晴風万里

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧




「続なにゆえに」~ある晴れた日に第198回




西暦2004年睦月蝶人花鳥風月狂歌三昧


なにゆえに「ごちそうさん」を日に2回も見るのかそれほど暇人ではないはずなのに

なにゆえに同じ水曜日に休むのか向かい同士のイタリアンレストラン

なにゆえにかくまで美味なるや藤沢爽風舎がつくる安価な食パン

なにゆえにものに怯えて噛みつくや被災地からやって来た次郎 

なにゆえに政治を歌に詠まないのかそれがあんたの政治的立場だからさ

なにゆえにこれほどの傑作を採らぬのかといたずらに選者を怨みし朝も再々

なにゆえに人の心は見えぬのかすべての人は通り過ぎゆく

なにゆえにあの警官は逮捕しなかったのか国会議事堂めざし突入せしわれを

なにゆえにEMIもフィリップスも無くなったのか栄枯盛衰クラシック・レーベル

なにゆえに「誰もいなくなりました」というのまだ私たちが生きているのに

なにゆえに福田の里より電話しないホームステイの息子よ元気か

なにゆえに道は左に曲がるのが気持ちいいのか亡き酒井君に訊ねている

なにゆえに突然悲哀に墜ちるのか倹しき我が家も妻子もあるのに

なにゆえにニイ・キュー・パッ、サンキュッ・パと値決めするのか商人たちの可憐な策謀

なにゆえにティンパニーを大叩きする音楽くらいは穏やかがよし

なにゆえにたった一日で終わってしまったのか東西十五万人が集まった関ヶ原の戦い

なにゆえに「ハムレット」を演じたかったのか甥が叔父を殺す北朝鮮の悲劇

なにゆえに地球に優しく人に優しく大合唱をやめたのか妙な企業不気味な国民

なにゆえに私のメールをシカトする無礼じゃないかなんとか言えよ 

なにゆえにかくまで時代は閉塞するか三橋美智也よ「夕焼けとんび」を歌え

なにゆえに今日も私は歌を詠む死んでも私を遺すためとや

なにゆえに君は岩を手でつかまなかったのか92年夏ザルツブルクの山顛で

なにゆえにかくも肩ひじ張って生きているのか十五夜よりも十三夜が好き

なにゆえに人間にはパンツが必要なのか猿はパンツを穿かないのに

なにゆえに障がい者に暴行をはたらくのか汝自身の精神障がいを知れ

なにゆえにsupercalifragilisticexpialidociousよりsmilesが長い英語なのかsmileしながら考えてみよう 

なにゆえにどこで止めてもナイスショット ヒッチコックの映像の凄さよ

なにゆえに遠くをみれば昔を思い出すのか目と脳の遠いつながり

悲しさは疾走なんかしないいつも私の部屋の片隅で佇んでいる

お父さん僕を怒ったり注意したりしないでちゃんとちゃんと可愛がってくださいね



なにゆえに青春時代を振り返らないのかあまりに不様に通り過ぎたから 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-31 10:22 | 詩歌

2001年~2014年のファッション・トレンドを振り返る その1

ふぁっちょん幻論 第80回


01秋冬「米同時テロの影響」でNYコレ中止。ジュリアーニ市長、ラルフローレンなど参加して「ファション・フォー・アメリカ」キャンペーン開始。
マンハッタン・チャイナタウン付近の縫製業に解雇吹き荒れる。

01冬「コクーンニングcocoonining消費=巣ごもり消費」=クリスマス、愛子様誕生。家内で家族が身を寄せ合って安全と絆とささやかな幸せを確保確認し生活を完結させる消費行動=クライスラー「愛の喜び」などヒーリング音楽。

02年パリコレでは強さよりも穏やかさ、静けさ、ボヘミアンやエスニックが主流。
初登場ロンドンの前衛デザイナー、フセイン・チャラヤンが遊牧民ルック。

02/9消費の2極化と「$1ストア」台頭。
米国衣料品価格は02-03年1年間で3.6%下降。原因は中国製で全体で昨比3割増。02年にはじめて米国の対中輸入額は日本を上回った。
リーバイスは自社米国6工場を閉鎖し、中国に生産委託。

