晴風万里

<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧




ある晴れた日に 第101回


西暦2011年霜月 蝶人狂歌三昧



ゆく秋や横須賀線はみな昼寝

夕焼けやカバヤキャラメルなめたいな

鎌倉では生き残れなかったねラルフローレン

しょうぐあいしゃのむすこをもつきみがしょうぐあいしゃになってしょうぐあいしゃのははをかいぐおしているのはしょうぐあないことなのか

春は桜夏は朝顔秋は菊冬は水仙咲く陋居

表には野尻裏には大佛と書きたり大佛次郎旧邸

嫌な事は全部忘れてコンチエルト・ケルンの「フィガロの結婚」を聴いていました

音楽について語って音楽が聞こえてこない論者の至らなさ

見境なくアンコールを催促する卑しい聴衆どもよ

逝くときは私がいや俺が息子を道連れにと争う夫婦あり

ずっと鎌倉なら自殺はしなかったかいややっぱり死んだだろうな芥川

秋風に松寥々と聳えけり芥川が「鼻」書きし家の跡

江の電や虚子邸で咲くホトトギス

うるんだ羊の瞳だったよ国際免許の次男の写真

ウンコとオシッコはしようと思えば同時に出来るものなり

暖かな布団に包まれてぐっすり眠るほどの仕合わせはない

自転車に乗っていると死んだ父になって走っていた

日帝を制圧したりアワダチソウ

嫌嫌嫌嫌嫌嫌ああと叫んでいました

コラボとは対独協力者のことであるコラボコラボと連呼するな馬鹿者

今日こそは失いし夢を取り返す日愛する魂よ美しく装え

密教とかけてアッコちゃんと解くその心は秘密と魔法がいっぱい

汝等あらゆる宗教原理主義を廃しあたらしき自由の道を歩め

皇室の毒を身に受け御用邸に逃走せしや哀れ雅子妃

雅子妃よ愛児を連れて実家へ戻れ諸悪の根源は天皇制にあり

せっかく料理をお勉強したいと思っているのに細かいことをグチャグチャいわないでよ

年の瀬や我に仕事を与え給え妻と子供を喰わせるために

いつか来る枯れ木に桜の咲く朝が

羊雲綿雲鰯雲薄雲朧雲入道雲雲こそは天からの贈り物

よしだでらではなくてきちでんじいってみたいな吉田寺



良いことはなにひとつないけれどほらこの歌がひとつできました 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-30 09:41 | 詩歌

チャップリン監督・主演・音楽の「ライムライト」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.173


1952年製作のアメリカ時代最後の作品です。この映画を見る度に感動するのはライムライトの主題音楽です。プロでもかけないこのメロディを、本来は素人の茶プリンがよくも作曲できたもんだ、といつも感心します。

そしてもちろん映画のハイライトは、車椅子の中で息絶えたカルメロが見守る中でライムライトを浴びたヒロインが、その叙情的なテーマ音楽に乗ってするすると踊り出るところ。チャップリン一世一代のえぐい演出が見事に決まりました。

もうひとつは、なんといっても名優バスターキートンとの競演の場面です。バイオリンを弾くチャップリンとそれに合わせるキートンの息詰まるような対決は、何回見ても息が詰まります。

このシーンのシナリオを書いたのはチュップリンだったと思いますが、喜劇役者としての存在感で勝っているのは6対4でキートンだと思います。しかしよくぞこんな歴史的名場面を映画にしてくれた、と鑑賞するたびに感謝感謝の名画でありまする。


羊雲綿雲鰯雲薄雲朧雲入道雲雲こそは天からの贈り物 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-29 16:10 | 映画

是枝裕和監督の「誰も知らない」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.172


両親が離婚して彼らが扶養を放棄した子供たちはそれだけでとても不幸だ。そんな悲劇は世界中どこにでもあるだろう。とりわけアフリカやアジアの途上国では。と思ったら、富裕国であるはずの日本の首都圏でも実際にごろごろ転がっているのだった。

そもそもこんな親たちに子供を持つ資格などなかったのだが、できてしまったことは仕方がない。人間として低級で無責任で恒産もなく、そのくせ自己中な幸福追求意欲だけは人並み以上にたぎらせる親たちをあてにせず、子供たちはそれでも生きていかねばならぬ。大人や世間や警察や社会福祉団体や親切な隣人や篤志家からの温かい支援をあてにせずなんとか血路を切り拓こうとする彼らの悲惨さと健気さが見る者の心を圧倒する。

もちろん犠牲者はでてしまうわけだが、それでも社会のセーフティネットワークに依存せず、落ちこぼれた最底辺層の子供たちが自立して逞しく生き抜こうとするラストシーンは、希望のない世の中へのなにがしかの希望の象徴のようにまぶしく光り輝いて見えたのである。

