晴風万里

<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2013年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧




ある晴れた日に第181回


「エッ、僕がノーベル賞貰ったの?」ビッグスさんは携帯を持たない

CDを買う人は本も買うがCDを買わない人は本も買わないって知ってました?

世界中でいちばん売れた本はバイブルなんて知ってました?

ドストもスタンダールも知らない人が文学部にいるって知ってました?

細喉を嗄らして必死に吼えたれど大向こうより声も掛らぬ平成藤十郎

生(あ)れたての蟷螂(かまきり)なれど道の辺に発条(ぜんまい)飛びだし轢かれていおる

蟷螂なれば誰ひとり顧る人もなく道路に点点轢死体

軍事政権が名付けし国名を忌み嫌いわれ頑なにビルマと呼ぶなり

ターナーが使いしヴァーミリオン、ネービーブルー、クロームイエロー、豚の膀胱に包まれてあり

なにゆえにペールギュント組曲をペール/ギュント組曲と発音するのかアナウンサーよ

ラアラアと悲愴に怒鳴る益荒男振りよりも手弱女振りの喜劇こそヴェルディ

それが被災者にとって何だというんだねいつまでも花咲音頭を歌い続けている君

コンビニのレジ前の西瓜姿消し桃と葡萄と梨並ぶ朝

故郷の名前をテレビが連呼する台風十八号の爪跡いたまし

心臓の痛みに耐えながら妻が運転する車の助手席に座っている

六十代で夫婦生活復活と触れ回るあれらの誇大広告を取り締まれすぐに

新聞は死亡記事から読みはじむ次は誰かとおののきながら

その昔台湾リスを放せし莫迦がいて鎌倉の動植物はみなその餌食なり

ケアホーム障がい者への家賃援助を市に求むわれらの陳情採択されたり

耕君を調教せんとせし職員よまず障がい者のありのままを受容せよ

ほぼ同じ大きさに切られしスイカなれどまだ取り変えっこしている我が家の大きな障がい児

「あなたの心はどんな時に喜ぶの?」と女教師はヒステリックなソプラノで怒鳴る

意外にも大江千里が飛び出してピアノ弾きまくる「東京JAZZ」フェスティバル

濁世に百万人躓けど独りゆく黒澤明の剛毅麗わし

小津映画の秘密をひそと垣間見る野田高梧別荘日誌

薄四分泡立草六分也秋津島

中也忌やおひたし食す白き骨

人よりも猫可愛がる秋日和 

秋日和被災地の犬と遊びけり

季語絶えて日本の秋が過ぎてゆく

蟷螂は発条飛び出して轢かれけり

蟷螂なれば顧られぬ轢死体

凩や身捨てる程の祖国なし

大枯野時代も我も閉塞す



障がい施設のドアを壊した耕君が皆様に死んでお詫びするそうですうれぴいな 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-30 10:49 | 詩歌

黒澤明監督の「わが青春に悔なし」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.601


戦前の「京大事件」や「ゾルゲ事件」をもとに描いた黒沢の戦後第1作。原節子が、小津におけるそれとはうってかわって、はじめは処女の如く終わりは脱兎の如き熱演をみせる。

この女優は独特の存在感があるとはいえけっして演技が上手とはいえないが、ブルジョワの令嬢風の嬌艶な彼女が、彼女に恋する京大生を理由もなく土下座せよと悪魔的な表情で命じたり、獄中死した反戦活動家の妻となった彼女が、売国奴と石を投げられ、村八分に遭い、高熱を出しながらも夜叉のごとく髪振り乱して夫の郷里の田植えをするシーンなど女の諸相八面相のヴァリアントは、これすべて熱血漢黒沢のメガフォンの賜物だろう。

戦争協力者・順応者によって虐げられていた被害者たちが敗戦によって勝利者として復活するまんが的なラストにはある種のご都合主義を感じざるをえないけれども、黒澤明がハ長調で豪胆にうたいあげる社会正義とヒューマニズムの歌は、いまでは天然記念物に指定されるべきていの人類の文化遺産であり、いつの時代にも人世の基底に据えられるべき主調音だと思うのである。

