晴風万里

<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧




西暦2015年如月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に第288回


障がいのある息子と並んで剃られている土曜の朝の小林理髪店

担当者はどんどん変わるが君だけは同じ所に立っていた40歳の障がい者

家中の窓に垂らしたカーテンは白き秘密を外に漏らさず

腹違いの従兄妹の娘がやって来て御機嫌ようと挨拶するなり

「温かき心は挨拶から」と書いてある標札にして掲げるはいかがなものか

金魚を滑川に放つ人がいる止せといおうとしたがそれも一興

またしてもモンゴルの怪物現れて日本の土俵を席巻せんとす

朝な夕な立ちんぼうにて仕事する販売業はつらきものかな

恐らくは一万円ちょっと入っていただろうどこへ消えたか私の財布

いぎたなく美食飽食し尽くして猪八戒になりし人々 

「八犬伝」をものした馬琴は偉いけど崋山を裏切る馬琴は卑劣漢 

「モーレツからビューティフル」のコピーを書きし人の死を告げていた美しい筆跡

網走も京大阪も東京も日本もアジアの番外地なり
 
中国を憎むは容易く愛するは難ししばらくは黙って眺めていよう


20年をボランティアに捧げて全身ガンで73歳で果つ

私の代わりにトイレに行ってくれる小便小僧どこかにいないか

寝た切りの老人の用を足す小便小僧どこかにいないか

眼を瞑れば此岸から彼岸へ一っ跳び眼を見開けばこれまた此岸

堪えに堪え我慢に我慢の健さんがにっくき彼奴らに天誅下せり

死ぬ前の年にヘッツエルがコンマスで弾きしモーツアルトを聴く

新聞屋は親切な商売なり朝晩届けて集金に来る

もはや収入はどこからもやってこないかつがつの年金を大事に使おう

私には「ご主人様」妻には「奥様」と礼儀正しきミサワホーミングの桑名君

窓なども極力小さく拵えて敵に備える要塞のごとし

幻想の共同体の暗がりでシームレスのストッキングの猪八戒が蠢く

説明なんか要らないお前のやっていることをすぐに止めよと言っているんだ

国防婦人会のやうなオバハンが現れて国賊だの非国民だのと決めつけている



6000の中から選ばれし10句ゆえどこがいいのかつらつら鑑賞 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-28 11:15 | 詩歌

伊藤大輔監督の「切られ与三郎」をみて



bowyow cine-archives vol.776 

 歌舞伎で有名な「与話情浮名横櫛」を伊藤大輔が1960年にダイジェストして映画にしたもの。「いやさ、お富」とすごまれるお富役を若き日の淡路恵子が演じている。
 主役の与三郎はなぜか一部の女性に熱狂的な人気を死後もなお誇る市川雷蔵だが、せっかくの歌舞伎の名セリフだというのに、何の興趣も湧かない。
 武智鉄二は歌舞伎役者としての雷蔵を応援したそうだが、このシーンを見る限り、たいした役者だったとは到底思えないのである。
 伊藤大輔は時代劇黄金時代の名監督だそうだが、その演出は今となってはいかにも古くさいものである。


もはや収入はどこからもやってこないかつかつの年金を大事に使おう 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-27 21:39 | 映画

トム・グライス監督の「軍用列車」をみて



bowyow cine-archives vol.775


昔から潜水艦と鉄道を主役にした映画に駄作はなかったが、これもまあその範疇に入れてやってもいいかもしれない。

驀進する蒸気機関車の上でチャールズ・・ブロンソンとかジョン・ベンソンとかが組んず解れつの大活躍を演じるのだが、誰が敵だか味方なのかもよく分からない。
ジョン・ベンソンよりも「ウーン、マンダム」のチャールズ・ブロンソンの方が圧倒的な存在感を見せつけたことも意外だったが、ジル・アイアランドが可憐で可愛かったのも意外だった。

ジルは1990年に死ぬまでチャールズと添い遂げたのだった。


馬鹿丁寧な説明なんか要らないお前のやっていることをすぐに止めろと言ってるんだ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-26 15:44 | 映画

マキノ雅弘監督の「昭和残侠伝 死んで貰います」をみて



bowyow cine-archives vol.774


マスオさん「健さんはいつもどおり演技の出来ない健さんだったけど、ハンサムだけど許せる。それより恋人役の藤純子が終始ぶりっこの猫ねで声で喋るのがどうにも妙な感じだったね」

カツオ「だけど、ラストの大立ち回りは大迫力だったなあ」

ワカメ「ご本人もそれまでとは打って変わって生き返ったようにダンビラを振り回していたわ。不器用な人だから、現場では大勢のけが人が出たんじゃないかしら」

サザエさん「でも我慢に我慢を重ねていくら足を洗おうとしても、ヤクザのしがらみから身を引けず、最後は元の黙阿弥で網走番外地行き。娑婆に出てくるまでに藤純子がお婆さんになってしまうと思うと可哀想だったわ」