けれども、カンヌの映画祭で主演男優賞をもらった主役の少年が俳優修業をめざすドキュメンタリーを最近見たが、演技力ではなく「素材としての少年」の存在感だけをあまりにも過大に評価された人物が「ただの青年」でしかない自分と格闘している姿を正視できなかった。

年の瀬や我に仕事を与え給え妻と子供を喰わせるために 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-28 09:19 | 映画

パーヴェル・ルンギン監督の「ラフマニノフ ある愛の調べ」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.171&♪音楽千夜一夜 第231回


2007年のロシア映画で、ピアノの達人にして作曲家のラフマニノフの半生を扱っています。

父母の離婚、恩師への愛憎、揺れ動く女性関係、アメリカ亡命後の過酷な演奏旅行、作曲ができない苦悩、ライラックの花への偏愛等々さまざまなエピソードが時系列を無視してランダムに描かれている映画です。

貴族出身の彼は革命後に故国を亡命するのですが、この映画ではことさらソビエト政権への敵意と反感が露骨に打ち出されていて、旧ソ連と現在のロシアのイデオロギー的なへだたりが劇映画にも強烈に反映されているようです。ラフマニノフ親子は本作では彼の崇拝者で教え子の女性ボリシェヴィキの好意でかろうじて脱出を許されるのですが、これはもちろん恣意的な創作でしょう。

 ラフマニノフは強度のうつと神経衰弱に悩まされていたそうですが、その原因になったのが交響曲第一番の初演の失敗でした。作曲家のグラズーノフが、さして演奏困難とも思えぬ出だしで指揮不能に陥る箇所を、この映画は酔っぱらった指揮者が楽譜を譜面台から落としてしまう形で表現していましたが、後の有名なピアノ協奏曲とちがって、この曲はいまでも聴衆を選ぶ晦渋さを持っているので、当時正しく演奏されていたとしても拍手喝采を浴びたとは思えません。

ラフマニノフはいまレコードで聴いてもホロビッツと並ぶピアノの名人であると思いますが、結局作曲家としてはしょせん底の浅い2流の人だったのでしょう。


見境なくアンコールを催促する卑しい聴衆どもよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-27 09:18 | 映画

丸谷才一著「持ち重りする薔薇の花」を読んで


照る日曇る日第467回

博学才知の文学者がものした最新作を、その思わせぶりな題名に誘われて読んでみましたら、なんのことはない私の好きなクラシック音楽の世界の話で、しかも東京カルテットに似たさる弦楽四重奏団の内幕、四人のメンバーの離合集散や栄光と悲惨を、面白おかしく大人の物語に仕立て上げました。

四人併せて一つの楽器と称されるカルテットを続けていくことは難しい。それは四人で薔薇の花束を上手に持つようなものだ、という苦労話が微に入り細を穿って延々と続きます。

しかしこの物語の語り手は、その名も「ブルー・フジカルテット」という世界的な弦楽四重奏団の名付け親であり後見人でもある財界の超大物で、彼が残り少ない生涯の思い出と抱き合わせに、このカルテットの誕生と栄枯盛衰の裏話を死後発表を条件に包み隠さず知己の編集者に物語る、というスタイルが、この表向きはポップなフィクションに微妙な陰影を与えているのです。

古典音楽に対する著者のうんちくや英仏独羅とりまぜた鼻もちならない弦楽ならぬ衒学趣味や、男と女の色恋沙汰やポルノまがいの下世話な人情噺も遠慮なく飛び出しますが、最後の最後はさすがに老成し達観した文化勲章受章者らしく、おもしろうて、やがて哀しき人世と芸術への感慨がふと漏れ出てくる。かのヴェルデイの最高傑作「ファルスタッフ」を見聞きした後に似た読後感でした。

惜しむらくは小説の中で著者がいくらボッケリーニやハイドンやモーツアルトについて語っても、吉田秀和氏のエッセイとは違って、肝心の音楽がちっとも聞こえても来ないことでしょうか。



音楽について語って音楽が聞こえてこない論者の至らなさ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-26 09:47 | 読書

クリスチャン・デュゲイ監督の「ココ・シャネル」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.170&ふぁっちょん幻論第65回

 孤児院、修道院で育った彼女が悪戦苦闘しながらデザイナーとして女性として自立し、15年間のブランクを経て戦後初のコレクションの失敗にもめげず2回目のショウで見事カムバックし、87歳で亡くなるまで斯界の大御所として君臨したというサクセスストーリーを、彼女の運命の恋の哀しい結末と共に叙情的に描いている。