03/夏の格安水着をスウエーデンの格安セレクトショップH&Mが発売、大好評。
自社工場持たず中国など世界に900社の仕入れ網駆使。

100ドルジーンズ ヒップアップ、脚を長く見せるロスのL・カランの「セブン・フォー・オールマンカインド」、JOES JEANS(02年6億伊藤忠がボブソン通じ販売)がニーマンマーカスなどの高級百貨店で人気。月産10万本限定。
低価格ギャップ20-30ドルとベルサーチなど高級250ドルの中間価格帯で人気。

03/4「イラク戦争」の影響=米で独ポルシェ、仏ワインなどの不買運動。SARSで景気後退。トム・フォードを愛用するカルザイ議長

02-03ミラノ秋冬メンズコレクション=グッチのテーマは「1930年代のフォーマルへの回帰」。

03春夏ミラノ・コレクション 02/9月23日~10月1日
テーマ1=60年代のSF映画の世界を彷佛させるレトロ・フューチャースタイル
テーマ2)=80年代セクシー・スタイル

03パリコレ総括=「エレガンス再発見」
03コレと反戦運動 03パリコレサンローランでトム・フォードが唇付き靴。1930年代超現実主義者ダリやデザイナーエルザ・スキャパレリの唇形ポケットや昆虫ネックレスなどの引用。シュールレアリズムはファシズムを呼び出し、それが第2次大戦につながる。


なにゆえにニイ・キュー・パッ、サンキュッ・パと値決めするのか商人たちの可憐な策謀 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-30 10:23 | ファッション

クイケン&ラ・プティット・バンドBOⅩ10枚組を聴いて



音楽千夜一夜第323回

正直いうてシギスヴァルト・クイケンとその一党の演奏に感動したことは、あの怪異な顔つきのせいもあって一度もないのですが、例によって1枚276円也のコスト・パフォーマンスの良さに惹かれて、ついつい衝動買いしてしまいました。

バッハ、ハイドン、モザール、ジェミニアーニ、ムファット、ラモーなどの作品を古楽器で演奏したハルモニア・ムンディの10枚組は超一流レベルとはいえないけれど、それなりに楽しませてくれる。

いちばん聴きでがあるのはおそらくラモーのオペラ「ゾロアストル」の世界初録音で、この3枚組だけでも確実に元は取れるはず。彼らはこの名曲をよどみなくクイクイと聴かせてくれます。


なにゆえにティンパニーを大叩きする音楽くらいは穏やかがよし 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-29 10:51 | 音楽

すべての言葉は通り過ぎてゆく 第2回



西暦2013年葉月蝶人狂言畸語輯


さすがは「徹子の部屋」だ。もっぱら黒柳徹子が喋りまくっている。

全国津津浦浦まで張り巡らされている安倍自民党のポスターをはがせ。顔は笑っても眼は笑っていないあの虚ろな表情はそうとう不気味だし、そもそももう参院選挙は終わったのだ。8/31

広島カープのユニフォームはとても醜い。ブルーの色目の選び方、特にボトムのそれの気色悪さには身の毛がよだつ。間違いなく全球団中最悪。いったいどこのどいつがデザインしたのか。13/8/29

君主の寛恕は、往々にして民心を得るための術策に過ぎない。ラ・ロシュフコー(二宮フサ訳)

ケアホームを利用する入居障碍者に対して、市独自の家賃補助を求める陳情書を鎌倉市議会事務局に提出した。神奈川県内、他市では、国の補助金のほかにそれぞれ市独自の家賃補助があるのだが、鎌倉市にはないのである。8/27

短歌や俳句で旧字、旧仮名を遣う人の方が圧倒的に多い。私はその国語国文学的正統性を認めないわけではないけれど、実際にそれを遣う時に少なからぬ抵抗を覚えるのは、その慣習が既に時代遅れであり、事実上「旧字、旧仮名は死んでいる」からだろう。13/8/25

ユネスコの世界遺産登録を願う人間の大半は、観光で大儲けしたい商魂とか、なんでも有名になりたいという虚栄心で動いているのであって、その遺産の真価などはどうでもよいのである。

「演歌」か「怨歌」かはいざ知らず、藤圭子の潰れた喉から発せられる奥深い低音は、私たちがとっくの昔に遠い場所に置き忘れた忌まわしき野蛮の跳梁だった。藤圭子よ、今宵冥界からの「夢は夜ひらく」を聴かせてよ。8/23

