晴風万里

<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧




西暦2015年卯月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に第304回


斉藤斎藤の「NHK短歌」終りぬこれだけは受信料払う値打あったな

小説を一冊書くのは大変なことまして面白い小説となればなおさらのこと
 
金曜の午前中に訪れたがとっくに閉店していたよ「カフェ金曜の朝」

杜若菫連翹藪椿花咲き乱る恋の細道

官邸の闇をうかがう密偵ドロンたった一機に夜も寝られず

もし私が作詞家なら絶対に自分で作りたかった歌「とんびがくるりと輪を書いたホーイノホイ」

もし私がライターだったら絶対に書きたくない文章「そこには自分探しの旅に出たまま行方不明の自分がいた」

おじいちゃんがアジア大陸を侵略したなんて見ざる聞かざる言わざる僕ちゃん

展覧会に雑巾の絵を出すといういったい誰が買うというのか

弥生三月雲南桜草咲く頃そんなに大切な人だったと気づいてももう遅い

日一日日本嫌いになる日本人多し日本晴

父親の仕出かした罪業の落とし前をつけに旅立つ二人なりけり

蛇長く長長き夜をひとりCOME ON寝む

過ぐる十年湘南の四月二十六日は七割が晴れ

空は晴れ桜は咲いても心は闇だ四月はいちばん残酷な月

隙あらば高級ブランドのスリッパを叩き売るそれがニッポン人ぞなもし

人はみな発達障害にしてアインシュタインもエジソンも自閉症だといい加減なレッテルを貼りはやめてけれ 

わが軍は吾輩のもの米帝が行けと言うなら地の果てまでも

月の沙漠で喉が乾けば君が鎖骨の甘露を汲まん

ある作家の奥さんは銭洗弁天で夫の原稿用紙を洗ったと永井龍男いうさてその後いかがなりしや 

「ここで飛べここがロドス島だ」と思いつづけいつのまにやら七十年過ぎたり

幻想の共同体の暗がりで国家国家と喚く者ども

世界中「目には目を」となり行きて井筒『コーラン』を読み返す日々

寒くなれば冷たい暖かくなれば熱い風が出るそんなエアコンと暮らしています

「滅びるね」と広田先生はまた言うだろう平成日本の混沌を見て

花冷えや文楽のネット購入に失敗す

桜咲く妻と撮り合う遺影哉


       生きることそして死ぬこと桜散る 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-30 08:55 | 詩歌

蛇~「これでも詩かよ」第135番




ある晴れた日に第303回





             へ
            び
           な
             が
              す
            ぎ
             る
               な
                が
              す
            ぎ
         る




       蛇長く長長き夜をひとりCOME ON寝む  蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-29 11:50 | 詩歌

てふてふが海峡を飛んで行った~「これでも詩かよ」第134番




ある晴れた日に第302回




てふてふが海峡を飛んで行った




           て
            ふ
    
                 
                  ふ


                       
                         ふ






波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波波


     日一日日本嫌いになる日本人多し日本晴  蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-28 11:44 | 詩歌

新連載「十年の後」 第1回



バガテル-そんな私のここだけの話op.197


四月二六日の巻

2006年4月26日水曜日 曇
B社の原稿リライトあと15P。締め切りを5月8日に延ばしてもらう。久しぶりに前田氏よりメールありて資生堂ワードの記録を送付せよと。

2007年4月26日木曜 晴
久しぶりに晴れたり。工芸大学生何人か来る。耕君スリーエフにて松島奈々子のPOPを無断で持ち帰ろうとして注意される。

2008年4月26日土曜 小雨
耕君と泉水橋までバス券を買いに行く。金井不動産の奥さんはこないだ亡くなられたらし。原稿締め切り迫る。

2009年4月26日日曜 晴朗なれど風強し
鎌倉市議会選挙。某党のT氏に清き1票を投ず。メキシコ、アメリカで豚インフルエンザで死者81名。

2010年4月26日月曜 晴
文化で講義。その後散髪。その後岸本歯科。ついに治療終了。万歳!

2011年4月26日日曜 晴
昼に親戚一族来鎌。義母は昨年夏に死に瀕したが、家内の献身的な看護で奇跡的に一命を取り留めたり。

2012年4月26日木曜 曇
家内は友人と会食。相変わらず出版社の連絡なし。小沢無罪の判決。

2013年4月26日金曜 晴
家内は鎌倉中央公園へ。自転車でやってきた太田先生から花瓶を頂戴す。

2014年4月26日土曜 晴
数日前から春型のクロアゲハがあちことで飛んでいる。オタマジャクシは元気なり。

2014年4月26日日曜 晴
本日も快晴、初夏の陽気なり。ネパールで大地震。邦人含め2千人以上の死者がでる。

追記 本日より不定期連載の新シリーズ「10年その日その日日記」を掲載します。
10年間を通じて、この日は比較的晴天が多いことが分かる。


   過ぐる十年湘南の四月二十六日は七割が晴れ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-27 13:46 | エッセイ