 堪えに堪え我慢に我慢の健さんがにっくき彼奴らに天誅下せり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-25 13:40 | 映画

紫上奇譚~「これでも詩かよ」第127番



ある晴れた日に第287回

 
私は諸国一見の放浪者だったが、野原で捨てられて泣いていた女の赤ちゃんを拾って育てた。食うや食わずの毎日だったが、彼女はすくすくと育っていつのまにか美しい少女になっていた。

降っても照ってもいつも私は彼女と一緒だった。同じ道を歩き、同じ風景を眺め、同じ木の実や魚を食べていた。夜が来れば粗末な覆いの下で抱き合って眠った。寝顔をよくみると堀北真希に似ていた。

雪や嵐の夜などはあまりにも寒くて淋しいので、私らはただ抱き合うだけでなく口づけをしたり体中を舐めまわしたり、いつのまにかお互いの性器を合体して激しく動かしたりしていた。

ある日のこと、峠のてっぺんで私がいまきた道を振りかえると、彼女の姿はどこにもなかった。私はその日一日じゅうあちこちを探し回ったのだが、とうとう彼女を見つけることはできなかった。

それから何十年も経って、諸国をたった一人で放浪していた私が、いつか堀北真希に似た少女が行方不明になった峠の麓にたどり着き、大きなタブの樹の下で眠っていると、真夜中に誰かが私の上にのしかかってきた。


  家中の窓に垂らしたカーテンは白き秘密を外に漏らさず 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-24 14:05 | 詩歌

ケビン・コスナー主演・監督の「ワイルドレンジ 最後の銃撃」をみて



bowyow cine-archives vol.773


牧童仲間のロバート・デュヴァルとケビン・コスナーが放牧を阻む大牧場主に戦いを挑む話であるが、主演兼製作兼監督のコスナーのメガフォンの切れが悪過ぎて、途中で大いにダレてしまう。

クライマックスの銃撃戦はそれなりのものだが、そこへ行くまでの道中のマンネリと物語の終わらせ方の緩さにはいらいらさせられる。

誰か別の職人肌の監督なら、この半分の長さで、もっとスリルとサスペンスに飛んだ切れ味のいい西部劇をつくるだろう。

  金魚を滑川に放つ人がいる止せといおうとしたがそれも一興 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-23 12:56 | 映画

梅原猛著「親鸞「四つの謎」を解く」を読んで



照る日曇る日第760回

「親鸞の出家の謎」、「法然入門の謎」、「親鸞結婚の謎」、「親鸞の悪の自覚の謎」、という四つの謎を彼なりに解いてゆくという趣向が、まるで数学の問題を解いてゆくようなスタイルになっていて、最後に「証明終り」などと記してあるのがなななかにユーモラスである。

このようにまだ誰も解決したことのない難問を該博な知識と執拗な論理思考、そして足を使ったフィールドワークで怪傑して黒頭巾をかぶるのは、昔からこの思想家の得意中の得意であったが、本書もその最新の大きな成果といえよう。

 著者の巨大な問いに対する回答もあっと驚く巨大なもので、嘘か真かは俄かに即断できないが、その論証の過程で飛び出した「親鸞は源頼朝の甥であり、彼の最初の妻は九条兼実の娘、玉日である」という発見にも驚かされる。

 また著者は、かの有名な「悪人正機説」を最初に唱えたのは親鸞ではなく、彼の師、法然であること、また親鸞の教説の主眼は、その「悪人正機説」ではなく、その先にある「二種廻向」にあったと力説する。

 「二種廻向」とは「往相廻向」と「還相廻向」という2つの転身転生コースのことである。

 前者は衆生が念仏を唱えて阿弥陀仏のおかげで「どんな悪人、凡夫、女人であっても」極楽往生できる道行きであるが、法然はもっぱら「自利」をモットオにするこの片道転進への奨めを説いていた。

 しかし親鸞は、いったん極楽往生した衆生が、迷える衆生を救済するために再び現世に戻って「利他」を実践する「還相廻向」を重視した。それが偉大な2人の先覚のもっとも大きな違いであるという。

 そしてこの世に帰還した聖なる人間は、現世→来世→現世etcという無限の行程を繰り返し、たとえ生身の肉体は幾たび消滅するとも、私たちのDNAが不滅であるように、過去現在未来永劫にわたって果てしなき転生、生まれ変わりを続けていくのだと説くのである。

