晴風万里

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2014年神無月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に 第263回


桜の樹のどこいらで鳴いているのか油蝉昔よくオシッコをひっかけられたが

雨空に一筋の光差し込めば一斉に鳴き始める蝉たち

キャンパスに蝉声響動もす昼下がり生涯最後の授業終えけり

今年は平成何年なるか時々分からなくなる天皇制ってそれくらいのもの

お前さんが攻めてくるならこちとらだって黙ってはいないぜ全世界中で気分はもう戦争

可もなくて不可もなきこの世の中を可もなく不可もなき人過ぎる

シオカラの雌がムギワラトンボだなんて皆さんご存じでしたか?

取るべきか取らざるべきか迷う日々僅かに太る裏庭のミョウガ

草花の名前を聞けば答えありわが妻こそは歩く植物事典

我こそは「歩く昆虫事典」と自負すれど妻の植物事典には厚さで負ける

「お母さん、お母さん」と息子が大声で叫びたれば妻は意識を取り戻したり

「お父さん自閉症って何?」と自閉症の息子が尋ねる誰か上手に答えてやってくれ

2014年7月1日に戦後終わり憂鬱なる戦前が始まった

足元にまつわりつくなよルリシジミゴミを出すのに邪魔になるじゃんか


わが子ながらやるではないかと称えつつ幸四郎は見得を切りたり

胸押せばもの凄き力で押し返す死に物狂いの蝶のあがきよ

太るのは自己抑制が効かないでおのれが豚豚になることを許すから

青空にひつじ雲が浮かんでる今日は死ぬにはかなり良い日だ

世の中はあれからどんどん悪くなり「よきこときく」ひと少なくなれり

僕らオクラ食べても食べても五つ星オクラらはいまはまからむ子泣くらむ

さる宮のさる皇女けふ嫁ぐらし与り知らぬ遠き世界で

もうええわ、わたしおとうちゃんとこいきたいわというて母身罷りき

♪プルトニウムがよおプルトニウムが47トン これさえあれば核兵器できる

69の時はローリング・シクスティなどとイキがっていたが明日から70時間よ止れ

ようやく白地に緑のペンキ塗りも終わったこれで妻の病気さえ治ってくれればいいのだが

絶叫する通販男に対抗するには気力体力忍耐力が必要

とある日とある街でさりげなくそれは起きるだろうあらゆる戦さがそうであったように

あまりにも暑いというより熱いので、生きていることを忘れてしまう

ひとつ池で育ちゆくなり蝌蚪子蛇

蝉声絶え三千世界秋となる

列島に烽火点点曼珠沙華

富士山の彼方此方に君と僕

大いなるふぐりのありてペンキ塗り

五人組ゆえ騒動起こす鴨仲間

蟷螂が発条晒して死んでいる

右翼紙への投歌を廃す神無月


  短歌なぞ詠んでる暇はありませぬ毎日どんどん人が死んでる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-31 18:57 | 詩歌

ティエリー・ラゴベール、ティエリー・ピアンタニダ監督の「ホワイト・プラネット」をみて



bowyow cine-archives vol.724


北極海に生きる白クマやアザラシやカリブー、クジラなどさまざまな生き物の生態をなまなましく、おそろしいほど美しく写し取った、芸術的な完成度を誇る、ドキュメンタリー映画なり。

我われ人間どものおかげで氷河が溶け出し、白クマができず死滅する危機に直面している恐るべき実態を、北極グマになり変って静かに、しかし鋭く告発している。

この映画をみて地球は人間だけの住みかではないことを改めて知れ!

それにしても白クマ親子の可愛らしさと情愛の深さよ!


      2014年7月1日戦後終わりて戦前始まる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-30 12:22 | 映画

「ハート」のつく映画を2本みて



キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」をみて

bowyow cine-archives vol.722

大義なきイラク戦争に従軍し、命懸けの爆弾処理に従事する米軍兵士が、そのハラハラ、ドキドキが忘れられなくなり、無事に帰国したというのに、またしても生きるか死ぬか、のるかそるかのスリル満点の戦争とテロルの現場に舞い戻るお話。

彼とて死にたくはないし平穏無事な生活を愛しているんだろうが、戦争はそういう普通の人間の精神を破壊し、恐るべき狂気の地獄へと追いやってしまうのである。

さりながら栄えあるアカデミー賞に輝くほどの大した映画ではない。


スコット・クーパー監督の「クレイジー・ハート」をみて

bowyow cine-archives vol.723

往年の人気カントリー歌手が酒と煙草と女に身を持ち崩し、病に冒されてボロボロになりながらも、ふとしたことからいわゆるひとつの「純愛」に目覚めて、奇跡の復活をするというラッキー・ストライクなロードムービーなり。

なんというても老残のやさぐれシンガーを演じるジェフ・ブリッジスが素晴らしい。

 これなら栄えあるアカデミー賞に輝いてもよろしいでしょう。


♪プルトニウムがよおプルトニウムが47トンこれさえあれば核兵器できる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-29 10:13 | 映画