わが青春に悔いなし! なんと素晴らしい題名であろうか。黒澤の演出はときとしてダサく、クサいけれど、人間いかに生きるべきかという人倫の基本を、観客の目を真正面に見据えながらスクリーンから愚直に訴えかけてくるところに希少な値打ちがあると思う。

特定秘密法案を強行採決し、戦前並みの国家主義、軍国主義への道をひた走る右翼政府が悪魔のように跳梁跋扈する昨今、このような良心的な映画こそ少国民のための道徳教材にうってつけじゃんか、と私は鎌倉川喜多記念映画館で独りごちた。


濁世に百万人躓けど独りゆく黒澤明の剛毅麗わし 蝶人

*毎日短い「本日のお言葉」を写真入りで呟いています。お暇ならフォローしてみてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291403&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-29 15:23 | 映画

上野の都美術館で「ターナー展」をみて



茫洋物見遊山記第145回&「これでも詩かよ」第47番&ある晴れた日に第180回

「ターナー、ターナー、ターナー」

ターナー、ターナー、ターナー
ターナー、君はおそろしく古臭い。

君はまるで銭湯の書き割りのような絵を描く。
遠近法の三角形で構成された画面の遥か彼方には、高い山が聳えていて
山顛から流れ下った清流が、盆地の中をくねりながら流れている。

ターナー、ターナー、ターナー
ターナー、君はとても懐かしい。

微かに聴こえる歌舞音曲の響き
一本松やシトロンの木の下では、善男善女がしめやかに踊っている。
それは遠い昔の、遥かな土地の懐かしい思い出。

ターナー、ターナー、ターナー
ターナー、君は非常に新しい。

君は書き割りの絵にも飽きて、姿も形もない絵を描こうとする。
でも、もともとデッサンより色彩の扱いが得意だった君だから
それは、思いのほか楽しかっただろう。

ターナー、ターナー、ターナー
ターナー、君はおもしろい。

君は保守本流にして異端の冒険家
荒野のバガボンドにしてアカデミーの泰斗
君は古臭くて、懐かしくて、新しくて、おもしろい。

*なお同展は来る12月18日まで開催中です。


ターナーが使いしヴァーミリオン、ネービーブルー、クロームイエロー、豚の膀胱に包まれてあり 蝶人


*毎日短い詩を書いています。よろしければフォローしてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=306433
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-28 09:46 | 美術

一日に一年



「これでも詩かよ」第46番&ある晴れた日に第179回


朝は春、昼は夏、夕方は秋、夜は冬
ぼくは一日に一年を巡る。

朝は、あけぼの。  
昼、ぼくは耕す。
夕べ、ぼくは物想う。
夜、ぼくは眠る。

朝は春、昼は夏、夕方は秋、夜は冬
ぼくは一日に一年を巡る。

朝、ぼくは歌う。
昼、ぼくは野を駆ける。
夕べ、ぼくは書を読む。
夜、ぼくは懺悔する。

朝は春、昼は夏、夕方は秋、夜は冬
ぼくは一日に一年を巡る。

朝、ぼくは森に行く。
昼、ぼくは妖精と踊る。
夕べ、ぼくはぼくになる。
夜、ぼくは天に帰る。

朝は春、昼は夏、夕方は秋、夜は冬
ぼくは一日に一年を巡る。


蟷螂は発条飛び出し轢かれけり 蝶人


*毎日短い詩を書いています。よろしければフォローしてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=306433
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-27 11:39 | 詩歌

エイドリアン・ライン監督の「ナインハーフ」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.600

アメリカ版80年代ロマンポルノだが、ミッキーローク、キム・ベイシンガーの主人公の男女がアホ莫迦に見えるのが悲しい。セックスの虜になっていろんなまねごとを楽しみながら深間に入りこんでゆくのだが、NYの本番を見て女が興奮して見知らぬ男とやりたがるというのはいかがなものか。