日米4000本安打を達成したヤンキースのイチロー。彼がブルージェイズで孤軍奮闘する川崎と2塁ベース上で交わしたさりがないタッチに、いたく感動した。8/23

絹のパジャマは偉大なり。寝苦しい真夏の夜もこれさえあれば涼しく過ごせる。

いい人ね、優しい人ねと「伊豆の踊子」で出てくるような言葉で人の性格を断じてはならない。人間の地金は、表層の「人間脳」や中間部の「動物脳」の内部ではなく、その下にある「爬虫類の脳」の奥底に潜む固い果実のような原核に在るからだ。13/8/20

当たり前のことだが、スタンダールの「赤と黒」やドストエフスキーの「罪と罰」などを知る若者は殆んどいない世界に私たちは生きている。

「神曲」の地獄篇は、1つには人間には神の報復があると思わせ、1つには人間をして秩序と規範に向かわせる効用がある。

無聊を慰めるために2種類以上の音源を同時多発的に鳴らしたり、音源の種類をどんどん交換してみると、いっときにせよ通常の音楽鑑賞の退屈さから免れることができるだろう。8/17

私たちの注意力の限界はたかだか5分であり、その最大値はほんの数秒にすぎない。だから私たちは瞼を閉じる瞬間に聴こえてくるあるかなきかの非音楽的音響を含めた「音楽」に、驚くほど鋭く反応するのである。8/17

かつての国家神道の拠点であり、戦争最高責任者たちはもちろん無名の死者の遺骨も本人や家族の許諾なく勝手に埋葬したりするいかがわしい神社に、年に一度だけ政治家たちが公人として参拝するのは浅はかな売名行為である。そんなに英霊に感謝したければ、毎朝近所の神社を私人として参拝すればよい。13/8/16

自己愛こそは、あらゆる阿諛追従の徒の中の最たるものである。ラ・ロシュフコー(二宮フサ訳)

我々の情熱がどれほど長続きするかは、我々の寿命の長さと同じく、自分の力ではどうにもならない。ラ・ロシュフコー

情熱はしばしば最高の利口者を愚か者に変え、またしばしば最低の莫迦を利口者にする。ラ・ロシュフコー

時折民主党が世論を味方につけて自民を圧倒し、矢継ぎ早に政治改革案を打ち出した日々のことを思い出す。あの時点でもう少し彼らがうまくたちまわっていたら、こんな悲惨な状況を迎えることはなかったのだが。後の祭りとはこのことだ。8/10

ジャン・クリストフ・マイヨー振付のモンテカルロ・バレエの「白鳥の湖」をみると、英国やフランスやロシアの同名のバレエの上演が児戯に類した体のものと思われてくる。ところで過ぐる68年、俺たちは児戯に類することばかりやってきたのではなかろうか?8/9

息子が遠くへ去ってしまうと、私は途方もない淋しさを感じた。恐らく私の両親が感じたに違いない淋しさを。8/9

今日一日はある人の追悼のために沈黙を守ろう。

どうしてこの国の人々はチャラチャラしたチンケな洋犬を好んで飼うのだろう。ウルトラ右翼の本流にして超愛国主義者のわたくしは、自慢じゃないが、山中深く棲息する由緒正しい無料の野性の和犬しか飼ったことはない。つまり野良犬だあな。8/13

夜遅く滑川に沿って歩いていたらポチャンという水音がしたので、もしやと思って川面を覗きこむと2メートル近い鰻が月明かりの中で踊りくねっていた。私の夏の懐かしき友、滑川名物の天然大鰻。8/6

安倍内閣が法制局長官の人事に手を入れた。これは憲法96条改定策と同様、正面から敵陣に向かうのを避け、まずは外堀から埋めて天守閣を倒そうとする卑劣な家康的陰謀であるな。どうして日本がアメリカの敵と戦う必要があるのか?

