晴風万里

<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2013年葉月蝶人花鳥風月狂歌三昧




ある晴れた日に 第150回



青山の独り暮らしのマンションで骨とスープになりしモデルよ

「お世話になりましたみなさまの幸福を祈ります」と書き遺し大仏次郎息絶えたり

人は死ぬと寂しいよねえと呼びかける長男に誰も答えぬ小林理容室

今日中にドストの「貧しき人々」を読んで原稿を書けなんて西村君そんなこと出来ないよ

笑うにも値せぬ由無き事どもを無二無三に笑っているよ「笑っていいとも」

かけるも阿呆答えるほうも阿呆なり新聞社の機械式電話アンケート

もののふの「箱根八里」を吟じつつツキノワグマを即捌きけり

物欲を煽るは時代の流れに逆行している高田明その口舌を閉じよ

鎌倉の「野中ゆり展」でみた「デカルコマニー」シュルレアリスムお得意の転写画なるとよ

六十八年戦争被害者を出さざりし日本国憲法はありがたきかな

終戦忌原爆忌児戯に類せし六十八年

夏祭り君は六十八の娘なり

夏祭り君は十五の娘なり

油蝉喨々と鳴く真昼かな

刺青を避けて泳ぐや海水浴

ミンミンの声で目覚める午睡かな

油蝉の断末魔聴く昼下がり

楠の大樹の下で蝉浴びて

日経を節約のために已む七月尽

老舗滅び月下美人咲く夕べかな

黒揚羽七月二〇日生まれなり

文月やなぜ善き人の召さるるか

ただひとりバーキン乗せてエアフラは放射能の島に舞い降りたり

「早撃ちハッシー」いつのまにか巴里の細道を描く売れっこ画家になられました 

文は人なりとはいうがそは質料のこと形象のあまりに酷きは目を瞑りて過ぐ

ありとある記憶が消えずに残っているんだ自閉症者の地獄のような苦しみ
 
1クラス39名の学生が向かい居て私の最後の試験問題

ウラギンシジミとルリシジミが並んで水を吸っている。ああ、大きなヨットと小さなヨットの白帆のようだ。

ハイドンの一撃に震撼させられしはいつの日かさらばわが青春の東京カルテット

昂然と鎌首もたげ水切ってドクダミの森に上陸せし蛇 

残念だが君たちとは全然考え方が違うと言い放ちて一人帰りきぬ

月に一度君と二人千五百円のイタリアン食べる程度のしあわせ

市議選で一票投じた若き候補者たった7票差に泣きたり

たった七票差で市議選に敗れた若者四年後に備えその翌日から動いており

藤圭子よ、今宵冥界からの「夢は夜開く」を聴かせてよ

母の娘であることを誇りに思います。ヒカルの一言に以て瞑すべし藤圭子

健ちゃんがとげぬき地蔵で買ってくれた真っ赤なパンツで父は頑張る

愛したること愛されしことも忘れ果てなお歩むべしこの薄明の道

 

えいやえいやと浮輪潰せば今年も耕君の夏休み無事おわんぬ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-31 10:07 | 詩歌

アンソニー・ハーヴェイ監督の「冬のライオン」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.552

ピーター・オートゥールの老いたるヘンリー王とキャサリン・ヘプバーンのやはり老いたる王妃が、3人の息子の王権相続と若い愛人を巡って知恵の限りを巡らし、愛憎の限りを尽くし、火花を散らして戦う政治人世映画の傑作です。

男も女も歳をとれば気力体力容色も次第に衰えて老醜無惨となり果てるは已むを得ざる仕儀であるが、しかし手塩をかけて育てたはずの息子たちが、帯に短し襷に長しで、いずれもイングランドの王にふさわしくない碌で無しばかりと知った時の王の失意と落胆はいかばかりであったろう。

王の絶対権力に歯向かい続けるので孤塔に幽閉されている王妃とその王妃しか心のよりどころがないと知った「冬のライオン」のごとき傷心の王が、名残を惜しみながら別れを告げるラストは感銘深いものがある。


笑うにも値せぬ由無き事どもを無二無三に笑っているよ「笑っていいとも」 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-30 10:19 | 映画

ビレ・アウグスト監督の「マンデラの名もなき看守」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.551

