晴風万里

<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2013年睦月蝶人狂歌三昧




ある晴れた日に 第120回


君と僕エンドクレジットの音楽が途切れたときのように気まずい

美輪明宏をかなぐり捨てて歌いたり丸山明宏「ヨイトマケの唄」

喜びも悲しみもこの曲に込めてさらばプリプリダイアモンドだお

雪が降るぞえチントレットなぞと呟きながら歩いている

あきれはてあなはずかしくあじきなしおんなとおとこのせいのむきだし

夢の中で安倍のゴーストライターを頼まれしわれ頑なに辞して名古屋に帰る

世の人みな右を歩くので真ん中のひとが左側となる

「お前なんてたいしたことない、たいしたことないぞ」と言い続けながら人生を終えるんだ。

世界なんてバッバッと変わる 変わらないのはお前だけ 

論争も折伏も無意味だ。人の思想は論理では変わらず、なにかもっと別のもので変わる。

美しきヴイーンの初夏に鳴り響く「大地の歌」は“お母さんの唄”

市長すら体罰容認の町なれば生徒を殺す教師も出るべし

五輪とは自国再生の道具にあらず世界平和の祭りなり

いずこにても名人はとく死に絶えチャラチャラ行き来すしゃらくさい小者

ああいくいくいくうこれがいちばんいいのよなぞとおめきつつ昇天したり

民主か独裁か、正義か悪かはいざ知らね、勝てばしばらくは官軍である

あらくれの三浦一族屠腹せし頼朝公園子ら駆けまわる

美人のケイコチャンがおしっこやウンチをした便器がお庭に捨てられている

絶望せよ もっと絶望せよ 我々にはまだ絶望が足りない

半年振りに仕事の依頼がありました捨てる神あれば拾う神あり

カニ座より我に飛び来る星ひとつ願いもできず消え去りにけり

平成のゴジラが突如現れて悪者どもをみな踏み潰すらむ

恐山のイタコが下せし御託宣君うかうかと真に受けるなかれ

「愛国無罪」を叫んでいるうちに国も個人も滅んでゆくなり 

世の中も政治も文学も下らない下るのはわがはらのみ

職は無く金無く友無く望み無き若者たちに冬は来にけり

それではここで問題です 我が家で次に死ぬのは誰でしょう?


粛々と生き急ぐなり去年今年

またしても賀状を拒む家となる

〆縄を飾れぬ家の多さかな

元旦や野心なき男となりにけり

フイヤン派の独裁迫る冬の月

革命にも山あり谷あり嵐あり

大寒のやや暖かくぱみゅぱみゅぱ

おらっちは人日なれど汁粉喰ふ

天邪鬼人日なれど汁粉喰ふ

世界など犬に喰われよ歯が痛い

新月や島の渚を照らしけり

雪が降るチントレットといいながら歩いてる



滑川で翡翠に出会いしことをもて今日最大の喜びとなさむ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-31 08:38 | 詩歌

アンリ・ヴェルヌイユ監督の「ダンケルク」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.389

1940年6月、ナチスドイツに追い詰められた連合軍がダンケルクから撤退する際の余話を描いたちょっと珍しい仏伊合作映画で、ベルモントとカトリーヌ・スパークの競演がうれしい。

この映画の出演当時、カトリーヌ・スパークの父親はベルギーの外相をしていたことを覚えているが、ドモンジョ、ジャクリーヌ・ササールと共に忘れ難い女優の一人であり、劇中で悪者にベッドで襲われるシーンや、ダンケルクの砂浜を赤いドレスと高いヒールで歩いてくる姿には、ははらはらドキドキさせられる。

ドイツ軍の猛爆撃に耐えてやっとこさっとこハッピーエンドを迎えるのかと思っていたら、ラストで思いがけないドンデン返し。戦争とはじつに悲惨なものだ。当時ドーバー海峡を越えて救出に向かった英軍がフランス人を船舶に乗せようとしなかったことも分かって興味深い。

