晴風万里

<   2015年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2015年月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に第280回


耕君が首長くして待っている鎌養の教師に出した年賀状の返事

国立劇場のバスが出てゆくたびに深々とお辞儀している女の子

世の中のいっとうはじめの神と人を思いのままに描き出したり
 
フェルメールとショパンの良さは分からぬがルソオとモザールの良さなら分かる

凡百のくだらぬ指揮者を葬りて百年にひとりの天才を蘇らせたし
 
誰ひとり通らぬ道を歩みゆく風が過ぎゆく真白き道を

二十枚連番で買っておけば一億円当たっていたと妻が言うなり

サザンの歌はワアワアワアお前の頭はパアパアパア

それにしても何処へ消えたのだろう私の大事な手袋万歩計

「きょうママンが死んだ」さてお立会これは虚構か真実か

一首だに下手くそな歌は許されぬ詠めませぬ有名歌人はお気の毒可哀想なり

まなかいてふ言葉をいちど使ってみたかったまなかいまなかい私の短歌に

五七五七七の流れに身を任せ嘘八百の歌を詠みたし

生兵法で短歌なんか詠むなかれあっちこっちで怪我をしますぜ

コジュケイもタイワンリスも猪も徘徊老人も出る鎌倉の冬

割烹着箪笥に仕舞う寒の人

壇ダダン弾ダダン段々無くなる権威のお城

夕されば大きな猪も現れてハンター色めく鎌倉の正月

「昨夜五〇キロの猪が出ましてねえ」お隣のヒグチさん楽しげに語れり

もう一度浮かれてみたいなポンポコリン狐になったり狸になったり

銀行とは阿漕な商売なり客を並ばせ金を預かる

漆黒の闇と不安に包まれて我ら今ゴッサムシティに住む

目に見えぬ暗黒物質に囲まれて我ら今ゴッサムシティの住人

切れ目のないシームレス・ストッキングを被った醜い男が抜け目のない選挙をしたようだ

しばし待てエイリアンが飛び出すだろう安倍蚤糞は獅子身中の虫

リモコンで切り替えても切り替えても出てくる存在自体が不愉快なあの醜い顔

ハチャメチャな自家の平和はさておいて天下国家を勇ましく語る人

軍隊が民衆を守るなんて冗談じゃない満洲沖縄みな裏切りやがった

ヨミウリやサンケイ繰れば聴こえてくるよいと勇ましき軍楽の響き

沖縄を見よ満州を見よいざとなれば我らを見棄てて逃亡する軍隊

散華とは国が強いたる犬死にと思い知るこそ慰霊なりしを 

次々にいかがわしき専門家が現れてもっともらしきことをのたもう


それにしてもこの国の政治は奇妙だと宇宙人トミー・リー・ジョーンズ語れり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-31 09:48 | 詩歌

エリオット・シルヴァースタイン監督の「キャット・バルー」をみて



bowyow cine-archives vol.763


大西部を舞台にはじめは処女のごときキャット・バルー(ジェーン・フォンダ)が終りには列車強盗の女頭目になって疾風怒濤の大活躍をするというハチャメチャ西部活劇でげす。

父を殺された娘ジェーンが50ドルで雇った大酒飲みのガンマンをその宿敵の兄の2役で演じているリー・マービンも楽しそうに演じている。

劇中でどうやって撮ったのだろうと驚く素晴らしいダンスシーンがある。


       割烹着箪笥に仕舞う寒の人 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-30 13:42 | 映画

ヴァルテル・サレス監督の「セントラル・ステーション」をみて



bowyow cine-archives vol.762


 NYの中央駅の話かと思っていたらリオデジャネイロの駅の代筆屋のおばさんの話で、珍しいことにブラジル映画をみたのでした。

 目に一丁字無き民草に代わってあれやこれやの手紙を書いてやる仕事は本邦でも昭和の時代まではあったような気がしますが、とても人情味があってよいですねえ。

 その役を演じる元教師のおばさんがたまたま知り合った少年の家庭の事情に巻き込まれて広いブラジルの田舎を旅するロードムービーになっていくのですが、このオバハン、基本的には善い人なのですが、一筋縄ではいかないキャラでして、少年を叩き売ったり平気で万引きしたりするのですから、人間と言うのはよく分からない。善悪と清濁を併せ吞んだ存在ではないかという気がするんですね。

 まあ最後は落ち着くところに落ち着く文部省推薦みたいな映画です。


 ハチャメチャな自家の平和はさておいて天下国家を勇ましく語る人 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-29 14:03 | 映画

