。

ダナウエイはミスキャストだと思うが、彼女にしてはベストパフォーマンスをみせ、父に犯されて妹でもある娘を孕まされる悲しみを好演しているし、その阿漕な父親を演じるジョン・ヒューストンの怪演が素晴らしい演技を見せたニコルソンのお株を奪っている。ニコルソンの鼻をナイフで切り裂くカメオ出演の役者ポランスキーの圧倒的な存在感も見事。

1930年代のロスを再現した美術セット、ジェリー・ゴールドスミスの音楽も演出の意図にはまったもので、砂漠の上の仇花ロサンジェルスを流れる河があり、毎晩突然鉄砲水が奔出するというプロットも出色で、これぞハリウッドフィルムノワールの傑作と評すべきであろう。


この子居所がないこの老人居所がない 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-28 18:08 | 映画

清水宏監督の「風の中の子供」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.132


これは懐かしい坪田譲治原作の映画だ。ご存知善太と三平の兄弟が主人公となって、日本軍が南京で中国人を大虐殺していた頃の貧しい地方の暮らしをいっけんのんびりと描く。

しかし彼らの父親は文書偽造の嫌疑をかけられて逮捕され、三平は母と善太から引き離されて親戚にあずけられるなど苦労を強いられるのである。

大人の世界も息苦しいが、子供の世界だって極度の緊張と暴力の予感に満ち満ちた尋常ならざる世界だ。そこをなんとかかんとか潜り抜けないと、人は一人前の人になれないのである。

その嫌疑がようやく晴れて父親と2人の息子が庭で相撲を取るハッピーエンディングを見るとなんだかほっとする。そしてまた子供軍団が歓声を上げて兄弟に駆け寄り、善太がライバルの悪たれ小僧をその仲間に入れてやると、もっとほっとするのであるが、その風の中の少年たちを待っていたのは、太平洋戦争の地獄だった。

ものみながはげしくにおう夏の夜 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-27 16:49 | 映画

伊集院静著「なぎさホテル」を読んで



照る日曇る日第448回

これは昔逗子海岸にあったホテルを舞台にした、著者の青春回顧小説である。

離婚の慰謝料や借金をかかえ実質的には一文なしの風来坊が偶然逗子の海を訪れ、なぎさホテルの支配人の格別の好意に恵まれて出生払いということでその夜から寄宿し、およそ六年間の歳月を海岸に打ち寄せる波の音を枕の友として文学全集を読破し、短編小説を試み、浴びるように酒をくらい、危ない橋を渡り、鎌倉の漁師や寿司屋の主人やおじさんやおばさんと仲良くなり、人気女優と熱愛し、とうとう結婚して思い出多い逗子なぎさホテルを去るまでの夢のような、幻のような、しかし確かに実際にあった物語がとつとつと綴られている。

この作家の文章はどちらかというと拙劣で、用字用語的に都会的で洗練された要素は皆無だが、一字一行をひたすら実直に書き連ねたその下手くそな文章を読んでいるうちに、この人の内面に潜んでいるある種の清々しい倫理観、書かれた内容に関する好ましい節度と誠実さというものが読者の心に少しずつ岩肌から垂れる清水のように沁み込んできて、それがおのずから他の作家との違いを形づくっているような按配である。

こうした著者の芸は、俳優にたえれば高倉健、野球選手にたとえれば松井秀喜といった人物のパフォーマンスに酷似している。高倉健の演技など下手くそでどうにも見ていられないが、じつはその下手くそさが彼の最大の魅力であり、大衆をつかむ武器ともなっているのだ。

かつて私が高倉健氏にインタビューするためにたった一度だけお会いして名刺を渡した時、氏はあの黒々と耀く両のまなこで私を射竦めながら、東映映画のスクリーンに響き渡る太く低い声で「頂戴致します!」と一言いって、両の手を剣のように突き出して紙片を押し頂いてから、深々と一礼された。

私は伊集院氏には会ったことはないが、もしかすると健さんのような振舞いをする人物ではないかな、とふと思った。彼は絶対に上手な文章を書かないように己を戒めることによって、最良の自分を表現しようと努めているのだ。