半年振りに仕事の依頼がありました救う神あれば拾う神あり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-30 13:11 | 映画

ジュリアン・シュナーベル監督の「潜水服は蝶の夢を見る」を観て




闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.388

仏蘭西のふぁっちょん雑誌「エル」の編集長が突如脳溢血でまぶたしか動かすことのできないいわゆる「植物人間」になってしまうが、その瞼の瞬きを駆使して自伝的小説をものしたのを一期に、壮年の盛りにみまかってしまうという哀しい物語。原題は「潜水服と蝶」だが、身動きできない主人公が残された想像力と記憶を駆使して脳内で蝶を飛ばしたりするシーンもあるので、この邦訳くらいは許されるだろう。

実際にこんな悲惨な状況に置かれたら誰だって死んだ方がましだと思うに違いないが、主人公が置かれたのはそれすら許されない過酷な世界だった。にもかかわらず今生の思い出に涙なしでは見ることのできないこの映画とその原作を愛する家族や友人に遺すことができたのは、賞賛に値する偉大な事業であったと思うのである。

主人公の周囲には細君や看護師、通訳、情人までが登場するがそのすべてがおしゃれな業界の人間にふさわしく若くて美しい女性ばかりなので驚く。普通の患者ならこんなことはあり得ないが、それが彼のリハビリを励ますと同時に悪戯に亢進して解消できない性欲によって却って苦しめたに違いない。

夢から醒めた男が、自分は蝶の夢を見ていたのか、それともそれ自体が蝶の夢であったのかと疑う話が、荘子の「胡蝶の夢」という故事に出てくるが、恐らくこの事件そのものが壮大な宇宙に飛翔している蝶の夢だったんだろう。


雪が降るぞえチントレットなぞと呟きながら歩いている 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-29 08:41 | 映画

マルセル・カルネ監督の「歎きのテレーズ」を観て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.387

エミール・ゾラの原作「テレーズ・ラカン」を名匠マルセル・カルネが演出した往年の名画で、主人公の男女が追い込まれていく悲劇のどうしようもない破滅的な成り行きをシモーヌ・シニョレとラフ・バローネが好演している。

この映画の頃は、脚も奇麗だし、ほのかな色気が画面の外まで漂うようですべてが好ましい。モンタンもそこに惚れたのだろう。しかし年齢を重ねたシニョレは顔も体もぶっちゃりと肥って、ヤクザの姉後などを演じると凄味があったが、とても若き頃とは同一人物とは思えない。

エリザベス・テーラーの晩年も無惨なものだったが、若き日になまじ美貌を誇った男女であればあるほど、歳を経て醜く老化したおのれの姿を素直に受けいれることが出来ずに苦しむのではなかろうか。

その点普通の容貌に恵まれた我等はそのことだけでも神様に感謝すべきなのだらう。いずれにしてもこの映画の衝撃的なラストは、いかにも映画的であり小説的だ。

あらくれの三浦一族屠腹せし頼朝公園子ら駆けまわる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-28 08:56 | 映画

「ウラジミール・ホロビッツ・プレイズ・グレートソナタズ」全10枚組を聴いて



♪音楽千夜一夜 第295回

現代の美形若手によるいっけん新しいそうでじつは陳腐な迷演奏の数々を聴いた口直しの手が伸びるのは、いつもこういう大家の大演奏である。

ご存知ソニーの超廉価盤シリーズの中でもホロビッツのベートーヴェン、モザール、スクリャービン、ショパンなどの名演を選りすぐった本選集はとびっきりのお買い得CDセットといえるだろう。

なかでも屈指の名演奏は2枚に収められたスカルラッティの15曲とハイドンの2曲で、これを聴けばリストやラフマニノフやショパン、いなベートーヴェンの「悲愴」や「月光」ですらどうでもよろしい、といいたくなるような軽妙洒脱な演奏である。


