晴風万里

<   2012年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧




西暦2012年神無月 蝶人狂歌三昧



ある晴れた日に 第116回



思い出をひとつ殺してまたひとつ生みだしながら今日も過ぎゆく

究極の幸せとは人に愛され人に褒められ人の役に立ち必要とされること

ここで飛べ1969ウッドストック 飛んだ奴らはどこへ行ったか?

AKBなんてみな同じ顔しょんべんくさいイモねえちゃんばっかり

国産のゴマダラチョウが中国のアカボシゴマダラに駆逐される関東平野

朝っぱらからオオミズアオの幼虫を4匹も殺してしまって気色悪し

脳内にざわめく嵐御しかねてお父さん大嫌いと喚きだしおり

変にいじくってると死んでしまうでしょ自分の歌が

職業に貴賎はなけれど忌むべきは三百代言投資ファンド

弁護士なんて三百代言金の為なら嘘八百

神仏も天皇陛下も無用ですこの世を私が生き抜くために

ほむべきかな もろびとこぞりて称えよ奇跡の夜 こんな演奏を聴けるとは夢にも思わなかった 生きていて良かった 鎌響よありがとう

ためらいも恥も無く色紙に書きなぐるほんにお前はアホ馬鹿文士 

台風で本社を流されしバスに乗り初日170、2日目250、3日目270キロを走破せり

音楽はこれでいいのだヘンデルのアホ馬鹿音頭に陶然となる

「戦争だあ!」と喚く都知事に石原軍団尖閣出撃

一杯の水の中にいるベートーヴェンを飲む

来る朝ごとにブロックフレーテ練習していた小学生いつしか髭のリーマンになりおおせたる

こういう人が母親なら大丈夫だろうと思っていまの家内と結婚しました

クライアントの仕事待つ身は悲しけり朝から晩まで携帯鳴る待つ

けふこそはクライアントの電話あらんか手ぐすね引いて朝から待ちおり

往年の大スタア次々に逝くめれどわが原節子のみ永遠に生くらむ

掌にスマホ握りしめ若者は異界との交信に夢中である

古井由吉撰集パタリと閉じて思う中年男の妄想の凄まじさ

店員は茶髪を黒にして働けり閉店迫りしガソリンスタンド

Go ahead, Make my day!ドラ猫が三毛猫にいきまく真夏の昼下がり

襤褸襤褸の羽根でなお食草を探すアゲハにとって生とは何か

左側にハンドルを切って墜ちてゆくときの軽いめまいと快感よ

刺青は大嫌いだが入れたけりゃ入れよ猫も杓子も

刺青は大嫌いだけど入れたい人は入れなさいここは自由の国だから

今日もまた時給40円の労働に汗を流す子我が子愛しや

異界との通信に夢中なりスマホ族

秋蝉のとぎれとぎれの叫びかな

今生の思いを歌え秋の蝉

秋雨やガソリンスタンド終業す

秋茄子を一袋百円の有り難さ



*今月の童謡 モウモウ牛さんねんねぐー

山にはうぐいすホーホケキョ

遠いお空に雲ひとつ

モウモウ牛さんねんねぐー

父さん母さんそして僕

みんな揃ってねんねぐー

アスパラ海を泳いで渡る

難儀な夢を見ています

やがて朝寝が終わったら

モウモウ牛さんミルクを飲んで

しばらくお昼寝ねんねぐー

モウモウ牛さんねんねぐー

すると太鼓がドデスカデン 

みんな揃って大行進

大きな音で夢からさめた

山にはカラス クワクワクワ

遠いお空はあかね色

あっと言う間に夕方だあ

モウモウ牛さん霜降り食べて

家族揃って宵寝する

モウモウ牛さんねんねぐー

はてさてこれからどんな夢

夢は第二のじんせいだ

大冒険のはじまりだあ

モウモウ牛さんねんねぐー

夢を見るのに疲れたら

時々起きて居眠りしましょう

モウモウ牛さんねんねぐー



今朝もまた一輪天青の青を偸しむ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-31 11:46 | 詩歌

ケビン・サリバン監督の「赤毛のアン 新たなる旅立ち」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.335

まだまだ続く赤毛のアンちゃんの物語。これはモンゴメリーのフランチャイズ作品だそうで2008年の製作。仕掛け人のケビン・サリバンがこれまでのお話を引き継いだり新しいネタをでっちあげたりして自分勝手なアンちゃんに仕立て上げている。