北野武監督のヤクザ映画2本立



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.796&797


○北野武監督の「OUTRAGEアウトレージ」をみて

 昭和の任侠映画の典型的な姿形を平成の御代の現代的な感覚で洗練させたもの。  極道に生きる者たちの悲哀と愚かさをクールに描いてあますところがない。

 洗練といっても敵を殺すときの酷薄さは映画の中とはいえ背筋が寒くなるようなていのもので、ここには徳川家康の旗印であった「厭離穢土欣求浄土」を何処となく想起させる暗い人世観が表現されているようだ。


○北野武監督の「アウトレージビヨンド」をみて

 前作で被っていた仮面を脱ぎ棄てる三浦友和など総じて男性の主要登場人物の人間像はかなり明確に伝わってくるが、女性の肉体の輪郭以外の中身はまるで描写されていないことも、彼の内面のなにかの反映ではないだろうか。

 警察官でありながら、ヤクザとヤクザ以上にやくざに渡り合う小日向文世の虚無の深さと達者な演技が面白い。

 それにしても前作でビートたけしは死んだと思っていたので、後編でお富さんのように返り咲いたのにはすこし驚いた。鈴木慶一の音楽、山本耀司の衣裳がよい。

      杜若菫連翹藪椿花咲き乱るる恋の細道 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-26 11:23 | 映画

深作欣二監督のヤクザ映画3本立



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.793&794&795


○深作欣二監督の「新仁義なき戦い」をみて

 広島県呉のヤクザの抗争物語だが、これを見ているとヤクザも軍隊も会社も組織というものはみな上意下達の垂直構造によって貫徹されている点で共通していることがよく分かる。

 その親分子分の縦型命令系統の非人間性に耐えられず、反逆を試みたり、横へ逃亡しようとする者も出てくるのだが、最後は同質の社会構造に敷かれてしまうのだ。仁義なき戦いは、ついに仁義によって屈服されるのである。


○深作欣二監督の「新仁義なき戦い組長の首」をみて

 ここでの菅原文太は凄い。まずは敵の親分の首をとって、7年の懲役を務め上げてから今度は別の親分の首を舎弟に命じて取らせる。

 珍しく山崎努や三上寛が出演し梶芽衣子が綺麗です。


○深作欣二監督の「新仁義なき戦い組長最後の日」をみて

「新仁義なき戦い」シリーズの最終作だが、もはや手慣れたもので、例によって例のごとく進行するが敵の親分連中にトラックや乗用車で追走し激突させるシーンなど迫力がある。

 親分同志の安保条約を断固として退け、あくまでもヤクザの仁義を貫く一匹オオカミのど根性は晩年の菅原文太の生き方を先取りしているようでもある。

 懐かしの横山リエも出演しています。


   官邸の闇をうかがう怪鳥ドローンたった一羽に夜も寝られず 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-25 10:58 | 映画

鈴木清順監督の3つの作品をみる




闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.790&791&792


○鈴木清順監督の「けんかえれじい」をみて

 岡山から会津若松へと、高橋演じるバンカラ旧制中学生がやたら喧嘩を繰り返すのだが、最後は2.26事件を知って会津若松のカフェで目撃した北一輝に会いに行こうと上京するところで終わるという妙な映画なり。

 そんな主人公がカトッリックというのがちょっとおかしいが、全体を通じて非常につまらない映画で、そういう面白くもおかしくもない映画を監督は作りたかったのだろう。

 主人公のマドンナ浅野順子が可愛らしい。


○鈴木清順監督の「殺しの烙印」をみて

 殺し屋ナンバー3の宍戸錠が殺し屋ナンバーワンになろうと切磋琢磨して自滅する話。

 錠と小川万里子のからみがいまみても結構エロっぽいこと、山本直純の音楽が新鮮であることをのぞくとどうということはない。

 この人の習俗に与しないモダニズム手法には大いに共感するが、だからというて映画自体がいいか、面白いかという話とは別。これを見て怒り狂って鈴木を日活からパージした堀久作の気持ちはよく分かる。


○鈴木清順監督の「東京流れ者」をみて

同時代のださいルーチンプログラムに反抗するポップでシュールなモダニズム映画であるが、そういう風に演出、美術、照明にこだわる行き方じたいがダサイと思えてくるような奇妙な映画である。


  金曜の午前中に訪れたがとっくに閉店していたよ「カフェ金曜の朝」 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-24 09:00 | 映画

園子温監督の3つの作品をみる



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.787&788&789


○園子温監督の「冷たい熱帯魚」をみて

 私はこの映画を見ながらむかし当時の私の憧れの人が「しかし俺たちはまだ人殺しはしていないからな」と笑いながら語ったことを思い出していた。

 完璧に自己を実現しようとする志を持ちそれを達成しつつある強い人間は、私(たち)のような弱い人間にとって魅力的な存在である。

 しかし自分以外のすべてをことごとくなぎ倒し、全世界に向かって自己の意志と欲望を獲得していく人間の人世行路は他者の自己実現の否定と裏腹であり、彼の行く先には、他者の抹殺が射程距離に入ってくるだろう。