いずこにても名人はとく死に絶えチャラチャラ行き来するはしゃらくさい小者のみ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-27 10:19 | 音楽

佐藤賢一著「ジャコバン派の独裁」を読んで



照る日曇る日第565回

1793年10月16日、ひょんなことから国王ルイ16世をギロチンに送り込んだものの、フランス革命を遂行する革命家とサンキュロットたちの前途には不気味な暗雲が立ち込めていた。

ヴァンデ県のみならず全国の地方のあちこちで、革命に不満を懐く農民、貴族が武装して「ヴァンデ軍」を組織したのみならず、イギリスを中心に、オーストリア、プロイセン、スペイン、ナポリ、ローマ、ロシアまで加わった「対フランス大同盟」が結成され、国の内外で反革命勢力が力を増してきたのである。

にもかかわらず国民公会の内部では、穏健派のジロンド派が中間派の支援を受けて多数派を形成しており、ロベスピエールをはじめとするジャコバン派は切歯扼腕を続けていたのであるが、1793年5月31日、ついにパリは蜂起する。

過ぐる1789年7月14日はデムーラン、1792年8月10日はダントンが主導したが、それに続く3度目の蜂起は、ロベスピエールの指嗾に力づけられたパリ市第2助役エベールと過激派の暴発がきっかけであった。

本巻を仔細に見れば本邦における無数の「かくめい」運動と同様、ひとくちに大フランス革命などというても、山あり谷あり凪ぎあり嵐ありで、その時々の流れや勢いで過激にも穏健にも、あるいは反革命にも揺れ戻る無数の契機があったと知れよう。


それではここで問題です 我が家で次に死ぬのは誰でしょう? 蝶人


◎佐々木健個展のお知らせ
http://www.tokyoartbeat.com/event/2013/FD93?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-26 09:17 | 読書

村山由佳著「花酔ひ」を読んで



照る日曇る日第564回

京都の葬儀会社と東京のきもの販売会社の2組の夫婦が巡り合い、ひょんなことからスワッピングするようになるという通俗小説にありがちなよろめきドラマであるが、こういう主題をさかんにとりあげている渡辺淳一と違って、このひとの文章は日本語としてちゃんとしているので、「そういう意味では」安心して読める。

渡辺淳一といえば最近日経に連載している「私の履歴書」のなかで、自分と出来てしまった看護婦を堕胎させたうえに、その逆恨みを懼れつつ他の女性と厳戒体制の中で結婚したなどと得々と述べているが、そんな破廉恥な行状といい、そんな告白をこのような場所で面白おかしく公開するという非常識さといい、その人間性を疑わずにはいられない。

さて話が大きく逸れたが、今回著者が殊の外ちからを入れたのはSMの描写である。最近海外でも女性が描くソフトSM小説がはやっているようなので、さっそく売らんかなとばかりに耳学問でとりこんだのであろうが、マゾに目覚めた男がサドに目覚めた女と激しく行為するシーンは、著者の実体験から「湧出」したものではないにしても、なかなか迫力がある。

それはよいのだが、お互いの浮気によって生じた肉の喜びの落とし所をどこに求めて良いのかに窮した挙句、突如漫画的な事件で無理矢理本編を終わらせたのは問題だ。SMよりも性のむきだしに発情し発条した男女の生の行方は、この小説ではまったくつきつめられてはいないからである。


あきれはてあなはずかしくあじきなしおんなとおとこのせいのむきだし ちょうじん
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-25 08:34 | 読書

ダグラス・マグラス監督の「Emma エマ」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.386

明治時代の倫敦に留学した漱石がもっとも愛し、かつ高く評価したのがこの映画の原作者であるジェーン・オースティンであることはつとに知られている。

人世の基本が男女の相愛であり、その相愛を決めるのは結婚であり、その天国と地獄のすまいが家庭である以上、小説世界の根本テエマは家庭に他ならないことをオースティン嬢も漱石居士も熟知していた。