NHKは一日も早く「サラリーマンNEO」を再開せよ。NHKのアナは「なので、なので」などと白痴的に発音しないで、「それなので」「そーゆー訳なので」「あたしがこんな莫迦なので」などと、「なので」のよって来たる所以を内包した日本語で発語せよ。13/8/4

すたすた坊主とはおれのことよと白隠言い 

あ、そう。それほどナチスの手口にあこがれるっていうわけですか。それより君は敬虔なカトリック信者なんだから神社なんかに参拝しないほうがいいんじゃないかな。

小林秀雄がどんだけ偉いか知らないが、文藝批評家というのは人の褌で相撲を取る残酷にして自己中で能天気な三枚目だ。おのれが七度生き直しても絶対に書けない小説を、偉そうにたった七分で酷評して顧みない。


なにゆえに「ハムレット」を演じたかったのか甥が叔父を殺す北朝鮮の悲劇 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-28 11:19 | エッセイ

ヴォルフガング・リーベンアイナー監督の「菩提樹」「続菩提樹」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.618


あの有名なトラップファミリーの自伝を1956年に映画化した西ドイツ作品で、私は後年の「サウンド・オブ・ミュージック」よりこちらをとる。ジュリー・アンドリュースよりルート・ロイヴェリクのほうが圧倒的に素晴らしい。

ナチの魔手を逃れて遥々アメリカまで逃げのびた家族たち。NYの入国管理所に響き渡るシューベルトの「菩提樹」が涙また涙のかんどうを呼びます。

ラストで歌われる「ブラームスの子守歌」。これを見たのはたしか私が小学生の時だったから、半世紀ぶりの対面かしら。それにしても洒落たエンディングだなあ。

続編はすべてアメリカロケ。それが西独映画なのも珍しい。晴れた空にエンパイアステートエントビルとクライスラービルが映える。

なんとかかんとかNYに上陸したものの、興行師に契約を破棄されたり客が不入りだったりいろいろ苦労しながらも最後はこの新大陸の移民として見事定着するまではらはらどきどきが見所。

ラストは「美しく深い谷間で」を家族一同で歌いつつ「アウフビーダーゼーン」とお別れ。いい映画です。


なにゆえに「ごちそんさん」を日に2回も見るのかそれほど暇人ではないはずなのに 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-27 09:49 | 映画

夢は第2の人生である 第3回



西暦2013年睦月蝶人酔生夢死幾百夜


70)中国の戦地で孤立した私たちは、手榴弾を投げ尽くしてしまった。しかたなく地の果てまで逃亡すると雪が激しく降って来た。その場にうずくまって雪がやむのをまったが、しばらくして私はとうとう梶上等兵になった。

71)さっきまで見ていた夢を全部思い出すんだ、吐き出すんだ、とどこかで誰かが怒鳴っていたので、私は目が覚めた。

72)いつかどこかで行ったことがある懐かしい場所。その遠い思い出の場所に限りなく近づきながらも、私はそこにたどり着くことができないのだった。

73)おいらはあいつが憎らしくて殺したんだけれど、牢屋に入ったら国はロシアン・ルーレットでおいらたちを殺すんだ。たまったもんじゃあないぜ。と死刑囚の私は呟いた。

74)返品してくれよ、こんな欠陥商品を作りやがって。しかも修理したのにまた故障しやがって、なにが日本を代表する世界のトップ・メーカーだ。社長を出せ、社長を!

75)いくたびも、またいくたびも快楽の絶頂に達した吉行和子と藤竜也の絶叫で、わたしは朝まで寝られなかった。

76)私たちはしばらく東シナ海をさまよっていたが、やがて同乗していた2人の若者は言葉も上手になったので大陸に残り、私は母国に帰還することにした。

77)私が乗り組んでいる潜水艦の艦長はちょっと変わった人物で、いつもなにやらブツブツ繰り返し言っている。注意して耳を傾けると、「大好きだお、真理ちゃん」と呟いているのだった。

78)訓練の時にも「敵艦見ゆ、大好きだおお、真理ちゃん」、「魚雷発射、大好きだお、お真理ちゃん」と号令をかけるので部下から馬鹿にされながらも愛されていた。

79)艦長は水兵は体を鍛えておかねばならぬという信念のもと、狭い艦内を陸上競技場にみたて、私たちを全力で疾走させるのだった。

80)さてその日は母港の地元民を艦に招待する日だったが、艦長はいきなり若くてきれいな女性の手をつかんで艦内に連れ込み、みずからあちこち案内して回った。

81)艦長は魚雷の格納庫の傍に彼女を引っ張り込んで、「ほらほら、これが水雷だ。こいつで敵さんのどてツぱらに風穴を開けるのだ」と言いながら、いきなりチュウしてしまった。

82)もうこれで何年になるのだろう。私は教団の責任者として毎日新幹線で東京と大阪を往復しているのだが、精も根も尽き果てた。「教祖」などとあがめられ、奉られても、その実態は1個のでくのぼうに過ぎなかったのである。

