「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2013年弥生 蝶人花鳥風月狂歌三昧




ある晴れた日に第125回



これやこのロック縄文時代のシャウトなりジェームズ・ブラウン『Out Of Sight』

狂気のきわみにあらず冷徹の叡智が光る出口なお「お筆先」

貧者の一灯のごと天上の音楽ごと美しき夢に満ちたり王仁三郎の碗

ママ友が「ドメバ」にさんざん殴られて逃亡するが「ハピネス」にだんだん近づく話なりけり

果樹園を車で走るのはよせと勧告すれど管理人はしたたかに居直る

藪椿万朶の赤が墜つる日に一枝の桜咲きにけり

ホト突かれアクメに達せしヒロインの絶叫哀し白昼の映画館

電通に都市文化デザイン部があるといういったい誰が何するところ?

磯風は雪風の砲雷撃にて撃沈されたり四四年四月七日坊ノ岬

一国に一つの核をあげませうそれとも全部捨てますか?

なにゆうてけつかんねんAbbé蚤糞おんどりゃどたまかち割ってくりょうか

御所人形、張子に芥子に加茂人形、お江戸の春は人形尽し

さらば市川團十郎そこにはいつも江戸の春風が吹いていた

ソロモン沖津波注意報でズタズタにされたモーツアルトを聴いているところ

クライバーン、マリ=クレール・アラン、サヴァリッシュ、今宵賑わうクラシック冥界

スタインウエイの鍵盤の上でもつれる男女ジョン・ケージの音楽のように

小鳥らの卵も木の皮もむさぼり食うめあな憎たらしタイワンリスめ

わが街で作っておりし口紅をこれからはベトナムで作ると資生堂がいう

なにゆえにユネスコ遺産登録に拝跪する鎌倉に鎌倉時代の遺物なし

大量の空気を運ぶバス多しこれもこの国の豊かさなるかや

ツイッツターで発句をバンバン叩き出すそんな貴方は平成の西鶴

地に紅き星々散らす花なればドウダンツツジを満天星と読むらめ

わが庵に美人姉妹並び立つ紅白の梅とつおいつ眺めて

恥ずかしそうに咲いていました「スーパースタア」という名の赤きバラ

九十越えしそば屋夫婦張り紙したり「五十六年間有難う」

六十年の歴史を閉じた浅羽家よこんなことならもう一度鰻を食うておけばよかった

さようならさくらもひともたてものもみんなみんなきえさってゆく

弥生三月ほうやれほ仕事よ早く飛んでこい

とろとろと柚子を煮てゆく昼下がり

柚子煮ればやがてジャムとなるめでたさよ

悪き奴眠れる間は悪事せず

3.11に歌を歌えぬ歌人かな

日銀の総裁に上り詰めたる味気無さ

節分や追われた鬼はどこへ行く

いざいかむルリビタキ遊ぶ朝夷奈峠

生れたての春風運ぶや無人バス

春一番御所人形のごとき童かな

わが妻が己に飾る内裏雛


――北冥に鯤ありてその名をタカシ・オカイとなす。その大いに遥遊すること幾千里なるを知らず。

歴歴と地層を貫き刻まれしわれらが痛苦なるZeitgeist1994―2003

腰をかがめよろよろとそこを行くのは満身創痍のオイディプス王にあらずや?

「混沌」あるいは「偉大なる暗闇」とでも称すべし 闇の底に微かな光あり

知らざりきわがミク友の加藤、大辻両先生岡井門下の逸材なるとは

知らざりき元社青同解放派のゲバルト隊長小嵐九八郎岡井門下とは

名古屋、京都、大阪、東京、維納、激烈な羈旅のまにまに生まれし歌どち

前衛も古典も仏足石歌体も横書きも英数俗語入りもいち早くみなやり尽くされたり

ある時はヤハウエの如く激情に駆られ またある時はブッダの如く微笑えむ われらを激しくインスパイアーする君よ

短歌俳句詩評論音楽美術性愛テーバイのアルス・ノヴァ七つの大門ここに集う

<秋風や煉瓦につよく惹かれゆく>俳句のオルドルよりも短歌のアナルコサンジカを選び給えり

生くるため男は不条理を耐え忍ばねばならん歌人悩ます深夜の沈黙電話

若すぎる愛人に挑む老詩人たとえ壮年の騎乗に及ばずとも

ぬばたまの夜のいくさは熾烈ならん城を枕に討ち死にするのみ

ぬばたまの闇の奥より流れいで曙の春に溶け入る歌のはかなさ

バッハ聴きベルク、ペルトを好むきみ などてモザールを愛し給わぬ

われもまた美しき女流ヴァイオリニストの右腕の脇の窪みの暗がりを見ている

いくたびも青森核燃訪ねたる歌人にして きみWHYなおも原発に拠るる?