 30年以上前に大阪に出張した夜、ドストエフスキー大好きという先輩に連れられて大阪湾の傍の見せ物小屋で本番ショーというものを生まれて初めて見物したが、それはじつに陰惨で愚劣そのものであり、私はそれを遠望しながら寒気と吐き気を覚えたことだった。

 しかしくだんのドスト青年はそれが行われている回り舞台にかぶり付き、異様な目つきで興奮していたから、洋の東西を問わずああいう光景に同化興奮する手合いはいることはいるのだろう。

季語絶えて日本の秋が過ぎてゆく 蝶人


*毎日短い詩を書いています。よろしければフォローしてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291523&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-26 18:16 | 映画

江戸東京博物館にて「明治のこころ モースが見た庶民のくらし」展をみて



茫洋物見遊山記第144回&勝手に建築観光第53回

モースは江ノ島で三味線貝を採集したり、大森貝塚を発見したアメリカの民俗学者はと思っていたのだが、それだけではなく明治時代に三回も来日して当時の民衆が使っていた品々や衣食住遊休知美にまつわるありとあらゆる道具や商品や文物を根こそぎ収集していた「偉大なるコレクター」でもあったことを、私ははじめて知って驚いた。

そこには庶民の衣服、台所道具からはじまって歯磨き、お歯黒、簪、煙草入れ、職人の大工道具、建具、店の看板、私の少年時代の好物であった金平糖やイナゴの甘煮、真っ黒に塗りつぶされた子どもの手習い帖や鳥かごまでが所狭しと並んでいる。

しかし祖父が興し父母が継いだ履物屋の三代目に当たる私がいちばん注目したのは、もちろんモースが集めた一三〇年前の下駄で、土が付いた小振りのそれを眺めていると、この国に洋靴など一足もなくて丹波の山奥でも飛ぶように売れた幼時の思い出が走馬灯のように霞む老眼を過ぎった。

モースは当時の下駄屋の写真も撮っているが、それは八百屋や駄菓子屋と同様に見事に陳列されており、この見事な店頭ディスプレイこそ現代にまで続く日本的ⅤMDの源点に鎮座ましましていることは疑いを入れない。

さらにもうひとつ私が感嘆したのは、庶民が普段使っていたと思われる明治時代後期の手拭で、それは単なる一枚の手拭いであるにもかかわらず、そこに施された月に雁、瀧に鯉などの秀抜な柄模様は、現代にも通用するじつにモダンで粋なセンスが横溢していたのだった。

モースは当時来日していた英国人のアーネスト・サトウと同様大の日本びいきで、「日本その日その日」を読むと彼のこの国の人々の暮らしぶりとその文化への愛が率直に披歴されていて快い気持ちに浸れる。

しかしモースの目には、明治の子供や民衆は世界中でもっとも幸福な人種と映ったかもしれないが、その同じ人々が御一新後の急激な社会変革に取り残され、貧富の差に苦しむ不幸な人々でもあったことは、同時代の樋口一葉一家の悲惨な末路、松原岩五郎の「最暗黒の東京」、横山源之助の「日本の下層社会」の視線から眺めれば、おのずと別の感慨もわいてくるというものである。

彼のお陰でこのように貴重なコレクションを今日の私らが目にする幸運に巡り合わせ、それが諸国民の宝物となりおおせたことに深甚なる感謝の念を抱いているとはいえ、その反面、彼が後輩のフェノロサが本邦の美術品に対して行ったと同様の文化財海外持ち出しに血道をあげたことを面白くないないと思う心も持ち合せている、というのも私の偽らざる心境である。

なお本展は、私が死ぬほど嫌いな、見ると吐き気がするほど嫌いな、本邦で最悪最低の建築家、菊竹清訓の手になる江戸東京博物館にて、来たる12月8日まで開催中です。


秋日和被災地の犬と遊びけり 蝶人


*毎日短い詩を書いています。よろしければフォローしてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291523&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-25 10:37 | 建築

鎌倉国宝館の「仏像入門」展をみて



茫洋物見遊山記第143回&鎌倉ちょっと不思議な物語第299回

今回は、家族そろっていろいろな仏像を楽しく鑑賞するための入門ガイダンス的展覧会です。

仏像仏像というても広うござんす。最高尊の「如来」からその如来になるための修業を行っている「地蔵」、仏敵を撃滅する「明王」、人々に福を恵んでくれる「天部」など多種多様な仏様がいらっしゃるんだということを、誰でも良く分かるような仏像と解説ボードがセットでレイアウトされているから、とても勉強になりますよ。

さあ全国の良い子の皆さん、12月8日まで開催中の本展へどうぞ!

