「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2012年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2012年卯月 蝶人狂歌三昧




ある晴れた日に 第107回


キーンさん、日本人になってくれてありがとう!

ダルが投げイチローが打つ愉楽哉

梅開きにわかに蛙声聴こゆれば一首詠まずにおらりょうか

桜万朶関東平野駆け巡る

われ行けば万朶の桜関東平野

わが庵の主となりぬ島桜

桜咲く無神論者の庵哉

櫻見るなんの己が櫻哉

櫻とう櫻咲かせて歌を詠む大和心に変はりあるなし

今宵かぎりの夢撒き散らす櫻かな

浅き夢残して今朝は櫻散る

豪奢なる幻残し櫻散る

気が付けば花散里となりにけり

惜しみなく花降る道を歩みけり

論理学専門の学生部長神沢惣一郎氏大衆団交で論理が破綻

反論できない主張はなく論破されて宗旨変えする純朴な人間もいない

俳諧を第二芸術などと侮蔑した男ももう死んだ

罪咎の欠片も無しに虫けらのごとく息絶ゆ神なき人の世

われのことを三白眼の狂四郎と言いし男をまだ憎みおり

朝な夕な母と息子と余に尽くす野菊の如く可憐なる妻

門毎に春を告げゆく紋白蝶

解脱せよ解脱せよと説きながら儚くなり給えり小泉画伯

小泉画伯より頂戴したる成城風月堂のカステラを喰い尽くしたり

セザンヌは雷電に撃たれて斃れたり「庭師ヴァリエ」に白塗らんとして

100点のセザンヌより1点のアンリ・ルソー

フェルメールの良さが分からぬ男哉

視聴率を捨て最高視聴質を目指せ皆様のNHK 

フクシマの惨禍再来を待つと言うのか稼働を急ぐアホ馬鹿民主党

稼働基準の前に原発容認を国民に問え野田政権

明日は各地で落雷があるでせうと嬉しそうな顔で予報するなお天気男

アホ馬鹿と怒鳴りアホ馬鹿と罵るたびにアホ馬鹿野郎と成り果ててゆくアホ馬鹿野郎

いいねいいねと内輪褒めしているうちに沈没していく私たち

年毎に栗の匂い失いゆくかわがザアメン

粥の如き精液が出る男哉

やよ古井由吉。君は舌なめずりしながら女をペンで犯す文学者也

その男尾籠なれどもぐぇいじゅつ家

あまでうすかく語りき「万物退化す」


帰玄

君はもう見知らぬ土地へは行かないだろう
既に幾つもの風景を見てきたのだから
君は愛犬の傍らに座して思い出すだろう
あれらの土地に吹いていた風の匂いと光のいろを

君はもう本を読まないだろう
いくら朱線を引いても人の世は分からないのだから
君は海に突き出した半島の先端に立って
万巻の書物を水平線に向かって投じるだろう

君はもう音楽を聴かないだろう
どの和音も壊れたオルゴオルのように響くのだから
むしろ君は宙天高く舞い上がって
喉涸れるまで雲雀のように歌うだろう

君はもう新たな出会いを求めないだろう
胸痛む無言の別れを伝えてきたのだから
君は埃に塗れた十年連用日記を繰りながら
在りし日のあの人の面影を偲ぶだろう

君はもう夢を見ないだろう
目覚めているときにもそれを見ているのだから
君は春風に舞うギフチョウを追って
今日こそ懐かしいあの場所へ帰るのだ



星を歌う菫を愛でるわれはめでたき平成浪漫主義者 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-30 08:33 | 詩歌

マリオ・バルガス=リョサ著「チボの狂宴」を読んで



照る日曇る日第512回

 ドミニカ共和国を30年以上に亘って完璧に独裁したトルヒーヨの全盛時代とその栄光の座からの転落を、あざやかに描破した南米文学の最高傑作です。

 この「祖国の恩人」、「国家再建の父」が、その持って生まれた才覚と熱情と勤勉を武器に軍事政治経済社会の中枢を一身に掌握していく有様、また奴隷のように盲従する手下たちの己むを得ざる卑しさ、そして独裁に挑むテロリストの命懸けの陰謀の進行を、私たちは隣室で見聞きしているような臨場感と共に手に汗握って体感できるのです。

 しかも著者は、数多くの歴史上の実在人物が登場するこのドキュメンタリーな物語を、時系列を無視した人物ごとの複合的な視点からいくたびも語り直すので、その都度小説は新たな輝きと微妙な陰影を帯びて歴史の裏舞台からいきいきと立ち上がります。 
 