ああひめじおんのうえで胡蝶たちがたわむれているよ 蝶人




◎「佐々木健グループ展」開催中
「モンブラン・ヤングアーティスト・パトロネージ・イン・ジャパン2011」
会期:2011年7月7日(木)~9月21日(水)
場所:モンブラン銀座本店3階(営業時間:11:00-20:00)
東京都中央区銀座7-9-11モンブランGINZA Bldg 銀座中央通り・資生堂斜め向かい

http://ow.ly/5IDQN
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-26 15:25 | 読書

ベルンハルト・シュリンク著「週末」を読んで



照る日曇る日第447回

70年代は左翼の武装闘争が全世界で荒れ狂った。日本では赤軍派などは牢屋に入れられたままだが、ドイツでは少しずつ釈放されているらしい。

本書は当時のドイツの資本主義の中枢にいた財界人などを殺した赤軍派の元リーダーが既往を悔いて出獄した直後の週末に起こったさまざまな事件と波紋を描いているが、こう要約しただけでこの小説の作者の魂胆が見え透いてくるようで私などは非常にいやな感じがする。

まず、かつて輝けるテロリストだった男が大統領の恩赦を受けて20年振りに出所してくるというので、彼の恋人兼母親のような姉が彼女の別荘に男の旧友を呼び集めて慰労会?を催す、などという設定が小説としても不自然である。

普通はどんな親友にも知らせず、1年くらいは心身の疲れを癒し、新たな社会復帰の準備をするのが世間の常識だと思うのだが、9・11について思いを巡らせる英語教師!やら、弁護士、この男に振られた過去を持つ女性ジャーナリスト、聖職者、男を闘争のシンボルに担ぎあげようともくろむ左翼の生き残り、しまいには行方不明だった男の息子まで乱入してきて、ドイツ赤軍派の思想と行動を金土日の3日間でいっきに総括しようと意気込むのだが、それって相当無理だよね。

こういうありそうで絶対にない都合のよい図式とお下劣な主題の設定そのものが、昔ながらの通俗読み切り三文赤小説であることに著者は最後まで気づかず、あたかも今世紀最大の深刻な思想小説であるかのように粋がっているから始末に負えない。

もちろんかつてのテロ行為を攻撃したり非難したり自己批判を要求したり、さらなる権力闘争への加担を呼び掛ける人物やテロリストをあの時代の「空気」では当然のことだったと擁護する人物なども続々登場して、これを映画や芝居の群像劇に仕立てたらかなり面白いとは思うが、主人公の病気で主人公への肉薄が全て放棄されるなどすべてがご都合主義のポンチ絵であり、ここに芸術的な真実が吐露されているとは到底思えない。

そもそも当時法学部の学生でたった2回だけデモに参加した男がドイツ赤軍派についてどれだけのことが書けるというのか? 君は売れそうな題材ならなんでも書くのか?
すべてはベストセラー作家の次なるベストセラー小説へのマーケテイングの空虚な試みにすぎない。


親子丼食えば死んだ鶏を食うておる心地す 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-25 16:20 | 読書

続々 狂言綺語




バガテルop139


世界の「水泳飛び込み競技」においてスプラッシュ(水しぶき)を消すことが最大の努力目標になっているようだが、そのどこが素晴らしいのか。じゃんじゃん飛込み、バンバン水しぶきを上げるのがこの競技の最大の見どころではないか? こんな阿呆な技術を発明し、飛んだ痕跡を消すことに憂き身を窶す変態競技に血道を上げている奴らはくたばっちまえ!

クラシックが大好きな保守派の私はどうもジャズが苦手で、大家の最初のイントロを耳にしただけでもうすべての展開と終結が分かったような気がして毎度おなじみの友川かずきで口直しすることになるのだが、セロニアス・モンク選手だけは別だ。
この人のはやはりフリージャズの仲間に入れられているのだろうが、そういうフリーを呼号する連中とは違って、ほんとうに純粋無垢の自由な音楽をやる人なのだ。その演奏はいくぶんグレン・グールドの自由さに似ているところもあるやうだ。