83)学校の卒業旅行は英国風のグランクルーズだったが、中東だかアフリカあたりで私は集団から脱落してしまった。ここはいったいどこなんだ。チュニジア?それともアルジェリア? 見たこともない風景が広がり、やたら暑い。

84)暑い砂の上に横たわっていると、奇妙な形をしたこれまでに見たこともない大中小のリスがやってきて食べ残しのパンをむさぼり食っている。と、その時黄色い巨大なそして異様に美しい網目ニシキヘビが、リスたちの背後でとぐろを巻いた。

85)私はある地方都市で市の広報誌の編集をまかされていたが、その仕事をロスの私立探偵フィリップ・マーロウの捜査と意識的に勘違いし紫のキャデラックに乗っていたのでさまざまなトラブルを引き起こすことになった。

86)私が下宿していたのはちょっと色っぽい元美人の姥名桜だったが、これが事あるごとに私に首を突っ込んでくるのだった。

87)ローマの皇帝がその教戒師である私にこう語った。6人の男女をとらまえて「3人の男は明日ライオンと闘え」と命じると、その前夜までには3つのカップルが誕生している、と。私が王国から略奪した3つの玉手箱は、セピア色に塗り替えられた。
私はジェットコースターの先頭に第一の玉手箱を置いてこれに跨り、「さあ発車するのだ」と号令をかけたが、玉手箱には車輪がないことと、私の2人の美貌の部下が、第2、第3の玉手箱に無事に跨っているかどうかを終始気に掛けていた。

88)しかし幸いなことにその不安は杞憂であった。私は安心してジェットコースターの突進に身を任せていたが、それがあまりにも天空高く登りすぎたためか、突如玉手箱もろとも地上めがけて真っ逆さまに転落した。
そして猛烈なスピードで地表に激突するまさにその瞬間に、私はもはや玉手箱の中身になんの関心もなく、2人の美少女にも全く欲望を覚えないことがわかった。

89)私は神保町の金ペン堂主人の薫陶を受け、長年の研鑽の末にずば抜けた性能を誇る万年筆を1本2千円で製造することに成功した。それから私は腐女子2名の支援よろしくこれを1本2万円でネット販売したので、ほんのいっときだけは大儲けしたのだった。

90)私は、喉の奥に生えているジャックの豆の木にぶらさがりながら、どこまでも、どこまでも降りていった。

91)26歳の美人秘書付きのオフィスを無料で貸してあげるけど、使いませんか?とある親切な方が申し出てくださったので、私は大川のほうに向かった。オフィスの近くに見慣れない2人の男が待ち受けてして、私を無理矢理銀座に連れて行こうとする。

92)仕方なくいいなりに成って見知らぬバアに入り、飲めないジャックダニエルを一口だけ舐めていたが、トイレに行く振りをしてうまく脱出することに成功した。

93)銀座の地下はものすごく深いところに地下鉄を含めた何層もの広大な地下通路が走っていて、それが大川の向こうまで走っていることを私は初めて知った。恐らく東京の地下には地上を上回る交通網がすでに敷かれているのだろう。

94)やっとこさっとこ前のオフィスに入っていくと、26歳の美人秘書の代わりに62歳くらいのおばさんが一人ぽつねんと座っていた。

95)私の嫁入り先は古い封建的な約束事が根強く息づいている地方だった。はじめは大人しくしていた私だったが、歳月の経過とともにだんだん本領を発揮して、ある日思い切って謎めいた埃だらけの部屋を開けた。

96)まるで江戸時代のような畳の奥座敷には虫に食われた帳簿が何冊も並べられていて、数人の男が会計の実務に従事していた。彼らは私を見ると驚いたが、帳簿を見た私がたちまちこの家の危機的な収支状況を把握したのを知ると、驚きをさらに新たにしたようだった。

