「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2014年師走蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に第275回

へいゴダール! ミエヴィルちゃんの愛犬ロクシーより我が家のムクのほうが役者が一枚上だったよ 

おおスザンナ金髪のジェニー夢見る人よすべては終わりぬケンタッキーの我が家
 
エイエイオウ!民衆の敵を打ち倒さむ十二月十四日は討ち入りの日

選挙なんか関係ねえよと棄権する粋なあんたの拭かないけつツケ

さかしらに棄権なんかしたひとは二人に一人 次回は投票権無しだからね

三議席減らして沖縄は小選挙区ゼロ勝った勝ったと喜ぶなかれ自民党

勝った勝ったぞ万々歳!安倍ちゃんにまかせておけば薔薇色の人世猫も杓子も天国へ行ける

この道はいつか来た道愚かなる我らが戦に突き進みし道

「憲法」とかけて「ケムンパス」と解くその心は「これでいいのだ」

藤沢の爽風舎ピーターパンダの食パンは他のどこより美味しいパンだ

コーヒーはブラック煙草はピース万年筆はモンブランの新人コピーライターだったが

キになるイバラのカバライキン果たして私と関係があるのかないのカバライキン

腰かがめ「頂戴します」と言いながら両手で名刺を受取りし健さん

冬の朝冷たき風の吹く道を素足剥き出し女子高生が行く

極彩色の映画よりもモノクロの映画が心に沁みて

てのひらに乗りしひとかけらの小石より果敢なきものは命なりけり

世の中でもっとも美しく悲しい曲モーッアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス

草虫を喰い一発の弾丸も撃たずして斃れし人を英霊とよぶ

現在のわが生活レベルでは大江戸屋のランチくらいが妥当

俳句からこぼれてしまうあれこれをぜんぶ短歌に盛ろうと思う

取り立てて面白いことなどないけれどさも楽しげに面白そうに笑っているなり

どんなときでも上機嫌だった今は亡き我が家の愛犬佐々木ムク

蝶や花を蝶よ花よと褒めそやす生殖のほか生き甲斐なきものを

海ハヒロイナオオキイナ一日ニ三百トンノ汚染水ヲ黙ッテ呑ンデル

「悲しいほど若かった」と山川啓介が振り返る井出隆夫はスロープ下の部室05にいた

夜になり電気も灯らぬあばら屋に一人の男が住んでいるのだ

スカ線の武蔵小杉は大混雑日経平均もっと揉み合え

旅客機と戦闘機の区別さえつかぬままミサイルの発射ボタンを押すや戦争の犬ども

子供のころ客間を飾りし大雅鉄斎江漢いずこへ消えしや

知恵遅れ、自閉症、発達障害、様々に言い換えられしが変らぬものは四十の息子

壇といふは小さくても深い蛸壺である古狸や女狐が棲息するところの

『藝術と実生活』を回周遅れで蒸し返す短歌蛸壺「虚構論争」

歌壇よりは花壇を私は取るだろう清く正しく美しいので

短歌とはなにをどう詠んでもいいんだ ああ胸がすく怪傑黒頭巾

好き好き好き嫌い嫌い嫌い好きか嫌いかで回る世の中



一身上の都合にて12月30日で退職すファミリーナ宮下の高橋さん 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-31 08:50 | 詩歌

