晴風万里

<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦二〇一二年水無月 蝶人狂歌三昧



ある晴れた日に 第111回


滑川に平家蛍乱舞す七時半 

玄関になでしこが咲いているのが我が家です。

1ドル79円1ユーロ99円の日本に生きる幸せと不幸せ

横須賀の医科歯科大の校門に僅かに藍しジャカランダの花

イチロー松井松坂海の彼方の末期の花よ 

イシオカがねヨシオカがねヤジマとやったんだってサ 

男のくせに香水なんかつけてやがる俺に近寄るな近づくとぶっ飛ばすぞ

他人の拳銃を捨てさせようと思ったらまず自分が捨てなければならない

君の鳥肌は軽々しく立ち過ぎる

細君と峠の湧水を訪れて手足あるオタマを返しやりけり

ピリオド奏法にすれば音楽の生命が蘇るのかよロジャー・ノリントン

モダーンにて下手な指揮するその男古楽器に替えても下手は変わらず

茣蓙の上で仰向けに往生しており忠犬ハチ公

偶の外出「私これでいい?」と訊ねる妻を可愛ゆしと思う

いきなり誰かに刺されないよう気をつけながら新宿を歩きました

犯人は捕まらなくても構わない防犯カメラは即止めるべし

日本全国防犯カメラ基本的人権肖像権ゼロ

歌も人間も失敗作のほうが味がありますね

日本アカデミー賞の男子より聞きごたえがあったなあAKB女子のスピーチ

寒い朝葉に止まるルリシジミに息を吹く掛ければうれしそうにじっとしていた

皇室を飛び出し障碍者のために働きたかったんだってね髭の殿下逝く六十六歳

髭の殿下御舟入テングチョウとルリシジミ数多生まれた日

これよりは皇族もパンは己で稼ぐべしさなきだに平成の民の貢は日々重ければ

民主党はもう終わりです即解党するか解散総選挙しなさい

太陽を水すましのように泳ぎゆく一匹の黒い天道虫今日の金星

その日金星は一匹の黒い天道虫になって向日葵の花の周りをゆっくり歩いていきました

ディースカウ、畑中、吉田、新藤、偉大な人物がどんどん死んでいくなあ

障碍の息子を持ちて身につけし障碍の子を見つける速さ

耕君のお陰で穂村氏に選ばれました六月三日「日経歌壇」

「じゃあまた」と明るく別れを告げたけど吉田秀和『名曲のたのしみ』

青嵐吉田翁なき雪の下を歩みけり
 
風に向かいて われ歌を放つ 唄をうそぶく

明日を生き抜くために今夜しっかり夢を見ること


今日こそはあえて使う日卯の花腐しといふ言葉  蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-30 11:08 | 詩歌

デビッド・リーン監督の「アラビアのロレンス」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.266


何度見ても素晴らしいのは広大な砂漠の美しさで、モーリス・ジャールのテーマ音楽に乗ってくり広げられるこの雄大な自然の景観を眺めているだけでもう十分映画の醍醐味を堪能した思いになってしまう。

 ロレンスがラクダを乗りこなす場面、部族の白い衣装を纏って踊る場面、アラブの遊牧民を率いて要衝アカバに突撃する場面、部下を命懸けで救出する感動的な場面、その部下をやむを得ず射殺する場面、不覚にもトルコ軍の捕虜となって凌辱される場面、人を虐殺しながら楽しかったと告白する場面などなど忘れ難いシーンは数多いが、もっとも見事なのは効成り帰国して万骨枯れ果てた現代の英雄が映画の冒頭であっけなくオートバイで事故死する場面であろう。


 大英帝国の一軍人でありながら彼の脳内で理想化された「アラブの大義」のために獅子奮迅の活躍を続けたロレンスは、ある意味では個人として可能な極限の領域を踏破した大冒険家であり革命家であったといえようが、その後の歴史の推移を見るならば、しょせんは大国の利害と政治的思惑に呑みこまれていった哀れなドンキホーテという他は無い。



1ドル79円1ユーロ99円の日本に生きる幸せと不幸せ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-29 08:19 | 映画

黒沢清監督の「トウキョウソナタ」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.265


市川中車になった香川照之とキョンキョンがリストラサレタリーマンとその満たされぬ妻を力演している。

 夫が突然会社をファイアされたがそれを妻に隠してハローワークに日参するが、プライドが高くなかなか仕事にありつけない。そのうち慈善団体の給食をありがたく頂戴するあたりはなかなかみせる。

しかし長男がなぜか米軍に志願したり、キョンキョンが強盗に誘拐されて海岸で水浸しになったり、夫が自動車事故で死んだと思ったのになぜか生き返ったりするご都合主義のシナリオはまことに観念的で、それを現場におとそうとしたときに空虚な映像となって空中分解していることにこの監督は気付いていないようだ。