シャネルは帽子や服飾デザインについて抜群の感性を持ち、ファッションの歴史に偉大な実績を残したことは疑いのない事実で、紳士物の素材や意匠を婦人物に持ち込んで価値の転倒を敢行し、虚飾を排したシンプルな色柄シルエットで新しいワーキングウーマンの美学を創造したことは、この映画でもちゃんと描かれている。
とりわけドーヴィルのショップで隣の店のポール・ポワレに嫌味を言われて反撃するところは、事実かどうか不明だが面白かった。

しかしこの映画ではそういう陽のあたる部分だけを描いて第二次大戦中に彼女がナチの将校の愛人となって(いわゆる「コラボ」=対独協力者)として民衆と故国を裏切ったことには一言も触れていないのが気になる。じっさい彼女の戦後初のショウにプレスが猛反発したのは、その作品の内容ではなく、彼女の汚れた処世に対する敵意と反感からだったと思われる。
 
さらに重箱の隅をつつくようだが、この映画に出てくる「大成功した2回目のショウの作品」のひどいこと。シャネルのトレードマークのシンプルさのかけらもない重厚長大な修飾過多のデザインに、どうして万雷の拍手が浴びせられたのか理解に苦しむ。

なお若き日のシャネルをバルボラ・ボブローヴァ、老齢のそれをシャーリー・マクレーンが演じているが、どちらもミスキャストのように思えてならない。


愛のため生き抜くためにはファシストとも寝てしまうあっぱれシャネルの心意気 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-25 08:44 | 映画

さらにばかばかしいことを書いてみたくて



バガテルop150


こないだ朝から舌が痛くて痛くて仕方がないのであんぐり開いてみたら真ん中にオデキのようなものが出来ていた。てっきり舌ガンではないかとおそれおののいた私は早速中原中也が死んだ清川病院の隣にあるT耳鼻咽喉科まで自転車を飛ばしてかけつけた。

東急ストアで1万円で買ったこの紅い自転車は夕方になると電灯がつくので私はえらく気に入っていたんだが、先日彼女(自転車のこと)と共に細君が階段下に転落して骨を折ったり、その後も駅前のハックの前に停めておいたら違法駐車だというのでトラックで持って行かれ、北条氏終焉の東勝寺腹切り矢倉まで歩いて行って大枚1000円払って取り戻したばかりなのだが、自転車狩のおじさんにまた持っていかれては困るので、医院の駐車場に正しく駐車した。

医師いわく。ガンではないから安心しなさい。しかしこれほどひどいザクロのようにただれた舌は見たことがない。原因はおそらく慢性炎症か細菌かカンジタなどの真菌のせいだろうが、歯のかぶせの金属アレルギーによるものかもしれない。細菌検査をしておきますから1週間後に来なさい。金属アレルギーについては懇意にしている歯科医師に紹介状を書くからいってみなさい。というので大町のK歯科を訪ねた。

そこは完全予約制になっているのですぐには診ることができない。出直して夕方来なさいというので6時半に行くと余の歯が老朽化していてところどころギザギザがありこれが歯を傷つけている可能性がある。すぐに丸くしませうというので、ちょっと待ってくれ。T医師は歯のかぶせの金属アレルギーがあるやもしれぬと言うたのだから、その嫌疑を晴らしてほしいと要求すると、それは大きな総合病院で大がかりな検査をしなければできないというので、結講毛だらけ猫灰だらけと一礼してとっぷりと暮れた闇の中を自宅へ急いだ。

T医院で3千円余、K医院で2千円余、〆て6千円余のお金と晴天の丸1日を費やして余の得たものはわずかであったが、舌ガンの脅威が去ったのはなによりのことでした。


ウンコとオシッコはしようと思えば同時に出来るものなり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-24 13:33 | エッセイ

もっとばかばかしいことを書いてみたくて



バガテルop149

朝パソコンをあけてみるとこんなメールが入っていた。

「実は私たち、お互いに別の母親を持つ腹違いの姉妹でして、幼少から複雑な家庭環境にストレスを感じ、次第にお互いを性的に癒すようになりました。

その関係はもう十年以上にも及ぶのですが、今回どうしても男性も交えて3人で性行為をしたいと姉の香那が言い出しましてお願いに上がりました。

口止め料とお手間賃を含めて現金であなたにお支払いしようと思ってます。
それに私たちとの関係が長く続けられるのであれば、とても嬉しいのですが…

貴方の器で受け入れてもらえるなら上記条件で如何でしょう?
素敵な返答お待ちしています。」


私のパソコンには迷惑メール対策が施してあるので、毎日たくさんの勧誘メールが自動的にカットされているが、それでもその強固な防壁をかいくぐって上記のような魅力的なおさそいが飛び込んでくることも、あるのであるのであるん。

これらはすべて専門の業者が事あれかしと手ぐすねひいて仕掛けている営業用メールであり、これをクリックするとどういう事態が待ち構えているか知らない私ではないが、それにしてもなかなかよく出来た作文ではないだろうか?