西暦2014年蝶人花鳥風月狂歌三昧歳末蔵出しセール



ある晴れた日に第274回

一目見て蝶の名当てる特技あれど役には立たずこの半世紀

さらば地球『百年の孤独』遺してマルケス逝きぬ

産まれ落ち飛んで恋して卵産み一週間で死んでゆく蝶

羽生三冠の右手はわずかに震えたり名人位への軌跡を読み切り

飛車を打つ羽生の右手は震えたり名人位奪還の道を見据えて

明るさは滅びの姿か太宰治君思いつつ銀座歩めり

俳句からこぼれてしまうあれこれをぜんぶ短歌に盛ろうと思う

わが庵を雷のごとく揺るがしつ隣の町の冬の花火

ルリシジミ狂気の如く輪舞して平成の乱俄かに起こるか

耕君がホームで歌いし「故郷の空」も一度歌え我らと共に

また一歩祖父が夢見しニッポンに近づいてきたとほくそ笑む孫

今日ひと日事故に遭わず病気せず無事に終われり過ぎ去りし日よ

同盟を解体するんだ不如帰 嗚呼血を吐くように歌っている

冬の朝冷たき風が吹く道を素足剥き出し女子高生が行く

これが嫌だと言えないゆえにとりあえず嫌な事例を高々と叫ぶ

悪者が生態系を侵すという保守する側の正義はいずこに

極東の平和と安全を守るとて自らがその脅威となりゆく

偉そうにファッション広告など論じてる丹波の下駄屋の三代目われ

面接とぶつかるがゆえに試験日を変えてほしいと訴える学生

侵略的外来種なれど画眉鳥はピース来いピース来いと悪びれず鳴く

雑草にたっぷり除草剤をかけている積もる恨みを晴らすが如く

くわくわと大口開けて電車で寝てる「平和ボケの国」でいいじゃないか

ゆっくりと実線に近くなっていくこの世とあの世をつなぐ破線が

ホームズとポアロと小五郎呼び集めSTAP細胞の謎解き明かせ

四面楚歌満身創痍のリケジョなれどSTAP細胞実在するかも

黒白は明智小五郎に委ねたしSTAP細胞あるのかないのか

汁一滴余すところなく飲み干せと命じたり屋台の名物ラーメン親父

汁一滴余すところなく飲んでるかラーメン親父のガチンコ勝負

昔ならたった一発で仕留めたのに何回叩いてもすり抜けてゆく蚊

「あなたはね今がいちばん若いのよ」妻は私を理屈論理で励ます

勝手にしろ凶器のごときその一言で妻は地獄へ追いやられたり

一代の風雲児が興せし病院の末端の医師の診察受けたり

世をはばかるスキャンダルに塗れし大病院医師も看護師も黙々と働く

空前の不祥事に揺れし病院のナースは子供に笑いかけたり

あああの人も死んだかと思うそのように我の訃報も聞かれるのだろう

酔狂の余り大川に部厚き財布を投げ入れし青年の心の闇は誰にも知れぬ

酔狂の余り大川に投げ入れし君の財布はいずこへ消えしか

突如発作が起きて失神す彼女が死んだら私はどうなる

ただひとりワアワアと泣く少女他のみんなは笑っているのに

コラボとは仏語で対ナチ協力者の謂いであるコラボコラボと気安く呼ぶな

今日からは相棒のために戦えるたとえそれがどんな相棒であろうと

この街で呑み放題詠み放題で暮らしてた生き放題死に放題の男方代

砲弾に右目とられし山崎方代生き邦題に生きて死にたり

浪の下に都のあるを信じつつ安徳帝は沈みゆきたり

突然のキスより始まりしプロジェクトなんとかフィニッシュまで持ち込めればいいんだが

庭も木も家も残らず失せにけり鎌倉雪の下吉田秀和邸

たった二メートル掘れば出てくるのです鎌倉時代の井戸柱瓦

なにほどの意義あらんかと思いつつ「特定秘密法案」パブリックコメントを出す

駅前のタクシーで「西本町のてらこ」と言えば五分で着くだろう故郷の我が家

タクシー運転手は黙して我を運びたり元「西本町」の元「てらこ履物店」

五〇回投げ抜きし両投手称えつつ二〇一四年の夏は終われり

ミンミンにニイニイ油ツクツクも鳴いている芭蕉が聞いたのはどれじゃろ

大木家の大きな栗の木の下で道行く人はみな栗拾う

二階家の南の部屋の端っこが毎晩私が夢見るところ

人死には是非におよばず人を呼ぶ
雲が湧く野辺にはひばり見えぬまま
百年の孤独の果てにマルケス没
明るさは滅びに似るや桜桃忌
青大将道行く時の長さかな
土方らは大工らは小便せずに夕べまで
蝉声果つ余命七日を生き抜きて
死に処思いつつ鳴く油蝉
五〇回投げ抜きし二人夏終わる
主なき吉田秀和邸に蝉時雨
小学生半袖シャツで十月侭
落ちる栗拾うにまかす大家かな
落栗を拾いて栗飯食べにけり
これあればほかには要らずキノコ飯
今日よりは相棒の敵もわが敵か
イデオロギーの違いで袂分かちけり
英霊と呼ばれし人の怒りかな


  雲上の見知らぬひとが成人を迎えましたとテレビ報じぬ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-30 08:51 | 詩歌