私がどうしても耐えられないアナウンサーの声、それはフジテレビの「ウチくる!?」という番組の局女子アナの脳天に突き抜ける黄色い絶叫、そして官許NHK放送のクラッシック担当の山田なんとか女史の男に媚びるような厭らしい物言い。菅よりも君たちが先に退場しなさい。 


台風一過の朝比奈峠でヒメジオンの花の上で交尾する雌雄のモンシロチョウを見た。その行為の純一無雑さに感嘆す。人の一生もかくありたし。




秋風やパソコン嫌いの女がひとり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-24 16:26 | エッセイ

続 狂言綺語


バガテルop138


今年のセミが鳴かないとか少ないとか騒いでいるが、こと鎌倉の十二所地区に限ってはそんなことはない。当地で例年ニイニイゼミが鳴き出すのは7月の4日前後であるが、今年のニイニイゼミの初鳴きは6月27日でいつもより早く、その日から今日までたくさん鳴き騒いでいる。ニイニイからアブラゼミの間には梅と桜ほどではないが少し間隔があり、その合間を縫ってカナカナが鳴き出し、本格的な盛夏の到来を告げるアブラゼミやミンミンゼミが鳴くのは、当地では7月22から29日の間である。

以上は小生の過去6年間のデータに基づいて書いているが、もし可愛いセミたちの今年の全国的な発生が遅れていたり、最悪の場合発生数が少なかったとしたら、それは累積温度やまして福島第一原発の累積放射能せいなどではなく、数年前の発生個体数が少なかったからだと考えられる。

日本経済新聞には俳句と和歌の投稿欄がある。かつて私は黒田杏子という女性が選句する「日経俳壇」に拙い一句を「葉書」で投稿して採用されたことがあった。最近インターネットでも投稿できるようになったというのでまたやってみようとしたら、2名の選者のうちくだんの黒田女史だけはネット投稿を認めていないというので驚くとともに、その見識の高さに脱帽した次第である。所詮横書きは俳句にはなじまないと彼女はよく知っているのだ。

残念ながら今年のイチローの200本安打は絶望的だ。どんな天才にも末路はくる。晩節を汚さずに潔く引退するか、それとも松井のようにぼろぼろになってどさ回りの道を選ぶか。私は苦闘する後者の姿を見たい。


丸印は性交ありし日か荷風日記 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-23 13:28 | 自然

狂言綺語


バガテルop137


原発の本質は核の爆発である。原発を全廃しようとする国民の総意に反対する経産省大臣や与野党の議員や経団連や東電や大企業の指導者は、エネルギー政策の転換に伴う利権の棄損やもたらされるかもしれない経済的混乱に反対しているのではなく、この国の最終的な核武装放棄に、深層心理下で反対しているのだ。

これまで原発推進に賛同し、直接間接に支持してきた人たちが、あれだけの大惨事になった福島原発事故のあとでこれまでの自分の言動を反省したり、そうしないまでも何らかの意思表示をしないのはどうしてだろう(どこかでしているかも知れないが)。
私は自民党のアホ馬鹿議員よりも、例えば東電の安全キャンペーンの旗を振った小林亜星氏や、わが国の原子炉は30年以上無事故であるからなどと称してその科学技術力の高さを盲信していた吉本隆明氏などの声を聞きたいと切におもうのだ。

資本主義が飽くことなき生産力と利潤の追及をモットーにしていることはよく知られているが、その前提は富と豊かさの肯定であり、さらにその前提には個人の欲望の全面的な肯定がある。戦争や内乱、原子力発電への制御を含めて乱熟した資本制社会の内部矛盾は最高のレベルに達しているが、この矛盾は先進国と後進国を問わず地表に残存する諸個人の放恣な欲情と過剰な欲望を、中国が一人っ子政策において敢行したように、国家権力が暴力を発動して鎮圧するか、新たな倫理観に目覚めた個人が自主的に抑止しようと決意し実行しない限り、解決できないだろう。

人は論争によってはけっして説得されず、たとえ論理的に破綻しても絶対に己の見解を変えたりはしない。人を変えるのは合理的な論理ではなく、没論理の不条理な感情である。才人が小理を振りかざして大衆を折伏しようなどとは愚かなことだ。


少数の見知らぬ友に日記書く 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-07-22 18:05 | エッセイ

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