特に「お互いに別の母親を持つ腹違いの姉妹」という枕には谷崎潤一郎的な隠微な小説世界が設定されており、おもわずぐっと生唾を呑んでしまう。さらに「お互いを癒す」「その関係はもう十年以上にも及ぶ」という前振りに続いて「今回どうしても男性も交えて3人で性行為をしたいと姉の香那が言い出しましてお願いに上がりました」とおずおず切り出す辺りは、ゴーストラーターの並々ならぬ文学的手腕を感じさせるではないか。

が、惜しむらくはその後の展開で、他の勧誘メールと同じような紋切り型に堕している。ことに「貴方の器で受け入れてもらえるなら」というフレーズは最悪で、この手だれ作家は、私のように思わずベルトの下をちらっとのぞいてがっくりしてしまう男性もいることをすっかり失念していたのであろう。

そんな次第で我知らず顔を赤らめ、それ以上の関係に猛進することが叶わなかった小心者のわたくしであったが、これに懲りず、もっともっとその気にさせる、さらなる名惹句を送って寄こしていただきたいものである。


ゆく秋や横須賀線はみな昼寝 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-23 13:36 | エッセイ

ばかばかしいことを書いてみたくて



バガテルop148

プロ野球の日本シリーズがとうとう終わってしまった。

落合ドラゴンズにも勝たせたかったが今回は選手層の厚い軟弱銀行が実力相応だろう。しかし監督力ではあきらかに俺流の方が上であった。大洋ホエールズを裏切って軟弱銀行に身売りした内川が汚らしくガムをぐちゅやぐちゃ噛んでいるのが不愉快だった。お前はロッテの選手ではないのだからやめれ。

もっと不愉快なのは今年のドラフトで日本ハムから指名されたのに辞退したあほばか選手で、独裁者ナベツネが絶対支配するあほばか読売軍団に留年してでも入りたいというその根性からしてもう腐っている。いくら金を積んで他球団から補強しても優勝できない虚人の時代はもうとっくに終わっていることが大学生のくせに分からないのか。来年は全球団がこいつを指名すべきだ。

そんな野球のテレビ中継を見ていると以前は「2ストライク3ボール」と言っていたのが、あべこべになっている(こういうときに「真逆」などという厭らしくて下品な造語を使用するのが最近の流行らしいが、これは清く正しく美しい正規の日本語ではなく愚かな造語であるから即やめれ)。アメリカの大リーグにならったそうだが、ストライクよりボールを重要視するとは愚かなことだ。政治経済のみならず野球までが、まっとうなやり方を放り投げて占領国の悪しき範例に盲目的に従うというのは敗戦国の負け犬だということがまだ分かっていないらしい、ワンワン。

しかしその野球中継が終わってしまったので、私がテレビで特に見たいものは皆様のNHKの「グッド・ワイフ2」くらいしかない。早く「サラリーマン・ネオ」を復活せよ。あれがわが国の全プログラムでもっとも面白い番組である。

それにしてもそのNHKのBSのロゴが大げさになったのは解せない。以前はBSpremiumだったのに、いきなりごっつい3がついて「BSpremium3」と右上にクレジットされるようになった。めざわりかつ鑑賞の妨げになるからすぐやめれ。


暖かな布団に包まれてぐっすり眠るほどの仕合わせはない 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-22 11:15 | エッセイ

ステーブン・ソダーバーグ監督の「アウト・オブ・サイト」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.169

1998年に製作されたイケメン脱獄犯と超美人FBI捜査官が一目惚れ、追いつ追われつしながら超楽天的な結末に至るというこのいかにもなハリウッド映画が、なんと全米批評家協会監督賞を授与されているというので軽いめまいに襲われました。

アメリカがいくら凋落したからといって、美男(ジョージ・クルーニー)美女(ジェニファー・ロペス)が出演しているという以外になんの見どころもないこのアホ馬鹿電動紙芝居に、よりによってそれなりに権威ある賞を与えるとは、この国の映画人の脳味噌のなかに蛆虫が湧いているとしか思えません。

「セックスと嘘とビデオテープ」の監督も、ここではその才能の片鱗さえ窺えず、アマチュア高校生以下のダルな演出を見せつけています。それにしても久しぶりにどうしようもなく下らない映画を見たなあ。


しょうぐあいしゃのむすこをもつきみがしょうぐあいしゃになってしょうぐあいしゃのははをかいぐおしているのはしょうぐあないことなのか 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2011-11-21 08:57 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