ネルソン・マンデラは30年近く牢獄に入れられていたが、そのかんよくも殺されなかったものだ。南アの悪名高きアパルトヘイト政策を解消させるために生涯に亘って闘い続けたマンデラはもちろん偉大だが、強権保守政治家のボタ大統領の後を継いでマンデラを釈放し、民族和解路線へ踏み出したデクラーク大統領こそは、時代遅れの頑迷なる無法状態に終止符を打った真の功労者ではないだろうか。

そんな政治的大転換を背景に、この映画ではマンデラに対して終始好意的でありつつも、彼の息子や戦友の死に責任があったであろう1人の看守の悩み多き生涯を辿っている。

いつの時代も独裁的な権力の主流に棹さすことはたやすく、いささかでも歯向かうことは命懸けの難事業であることをこの映画は教えてくれる。


母の娘であることを誇りに思います。ヒカルの一言に以て瞑すべし藤圭子 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-29 09:21 | 映画

照る日曇る日第616回&バガテル-そんな私のここだけの話op.170



照る日曇る日第616回&バガテル-そんな私のここだけの話op.170


本書の末尾に大辻隆弘氏が選ばれた短歌が二首並んでいて、複雑な感慨を呼ぶ。

子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え 俵万智

逃げないんですかどうして? 下唇を噛む(ふりをする)炎昼のあり 高木佳子

なにせ史上前例のない大きな原発事故である。事情さえ許せば、誰だって逃げ出したいに決まっている。私はこの災害と死の脅威から逃れるために「西へ西へ」と脱出した人のことをとやかくいおうとは思わないが、それ以上に、諸般の事情やみずからの信念において現地にとどまった人、とりわけ「東からやって来た人」のことを長く記憶に留めておきたいと望むのである。

福島で原発事故が起きた時、当然多くの外国人が来日を取りやめたが、なかには私の大好きなジェーン・バーキンやシンディ・ローパーのように、万難を排して震災直後のわが国にやって来てコンサートを開いたり、激励のメッセージを私たちに伝えてくれた勇気あるミュージシャンもいた。

当時原発事故の様子は、本邦よりも西欧諸国のメディアのほうがより深刻に報道されていたはずだから、「万難を排して」というのは単なる形容詞ではなく、彼らは恐らく文字通りみずからの生命の危険を賭して飛んできたに違いないのである。

実際ジェーン・バーキンが乗り込んだ成田行きのエアフランス機には、彼女以外の乗客は一人もいなかったそうであるが、この便がパリに戻るときには大勢の乗客で満席だったはずで、その中には本邦を逃げ出そうとする日本人もいたに違いない。

なぜジェーンがそういう命懸けの向う見ずな行為に及んだのかは私にはよく分からないが、思うに彼女は愛する日本人のことが心配で心配で仕方が無かったのではないだろうか。テレビで第一報に接してすぐにシャルル・ドゴール空港に向かおうとする異邦人の心の底には、日本人と自分を同一視し、この最大の苦難の時をともにしたいという国境を超えた同胞愛のようなものが点滅していたに違いない。

「朋あり遠方より来たる」と孔子は言うたが、同胞からおのれを切断する悲愴な決意を固めて西に飛んだ友人の代わりに、新しい東方の友人を迎えた人たちは、百万の味方を得た思いで「楽しからずや」だったのではなかろうか。


   ただひとりバーキン乗せてエアフラは放射能の島に舞い降りたり  蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-28 14:27 | 読書

リチャード・エア監督の「アイリス」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.550

若き日のアイリスにケイト・ウィンスレットが出ている2001年製作の英国映画。ヒロインとヒーローのカッコ良さげな悲劇よりも、彼らの傍にいて彼らをもっと愛していたはずの男女の哀しみに想いを致したくなる作品だった。

アイリスというから、あやめやカキツバタなど紫色の植物を想像していたら、いきなり裸のおばあちゃんとおじいちゃんが水の中を泳いでいて、お互いに「アイ・ラブ・ユー」と水を飲みながら呼びかわしているので驚いたが、しばらく見ていると英国の女流作家アイリス・マードックを主人公とする夫婦の愛の物語なのであった。

あれほど頭脳明晰で素晴らしい小説を書いた人が、自分のことも夫のこともどんどんどんどん忘れて、ただの動物のような存在に戻ってゆく。その世の中のどこにでもある悲劇を映画は彼らの若き日の愉しい回想をインサートしながら淡々と描いてゆく。

きっと私たちもあんな風になってしまうのだろうが、それも含めてのわれらの人世なのだ。

愛したること愛されしことも忘れ果てなお歩むべしこの薄明の道 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-27 11:06 | 映画