人よりも猫可愛がる秋日和 蝶人


*毎日短い「本日のお言葉」を写真入りで呟いています。お暇ならフォローしてみてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291403&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-24 09:52 | 美術

泉鏡花生誕140年記念「清方が描いた鏡花の世界」展をみて



茫洋物見遊山記第142回&鎌倉ちょっと不思議な物語第298回

今年は泉鏡花の記念年ということでいろんなところでいろんな催しがあるようですが、私が行くのはこの鏑木清方記念博物館のこの展示だけ。

清方は鏡花ととても仲が良くて彼の小説の挿絵を描きたくて仕方がなかったそうですが、明治35年になってようやく「三枚続」という作品の挿絵に加えて装丁まですることができて、大喜びしたんだそうです。

この展示会の目玉は、大正9年に製作された「妖魚」というタイトルの和製人魚図でしょう。これはいつもの江戸の春風のような純日本調の端正な日本画を得意とした清方の作風とは全然異なる西洋的な題材を、和洋折衷的な手法で描いた異色の作品です。

水上の岩に乗った上半身裸、下半身魚の妖艶な人魚が、あたかもドナウ川のセイレーンのように、鏡花の「高野聖」に出てくる呪力を持った悪女のように、黒髪を蛇のように垂らし、最近流行の真っ赤な口紅をつけて、近寄ってくる哀れな犠牲者を待ち受けているのです。

いっけん純情可憐でいて、内面女夜叉のようなファム・ファタールに会いたい人は、来月4日まで鎌倉小町通りの同館を訪ねてみてはいかがでせうか。

中也忌やおひたし食す白き骨 蝶人

*毎日短い「本日のお言葉」を写真入りで呟いています。お暇ならフォローしてみてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291403&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-23 11:17 | 美術

県立近代美術館鎌倉で「加納光於|色身―未だ視ぬ波頭よ2013展」をみて



茫洋物見遊山記第141回&鎌倉ちょっと不思議な物語第297回

お芸術の秋ということでまだ紅葉には早すぎる近代美術館に足を運びました。
加納光於という作家の名前も作品もどうでもよくて、ただただ間もなく鶴岡八幡宮の圧力にいともたやすく屈して閉館を目前に控えたこの坂倉準三の手になる名建築を見にいったのでした。

以下、面倒くさいので美術館の紹介文を無断で引用すると、

加納光於(1933- ) は東京に生まれ、1960年から鎌倉に居を構え、80歳を迎えた今日もなお以前にまして旺盛な制作を続けています。加納が版画家として登場した1950年代は、敗戦の影響もあり経済的には困難でしたが、文化全体が活気に溢れた時代でした。そうしたなか、加納は目先の新しさや前衛性に与することなく、自身のめざす「孤絶している精神の晴朗さ」を手放さず、ひたすらに自らの鉱脈を探り続け、豊かなイメージを追求してきた特異な独行の作家です。

 1955年、銅版画の作品集〈植物〉を自費出版し、翌年、詩人・批評家の瀧口修造の推薦によりタケミヤ画廊で発表。その幻想的な作風は当時から高く評価され、1960年代にかけて隆盛をみせた国内外の版画展での受賞が相次ぐところとなりました。初期のモノクロームの銅版画は、その後、「版」を起点に、多様に変容してゆきます。1960年代後半の亜鉛版によるメタル・ワークと色彩版画の誕生、1970年代からはリトグラフ、エンコスティックなど次々と技法を広げ、さらにオブジェや本の装幀も手がけるなかで、1980年前後からは油彩を本格的に開始します。