井上ひさし著「井上ひさし短編中編小説集成第2巻」を読んで



照る日曇る日第750回


 第1巻が「意外にも」面白かったので、2冊目に手が伸びました。

 ここに収録されているのは「モキンポット師の後始末」、「四一番の少年」、「イサムよりよろしく」、それに加えて「一二の微苦笑譚」「うちの可愛い一個連隊」という二本の単行本未収録作品です。

 いずれも著者の最初期の作品ばかりで、大阪弁を喋るユニークなカトリックの神父が若き主人公を温かく応援する大冒険ユーモア小説「モキンポット師の後始末」、著者の孤児院時代の思い出を描いた児童小説「四一番の少年」、そして著者の浅草修業時代の体験を題材にした「イサムよりよろしく」も著者のストーリーテリングの抜群の面白さに圧倒されます。

 しかしここでは、それらの八面六臂の大活躍の起点となった「一二の微苦笑譚」に注目しましょう。

 私はとりわけ9の「掻巻」、10の「老後の計画」、11の「突出計画」に大いなる感銘を受けましたが、これらの超短編こそは、彼のその後の文芸的進化を裏打ちし、強力に後押しした、未だ磨かれざるダイアモンドの原石だったのです。


知恵遅れ、自閉症、発達障害、様々に言い換えられしが変らぬものは四十の息子  
 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-29 11:47 | 読書

国立劇場で「伊賀越道中双六」通し狂言千穐楽をみて



茫洋物見遊山記第165回

 四四年ぶりに「岡崎」を上演するというので、西暦2014年も押し詰まった26日に半蔵門まで出かけました。

 席はいつもの3階席の上端右側ですが、私の両隣りについに誰も来なかった。券だけ買っておいて欠席するとは勿体ないことをするものですが、御蔭で伸び伸びと見物することができました。

 この歌舞伎は剣豪、荒木又右衛門の「伊賀上野の仇打ち」を題材に取っていますが、この「岡崎」では又右衛門ならぬ唐木政右衛門(中村吉右衛門)が、目指す仇、沢井股五郎(中村錦之助)の居所を、剣の師匠であり股五郎に味方している山田幸兵衛(中村歌六)からなんとか聞き出そうと苦心惨憺いたします。

 そして政右衛門は、霏霏と雪降る幸兵衛の家を訪れた政右衛門の妻お谷を邪険にするのみならず、彼女の懐の中のわが子を自らの手で刺し殺してまでも敵討ちを遂げようとするのです。

 人情よりは義理、自家の肉親を犠牲にしてでも主家の敵打ちを完遂させようとする武士の渡世の哀しさを吉右衛門が好演していましたが、この人の声も、坂田藤十郎ほど酷くはないが、兄松本幸四郎と同様、細身でキンキンして聴き取りにくい。むしろ相方の歌六や尾上菊之助の方が安心して聴いていられます。

 声は役者の基本。私は2代目鴈治郎のような音吐とざっかけない演技が好きなのです。

 ところで国立劇場は、たしか去年の秋にも近松半二作のこの演目をやっていましたが、いったいどこがそんなに面白いのでしょう。


   歌壇よりは花壇を私は取るだろう清く正しく美しいので 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-28 10:15 | 芸術

鎌倉の瑞泉寺を訪ねて



茫洋物見遊山記第164回&鎌倉ちょっと不思議な物語第329回


瑞泉寺に行くには自宅から天園ハイキングコースの分岐点を経由して15分もあればその裏山に到着するのだが、今日はそんな裏道ではなく正々堂々と正面から入山する。

確かここはシルバー割引で無料だったはずだが、入山料を取られてしまった。寺社仏閣を訪れる連中の大半が高齢者だから、せっかく無料パスポートを貰ったのに、また有料に逆戻りすると厭だなあ。ブツブツ。

ぶつぶつ文句を言いながら山門をくぐると、吉田松陰の記念碑や吉野秀雄、久保田万太郎の歌碑や句碑や冬桜、その他なんちゃらかんちゃらが要所要所に配置してあるが、何というても最大の見ものは開祖夢想国師がみずから造作した瑞泉寺庭園であろう。