 漸くにして独裁者を斃したにもかかわらず、味方の将軍の裏切りで捕えられ、陰嚢を切断されるなど身の毛もよだつ拷問の末に惨殺されてゆく暗殺者たちの末路こそ哀れなるかな! しかもあと数カ月年生き延びれば「英雄」の称号が贈られたとあれば、歴史の皮肉と野蛮を痛感せざるをえません。

しかしこの小説で一番印象に残ったのは、「チボ(発情期の雄山羊)」と呼ばれた大元帥の挫折のシーンです。美しき人身御供の無数の処女膜を強靭な男根で次々と突き破ってきた不敗の独裁者は、本書のヒロイン、ウラニア嬢のフェラチオをもってしても勃起しません。怒りにまかせてそれを指で破った後で70歳の老人はついにおいおいと泣きだすのですが、この回春の狂宴、一転して梟雄の屈辱の夜こそが、独裁制の実質的な終焉の刻だったのです。

粥の如き精液が出る男哉 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-29 09:42 | 読書

川島雄三監督の「幕末太陽傳」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.233

若くして病に斃れた奇才の代表作である。維新も間近な品川の遊郭を舞台に、遊女や町人や勤王の武士たちが終始駆けずり回る。

余命いくばくもない商人に扮したフランキー堺が、これら多士済々の登場人物を手玉に取ってそれぞれ「いいように」してやるのが本作のみどころだが、死んでたまるかとばかりに宿をあとにするフランキーの姿に夭折した川島の絶望と希望がこだましている。そしてそのBGMには滝廉太郎の遺作「憾」のピアノがうつろに鳴り響いている。ラストを冒頭と同様に現代の品川で締めなかったのが、かえすがえすも口惜しい。


いつも映画に出ると妙なことになる石原裕次郎が、これまた若死にする高杉晋作を演じてあっけらかんと嵌っているのも見ものだが、遊女のライバル左幸子(美しい!)と南田洋子の本気の喧嘩がすさまじい。

てなことを書き飛ばしてはみたが、川島は1963年に死ぬまでに18本もの映画を撮っているから、以て瞑すべしか。享年45。


櫻散る無神論者の庵哉 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-28 10:14 | 映画

ビリー・ワイルダー監督の「失われた週末」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.232

1945年の米ハリウッド映画です。

わが国ではアルコール依存症の患者がおよそ30万人もいるそうだが、これも小説家志望の呑んだくれの話。おのれの才能に絶望してなんども何度も酒におぼれていく弱い人間をワイルダーは冷酷に見詰めている。ここにはオーストリアに生まれユダヤ人としてナチに追われた彼のベルリン時代の記憶が、反映されているのではないだろうか。

そんな駄目男レイ・ミランを最後まで見守り励ましてくれる恋人ジェーン・ワイマン(レーガン大統領の最初の妻だった)と兄フィリップ・テリー。忍耐と慈愛に満ちた彼等がいなければ主人公はきっと破滅していたに違いない。そんな一筋の人間の絆をワイルダーは温かく見詰めている。

結局主人公は自分の過酷な体験ともういちど向き合い、痛苦に満ちた表現者となることによって新しい第2の人生を歩み始めるのである。


わが庵の主となりぬ島桜 蝶人



*雑貨女子に告ぐ! パリ買い付けの”安カワ”雑貨を、高円寺で期間限定販売!

私の友人が2月に買い付けたフレンチ雑貨が1000円前後で超お買い得サービスになるそうです。連休の近場のお出かけにどうぞ!

とき 5月3~27日  ところbecome works!! Koenji(高円寺北口徒歩2分)
 
定休日 月・火 
時間  12時~18時
電話  03-3330-8777
住所・地図はhttp://becomeworks.com/

イメージはこちら

ile:///C:/Documents%20and%20Settings/Owner/Local%20Settings/Temporary%20Internet%20Files/Content.IE5/I1XWMQAX/1-2.htm
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-27 09:50

*雑貨女子に告ぐ! パリ買い付けの”安カワ”雑貨を、高円寺で期間限定販売!