 2000年の愛知県美術館での大規模な回顧展以来、公立美術館での個展としては13年ぶりとなる本展は、1950年代の銅版画から最新作の油彩まで、半世紀以上にわたる加納の制作の精髄を紹介するものです。加納の多様な表現を通して、平面と立体、言葉と造形の間を往還してゆくその独創的なイメージの変容を確認するとともに、本展のタイトル「色身(ルゥーパ)」という加納の制作の根幹に隠された色彩への問いが、わたしたちにとって未見の経験の鍵をひらくきっかけになることを願わずにいられません。

というふうに長々と宣伝文句が続いておりますが、私が多少面白いと思ったのは木製の箱の中にオルゴールか時計の機械仕掛けが内蔵された立体のオビュジェ類でした。まあたまにはこういうハズレもある。お互いに相性が悪かったという他ありませんな。

かっこいいのはタイトルだけという後味の悪い展覧会でしたが、来たる12月1日までやっておりますので興味を持たれた方は駆けつけてご覧なさいな。


薄四分泡立草六分也秋津島 蝶人


*毎日短い「本日のお言葉」を写真入りで呟いています。お暇ならフォローしてみてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291403&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-22 10:16 | 美術

半蔵門の国立劇場で「伊賀越道中双六」をみて



茫洋物見遊山記第140回

6代目中村歌右衛門が亡くなり、アホ馬鹿松竹が歌舞伎座を取り壊していらい歌舞伎に行く気がなくなった私ですが、その後優れた役者も下らぬ役者もどんどん死んでいきますし、日本三大仇討のひとつを21年ぶりに4幕7場を通し上演するというので遥々半蔵門まで出かけて行きました。

これはいわゆる荒木又右衛門の「鍵屋の辻」の11対4の決闘の歌舞伎化でありまする。
上杉家の家老・和田行家に悪計を見破られた沢井股五郎が、行家を殺害し、行家の倅・志津馬を負傷させて逃亡する序幕「行家屋敷」に続き、二幕目「政右衛門屋敷」(饅頭娘)と「誉田家城中」(奉書試合)では、武勇と分別を兼ね備えた唐木政右衛門(又右衛門のモジリ役で中村橋之助)の苦衷が浮き彫りにされます。志津馬の姉お谷には片岡孝太郎。

三幕目の「沼津」は、単独でも上演される屈指の名場面で、十兵衛(坂田藤十郎)と平作(中村翫雀)・お米(中村扇雀)、親子兄妹の再会と悲劇。そして大詰「敵討」で、政右衛門と志津馬は、大願成就を果たします。

確かに「沼津」は感動を呼ぶが、仇の股五郎への義理ゆえにどうしてもその行方を教えようとしない、教えられない、実の息子十兵衛の重い口を割るために、いきなり腹を切ってしまう父親の平作である。親子の絆と友人との誓いとの息詰まる葛藤が生み出す愁嘆が
観客の涙を絞るのですが、いまとなってはあんまりコンテンポラルな感情の発露とは申せますまい。

それなりに名の通った役者が雁首を揃えてはいるものの、柄と骨格は昔に比べればみな小粒になり、こぞって芸に生彩を欠く。なかで多少ともましな演技をしているのは橋之助くらいで、下座の泣かせで悪趣味な胡弓を用いたり、若手の三味線の下手さ加減には腹が立つより泣けてきました。

しかし坂田藤十郎という人の声は、どうして私の嫌いなカレラスのように細身にして小さいのであろうか。きちんとボイストレーニングをして中声部がちゃんと出るようにしてもらいたいものでげす。

なおこのお芝居は、来る26日まで閑古鳥何匹か鳴きつつ上演中。


細喉を嗄らして必死に吼えたれど大向こうより声も掛らぬ平成藤十郎 蝶人


*毎日短い詩を書いています。よろしければフォローしてくださいな。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=291523&from=home_members_list
[PR]



by amadeusjapan | 2013-11-21 10:31 | 芸術

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