これは後の西芳寺や天龍寺の庭園の先がけをなすものだが、それゆえに原初期の初々しさと実験精神が横溢してもいるのである。

かつてこの名刹には大下豊道という偉い住職がいて、野生の歌人、山崎方代が訪れるたびに金子を恵んだという。

  瑞泉寺の和尚がくれし小遣いをたしかめおれば雪が降り来る 山崎方代

 この「たしかめおれば」に歌人の真骨頂がある。


      瑞泉寺なんちゃらかんちゃら年の暮 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-27 11:22 | 鎌倉案内

ラリーサ・コンドラキ監督の「トゥルース 闇の告発」をみて



bowyow cine-archives vol.743

 戦時中のわれらが日帝は、アジアを侵略して無辜の女性を殺傷したり、強姦したり、暴行したり、従軍慰安婦を性奴隷にして恬として恥じなかったわけだが、この映画ではおんなじような買春、売春、性暴行、性奴隷、性虐待、はては人身売買までを、正義の味方?であるはずのサラエボ駐在国連平和監視部隊の男性どもが演じる。

 こういう不法残虐行為を現地でつぶさに体験した勇気あるアメリカの女性警察官の告発に対して、国連は現在に至るもしらんぷりをしているというのだが、国連ってそういうでたらめな組織なのかしらん。

 いろいろ考えさせられる映画である。


 「壇」といふは小さくても深い蛸壺である古狸や女狐が棲息するところの 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-26 21:16 | 映画

鎌倉の理智光寺跡を訪ねて



茫洋物見遊山記第163回&鎌倉ちょっと不思議な物語第328回

 大塔宮の近くには、かつて谷戸全体に広がる理智光院という大きなお寺がありました。

 太平記には建武2年1335年に淵辺伊賀守義博が後醍醐天皇の皇子、護良親王の首を藪の中に捨てたのを理智光院の長老が拾って葬ったとあります。

 昔は境内の中であったと考えられる山の上には、その護良親王の墓所がありますが、昼なお暗い森を貫く急な階段を上ろうとする人は、暗殺者の刀の先端を歯で銜えて抵抗しながらも、とうとう怨みを呑んで殺された親王の霊魂から発する異様な霊気を感じて、思わず身震いするに違いありません。

 ちなみに私の次男は、小学生のころ肝試しと称して友達と一緒に夜中にこの墓所を訪れたというのですが、大人の私には到底そんな勇気はありません。我と思わう人はぜひトライして頂きたいものです。

 なおこの理智光寺跡の近くの煉瓦色の洋館には、かつて作家の高橋和巳夫妻が住んでいましたが、私は志半ばで斃れた護良親王を思うたびに、その墓地のたもとで短い生を終えたこの薄幸の作家を連想するのです。


  この道はいつか来た道百万のわが父祖たちが行き倒れし道 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-25 13:27 | 鎌倉案内

山本周五郎著「虚空遍歴上下巻」を読んで



照る日曇る日第748回 &第749回

 どの作でも書き方がマンネリで鼻につくので、もういいだろうと思っていたはずなのに、またしてこの人の長編を手にしたのは、題名がちょっと気になったからでした。

 思いがけず主人公が端唄の作家で、その軽薄さがいやになったので浄瑠璃作家を目指しているという設定だったので、おお「うい奴め」というわけでクイクイと読み進んだわけでありんす。

 しかも団十郎の空疎な荒芸の限界を知って実事を主眼としてきた大坂に学び直そうとする志を持つ人物だと知って、ますます興味を懐いたのですが、途中から彼を恋ふるいろんな女たちが次々に登場して、いわば女難の趣が強まってくるのが、私にとってははなはだ迷惑。

 下巻では、おのれの端歌に満足できず、理想の浄瑠璃を夢見る主人公の浄瑠璃語り、中藤沖也は、江戸を捨て、妻の京を捨て、すべての名声を捨てて大坂から今庄、山中温泉、金沢へと放浪と模索の旅に出ます。

 あらゆる辛苦に耐えて、苦難の中に芸術的精華をつかもうと苦闘する主人公を、身を犠牲にして最後まで支えるのが芸妓のけい。しかしその命がけの芸術人世修業は、ついに美しい花を咲かせることなく、北国の雪の中に消え去ってゆくのであったあ。

 全編を通じての感想としては、絶対的窮乏にあえぐ貧民と、どうしても男なしには生きていけない脆い肉体と生理を抱え込んだ女性に対する、著者の優しい視線が印象に残りまする。