 この縄文以来の私たちの死生観を、最新の遺伝子工学で補強した、いっけん非科学的な宗教哲学を、私は著者の混迷する現代と人類へのラスト・メッセージとしてしかと受け止めたいと思う。


 幻想の共同体の暗がりでシームレス・ストッキングの猪八戒が蠢く 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-22 11:16 | 読書

チャン・イーモウ監督の「単騎、千里を走る。」をみて



bowyow cine-archives vol.772


高倉健が主演した2005年製作の日中合作映画で、おしもおされぬ大家となったチャン・イーモウが監督している(日本撮影分はお馴染み降旗康男だが、あまり好きではないので無視することにする)。

なんで高倉扮する老主人公が単身中国の雲南州に出かけたかというとガンで瀕死の息子が同地で収録を果たせなかった仮面劇公演を息子に代わって撮影しようと思った、という鄒静之の脚本なのだが、しょっぱなから私は躓いてしまった。

いくら長き絶縁関係を修復するためとはいえ、いきなり「単騎、中国を走る」とはあまりにも展開が不自然である。

現地に入ってから、我らが主人公は、中国の官僚制や彼我のコミュニケーションギャップによって何度も破綻しそうになるのだが、このひたむきで健気な「親子愛」に感動した異国の人々の「国境を超えた人間的な絆」によって健さんは悲願を達成したかにみえたが、時すで遅かったというような見え見えのクリシェに最後までついていくことはできなかった。

冒頭と掉尾は荒れ狂う海に向かって一人たたずむ我らが健さんといういままで何度も見せられてきた図式的な映像が提示されるのだが、こういう平成東映映画のような図像も遥か昔に賞味期限を過ぎた代物なのであろう。


  中国を憎むは容易く愛するは難ししばらくは黙って眺めていよう 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-21 10:56 | 映画

石井輝男監督の「網走番外地」をみて



bowyow cine-archives vol.771


 およそ半世紀ぶりに再見した高倉健の網走刑務所脱獄物語なり。

 前半はいろいろな罪状で網走刑務所に収監された人々の囚人生活が描かれるが、なんといっても嵐寛寿郎の“八人殺しの鬼寅”が圧倒的な存在感を示す。

 後半は、安倍徹の悪だくみに巻き込まれた若いヤクザの健さんが、南原宏次と手錠で繋がれたまま恩人の丹波哲郎に追われて雪原を逃走する。

 スタンリー・クレーマーの「手錠のまゝの脱獄」が1958年、本作が1965年なので、おそらくあの有名なハリウッド映画をぱくったのだろう。

 高倉健は石原裕次郎と同様、まったく演技が出来ないので、そのあるがままの姿で若き日の姿をスクリーン上に晒している。

 彼が歌う主題歌「網走番外地」の原曲は、作曲家橋本国彦に拠るもので、昔わたしがリーマン時代に広瀬さんから聞いたこの曲の歌詞は、夜が朝に白むまで延々と続いた。

 単純なメロディに乗せて果てしなく歌われるこの歌謡は、演歌というよりお経、お経というより古代の記紀歌謡の呪文の流れを汲むがゆえに、我々の琴線に黒々と訴えるのだろう。


    網走も京大阪も東京も日本もアジアの番外地なり 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-20 13:30 | 映画

ヒドラ~「これでも詩かよ」第125番



ある晴れた日に第286回

持っていた自転車の鍵を、東京駅の新幹線乗り場の改札口の機械に挿入したとたん、私は新大阪の駅に到着していた。

電車から降りて無人の改札口を出たところで、前を行く白いチョゴリを着た若い女が幼女と共に道端の渓流に飛び込むのを目撃した。

私は一瞬躊躇したが、ザブリと川に飛び込んだ。

水底からにょろにょろと立ち上がるヒドラの2本の足。

ヒドラはその攻撃の手を休めずにだんだん肉薄してきたが、私は自分の足でキックしながら撃退することに成功した。

私はまず幼女を救い、次いでぐったりとなった女を胸に抱いて、水から引きあげた。

蒼白の女は、眉が細く美しい容貌をしていた。

私が「しっかりせよ」と声を掛けても目を開かず、一言も発しないので、盲目かつ聾であることが分かった。

彼女の幼女の泣き声だけが、白昼の荒野に響いていた。

するとみんなは、「ほら、ほら、ほら」と言いながら、吉田君からもらった異様に大きな林檎を私に見せつけた。

きっと私の分は無いのだろう。

悲しい気持ちに沈む私の傍を、思いがけず昔の思い人が通り過ぎていった。
なにも言わないで。

私の顔の前に彼女の顔があった。
ので余儀なく私は、彼女を抱いた。


国防婦人会のやうなオバハンが現れて国賊だの非国民だのと決めつけている 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-02-19 13:24 | 詩歌

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