私の友人が2月に買い付けたフレンチ雑貨を1000円前後で超お買い得サービスするそうです。
とき 5月3~27日  ところbecome works!! Koenji(高円寺北口徒歩2分)
 



file:///C:/Documents%20and%20Settings/Owner/Local%20Settings/Temporary%20Internet%20Files/Content.IE5/I1XWMQAX/1-2.htm
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-26 17:14 | ファッション

古井由吉著「古井由吉自撰作品一」を読んで



照る日曇る日第511回


全8巻の刊行が開始された本シリーズであるが、第1巻の本書では1971年に発表された「杳子」「妻籠」、72年の「行隠れ」、76年の「聖」という著者の初期の代表作が収められている。

「杳子」では、山登りの途中で偶然行き悩んでいる杳子と知り合った男性の視点で、精神の病に冒された若い女性との神経がひりつくような激烈な交渉を描いて読者を圧倒する。なんといっても凄いのは著者の女性心理をレントゲンで透視するような鋭い観察眼で、障碍に苦しむ杳子の奇妙な行動や立ち居振る舞いを微細に冷徹に散文に定着する作家の筆の冴えは、ほとんど偏執狂に酷似する。

ただし本書86ページ上段最終行の「まるで自閉症の女みたいに、何を言われても、そっくり同じ表情で、同じ返答を依怙地にくりかえしている」という表現は、この障碍の本質の完全な誤解に基づく表現なので版元は一刻も早く訂正するか削除して欲しい。

5つの短編からなる「行隠れ」は、両親と2人の姉で構成される山方家の人々を、主人公である弟の康夫の視点で描いた連作小説である。

「その日のうちに、姉はこの世の人でなかった」

という冒頭の謎めいた1行に導かれた読者は、たちまち物語の底知れぬ深みに向かって墜ちてゆき、最後の1行までうむを言わさず読まされてしまう。これぞ昭和日本文学が打ち樹てたロマンの金字塔であり、全ての読者が小説を読むことの恐ろしさと楽しさを満喫するだろう。

ところがその「行隠れ」よりも物凄いのが「聖」の世界で、ここでは東京から迷い込んだやさぐれ中年男が、村に先祖代々伝わる聖なる放浪者サエモンヒジリの衣鉢を継ぎそうになる話だが、ここでも村の女との蛇がうねうねでんぐり返るような交情が異彩を放つ。げに古井由吉とは、舌なめずりしながら女を書き犯す文学者である。なお朝吹真理子とかいう小説家が、「史上最低の解説文」を書いているので、これまた必読ですぞ。


やよ古井由吉。汝は舌なめずりしながら女をペンで犯す文学者也 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-26 10:00 | 読書

家城己代治監督の「姉妹」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.230


野添&中原の両ひとみ選手が仲の良い姉妹を共演しています。実際にはおしゃまな後者が背が高くて大人っぽい前者より僅かに年配なのですが、とてもいい配役です。

舞台は昭和30年代の信州松本という設定になっていて、貧乏、病気、痴話喧嘩、労働争議と首切りなどのいろんな挿話が積み重ねられていくのですが、いつも元気で明るく歌をうたって(日共の歌声運動の影響か?)いる愛すべき「ひとみちゃんず」に魅了され、家族の生計を慮った姉が好きな男性を思い切っておんぼろバスに乗ってお嫁入りするラストではじんわりと涙腺が緩んでくるのでした。

ただし結核に冒された家族を見舞いに行った妹が、彼らの悲惨な暮らしに同情するあまり、金持ちで不幸な知り合いの家族を引き合いに出して「きっと悪いことばかりしていたから片輪になった」なぞと口走るのは、当時としても明らかに差別発言。いちおうカトリックという設定になっているから、なおさらのことです。

それにしても昔の女子学生は貧しくとも元気よく挨拶していたようですね。当節の豊かでも元気のない若者とは大違い。きっと今の方が精神的に満たされていないのでせう。


フェルメールの良さが分からぬ男哉 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-25 10:30 | 映画

家城己代治監督の「姉妹」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.230


野添&中原の両ひとみ選手が仲の良い姉妹を共演しています。実際にはおしゃまな後者が背が高くて大人っぽい前者より僅かに年配なのですが、とてもいい配役です。

舞台は昭和30年代の信州松本という設定になっていて、貧乏、病気、痴話喧嘩、労働争議と首切りなどのいろんな挿話が積み重ねられていくのですが、いつも元気で明るく歌をうたって(日共の歌声運動の影響か?)いる愛すべき「ひとみちゃんず」に魅了され、家族の生計を慮った姉が好きな男性を思い切っておんぼろバスに乗ってお嫁入りするラストではじんわりと涙腺が緩んでくるのでした。