白鳥は冥府の王プルートに虐殺された それでもあなたは原発依存派なるか

飯島の耕一うしならずとも眉ひそめむ きみなぜ宮廷歌人になり給ひしか

差し出される手はためらわず握るとうso whatそれでは詩人は乞食坊主にあらずや

その歌は時代精神と世界苦に引き裂かれたるが その顔は仏のように笑っている

反米愛国植民地国家てふ旧態依然たる日共民青的政治観? 国旗をフレー、フレー逆さに振ればなんか新しき愛国愛郷の新人類転がり出るか? さにあらず世は既に闇の底

帝国はひそかにリンコルンの国雛離り矮小なリリパット国を樹立しておりまするぞ 殿

国家神道がものいう前のかむながらひとすじのなおの道いまなお辿るか竹取りの翁

竹取りの翁がいつくしみ育てしは玉のようなるかぐやの歌姫

嗚呼、黒鉄の国家などはそもそも無かったのだ 鞭声粛々夜河を渡る似非国歌

かつてわれら永世中立の夢を見たのではなかったか? むしろかのスイッツランドのごとく針鼠のやうに武装し、おのが集愚的Raison d'êtreを見い出せ

さらば米帝!さらば中ロ!われらいずれの国の陰謀にも加担せず独立不羈の道を歩むべし

侵略の共同性と集団性の罠を限りなく遠ざけ、自らが衛り、自らの安全を保障せよ<永世中立国ジャパン>

秋津洲大和の国を眺むればものみななべて黄昏ゆくめり大和しうるわし

シューマンの「歌の年」のごと歌いに歌う いつか自己励起の回路を逸脱するまで

なるほど歌はわれらの臓器なり/さてこの人の腹は黒いか白いか/いずれにしても臓器的祖存在

Oh Yeah!ノートリアスにいこう!デンジャラスでセンセーショナルにいこうぜ!と八十五翁shout!

実験工房はけふも大きく開かれておる Il y a beaucoup de machines à coudre et parapluies sur cette position de la dissection

ともあらばあれ朱筆を入れながら本を読むようにして人世を相渉る人でないことだけは確かだ

<歌え歌え、歌いつづけよ!>と唆さるるや いくたびか日経歌壇で私の歌を選び呉れしその人


全身を鋭き針で武装せし花なき薔薇に春風よ吹け 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-31 08:26 | 詩歌

半藤一利著「日露戦争史2」を読んで



照る日曇る日第578回

この本を読んで痛感するのは、一朝事ある時(例えば第2次大戦)のわれら大衆は容易に情動化(例えば橋下現象や民主自公大転換)し、一時の毀誉褒貶に激動して抑制を忘却するということである。

その先例が日露戦争の連合艦隊で、明治37年5月に東郷が戦艦初瀬、八島を失った時やウラジオ艦隊の跳梁に手を焼いている時などは袋叩きにされている。

ところが8月の黄海と蔚山海戦で奇跡の大勝利を挙げてウラジオ艦隊を撃滅すると手のひらを返したように上村艦隊を激賞する。

乃木大将についても同様で、この典型的な「やさしい日本人」タイプの凡庸な指揮官を、大衆はある時は無能、またある時は軍神呼ばわりしてやむときがない。

彼の無能さにあきれ果てた大山と児玉が、乃木の権限を剥奪して直接指揮を執ることになって初めて旅順奪還が成ったわけだが、この拙劣極まりない「兵隊皆殺され作戦」を企画、立案したのはほかならぬ児玉(とそれを追認した大山)であった。

もっと衝撃的な事実は、203高地奪取以前に、本土から運ばれてきた28センチ巨大榴弾砲の集中爆撃によって旅順港のロシア艦隊は壊滅的な打撃を受けていたことで、もしこのことを事前に日本軍が知っていたら、旅順で死傷者7万4千8百(それに先立つ瀋陽で2万3千5百、沙河で2万571名)の「鬼哭啾啾」「死屍累々」の犠牲者を出さずに済んだということである。これら当時の戦争指導者が(大東亜戦争当時よりは優れていたにせよ)、もう少しましな人物であったなら、民草の犠牲は大幅に減っていただろう。 

それにしても、またしても愛国主義が高揚してそれが戦争に転化すれば、我人俱にもはや誰にもとどめることのできない狂乱の渦に巻き込まれていくに違いない。


わが街で作っておりし口紅をこれからはベトナムで作ると資生堂がいう 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-30 09:35 | 読書