サム・メンデス監督の「レボリューショナリー・ロード」を観て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.549

 外見からはなにひとつ苦労がなさそうで万事順調とうつる人にも意外や意外大きな陥穽が隠されているものだ。

 ここではないどこか、ならきっと達成されたはずの成功や幸福を生涯にわたって夢見たり、それが叶えられなかったからといって激しく後悔したり恨んだりする人は大勢いるんだろうが、この映画の若夫婦もその典型。(このようにやたら体言で止める表記が新聞などで頻用されているが、これってせっかちで醜い日本語だから出来るだけやめようね)

 戦後間もない50年代のパリで、恐らく高い学歴もなく語学も出来ない女性が、簡単に仕事を見つけて夫を養うことなど出来るのかと心配になるが、NY近郊の高級住宅街を飛び出してパリにいけば、思い通りの人生が展開するに違いない、と思いこめるのも若さの特権だから、思い切ってとびこめば成否は別にしてこんな悲劇は起こらなかったのにね、といいたくなるのだが、それだとこの優れた映画は成立しなかったことになる。

しかしそういう理想と現実の落差に激しく一喜一憂する悲劇的な2人を、ケイト・ウィンスレットとディカプリオが体当たりで熱演していて好感が持てる。サム・メンデスの演出も素晴らしい。と他ならぬこの私が書いているのだが、ああもうだめだ、またしてもその映像をことごとく忘却してしまっている健忘症の私。なのであったあ。


藤圭子よ、今宵冥界からの「夢は夜開く」を聴かせてよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-26 08:44 | 映画

中上健次著「中上健次集7 千年の愉楽、奇蹟」を読んで



照る日曇る日第615回&「これでも詩かよ」第19番&ある晴れた日に第149回


偉大なる路地の作家に、露地の歌にて返礼す。


月見町に月が出た



ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

ハハア、ちょいと出ました、丹波盆地は田舎村の西本町

露地の一本裏手の月見町は、山の麓の色街でのお。出口なおはんとは、生まれも身分も違うにわか分限者どもが、夜な夜な処女の生き血を吸いにやってきたもんよ。処女の生き血を。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかいまあるい月がでたあ。

ほんで月見町きっての美形のボンは、生まれた時からええ匂いがしてのう、
呼びもせんのに女どもが寄って来て、めろめろ腰を落としくさってのお、「まるで光源氏のようじゃ」と囁かれながら育ったもんじゃ。光源氏のお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

まだ童貞じゃった頃のボンは、芸者の落としたルージュがなにをする道具とも分からず、露地の道路に殴り書き、次いでおのれの口に入れた途端、その蕩ける血のような味に、たまらず射精したそうな。射精のお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

小学ではなんの勉強もせえへんおとなしめの小僧じゃったんじゃが、中学ではなんと生徒会長になりおおせ、ヤクザの見習いのくせして生徒の首根っこを押さえ、教師や校長にもいちもく置かれるいっちょまえの若衆に成り上がった。若衆にのお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

しゃあけんど、ボンが本物の暴力団の親分に見込まれ、大阪の本部に呼ばれて盃を交わして若頭に就任したと聞いた村の衆は、「さすがはボンじゃあ、えらい出世したもんじゃあ」と褒めそやしたげな。若頭のお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

月見町からはるばる大阪まで訪ねていった自称“恋人”は、二年後に小さな女の子を連れ、大きな腹をして帰ってきた。なんでも「お前には飽きた。はよ月見町へ帰れ」と言われたそうな。大きな腹でのお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。

ボンが出入りで血祭りにあげられたのは、それから間もなくのこと。なんでも神戸の日本一の暴力団の若いもんに、出会いがしらにドスで刺されて絶命したそうな。ドスでのお。

ハア、どっこいせえ、こらっせ、とこどっこい、ちょいのおちょいのちょい、月見町にでっかい、まあるい月がでたあ。


処暑にして駒をはやめて亀山へ月見町に出でしまろき月かな 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-25 10:15 | 読書

クラッシュ!