木村恵吾監督の「初春狸御殿」をみて



bowyow cine-archives vol.761


若尾文子がお姫様とポンポコタヌキの2役に扮して歌って踊る和製ミュージカル映画です。お相手は私の嫌いな市川雷蔵だが、ほとんど存在感はなく限りなく美しく可愛らしいヒロインの魅力にうっとりする変態的能天気アホバカ映画なり。

中村鴈冶郎や玉緒、勝新太郎など有名な俳優が続々登場して流行歌やタヌキ音頭を歌って踊る華麗な総天然色映画なり。

年のはじめにこういう馬鹿馬鹿しい映画を見るのもいいものだ。


 次々にいかがわしき「専門家」が現れてもっともらしきことをのたもう 蝶人

  
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-28 13:44 | 映画

この自分~「これでも詩かよ」第120番



ある晴れた日に第279回


私より若い友人やおないどしの知人がどんどん泉下の人になっているというのに、
なぜか自分はまだまだ死なないような気がしてる。

祖父母が死んで、父母が死んで、伯父伯母のほとんどが死んでしまったが
なぜか自分はまだ死なないような気がしてる。

安西水丸や高倉健や羽仁未央や中川安奈が相次いで亡くなっても
心からお悔やみ致しますとか言いながら、平気な顔をして生きている。

ひとたび生まれてしまった人間は、必ず死ぬと決まっているというのに、
なぜか自分だけはいつまでも死なないような気がする。

いくら死なないと思っていても、朝露のように儚く消え失せる身と知りながら
それでもなおこの自分が本当に死んでしまうとは思っていない。

この自分。

 フェルメールとショパンの良さは分からぬがルソオとモザールの良さなら分かる 蝶人


  
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-27 14:12

アリス・マンロー著「善き女の愛」を読んで



照る日曇る日第755回

 昨年のノーベル賞を受賞したカナダの作家が1998年に発表した短編小説集を小竹由美子さんの優れた翻訳で読みました。

 この本には「善き女の愛」、「ジャカルタ」、「コルテス島」、「セイヴ・ザ・リーパー」、「子供たちは渡さない」、「腐るほど金持ち」、「変化が起こる前に」、「母の夢」の全部で8つの短編が収録されていますが、いちばんよく出来ているのはやはり表題作ではないでしょうか。

 短編というより中編のボリュームをもつこの作品の主人公は、ある独身の「善良な」訪問看護婦です。

 物語は、オンタリオ州の小さな村はずれで3人の少年が川に沈んだ自動車を発見する不穏なエピソードから始まります。

 やがてマンローは、主人公が彼女の固有の人世を、生きて、働いて、様々な物思いに明け暮れる固有の時間と場所について、いつものようにありありと描き出します。

 彼女が担当する終末期の女性患者、そしてヒロインの同級生でもあり、彼女が密かに想いを寄せる患者の夫。そしてこの3人の間に降って湧いたように襲いかかる殺人事件の疑惑。

 登場人物たちの人間関係を次第に露わにしながら淡々と進んでゆく物語は、やがて異様なスリルとサスペンスをはらみ、読む者の意識を釘づけにするのです。


  五七五の流れにゆったり身を任せ嘘八〇〇の歌を詠みたし 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-26 10:18 | 読書

池澤夏樹訳「古事記」を読んで



照る日曇る日第754回

 今までの「古事記」は「臣安萬侶言す、夫れ混元既に凝り、氣象効あらず、名無く為す無し」のような表記でしたが、この本では「陛下の僕である安万侶が申し上げます。そもそもの初め、混沌の中に造化のきざしが見えながら、未だ気と形が分かれる前、万事に名がなく動きもありませんでした」のような読みやすくスマートなスタイルに変わっています。めでたし、めでたし。

 全体は3巻に分かれていて上巻では天地創生の神話、中巻では天と人間の物語、下巻は、人間による国家統治の物語というように、だんだん現世的な転移を遂げてゆくのですが、ではどこまでが神話で、どこからが実在の人物の実話なのかと問うてみると、明確な線を引くのはかなり難しい。

 下巻の最初に登場する仁徳、あるいは第21代の雄略天皇あたりから実記、それも非常に文学的な、が始まると言えるのでしょうか。

 イザナギとイザナミ、アマテラスとスサノヲの対立、サルタビコとアメノウズメ、ホデリとホヲリの釣り針の話、神武の兄イツセの死、ヤマトタケルの素晴らしい歌と非業の死、神功皇后の海外侵略、仁徳天皇がお召しを忘れた老女、兄を愛して果てた衣通郎女などなど、忘れがたい逸話が随所に転がっていて退屈しないのですが、どうにも不可解で興ざめなのはアマテラスによる出雲への天孫降臨です。