 解説によれば、著者は酒におぼれ絶望と困窮のうちに死んでいったアメリカの民謡の父フォスターと、その最晩年を支えた女性の伝記に触発されて、この異色の大長編小説を構想したそうですが、主人公中藤沖也とフォスター、そして山本周五郎の痛苦に満ち満ちた足取りが完全に重なってみえてくるのが不思議です。
 
 おおスザンナ金髪のジェニー夢見る人よすべては終わりぬケンタッキーの我が家 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-24 11:08 | 読書

熊野の聖なる水~「これでも詩かよ」第115番



照る日曇る日第748回 ~中上健次集6「地の果て 至上の時」を読んで


久しぶりに北嶋君と芝居を観た後で、彼の自宅で飯でも食おうということになって、2人でスーパーで買い物をしてから歩道橋を歩いていたら、向こうから本町4丁目の足立茶碗店の足立君がやって来て、「ほらよ、これが「熊野の天然水」だ。遠慮せずに持ってけよ」
といって北嶋君にビニール袋を渡した。

北嶋君は、「僕は君が誰だか知らないし、知らない人から物をもらってはいけないとカントも語っているから、要らない」と断ったのだが、足立君があまりにもしつこく「持っていけ、持っていけ」とヤクザのように強要するので、さすがの北嶋君も根負けしてその重いビニール袋を受け取った。

両手に花ならぬ食料品をいっぱいぶらさげ、大汗かいて北嶋君の家にたどり着き、一歩玄関の中に入ると、驚いた。玄関も、リビングも、キッチンも、寝室も、書斎も、トイレや浴室の中まで「熊野の天然水」で一杯なのだ。

1LDKに立錐の余地なく立ち並ぶ500mlのペットボトルの大群は、モダンアートのインスタレーションのようでもあり、巨人の胃袋の内壁にびっしりとへばりついたポリープの森のようでもあった。
おまけに北嶋君のビニール袋の中には「熊野の天然水」しか入っていない。

「北嶋君、これはいったいどうしたわけだ」と尋ねると、カントの読みすぎで青ざめた顔付きの哲学青年は、上がり框にどっかりと腰をおろして、事の次第を語ってくれた。

「実はさっきの足立君は僕と同じこのマンションに住んでいるんだが、中上健次の水呑み婆が出てくる小説を読んでから水呑み教の虜になってしまったんだ」

「その小説では熊野の聖水を飲むと、体毒をきれいにしてくれる、という妄想に取りつかれた連中が出てくるんだが、これに一発でいかれてしまった足立君は、毎晩僕の部屋にやって来て「熊野の天然水」の押し売りをするようになってしまった」

「ああ、仕事だって大変なのに、家に帰れば足立君が聖なる水をガブガブ飲めば健康になって幸せが訪れるという。飲んでも飲んでも下痢をするばかり。これからいったいどうなるんだろう。僕は人世に疲れ果てたよ」

と嘆くのだが、私はそんな北嶋君をなんと慰めてよいのか分からなかった。

 腰かがめ「頂戴します」と言いながら両手で名刺を受取りし健さん 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-23 11:40 | 読書

独membran盤「dinu Lipatti10枚組CD」を聴いて



音楽千夜一夜第339回

 ルーマニア生まれのピアニスト、ディヌ・リパッティのショパンやシューマン、バッハ、モザール、ブラームス、スカルラッテイ、ギリーグ、バルトークそれに自作を10枚にまとめた選集ですが、やはり白眉は1950年9月16日に仏ブザンソンで行った最後のコンサートのライヴ2枚でしょう。

 この日彼はバッハのパルティータ1番、モザールの8番に加えてシューベルトの即興曲、そしてショパンのワルツを演奏してこの世の別れ(悪性リンパ腫で12月2日に死去)を告げたのですが、そのタッチは(御師匠さんのコルトーとは似ても似つかぬ)あくまでも切れ味よく、気品に満ち、常に変わらぬ精確で清冽な演奏を繰り広げています。

 さりながら若冠33歳での夭折はあまりにも早すぎた。あの美人の奥さんはどのような後半生を生きたのだろうか、と時々思うのです。

 そしてこの天才にあと20年、いな10年の寿命が与えられたら、ミケランジェリを超える偉大なピアニストになっていたに違いありません。

 いないな、ここに収められた歴史的演奏がそのことをすでに十分明かしているわけですが。


   薄幸の佳人が今日も歌ってるドデカフォニーな現代短歌 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-12-22 10:49 | 音楽

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