97)第2の部屋、第3の部屋と次々に私が秘密の部屋を開けはなっていくと、誰かの注進でそれを聴きつけた夫が、まるで青髭公よろしく目を大きく見開いた。

98)眉目秀麗な彼は、若者を代表して「風次郎」役に選ばれた。この共同体のトップモードをさし示すという重要かつ誇らしい役目だ。

99)私は彼の補佐役をおおせつかり、丘の頂上に据え付けられたインカ帝国の祭壇のような席に座ると、古代の共同体の家や畑がアリのように小さく見渡せた。

100)全身紫ずくめの奇妙な恰好をした「風次郎」はすっくと立ち上がり、「これが俺たちの新しい制服だあ!」と叫ぶと、しばらくしてその声はこだまになって帰ってきた。

101)絢爛豪華な着物の裾から手を入れて豊かな乳房を鷲づかみすると、彼女は厳しい目で私を睨みつけたが、かといって自分から逃れようとはしないのだった。

102)まだ春だというのに夏型の大きなヒョウモンチョウが原っぱでゆらゆら動いている。この品種らしからぬ緩慢な動きだ。しかも巨大なヒョウモンの翅の上に別の種類の小型のヒョウモンチョウが乗っている。

103)私がなんなくその2匹のヒョウモンチョウを両手でつかまえ、これはもしかして2つとも本邦初の新種ではないかと胸を躍らせていると、半ズボン姿の健君も別の個体を捕まえてうれしそうに私に見せにきた。

104)それは確かにヒョウモンチョウの仲間には違いないが、いままでに見たこともない黄金色に輝いており、国蝶のオオムラサキを遥かに凌駕するほどの大きさに興奮はいやがうえにも高まるのだった。

105)私たちはバタバタと翅を動かしてあばれる巨大な蝶を懸命に両手で押さえつけていたのだが、それはみるみるうちにさらに大きな昆虫へと成長したので、もはや彼らを解放してやるほかはなかった。

106)しかし巨大蝶は逃げようとせず、その長い触角をゆらゆらと動かし、「さあ私のこの柔らかな胴体の上にまたがってみよ」、とでも言うようにその黒い瞳で私たち親子をじっと見詰めたので、まず半ズボン姿の健ちゃんがひらりと巨大蝶の巨大な胴体の上にまたがった。

107)息子に負けじと私も別の巨大蝶にまたがり、そのずんぐりとした黒い胴体をつかんでみると、あにはからんやそれはくろがねのような強度を持っていた。

108)私たちがそれぞれの大きなヒョウモンチョウに騎乗したことを確かめると、2匹の巨大な蝶はゆっくりと西本町の子供広場から離陸し、狭い盆地を一周すると、はるか地上の片隅に見慣れた故郷の街や家や寺山、銀色に輝く由良川の流れが見えた。

109)それから巨大な蝶は猛烈なスピードで故郷の街を遠ざかり、波がさかまく海をわたり、大空の高みを力強く飛翔しながら成層圏に達し、そこからまた猛烈なスピードで下降した。

110)ぐんぐん地表がちかづいたので、よく見るとそれは教科書の写真で見たことのある万里の長城だった。気がつくと巨大蝶の姿は消え、私たち二人だけが大空の真ん中にぽっかりうかんでいる。私たちは思わず手と手を握り合った。

111)しかし墜落はしない。無事に飛行は続いている。私たちはそのまま元来た空路をたどって故郷に帰還すると、そこには仲間の巨大蝶が勢ぞろいしていた。その後蝶たちは、住民の飛行機としての役目を半年間にわたってつとめたのちに、南に帰っていった。


なにゆえにかくまで美味なるや藤沢爽風舎がつくる安価な食パン 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-26 10:10 | 創作

K義兄 ~「これでも詩かよ」第61番




ある晴れた日に第197回


新宿駅西口のいちばん代々木に近いトイレから、下のボタンをはめながら出てくるK義兄さんと出くわした。
「おお」、と「おお」、「久しぶり」と「お久しぶり」とが期せずしてぶつかった。

折しもラッシュアワーで大混雑する駅構内、
「いまちょうど紀伊国屋でね、君の本を買いに行ってきたんだ」
「あんなくだらない本をわざわざ奥沢から買いにいらしたとは。共著のうえに短い文がちょこっとだけ出ている本だから、お送りしなかったんです。まことに申し訳ありませんでした」