 ここには神話文学譚の薄絹を纏いながら、オオクニヌシがさんざん苦労して打樹てた葦原中国を問答無用で収奪したヤマト王権のゲバルト性が、馬鹿正直に記録されているのです。

 また「古事記」を子細に辿ってゆくと万世一系の系譜など嘘かまことか不分明になっている個所もたくさんあって、安万侶がそんなちっぽけな石に躓かなかったことが察せられます。

 おそらく彼は、神々の誕生と国生みのロマンを語り直す快楽に酔いしれていたのです。

  世の中のいっとうはじめの神と人を思いのままに描き出したり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-25 11:21 | 読書

深作欣二監督の「蒲田行進曲」をみて



bowyow cine-archives vol.760


 冒頭、人気スタア銀ちゃん役の風間杜夫を柱に映画は猛烈な勢いで突っ走る。その激烈なスピードこそこの映画の命だ。銀ちゃんによろこんで犯される小夏(松坂慶子)のやわらかく白い肌はこの国の青春の儚い記念碑だ。

 その銀ちゃんが次第に沈むのと入れ替わりに、怒涛の存在感を示すのは、銀ちゃんが捨てた女小夏を押しつけられた売れない大部屋スタントマンのヤス(平田満)なりい。

 あの有名な地獄の階段落ちを敢行した血まみれのヤスが、ふたたび階段を這い上ろうとするとき、大部屋仲間のみならず銀ちゃんまでもが「ぐあんばれヤス!」と絶叫するのだが、その大合唱は、なぜか階層2極化の最底辺に呻吟するルンペンプロレタリアートへの魂の応援歌に聴こえてならないのである。


   夕されば大きな猪も現れてハンター色めく鎌倉の正月 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-24 13:33 | 映画

ラデュ・ミヘイレアニュ監督の「約束の旅路」をみて



bowyow cine-archives vol.759


 エチオピア難民の少年がユダヤ人と偽ってイスラエルに迎え入れられ、いわれなき差別とおのれのアイデンテティの確立に苦悩しながら、たくましく成長していく魂のビルダングスロマンです。

 なんだまたお馴染みのユダヤ人苛め物語か、といささか鼻白みましたが、だんだん引き込まれてとうとう2時間半も見物してしまいました。

 主人公が母親の愛情、米国とモサドの脱エチオピアエクソダス作戦に後押しされる形でイスラエルに潜り込んだものの、そこでも黒人ゆえのいじめや差別に遭うあたりの描写は新鮮ですし、国際政治に翻弄されながらもしたたかに生き延びようとする青年を、側面から擁護する寛容な人々の精神のありようがしっかり描かれていました。

 ただラストの母親との奇跡的な再会シーンは不要なり。また原題の「VA, VIS ET DEVIENS」という韻を踏んだよいタイトルを、「約束の旅路」などという凡庸な日本語に「翻訳」する配給会社のセンスを疑うのです。


   銀行とは阿漕な商売なり客を並ばせ金を預かる 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-23 14:35 | 映画

明治座で「春日局」をみて



茫洋物見遊山記第167回


 明治座の前を通ったことはありましたが、ここで芝居をみるのは恥ずかしながら生まれて初めて。橋田壽賀子の原作・脚本、石井ふく子の演出で「春日局」を見物しました。

 主人公のおふくを高島礼子、お江与(江)を一路真輝、その他大空真弓、沢田雅美、京野ことみなどが出演しますが、滑舌を含めた総合的な演技力では徳川家康を演じた西郷輝彦に軍配が上がったのは私も意外でした。

 橋田選手の無用の長台詞をこの「星のフラメンコ」の歌手が音吐朗々と語り終えたのは見事。さすが元御三家だけのことはあります。

 されど元宝塚の一路真輝などは肝心の台詞が聞こえてこない。遊女役の京野ことみもいかにも演技が拙い。ヒロインの高島礼子にしたって、まあ学芸会に毛が生えたようなものでしょう。

 素人か素人同然の主役を輝かせるためにはよほど脇をしっかり固めなければいけないのに、それが出来ていない。

 演出はまるで3流のテレビドラマを見ているようで感傷的な音楽をやたら流して中高年の女性を泣かせようとするのですが、それが却って真の劇的効果を損なっていることをこのヴェテラン演出家は知らないようです。

 こういう大衆演劇をレベルアップさせるのは、小劇場の演劇や文楽や能や歌舞伎などをもういちど見直してみる必要がありそうです。

 なお本公演は23日まで人形町の明治座で。すぐ隣に水天宮の仮宮が工事のために引越して鎮座しています。


    散華とは国が強いたる犬死にと思い知るこそ慰霊なりしを 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-01-22 13:33 | 芸術

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