「これでも詩かよ」第18番&ある晴れた日に第148回


ポール・ハズキ監督の「クラッシュ」という映画の感想文をSNSにアップしたら、親切な読者の方から、「ハズキではなく、ハギスではないのか。あなたは先日もテリー・ミリアス監督をミリアムと誤って書いていた。ちと気をつけなさい」と注意された。

早速ウィキで調べてみたら指摘された通りだったので、有り難く感謝しながら急いでお詫びと訂正をさせて頂き、それはそれでいちおう事なきを得たのだが、じつはもっと大きな問題があった。

私はかなり以前、たぶん半年ほど前に、以下のような感想文を書いたことは覚えている。

「老いた父親の介護に明け暮れ、他民族の進出がアメリカ人の職場を奪っていると確信する警官マット・ディロンが、救ってしまうのは昨日自分が職務を違反して暴行を加えた有色のインテリ女性。

その人種差別主義が嫌でペアを離れた若き警官が、ふとしたはずみで殺してしまうのは、チンピラ盗人の黒人。そこから打ち出の小槌のように繰り出されてくるのは、おのれの出世と引き換えに大事なものを失おうとするロス市警のエリート刑事、妻を凌辱から救えなかった自分を憎み、そのプライドを取り戻そうとあがく黒人映画監督、ささいなことから鍵修理職人を殺そうとして天使に救われたペルシア人……。

アメリカの白人や黒人、中国人やイラン人、アフリカ人、プエルトリコやメキシコ人などの混血……、生きるさまざまな民族や混血人たちの間に起こる「衝突」を重層的に描くことによって、この映画は人種のるつぼでもある魔都ロサンジェルスの見知らぬ明日を指差そうとする。」

 きのう私は、書きっぱなしでしばらくそのまま放置していたその短文をアップするために久しぶりに読んだのだが、そのとき、肝心の映画そのものの記憶が完全に欠落していることにはじめて気付いたのである。

 処暑蝉どもが絶叫するなか、私は何度も何度もこの詰まらない文章を読むのだが、鳴呼ハズキ、いなハギス監督が苦心惨憺撮り上げた「クラッシュ」のほんの1コマの断片さえも覚えていないのだ。

ああ、これぞクラッッシュ! クラッッシュ! クラッッシュ!
忘却とは忘れ去ることなり、という言葉はまだ忘却していない私だが、いったいこれからどうなっていくのだろう? 
私はとうとうアルツハイマーになったのだろうか? それとも健忘症に?

アルツハイマーと健忘症はどこがどう違うのかはいざ知らね、私はグリコのおまけは右の掌にあるのに、グリコ本体を食べた記憶の無い少年のように呆然と立ち尽くしていた。


ありとある記憶が消えずに残っているんだ君の地獄のような苦しみ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-24 10:08 | 詩歌

ポール・ハギス監督の「クラッシュ」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.548

老いた父親の介護に明け暮れ、他民族の進出がアメリカ人の職場を奪っていると確信する警官マット・ディロンが、救ってしまうのは昨日自分が職務を違反して暴行を加えた有色のインテリ女性。

その人種差別主義が嫌でペアを離れた若き警官が、ふとしたはずみで殺してしまうのは、チンピラ盗人の黒人。そこから打ち出の小槌のように繰り出されてくるのは、おのれの出世と引き換えに大事なものを失おうとするロス市警のエリート刑事、妻を凌辱から救えなかった自分を憎み、そのプライドを取り戻そうとあがく黒人映画監督、ささいなことから鍵修理職人を殺そうとして天使に救われたペルシア人……。

アメリカの白人や黒人、中国人やイラン人、アフリカ人、プエルトリコやメキシコ人などの混血……、生きるさまざまな民族や混血人たちの間に起こる「衝突」を重層的に描くことによって、この映画は人種のるつぼでもある魔都ロサンジェルスの見知らぬ明日を指差そうとする。


1クラス39名の学生が向かい居る私の最後の試験問題 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-23 11:18 | 映画

独Documents盤「Die sconste Ballettmusik」10枚組CDを聴いて



音楽千夜一夜第313回

お馴染み独Documentsからの1枚100円の廉価盤バレエ名作選である。

ほとんどがモノラル録音であるが、ストコフスキーやモントゥーの「白鳥の湖」やフリッチャイ&リアスのストラビンスキー、アンセルメ&スイス・ロマンドの「春の祭典」などはそれなりに面白く聴ける。

バーンスタイン自作自演の「ウエストサイド・ストーリー」「オン・ザ・タウン」なんかも入っているが、彼の保守的な交響曲やミサ曲と同様詰まらない。現代音楽は彼の中庸折衷的な作風をアンゴロメダ星雲の彼方に放置してどこか遠い世界に遠征に行っているのだ。


もののふの「箱根八里」を吟じつつツキノワグマを即捌きけり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-08-22 14:08 | 音楽

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