国立劇場で「双蝶々曲輪日記」千穐楽をみて


茫洋物見遊山記第155回

『双蝶々曲輪日記』と書いて「ふたつちょうちょうくるわにっき」と読ませるとはなんとお洒落な江戸の文人よ。雅号「蝶人」を名乗る者としてはなんとしてでも東京にイカナバナラヌウということで国立劇場の千穐楽を見物して参りました。

 国立劇場のホームページによれば、この義太夫狂言の内容は以下のごとし。

 作者は『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』を生み出した竹田出雲・三好松洛・並木千柳の名作トリオ。 題名の「双蝶々」は、濡髪長五郎と放駒長吉、二人の力士の名前にある「長」の音を取り入れたものです。

 今回は濡髪を中心とした構成で、見応えのある通し上演でご覧いただきます。義理と人情との間で葛藤する濡髪や周囲の人々によるヒューマンドラマが展開します。

 序幕「新清水」は久々の上演。豪商山崎屋の若旦那・与五郎は、遊女・吾妻と深い仲。吾妻に横恋慕する平岡郷左衛門によって窮地に陥れられますが、吾妻の朋輩・都と相思相愛の南与兵衛が救います。

「角力場」では、山崎屋の贔屓を受ける濡髪が、郷左衛門に荷担しようとする放駒に勝ちを譲り、与五郎への力添えを頼みます。名力士の濡髪と素人相撲の放駒の意地と意地とがぶつかり合う一幕です。

 二人は「米屋」で再び争いますが、弟の放埓を案じる放駒の姉・お関の苦肉の策のお陰で、義兄弟の契りを結びます。

 しかし、「難波裏」で、濡髪は郷左衛門とその仲間をやむなく殺害。そして、実母のお幸に一目会おうと尋ねる「引窓」へと続きます。お幸は与兵衛の継母でもあります。濡髪、与兵衛、与兵衛の女房となった都(お早)、お幸―四人が互いの心中を察して苦悩する姿が、屋根の明かり取り〝引窓〟を効果的に使って描かれます。

 幸四郎が当り役の濡髪を、半世紀ぶりに三幕通して演じます。また、染五郎が与兵衛・与五郎・放駒の三役を勤める楽しみな舞台。さらに各役に魅力溢れる顔触れを揃えました。芸術の秋にふさわしい名舞台を心ゆくまでお楽しみ下さい。

 と、書かれている通りの舞台であったが、幸四郎親子の幸福感みち溢れる共演に加えて、中村東蔵の好演が印象に残った。


   わが子ながらやるではないかと称えつつ幸四郎は見得を切りたり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-28 15:34 | 美術

ウォルター・ヒル監督の「ロング・ライダーズ」をみて



bowyow cine-archives vol.721

 有名なジェシー・ジェイムズ一派の銀行強盗の内幕を、彼らの女性関係の挿話を含めて淡淡と描くが、そのクールさがたまらない。

 悪党どもの悪行とあわせてその人間のたたずまいもしっかりと押さえている点が秀逸なり。

 ウォルター・ヒルはペキンパーには及ぶべくもないが、才能のある名監督の一人であるなあ。

「お父さん自閉症って何?」と自閉症の息子が尋ねる誰か上手に答えてやってくれ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-27 20:20 | 映画

緑の王国~「これでも詩かよ」第105番



ある晴れた日に 第262回


私は緑の王国の中で目を瞑って
寒冷紗の網をじっと握りしめながら、
いつもの場所で、蝶を待ち構えている。

やがて大きな黒い蝶が、風のように峠の向こうから飛んでくる。
 私は大きな白い網を振り回すが、それは逃げてしまう。
黄色い思い出を残して逃げ去るモンキチョウ

しばらくすると、白と黒と紫の斑点を午後2時の陽光に煌めかせながら、
またしても大きな蝶がやってくる。
国蝶のオオムラサキだ。

私は全神経を集中してここを先途と網を振る。
運を天に任せて網を振る。
こんなにも心臓が高鳴るので、吐きそうになる。

草の上に伏せられた網の中で、それは激しく羽ばたいている
鳥のようにのたうっている。
私が生まれてはじめて捕獲したオスのオオムラサキだ。

私は大きく深呼吸して、そいつの全身を左の掌でつかみ、
そいつのぶっとい太い胸を、右手の親指と人差し指で挟んで
力を入れて両側から押す。押す。押しつづける。

きゃつは暴れる。
大きな羽をばたつかせ、悲鳴を上げながら
きゃつは全身で抵抗する

きゃつは暴れる。
が、それもほんの一時のこと。
 やがて力尽きて、ぐったりとなる。

 きゃつは死んだ。
 きゃつは、掌の上に横たわっている。
 まるで私の死骸のように


  胸押せばもの凄き力で押し返す死に物狂いの蝶のあがきよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-26 12:39 | 詩歌

ほんにお前は屁のやうな



バガテル-そんな私のここだけの話op.186&鎌倉ちょっと不思議な物語第322回&勝手に建築観光第55回

 日本の近代建築20選に選ばれるなど内外から高い評価を受けている神奈川県立近代美術館鎌倉館が廃止されるという緊急事態を前にして、遅まきながら反対運動が巻き起こっている。