「春の鎌倉文学館ツアー」で材木座を歩く



茫洋物見遊山記第115回&鎌倉ちょっと不思議な物語第279回

今回は材木座近辺の半日文学散歩です。若き日の大佛次郎が教鞭をとっていた鎌倉高等女学校(現鎌倉女学院)を出発して、放浪中の泉鏡花が寄宿していた日蓮宗の妙長寺を訪れました。彼はこの時の体験を小説「星あかり」に書いていますが、夜は潮騒に包まれ無数の蟹が現れたそうです。

小説家の林不忘は結婚後、この近くの向福寺に一部屋を借り、新婚生活を送ったそうです。この辺は日蓮宗のお寺が多いのですが、ここは珍しく時宗でした。

歌人の吉井勇、作家の横溝正史も一時材木座界隈に住んだようですが、当時東京の博文館に勤めていた横溝正史は月給をもらうとまず銀座で呑み、次に横浜で呑んですっからかになり、鎌倉を乗り過ごして横須賀まで行ってしまい、そこからいつも大佛次郎の家に電話したそうです。

すると大佛次郎が「奥さーん、横溝君がお金がないから持ってこいと電話してきましたよお」言いながら走って来るので、奥さんはとても恥ずかしかったそうです。

夏目漱石は夏になると家族と材木座の別荘に滞在しましたが、そのうちの1軒は現存しており、彼の「行人」や「彼岸過迄」に当時の思い出が書かれています。

「ビルマの竪琴」で有名なドイツ文学者竹山道雄の旧居も昔懐かしく現存しており、ここは訪れる都度なんとなく文藝の薫りが漂っているのが貴重です。

いよいよ材木座の海岸に近づけば、かの「鎌倉アカデミア」の教室があった光明寺の本堂と庫裏が見えてきます。鶴見事故で亡くなった三枝博音、高見順、村山知義などの鎌倉在住の哲学者、作家なども教授を務めましたが、昭和24年から廃校まで4年間教壇に立った歌人の吉野秀雄などは、夏季休暇中も蒸し風呂のような暑さの中、4時間ぶっ通しで裸で文藝を論じたそうです。

できることなら私も学生の昔に戻って、吉野先生の歌論を拝聴してみたかったなあ。


一朝万朶の椿落ちて一枝の桜咲きにけり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-29 08:40 | 鎌倉案内

鎌倉雪の下の鏑木清方美術館で「清方描く桜の風情」展を見て



茫洋物見遊山記第114回&鎌倉ちょっと不思議な物語第278回

ここ数日でいっきに桜が開花した。絶好のタイミングで開催された本展ではあるが、その中身をみてがっかり。見ごたえのある作品なぞほとんどなかった。

このような出品作の半分くらいが下描きやデッサンで、完成品のほうが少ないような展覧会では、眺める価値も半減してしまう。同業の画家かその見習いにとっては勉強になるのだろうが、われら一般ピープルにとっては鼻白むばかり。

学芸員は収蔵品をやりくりしながらの品ぞろえに苦労しているのだろうが、もう少し全体のバランスをよく考えた充実したコレクションにして頂きたいものである。
 
なお本展は同館にて来たる4月14日まで開催中。


果樹園を車で走るは野蛮なりと警告すれど管理人はしたたかに居直る 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-28 10:14 | 鎌倉案内

ホ・ジノ監督の「四月の雪」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.417


不倫などという言葉はよして浮気にするが、浮気していた男女が交通事故で入院し、その間に付き添いの男女、すなわち浮気相手の夫婦が浮気するというお話の韓国映画である。

別に韓国の映画でなく日本でもアメリカでもいかにもありそうなプロットだが、この場合、浮気をされて怒ったり泣いたり悲しんだりしている当の夫婦が美男美女でないと彼らの浮気はありえない。現実にはありうるかもしれないがそれは映画にはならないだろう。

白いブラをおずおずと脱ぎ始めるヒロインを見ながらそう思いました。また余計なことながら、このブラジャーの素材とデザインなんとかならないのかな。これにつまずいて浮気に至らない男子がいるかもしれないなあと思ったりもしました。まる。

雪降る庭に美人姉妹並び立つ紅白の梅とつおいつ眺めて 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-27 09:09 | 映画