最初の作品ではアンは寄宿舎に預けられていて、そこからマリラらとマシューの家にやって来たのだが、本作品では別の大金持ちの邸宅に迷い込んでいろいろ苦労しながらけなげに成長していくお話になっている。つまり第1作を別ヴァージョンでやり直すという無茶無茶苦茶な話になっていて原作者が見たらきっと怒るだろうね。

しかしキャステンングだけはいっちょまえで、成人したアンにはバーバラ・ハーシー。傲慢な女主人にはなんとシャーリー・マクレーンが出演している。本シリーズがよっぽど儲かったんだろう。


職業に貴賎はなけれど忌むべきは三百代言投資ファンド 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-30 07:59 | 映画

鎌倉交響楽団の「マーラー交響曲第2番」を聴いて



♪音楽千夜一夜 第285回 &鎌倉ちょっと不思議な物語第264回

ご当地の鎌響が創立50周年を迎え、その記念すべき第100回の定期演奏会でマーラーの交響曲第2番「復活」を演奏しました。指揮者は2008年11月1日に同じマーラーの第5番のシンフォニーを力演しおおせた横島勝人氏でしたが、私はラトル&ベルリン、アバド&ルツエルンを耳にした以上の感銘と興奮を覚えました。

マーラーの音楽から聴こえてくるのは西欧の古典音楽のすべての達成、バッハやヘンデル、ヴィヴァルディ、ベートーヴェン、モザール、シューベルト、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、ウイーンモダン派の音楽のすべてのアマルガム、クラシック音楽の近代のどんづまりの苦悩と絶望と背徳と回心と自己放棄の偉大なごみ箱の百花繚乱です。

素晴らしい膂力に満ち満ちた指揮者に率いられた当夜の鎌響は、第1楽章の深い一撃によって開始される闘争に疲れた英雄の生涯をまずは破綻なく演じおおせ、マーラー自身によって指定された5分間の休止を終えると、モーツアルトの緩徐楽章を思わせるアンダンテ・モデラートを天使の夢のように回想し、続いて悪夢のようなスケルッツオに突入します。

第4楽章では深く単純な信仰への回帰をうながすメゾソプラノ木下康子の玲瓏玉のごときアルトの深々とした朗唱が大ホールの隅々まで満たしそれが会場の外で鳴る金管楽器のコラールと天国的な調和を遂げていました。

演奏時間40分になんなんとする終曲の第5楽章に入ってもオーケストラは美感と緊張を絶やすことなく全人未踏の荒野を突き進み、人世の極北で遭遇した神の幻影の前で法悦の歌をうたいつづけます。ここで特筆すべきは鎌倉・戸塚のシニア合唱団によっておごそかに歌われた「私は逝く、生きるために!」の復活の賛歌で、堂を埋め尽くした聴衆はみずからも心の中の楽器を総奏し、壇上のコーラスと共に唇を動かしながら、この奇跡のような宴に参加し、その魂をいくぶんかは浄化することができたのでした。

ほんとうの音楽のよろこびと摂理は、ルーチンとマンネリの疲労困憊の泥沼にあがくプロオケの中ではなく、「一期一会のおんぐあく大革命」に燃え尽きるアマチュアの演奏のパトスとエートスの内部にあるということは、私だけでなくもはや世界の常識ですが、そのことをまたしても最上のレベルで達成したのが当夜の記念碑的な演奏でした。


ほむべきかな もろびとこぞりて称えよ奇跡の夜 こんな演奏を聴けるとは夢にも思わなかった 生きていて良かった 鎌響よありがとう 蝶人

*また別の夜の思い出
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=981043035&owner_id=5501094
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-29 09:13 | 音楽

鎌倉文学館で「源実朝展」を見て



茫洋物見遊山記第94回 & 鎌倉ちょっと不思議な物語第263回


生誕820年を期しての特別展ですが、狭い2つの会場に並んでいるのは太宰治の小説や斎藤茂吉、小林秀雄、吉本隆明などの実朝論の生原稿、それからいわゆる鎌倉文士どもが色紙に書いた実朝の歌くらいでたいしたものはありません。

それでもいくつかの発見はあって、正岡子規がその生涯をつうじて清書し続けた古今の俳人歌人の作品の墨痕はいまなお鮮やかで、これが一字一句心をこめて記されているさまは般若心経の写教に似ている。明治の短詩形文学の創始者のひたむきな心根にぢかに触れたような厳粛な気持ちになりました。

昔から文人は求めに応じて色紙に揮毫したりすることが多いようですが、不用意に書かれたこれが彼らの人となりをもののみごとに露呈するから面白い。名前はいちいち挙げませんが、あの有名な大作家がこんなつまらない書を書くのかと一〇〇年の恋も一瞬で興ざめになることもままあるので、未来の大作家を目指す人は要注意です。