と急いで詫びて、それ以上立ち話もできず、「じゃあ元気で」、「お元気で」と頭を下げたのが永の別れとなってしまった。

春ともなれば奥沢の川面を埋め尽くした桜花。
K義兄さん、あなたは初めて上京した私に自由が丘でいっとう眺めのいい部屋を紹介してくださった。

K義兄さん、誇り高き帝国の軍人よ。
一度ならず二度までも米国の駆逐艦に撃沈され、太平洋の波濤に投げ出され、
そのつど奇跡的に友軍に救助された歴戦の勇士よ。

胸を張り、背筋を伸ばし、頬を紅潮させ、
「いくさに身を捧げしわが生涯に悔いなし」
と声を張り上げられた、在りし日のあなたの姿を私は忘れない。


なにゆえに今日も私は歌を詠む死んでも私を遺すためとや 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-25 11:36 | 詩歌

アルフレッド・ヒッチコック監督の「逃走迷路」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.617


原題は仏語でサボタージュ。敵国のスパイが自国に紛れ込んでいるのでそれをやっつけるというキナ臭いお話ですが、にもかかわらず映画の自由さ、楽しさ、面白さが120%発揮されたヒッチの傑作です。

 ヒッチの演出力の凄さは再生中の映像をどこで止めてもスチールとして完成していることで、これは古来多くの名匠、巨匠と共通する最大の特徴です。

 最後にNYに戻ってブルックリン造船所、はては自由の女神の右腕のてっぺんでの格闘まで出てくるサービスとサスペンスのきわまりが物凄い。これはヒッチ自身がかれの想像世界に殉じているのですね。

ナチの「悪い奴」、ヒロインの盲目のオジサンという「底抜けに善い人間」など色々な人間が出てくるがヒーローを助けるかどうかを巡ってサーカスの芸人の意見が割れ、それを「民主的に」多数決で決めるというのも面白い。


なにゆえにどこで止めてもナイスショットなのかヒッチコックの映像の凄さよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-24 10:43 | 映画

セルジオ・レオーネ監督の「夕陽のガンマン」「続夕陽のガンマン」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.615&616

イタリアンで料理したマカロニ・ウエスタンは本番ハリウッドの西部劇の不振につけこんで大ヒットしたようだが、演出よりもタイトルデザインや音楽によるB級シネマ的味付けで関心を呼んだのではなかろうか?

イーストウッドの出世作だが、彼よりも相棒のバンクリーフの存在感の方が際立っている。

いい子、悪い子、普通の子というトリオがあったが、「続夕陽のガンマン」では善人、悪人、卑劣漢の三人が登場して、あの手この手で相手を出し抜こうとする。もちろん善人なんて一人もいない。

 まったくバカバカしい映画で、亡き淀長さんも褒めにくいと思うが、強いて言えば三人同時の決闘くらいか。しかもそれがどうしてあのような結果になるかはよく分からないような描き方になっている。

 監督は前作と同じセルジオ・レオーネだが、演出はまえのほうがましでほとんど出たとこ勝負のようなもの。エンニオ・モリオーネも相変わらずの冗談音楽でつきあっている。


なにゆえに地球に優しく人に優しくの大合唱をやめたのか妙な企業不気味な国民 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-23 16:26 | 映画

ロバート・スティーヴンソン監督の「メリー・ポピンズ」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.614

どうにもミュージカルとミュージカル映画はどこがばかばかしいのかよく分からないくせにばかばかしくて見る気にもならないが、でもまあ我慢してみてしまったわけだが、思うにかの有名な「チムチムチエリ」の歌が無かったら、こんなしょもない映画はヒットしなかったのではないだろうか。

なかんずく途中でウオルトデーズニー特製のアニメが出てきて、ポピンズ嬢たちにからんだりするところなぞ限りなく退屈だが、子供たちの2シリングを巡って銀行が大混乱するところなどはそれでまもまあ辛うじて見るに耐える。

結局この映画の見所とは、最初と最後でメリー・ポピンズが空から舞い降りて空に向かって旅立つ所で、はてさていったいこの女性は魔女だったのか、はたまた天使だったのかと首をかしげているうちに、この余りにも長すぎる映画は終わるのである。

木枯し紋次郎や風の又三郎と同様、いずこからともなくやって来たメリー・ポピンズは、退屈で権威と秩序に覆われた此岸の人々の日常性を非日常的なポップなノリで愉快にひっかきまわして、それが一段落すると彼岸に旅立ってゆくのである。

すなわちメリー・ポピンズにあらずして、メリー・ポップピンズなり。


なにゆえにsupercalifragilisticexpialidociousよりsmilesが長い英語なのかsmileしながら考えてみよう 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-22 09:50 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