鎌倉芸術館で「出口なお展」を観て



茫洋物見遊山記第113回&鎌倉ちょっと不思議な物語第277回

大本教の開祖出口なおのあの「お筆先」の実物を、とうとうこの目で見ることができました。

重労働と極度の貧困に追い込まれていた55歳の丹波の綾部の女性に、一夜突如「艮の金神」が降臨し、神がかりとなった彼女がその神の言葉を狂気のように書きつづったと思いこんでいたのですが、アクション・ペインティングのような解読不能な文字を想像していたら、あにはからんや、半紙の上に筆で冷静に書き下ろされた普通の文字だったので、ちょっと驚きました。

彼女が折々に書き継いだ「お筆先」は半紙で約20万枚に及び、これを彼女の最高のオーガナイザー出口王仁三郎が編集して教典に編集したことによって「大本教が成立するわけですが、それにしてもいかなる神秘がこのような奇跡を可能にしたことかと、不可思議なオーラを漂わせる歴史的ドキュメントの前で私はしばし呆然と佇んでおりました。

この展覧会にはその出口王仁三郎が晩年に製作した楽焼茶碗も並んでいましたが、素人ならではのその大胆な意匠、自由奔放な色彩感覚に打たれます。

こうした茶碗は現代の人間国宝などによっても手掛けられ高値で売買されているのですが、王仁三郎のそれは「芸術をやるんだ」とか「傑作をモノすのだ」というような要らざる邪念が一切介在していないために、このような融通無碍の作陶が可能になったのでしょう。

キャッチフレーズの「古今独歩」はいささか褒めすぎですが、作品としてかなりいいものだと私はにらみました。

*なお同展は3月24日に終了しましたが上野の「東光苑」にて常設展を開催中。

狂気のきわみにあらず冷徹の叡智が光る出口なお「お筆先」 蝶人

貧者の一灯のごと天上の音楽ごと美しき夢に満ちたり王仁三郎の碗
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-26 09:16 | 芸術

「岡井隆歌集第四巻」を読みて詠める 後篇



照る日曇る日第577回&ある晴れた日に第124回


その歌は時代精神と世界苦に引き裂かれたるが その顔は仏のように笑っている

反米愛国植民地国家てふ旧態依然たる日共民青的政治観? 国旗をフレー、フレー逆さに振ればなんか新しき愛国愛郷の新人類転がり出るか? さにあらず世は既に闇の底

帝国はひそかにリンコルンの国雛離り矮小なリリパット国を樹立しておりまするぞ 殿

国家神道がものいう前のかむながらひとすじのなおの道いまなお辿るか竹取りの翁

竹取りの翁がいつくしみ育てしは玉のようなるかぐやの歌姫

嗚呼、黒鉄の国家などはそもそも無かったのだ 鞭声粛々夜河を渡る似非国歌

かつてわれら永世中立の夢を見たのではなかったか? むしろかのスイッツランドのごとく針鼠のやうに武装し、おのが集愚的Raison d'êtreを見い出せ

さらば米帝!さらば中ロ!われらいずれの国の陰謀にも加担せず独立不羈の道を歩むべし

侵略の共同性と集団性の罠を限りなく遠ざけ、自らが衛り、自らの安全を保障せよ<永世中立国ジャパン>

秋津洲大和の国を眺むればものみななべて黄昏ゆくめり大和しうるわし

シューマンの「歌の年」のごと歌いに歌う いつか自己励起の回路を逸脱するまで

なるほど歌はわれらの臓器なり/さてこの人の腹は黒いか白いか/いずれにしても臓器的祖存在

Oh Yeah!ノートリアスにいこう!デンジャラスでセンセーショナルにいこうぜ!と八十五翁shout!

実験工房はけふも大きく開かれておる Il y a beaucoup de machines à coudre et parapluies sur cette position de la dissection

ともあらばあれ朱筆を入れながら本を読むようにして人世を相渉る人でないことだけは確かだ

<歌え歌え、歌いつづけよ!>と唆さるるや いくたびか日経歌壇で私の歌を選び呉れしその人


クライバーン、マリ=クレール・アラン、サヴァリッシュ、今宵賑わうクラシック冥界 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-25 09:01 | 読書

神奈川県立近代美術館鎌倉の「実験工房」を見て



茫洋物見遊山記第112回&鎌倉ちょっと不思議な物語第276回

久しぶりにここを訪れるとほっとする。どんな展覧会であろうが、周囲の環境と見事に調和した坂倉準三設計の美しい建物なので、こころはつねによろこびにみたされるのである。

 しかし噂によるとこの美術館の地主である鶴岡八幡宮が神奈川県に立ち退きを迫った結果、当美術館は数年後に撤退し、少し離れた場所にある分館(超狭い!)と葉山館(超遠くて不便であまりデザインが良くない!)に集約されるという。