彼らは自分の好きな実朝の和歌を自分の書で書きおろしているのですが、会場に並んだ筆跡に感銘を受けたのは葉山に住む詩人高橋陸郎ただ一人でした。

そんな次第でいくぶん期待外れに終わった展覧会の会場を出ると、由比ヶ浜から遠く伊豆大島を望む相模湾を背景に赤白黄色の美しい薔薇が咲き乱れており、それらの色と香りがこれで三カ月仕事の無い猫背のルンペン労働者の疲れた心を慰めてくれるようでした。


ためらいも恥も無く色紙に書きなぐるほんにお前はアホ馬鹿文士 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-28 09:01 | 鎌倉案内

シドニー・ルメット監督の「Q&A」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.334


新米地方検事補のティモシー・ハットンの悪戦苦闘物語でがす。

悪役の上司のみならずその上司に使役されている悪辣なブルドック警官ニック・ノルティや同僚、恋人と恋仇に振り回され、挙句に応援を約束していた検察の上層部にまで裏切られて身も世も恨むという可哀想なお話です。タイトルの「Q&A」は検察の尋問調書のことだという。

それにしてもニック・ノルティの存在感は圧倒的。善人役をやるとあれほど可愛らしいのに、ここでは物凄い汚れ役の悪党ぶりを見せつける。

社会派のルメットとしてさんざん痛めつけられたハットン選手の捲土重来を期しての続編を考えていたと思われるが、その夢はついに叶わなかったようだ。

脳内にざわめく嵐御しかねてお父さん大嫌いと喚きだしおり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-27 08:36 | 映画

リティー・バニュ監督の「さすらう者たちの地」を見て




闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.333


これは2001年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で最高賞を受賞したフランス映画である。ロンノル政権時代の苦難とその後のポルポト政権による大虐殺に耐えて生き延びたカンボジアの民衆が、全土に敷かれることになった高速光ファイバー工事で露命をつなぐ極限状況をルポルタージュしている。

道端に穴を開けそこにケーブルを通すのだが、岩だらけの地面を掘り進んでいくと突如毒蛇が現れたり戦争中に埋められた地雷や爆弾が出てきたりする。命懸けの仕事を女子供も手伝って朝から晩までやっている。

工事を請け負っているのはおおむね悪徳ブローカーで、彼らに搾取される細民にはなけなしの賃金しか与えられず、貯金も明日の食料も夢も希望すらない。怪我をしても病院にすら行けない極貧生活を強いられている彼らにどんな励ましの言葉を言えようか。

キャメラはそんな悲惨な彼らに寄り添うようにして、そのありのまあの姿を全世界に伝えようとしている。


弁護士なんて三百代言金の為なら嘘八百 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-26 11:25 | 映画

松本健一著「増補出口王仁三郎」を読んで



照る日曇る日第545回

寅さん「屹立する最後のカリスマ」なんちって品性下劣な言葉を使うなよ。んで、もう一人のカリスマは天皇の軍隊を農民の革命軍でひっくりけえして国民の国家をでっちあげようとした北一輝だって書いてるけど、それを言うなら、大衆の下衆のどん底から這い上がって銀幕の大スターに成り上がったおらっちの方が、よっぽどカリスマじゃあねえのかい」

おいちゃん「寅さん、まあまあそう怒るなよ。おいらお団子を売ってるだけでまるっきり学はないけど、この本で「日本思想史の基軸は近代主義とナショナリズムと日本原理主義の3本柱だ」と書いてるのはちょいと面白かったね。前の2つはお互いに闘争を続けてきたわけだけど、それらの基底に日本の神、郷土、先祖、血縁、自然を総括する「原郷(パトリ)」への愛情があり、この日本原理主義が、あるときは天皇制国家主義と同調したり背馳する契機があるというんだ」

さくら「そんでこの日本原理主義に依拠し、出口なお(変性男子)を教組、出口王仁三郎(変性女子)をカリスマ宣教師とする大本教は、近代主義やナショナリズムから落ちこぼれ、過去の伝統や因習にしばられた大衆の怨嗟を解き放ち、「もう一つの天皇制」を目指したのだというのよね」

ひろし「伊勢神道系のアマテラスを主神とする明治国家の天皇制絶対主義に対抗して山陰、裏日本に押し込められていた出雲系のスサノオを「丑寅(うしとら)の金神(こんじん)」として賦活させ、日本原理主義革命をやらかそうとしたんだね」