家族崩壊しかかっていた一家の絆がなんとか結び直され、ラストで次男が弾くドビュッシーの「月の光」が美しい。


君の鳥肌は軽々しく立ち過ぎる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-28 07:17 | 映画

矢口史靖監督の「ウォーターボーイズ」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.264

よい題名なので、はじめは水泳少年のドラマかと思っていたら、高校生の男子が最後の思い出に文化祭で男子のシンクロナイズド・スイミングをするお話だったので驚いた。

導入からラストまで漫画のようによく出来ているが、いやあ良かった良かった感動ものだねなぞとと言いあって観終わるとなにも残らない炭酸飲料のようなもの。

いつの時代もこういう映画を好む国民がいるということはわかるが、こういう1発ノリの映画が主流になっていき、単館上映の大衆の原像に迎合しないインディーズ映画が廃れて行く国の文化は先が思いやられる。じじつそうなってしまっている。収穫は竹中直人の怪演のみ。やれやれ。


イチロー松井松坂海の彼方の末期の花よ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-27 08:44 | 映画

新藤兼人監督の「午後の遺言状」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.263

すでに死病に冒されていた愛妻乙羽信子の力演は涙なしには見ることができない。しかし相方の杉村春子も朝霧鏡子も観世栄夫も、そしてとうとう監督自身も幽明境を異にしてしまった。この映画はそれらすべての死者たちの遺言状であろう。

元築地小劇場の女優仲間であったという設定の杉村と朝霧(すでにアルツハイマーに冒されている)がチエ―ホフの「かもめ」のセリフを言うシーンは感動的だが、さしたる理由も無く瀬尾智美が滝つぼでスッポンポンになるシーンはもっと感動的である。

朝霧鏡子と観世栄夫夫婦は手を携えて日本海の海に消えてゆくが、これはちょうどこのころに秋田の海にまっすぐ進んで行った老夫婦の事件にヒントを得たのだろう。「午後の遺言状」は彼らが書いたものであるが、ただただ悲しい。

突然レポーター役の倍賞美津子が出てきて杉村選手の写真を撮りまくるが、あれはいったいどういう脚本の趣向なのか不可解なり。


横須賀の医科歯科大の校門に僅かに藍しジャカランダの花 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-26 08:46 | 映画

新藤兼人監督の「裸の島」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.262

急峻な細道を二つの水桶をぶら下げた天秤棒を担いで懸命に上り下りする夫婦。瀬戸内海の孤島で過酷な農作業を強いられる一家の日常をリアルに描き尽くした日本映画の傑作である。

全篇を通じてほとんどセリフがなく林光の簡素な音楽だけがこの白黒のドキュメンタリーな映像を彩って行く。ゆいいつ彼女が声を上げて泣く長男が急死したシーンですらノンモンの方が良かったと思わせるくらい、それは効果的だ。

されど、いかに映画とはいえ女の細腕で漁船を操り、一日に何度となく遠い村で汲み上げた水を見上げるような島のてっぺんまで運び上げ、植えたサツマイモや小麦の苗に与えるという作業はどれほど熾烈なものであったことか。

万難に耐えて映画製作に打ち込んだ乙羽信子新藤夫妻と殿山泰司、2人の子役も立派だが、その周囲で格闘するスタッフの全力投球が伝わって来る。貧乏プロダクションが歯を食いしばって冒頭とラストで投入したヘリ撮影も見事に決まっている。


偶の外出「私これでいい?」と訊ねる妻を可愛ゆしと思う 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-25 08:43 | 映画

古井由吉自撰作品6「仮往生伝試文」を読んで




照る日曇る日第520回


「いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや」なぞと孔子のように悟り済ませればいいのだが、われらの人生、いつどこでどのように終わるのやら君子聖人でさえ予知できぬとあれば業平卿のごとく「ついに行く道とはかねて聞きしかどきのうきょうとは思わざりけり」とうろたえつつ、今生の暇を乞うほかはなさそうである。

しかし何事につけても事前に心の準備をしておけば、いざそのときの周章狼狽、見苦しき振舞いのいくばくかは避けられるかも知れない、などと浅間しいことを考えつくおのこがいたもので、この古井由吉なる御仁もご多分にもれずあれやこれやの前例を取り出しては畳の上の水練を敢行しようとしている。げに哀れというも愚かな話である。

しかし定家の「明月記」(漢文!)を息を凝らして読み込んで、齢90を越した父俊成のかなり長く続いた臨終を、とって43歳になった息子が執拗に追いかけているくだりはなかなかに面白い。元久元年の師走も近づいた11月の夜半に北山から届けられた雪を口に含み、