 そりゃあ地主だから出て行けという権利はあるのだろうが、いったいこのわが国有数の芸術品のような美術館を鶴岡八幡宮はどうしようというのだろう。まさかぶっこわして結婚式場にするというんじゃあるまいな。

 神様に歯向かうのも業腹だが、ともかく地主は天下の名建築を永久保存する義務と責任があると思うし、それは現状の美術館というかたちがもっともふさわしい。八幡宮と神奈川県はよく話し合って最善の解決を見出すべきである。

 ということで展覧会の感想どころではなくなったが、現代芸術の扉を開くエポックとなった大辻清司、北代省三、駒井哲郎。福島秀子、山口勝弘、武満徹、湯浅譲二、園田高弘、秋山邦晴などの前衛的な芸術活動の一端を偲べる興味深い作品が目白押しだった。

*なお残念ながら本展は本日24日までです。

さようならさくらもひともたてものもみんなみんなきえさってゆく 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-24 09:47 | 芸術

「岡井隆歌集第四巻」を読みて詠める 前篇



照る日曇る日第576回&ある晴れた日に第123回


――北冥に鯤ありてその名をタカシ・オカイとなす。その大いに遥遊すること幾千里なるを知らず。

歴歴と地層を貫き刻まれしわれらが痛苦なるZeitgeist1994―2003

腰をかがめよろよろとそこを行くのは満身創痍のオイディプス王にあらずや?

「混沌」あるいは「偉大なる暗闇」とでも称すべし 闇の底に微かな光あり

知らざりきわがミク友の加藤、大辻両先生岡井門下の逸材なるとは

知らざりき元社青同解放派のゲバルト隊長小嵐九八郎岡井門下とは

名古屋、京都、大阪、東京、維納、激烈な羈旅のまにまに生まれし歌どち

前衛も古典も仏足石歌体も横書きも英数俗語入りもいち早くみなやり尽くされたり

ある時はヤハウエの如く激情に駆られ またある時はブッダの如く微笑えむ われらを激しくインスパイアーする君よ

短歌俳句詩評論音楽美術性愛テーバイのアルス・ノヴァ七つの大門ここに集う

<秋風や煉瓦につよく惹かれゆく>俳句のオルドルよりも短歌のアナルコサンジカを選び給えり

生くるため男は不条理を耐え忍ばねばならん歌人悩ます深夜の沈黙電話

若すぎる愛人に挑む老詩人たとえ壮年の騎乗に及ばずとも

ぬばたまの夜のいくさは熾烈ならん城を枕に討ち死にするのみ

ぬばたまの闇の奥より流れいで曙の春に溶け入る歌のはかなさ

バッハ聴きベルク、ペルトを好むきみ などてモザールを愛し給わぬ

われもまた美しき女流ヴァイオリニストの右腕の脇の窪みの暗がりを見ている

いくたびも青森核燃訪ねたる歌人にして きみWHYなおも原発に拠るる?

白鳥は冥府の王プルートに虐殺された それでもあなたは原発依存派なるか

飯島の耕一うしならずとも眉ひそめむ きみなぜ宮廷歌人になり給ひしか

差し出される手はためらわず握るとうso whatそれでは詩人は乞食坊主にあらずや



電通に「都市文化デザイン部」があるといういったい誰が何するところ? 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-23 09:23

「グレン・グールド・コレクション第15集」5枚組を聴いて



♪音楽千夜一夜 第299回

グールドさん、そんなに急いでどこへ行く? と聞いてもこの天才児は絶対に耳を傾けないであろう。それにもうとっくの昔に死んじまってるし。

彼は管弦楽でチェリビダッケがやったと同じようなことを、ピアノでやった。異常に早いテンポも、異常に遅すぎるテンポも、音楽的には正反対であっても音楽創造的にはまったく同じことで、通常のテンポでは体験できない異常な世界を切り開きたいからなのである。

ここに収められたモザールのソナタの大半が、そうしたミクロの決死圏を快速でとばしたり、超鈍足で昼寝したりしてみせるが、それでもモザールの音楽は充分に美しい。

それにつけても、たった1曲だけ普通のテンポで演奏されたk491のハ短調の協奏曲の素晴らしさよ。それはとりもなおさず、彼がバッハで大成功したそのやり口が、モザールでも成功するとは限らないということを証明しているようなものだった。


これやこのロック縄文時代のシャウトなりジェームズ・ブラウン『Out Of Sight』 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-03-22 09:09 | 音楽

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