 そこで小生も、その存続を求める運動の先頭に市が立つべしという提案を鎌倉市長に対して行った。

  http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927746252&owner_id=5501094

 すると去る6月27日、「今後神奈川県等において行われます共同調査やその結果をもとに検討される方向性を見守るとともに、市民の皆様のお声につきましては、機会を捉えて神奈川県に伝えてまいりたいと考えております」という通り一遍の回答があった。

 そもそもこの問題は財政難に苦しむ神奈川県が、土地の所有者である鶴岡八幡宮に対して2016年までの借地契約を更新しない方針を表明したことから惹起した。私がこの日記で既報したように、げんざい県と八幡宮は、建物の現状を把握すべく現地調査を行っている。

 しかし小生はその事実を踏まえたうえで、当該の建築物はほかならぬ鎌倉市の文化的最重要拠点に存在していることから、市が当事者意識を持って県と八幡宮の間に立ち、保存に向けての積極的なイニシアチブを発揮してほしいと願ったのであるが、この官僚的な答弁を読む限り、市と市長のやる気はほとんど見えない。

 そもそもこの提案にしても以前の市長は「市長への手紙」という受け皿を用意しており、形式だけにせよ自らが回答する意思を示していたのであるが、この若き市長は「市長」名義を撤回し「市への提案」へとレベルダウンしているのであるから、市民の生の声を聞こうとする気持などさらさらないに違いない。

 鎌倉市議会における議員への答弁をネットで視聴していても、ああいえばこういう、こういえばああいうの糠に釘。音はすれども姿は見えず、ほんにお前は屁のやうなという都都逸はまさしくこの仁のためにあるのだろう。

かてて加えてこの市長は我々の反対を押し切ってゴミ有料化を強行しようとしているのだから、あいた口がふさがらない。


  足元にまつわりつくなよルリシジミゴミを出すのに邪魔になるじゃんか 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-25 11:26 | 鎌倉案内

杉田成道監督の「最後の忠臣蔵」をみて



bowyow cine-archives vol.720


 討ち入りから16年。赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門と瀬尾孫左衛門をめぐる後日談。池宮彰一郎の原作を杉田成道が演出して、それなりに格調高い映画に仕立てている。

 大石内蔵助の足軽、寺坂は当日の討ち入りに参加しながら泉岳寺には集結しなかったが、これを大石の命で後事を託されて逐電したとみなし、瀬尾もまた大石が山科の妾に産ませた娘の世話で一味からはなれさせたと仮説をたてる。

 が、前者は公的な使命ゆえ充分ありえたと思えるが、後者はあまりにも私的な後始末なので、いくら映画とはいえ信憑性に欠ける。

 杉田成道の「優駿」は見るに堪えない駄作だったが、本作では殊に「間」を大事にした演出が効果的で、役所工事、佐藤浩市の熱演も相俟ってなかなか重厚な仕上がり。

が、最後の残酷腹切りシーンは別になくてもよろしいでしょう。


    草花の名前を聞けば答えありわが妻こそは歩く植物事典 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-24 11:27 | 映画

ピート・トラヴィス監督の「バンテージ・ポイント」をみて



bowyow cine-archives vol.719

 スペインで開かれた平和国際会議における米国大統領暗殺事件におけるシークレット・サービス(デニス・クエイド)の大活躍を描くサスペンス活劇映画なり。

 この手の映画では必ずといってもいいほど、テロリストの正体とその人物像がいい加減にしか描かれていないが、本作も同様なり。

 ただ久しぶりにシガニー・ウィーバーやウィリアム・ハートやフォレスト・ウィテカーの顔を見ることができたし、事件の内幕を異なる複数の多彩な登場人物がそれぞれの視点で描きながら、次第に全貌が明るみに出されてくる手法が思いがけず新鮮で、バリー・レヴィの脚本はなななかよく練れていると思った。


今年は平成何年なるか時々分からなくなる天皇制ってそれくらいのもの 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-23 13:12 | 映画

アンドリュー・V・マクラグレン監督の「大西部への道」をみて



bowyow cine-archives vol.718

 1840年代に不況のミズーリ州から一穫千金を夢見てオレゴンへ向かった幌馬車隊の悪戦苦闘の物語なり。

 幌馬車隊を率いるのがカークダグラス、開拓民の頭目がリチャード・ウィイドマーク、案内役がロバート・ミッチャムでこのあらくれ3人男の確執と友情が見どころ。

 ラスト近くで、行く手を阻む大峡谷の下に、人も馬も牛も馬車も下ろすシーンは、迫力がある。

 ロバート・ミッチャムはどの映画でもつまらないと思っていたが、この映画で演じている先住民との仲立ちをする、自由で気ままなガイド役は、悪くなかった。


 「お母さん、お母さん」と息子が大声で叫びたれば妻は意識を取り戻したり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-10-22 13:56 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