めでたき物かな、猶えもいはれぬ物かな。おもしろいものかな。

と子の親切を心から喜び、その翌日、定家が見守るうちに静かに息絶えた大歌人の大往生こそ、われらがのぞんでも果たせない理想の最期であろう。

見渡せば花も紅葉もなく、後期老齢者だけが右往左往しながら老老介護に明け暮れる今日この頃、古今の事例が縷々紹介されている本書を参考にして、自分なりの理想的な死に方を研究してみたいものである。


茣蓙の上で仰向けに往生しており忠犬ハチ公 蝶人


*日曜日の特別付録 なかなか興味深い劇評をご紹介しませう。
http://www.wonderlands.jp/archives/20836/#more-20836
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-24 09:39 | 読書

三木卓著「K」を読んで



照る日曇る日第519回


そもそも夫婦というものはあかの他人であるからして、喜びも悲しみも幾年月、いくら相思相愛で結ばれようが長い歳月が経過する中でいろいろな葛藤が水の中に水素が湧くがごとく、空気の中に酸素が噴き出すがごとく生起して、とうてい予定調和の一筋縄の結着をみるわけにはいかない複雑怪奇の関係性をけみするはずのものであるが、相思相愛どころか最初からボタンの掛け違った場合は、それがいっそう甚だしいのであろうか、いやそれとも案に相違して南極と北極ほどもかけ離れていたはずの両極端の男女が琴瑟相和して好々爺孝行婆となりおおせてあんきに生涯を終える例も枚挙に遑これなく、いずれにせよ夫婦生活の真相は当該の夫婦自身にも杳として不明というのが世の常であったが、そこに登場したこれなる実録ゴキュメンタリー的私小説では作者と凡そ半世紀に亘って連れ添うた細君との痛恨の決別がその出会いの「野合」の日から始まって72歳で癌でみまかるまでの47年間のあれやこれやがCe qui n'est pas clair n'est pas françaisの代名詞である仏蘭西の哲学者アランのプロポのような明快さで縷々述べられ、それはまた作者による愛妻の介護録であると同時に半自叙伝にもなっており、少し冷静に距離をおいて己を他人のように観察する鋭さと冷たさはカサノヴァの回想録の筆致を思わせるのだが、読む者は彼ら2人があるときは愛し合いまたあるときはニルアドミラリな様相に陥りつつもかろうじてどこかで赤い1本の紐で繋がっていることを確認しておおいに安堵し、またあるものは、この腸ガンを患った女性が4年10カ月の間に腹部を2度、脳を2度手術され最後は体重25キロを割った状態で召されたことに一粒の涙を灌いだりしながらああ人生は大変だなあ、夫婦を続けるって大変なことなんだなあとなどと呟きながら何故だかドガの「眠れる子供」の挿絵が飾られた嵩高紙の226頁を恭しく閉じることだろうが、おやおや表題のKとは作者の妻君で本名は福井桂子という詩人であったことをつい書き忘れてしまうところだった。

細君と峠の湧水を訪れて手足あるオタマを返しやりけり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-23 10:35 | 読書

EMI盤マルタ・アルゲリッチの協奏曲集を聴いて



♪音楽千夜一夜 第269回

EMIからの廉価版4枚組CDです。アルゲリッチは不思議なひとで、共演する指揮者やオケが凡庸でも、実力以上の演奏に引き入れてしまうことが往々にしてあるから面白い。

ここではわたしが嫌いなショパンとプロコフィエフの2つの協奏曲をデュトワ指揮のモントリオール響をバックに弾いていますが、そのとおりの化学現象が生じています。ラビノヴィッチ指揮のスイス=イタリア交響楽団とのシューマン、ショスタコではもっと高度な次元で音楽が燃焼していて聴きごたえがある。4枚で1100円のお値段も魅力です。


ピリオド奏法にすれば音楽の生命が蘇るのかよロジャー・ノリントン爺 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-22 08:55 | 音楽

ヘンリー・ハサウェイ監督の「悪の花園」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.261

原題は「Garden of Evil」という1954年公開の西部劇映画で、ゲーリー・クーパーとリチャードウイッドマークが、インディアンと戦いながらなんと麗しのスーザン・ヘイワードを取り合いする。

サム・ペキンパー監督の「荒野のガンマン」では死んだ息子を弔おうとモーリン・オハラがもろ肌脱いで男勝りに大活躍するのだが、本作では炭鉱で負傷した夫を助けようとスーザン・ヘイワードがやはり大車輪の活躍をするので、まわりの男どもはみな魅了されて命を投げ出すようになる。

いずれおとらぬファム・ファタール振りだが、ペキンパーがあれほどオハラを脱がせているのだから、ヘンリー・ハサウェイもも少しちゃんとスーザン・ヘイワードをセクスイに見せてほしかったなあ。

ヒッチコックの映画でよく起用されたバーナード・ハーマンの音楽が終始喧しい。



他人の拳銃を捨てさせようと思ったらまず自分が捨てなければならない 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-06-21 08:45 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