彼女が本作や「高慢と偏見」で多感な少女が紆余曲折の末に結婚するまでの経緯を人世の一大事件として克明に描いたように、彼は「それから」「門」「行人」「明暗」などの家庭小説において男女関係の底知れぬ深淵を垣間見せた。

神は細部に宿るように、真実は平平凡凡たる些事に潜む。この映画のヒロインであるエマ(ギネス・バルトロー)が試行錯誤と失敗を積み重ねながらも最後にもっとも彼女にふさわしいと思われる男性と結ばれる時、それが小説や映画のスクリーンにおける絵空事であるにもかかわらず、我々は自分たちの大事件のように感じ、そのハッピイエンディングに心からなる快哉を贈るのである。

喜びも悲しみもこの曲に込めてさらばプリプリダイアモンドだお 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-24 09:00 | 映画

フランコ・ゼフィレッリ監督の「マリア・カラスは永遠に」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.385&♪音楽千夜一夜 第295回


カラスの友人だったフランコ・ゼフィレッリが彼女の思い出とカラス伝説を「利用して」でっちあげた最晩年の偽カラス物語。

1974年の最初で最後の日本ツアーの出来が悪かったことを苦に病んで薬漬けの引き籠り状態になっているカラスを敏腕プロデューサーが巧みに説得して「カルメン」の映像に昔の全盛時代の歌唱をダビングして全世界に発売して大儲けしようと企む。

カラスもノリに乗ってトライしたのだが、結局これは本物の作品ではないと遅まきながら気がついて商品化をキャンセルし、その数年後にパリで亡くなるという虚々実々の人間紙芝居でした。

ゼフィレッリの美術や演出は好きだし才能は評価しているが、いったいどういう料簡でこの映画を作ったのかその理由が分からない。カラスを称楊するというより金儲けの道具にしているんじゃないでしょーか。だいいちカラスはファニー・アルダンのような下品な顔をしていないぞ。

しかし考えてみるとどうも私の感想はいつものように作品の本質に迫っていないようなので、ちゃんとした評に接したい方は是非これを。
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=34218852&id=1889578864


美輪明宏をかなぐり捨てて歌いたり丸山明宏「ヨイトマケの唄」 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-23 09:23 | 映画

バルザック著・石井晴一訳「艶笑滑稽譚第二輯」を読んで


照る日曇る日第563回

パート2に入ってバルザック選手のエロ噺のおもしろさといかがわしさはますます快調なり。

第八話の「ムードンの司祭の最後のお説教」もかのフランソワ・ラブレー師に仮託した文豪の筆が異常なまでに冴えわたり、当時の権力者たちを徹底的にパロった皮肉な諷刺が見事であるが、もっと凄まじいのは第九話の魔女裁判の顛末じゃ。

ムーア人の超絶的美女が次々にお固いカトリック司祭や王侯貴族たちを色香をおとりに血迷わせて陥落させ、もうもう天国も極楽もどうでもよい、お前様とまぐわうことさへ出来れば地獄の底までついていく、ああ、いくいく、いくう、と、それこそ神も仏もない邪教淫魔伏魔殿の酒池肉林濡れ蒸れ肉布団の狂乱アモラル疾風怒濤の人間本質暴露の原風景が繰り広げられていく。

そこでは「すべての者がありとある悦びの叫び声を発しあいながら、お互いに一体化し、楔の如くしっかり嵌まりあいつつ、重なり合う」のみならず、「あらゆる女の天体と男の天体が身を交え、そこから流れ出す精液の星の群れも垣間見えている」そうな。

どうだ、参ったか。とバルザックが言うた言わなかったかは、誰も知らないけれど、どうしてローマ教会が発禁処分にしなかったのか分からないR17指定岩波ワンダーポルノ文庫であります。

ああいくいくいくうこれがいちばんいいのよなぞとおめきつつ昇天したり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-01-22 08:45 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