ただし結核に冒された家族を見舞いに行った妹が、彼らの悲惨な暮らしに同情するあまり、金持ちで不幸な知り合いの家族を引き合いに出して「きっと悪いことばかりしていたから片輪になった」なぞと口走るのは、当時としても明らかに差別発言。いちおうカトリックという設定になっているから、なおさらのことです。

それにしても昔の女子学生は貧しくとも元気よく挨拶していたようですね。当節の豊かでも元気のない若者とは大違い。きっと今の方が精神的に満たされていないのでせう。


フェルメールの良さが分からぬ男哉 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-24 09:43 | 映画

ルイ・マル監督の「死刑台のエレベーター」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.229


アンリ・ドカエのキャメラによるモノクロームに映えるジャンヌ・モローとモーリス・ロネのなんと若々しく美しいことよ! 1958年の巴里が懐かしい。

夜のアウトドア撮影、即興的な編集、マイルス・デイビスのジャズなど、当時としては斬新な演出を試みてはいるが、それは表面だけでひと肌めくれば本質的には2つの恋の破綻を描く昔ながらの世話物映画なり。

社長夫人が恋人に頼んで夫を殺させ、恋人は事故でエレベーターの中に一晩中閉じ込められる。その間に恋人の車、拳銃を盗んだ若い恋人たちが殺人事件を起こしたりするが、こういう流動する人物とプロットを最後にがっつりと受け止めカタストロフを終始させるのがリノ・バンチエラ扮する刑事の頑強な肉体で、この男が登場した途端に浮遊し情動していた行く宛てなしのドラマがやっと着地する古典的な仕掛けだ。

あとの写真現像室でのモロオの哀愁やら慨嘆なぞはグリコのおまけ。むしろこの作家の旧い古い体質をあらわにしている。

もっと旧弊な点は一見無軌道な若者たちの描き方で、彼らが睡眠薬で自殺しようとする場面で流れているのはなんとボッケリーニのメヌエットなのである。未来に絶望して自爆するゴダールの若者像などとは同じヌーベルヴァーグ作家といってもずいぶん作風が異なる。


小泉画伯より頂戴したる成城風月堂のカステラを喰い尽くしたり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-23 08:17 | 映画

文化学園服飾博物館の「ヨーロピアン・モード」展を見て



ふぁっちょん幻論第69回& 茫洋物見遊山記第86回&バガテルop153

毎年春の新学期になると陳列されるのが、この貴重なドレスコレクションだ。18世紀のロココ時代から1970年代までおよそ200年間の欧米の多種多彩なモードを一覧できるので大変面白くかつ勉強になる。
どこが面白いかと云うと各時代の衣装がロココ、新古典、ロマン、写実、印象派、そして20世紀絵画へと続く美術史の意匠と図式的にほぼ対応しているように見え、しかもそれが時代の進行とともに「進歩・進化しているように」見えることだ。

しかしこれはもちろん現代という時点にまでさかのぼって歴史絵巻を拡げた時にはじめて総括できる「人間非在の神の視点」からの幻影であり、その時系列による変化・変遷が「進歩・進化」とはなんの関係もないことに注意する必要があるだろう。

かつて一斉風靡した唯物史観によれば、衣装史や美術史はもちろん世界の歴史それ自体も暗黒時代から文明開化、階級抑圧から自由平等博愛の時代へと未来に向かって一義的に「進歩→進化」するという証明不可能な奇怪な薔薇色の妄想に包まれていた。

けれどもこういうドレスのプリントデザインを一つ一つ眺めていると、過去の定説とは正反対に(注=ここで「真逆」などという汚らわしい非日本語を使用してはならない!)、時代の進行とともに衣装の意匠の価値は紆余曲折を重ねながらも、むしろ徐々に「退歩・後退」してきたのではないか、という新たな妄想に駆られるのだ。

もっと具体的にいうと、服飾においては流行のファスト・ファッションよりもマリー・アントワネットのロココドレス、いな、さらに遡って新石器時代の一枚衣・貫頭衣、美術においては村上隆、ボロック、セザンヌよりもラスコー洞窟の壁画、建築ではアホ馬鹿共が狂って登りたがる東京スカイツリーより出雲大社に普遍的な価値を見出すというような反進歩反進化先祖返りの原始的な考え方である。 

こういう時代遅れの妄想を私は「あまでうすの逆行学説」と名付けてけふも独り悦に入っているのだよ。

*本展は来る6月2日まで東京新宿の同館にて開催中。なお日曜祝日は休みです。


あまでうすかく語りき「万物退化す」 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-04-22 10:39 | ファッション

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