タコ社長「いくら橋の下とか小さな泉を探したって肝心の天皇や大衆の実体がエーテル化した平成の御代では、悔しいけどもう寅さん以上のカリスマは出っこねえだろうなあ」

おばちゃん「みんな何をぐだぐだ屁理屈ばかり言ってるんだい。この本の駄目なところはね、肝心要の出口なをと王仁三郎の郷里の丹波の風土について触れてないことだね。「弁当忘れても傘わするな」ということわざ通り、晴陰ただならぬあの地の不安定な気候が、暗欝と情動爆発が瞬時に交錯する宗教革命的精神風土を生みだしたことが、インテリさんたちにはまるで分かってないようだね。

御前様「こりゃあ困ったあ。大衆の原像おばさんのつねさんに1本取られてしもうたあ」


神仏も天皇陛下も無用ですこの世を私が生き抜くために 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-25 11:25 | 読書

ステファン・スケイニ監督の「赤毛のアン アンの結婚」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.332

ようやくギルと婚約したアンは、手に手を取ってNYに渡るのですが、ここで彼女が苦労して書きあげた小説が有名作家に盗用されたり、NYの有名病院に就職したギルが上司と衝突したりして、この大都会が嫌になった2人は、再び義母のマリラ無きグリーン・ゲイブルズに腰を落ち着けようとするのですが、そこで第1次大戦が勃発するのです。

高まる愛国運動に押されて応召したギルが行方不明になったのでアンは単身欧州に渡って愛する夫を訪ね歩くのですが、この間にここで詳述するのが面倒くさい奇奇怪怪の事件が相次いで起こりますがわれらが気丈なアンちゃんはこの国難苦難になんとか耐えぬいて奇跡的に夫、そしてNYの有名作家の遺児と共に懐かしのグリーン・ゲイブルズに辿りついたのでした。

しかしこの作品ではアンが奇怪な政治活動家に巻き込まれて命懸けの脱出行を敢行するなど、まるで女ジェームズボンドもどきの大活躍をするので前作との違和感が最後まで残ります。原作者のモンゴメリがこんなスパイ大作戦を書いたとはとうてい思えないのですが。

一杯のコップの中のモーツァアルトを飲む 蝶人

*友人が企画したイベントのご案内です。http://blog-imgs-46.fc2.com/n/y/a/nyancafe29/2012101307275626a.jpg
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-24 13:26 | 映画

ケビン・サリバン監督の「続・赤毛のアン アンの青春」を観て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.331

我らがアンちゃんは心の恋人ギルバートと涙ながらに別れて郷里を出て、エリート一族が占拠するキングスポートの高校の英語教師となるが、そこに待ち構えていたのは冷血動物のような不感症校長とプリングルファミリーの鼻もちならないアホ馬鹿ブルジョワ娘たちだった。

しかし恩人の理事長の後押しと持ち前の愛情と愛嬌と根性でこのピンチを乗り越えたアンちゃんは、ボストンに住む船長とその意地悪な母の頑なな心をとらえ、返す刀でアホ馬鹿娘を撫で切りにし、あまつさえ冷感校長を故郷の麗しのグリーン・ゲイブルズに連れ帰って奇跡の霊感をあたえ、血の通った真人間に戻すことに成功するのだった。

故郷を描いた最初の書物も出版され、大病から癒えたギルとの恋も成就し、順風満帆いまや青春真っ盛りのアンちゃんでした。


変にいじくってると死んでしまうでしょ自分の歌が 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-23 09:42 | 映画

スティーヴン・ウオーカー監督の「ヤング@ハート」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.330

82年にアメリカで結成された超高齢コーラス隊のドキュメンタリー映画。70代から80代、中には90代の老人たちがパンクやロックでシャウトしまくる破天荒の音楽映画である。

もともと高齢のうえに癌や肺炎を患っているメンバーも多く、実際にこの映画の撮影前後には3名の優れたソロイストを喪っているにもかかわらず彼らは明日を知れぬ肉体をひきずりながら歌いに歌う。彼らにとって歌うことは喜びであり、それ自体が生きてあることの証なのである。

映画の中ではザ・クラッシュの「ステイ・オア。ゴー」、ジェームズ・ブラウンの「アイフィール・グッド」、トーキング・ヘッズ」の「ロード・トゥ・ノーホエア」などが熱唱されるが、友の一人を亡くしたその日に、彼らが刑務所の囚人たちの前で激しくシャウトするボブ・ディランの「Forever Young」は感動的である。

   店長は茶髪を黒に戻しけり閉店迫りしガソリンスタンド 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2012-10-22 08:42 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