 この映画は、自分にも妻子にも他人にも世界に対しても不如意を感じている普通の男が、完璧に自己実現を貫徹していると確信する男と出会ってそれを果たしたが、その結果すべてを失ってしまうという逆説を驚異的な演出と圧倒的な演技の集積で描き尽くした。


○園子温監督の「ヒミズ」をみて

「ヒミズ」というのはミミズの仲間のことかと思ったが、「日見ず」すなわちモグラのことであった。映画では3.11の震災地を舞台に、モグラのごとく地下でもがいている若ものの気違いじみた孤独と煩悶が主人公の2人の身に寄り添って執拗に描かれている。

震災の痛手から立ち直れないまま、地獄のような世の中をふつうに真面目に生きようとすれば、どのような壁にぶつかるか、その壁を乗り越えようとすればどのような困難が待ち構えているかが噛んで含めるように描かれているとも言えるだろう。

映画では、花の歌や頑張れの応援歌や自己励起の掛け声が震災からの復興支援に結び付くという月並みをその冒頭で激しく否定するが、主人公が直面する困難をつぶさに描く中で、最後にはもういちど心からの再生、自立への叫びが画面を揺るがせるのである。

2匹のモグラが日の眼を見ずに消え去ることなく、かろうじてこの世界にぶら下がることができたのは、なんとしても良かったとラストでは思わずにはいられない。

全編を通じてモーツアルトのレクイエムの冒頭部が鳴らされるが、鳴らしつかれたのかバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を混入させるのは愚かなことである。


○園子温監督の「恋の罪」をみて

 肉体化されない言葉には生命がない。と同様に人間の動物的本質としての性愛に目ざめない人間も一人前とはいえない。という地点から出発した詩的・哲学的映画は、制服の処女をいわゆるひとつの大人の女に開花させるが、その開き過ぎた隠花植物は速やかに糜爛して燃え尽き、己も他者も滅ぼしていく。

燃え上がり、爆発する女の欲情を描く監督の演出は、前人未踏のエランヴィタールに光り輝き、嵐のように疾走してゆくのである。

 登場する役者、とくに女性はみな素晴らしいが、劇伴音楽には一考の余地がある。


 おじいちゃんがアジア大陸を侵略したなんて見ざる聞かざる言わざる僕ちゃん 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-23 13:17 | 映画

西暦二〇一五年四月の歌~「これでも詩かよ」第138番



田村隆一著「田村隆一全集6」を読んで

ある晴れた日に第301回&照る日曇る日第777回


四月はいちばん残酷な月さ
いままで無料だった町内のゴミ出しが
袋1枚80円の有料になってしまった

四月はいちばん残酷な月さ
ミルクもヨーグルトもケチャップも値上げになって
年金の手取りがみるみる減ってゆく

四月はいちばん残酷な月さ
政権に楯突くキャスターたちが
突如解雇されて路頭にさ迷う

四月はいちばん残酷な月さ
花見酒に浮かれてカッポレを踊っている間に
不戦の誓いがウジ虫に喰われていく

四月はいちばん残酷な月さ
終戦を敗戦、大学紛争を闘争と言い換えていた友が
2015年を平成27年という。

四月はいちばん残酷な月さ
かつて国立競技場を埋め尽くした人々が
スタジアムもろとも滅びていく

四月はいちばん残酷な月さ
桜の樹の下で眠る愛犬ムクが
早く来てねとワンワン吠える


  空は晴れ桜は咲いても心は闇だ四月はいちばん残酷な月  蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-22 12:54 | 詩歌

21世紀のファッション・トレンド その13



ふぁっちょん幻論第93回&広告戯評第21回&バガテル-そんな私のここだけの話op.196

2014年6月下旬にミラノ、パリで開催された2015年春夏メンズコレクションは軽さと快適さの追求。ボッテガ・ヴェネタ、トッズ、カルヴェン、ルイ・ヴィトンなどシンプルな色柄と薄く機能性のある素材やゆとりのあるシルエットが特徴。コムデ・ギャルソンは「反戦」をテーマに、アヴァンギャルドなコレクションを静かに展開。

15年春夏ミラノ・コレ=伝統の技と素材受け継ぐ。新味より着やすさ。日常着をエレガントに。プラダ、グッチ、アルマーニなど。

15年春夏パリ・オートクチュール=ディオール、シャネル、ヴァレンティノなどテロ・厳戒態勢の中であふれる花と愛。

15年春夏パリコレ=平和への願い優美に。時代の不安色濃く暗示。主流は70年代のフラワーチルドレン調をモダンに仕立てたスタイル。女性の権利拡大のネッセージも。コムデのメンズは「反戦」がテーマ。英ジョナサン・アンダーソンがロエベのデザイナーに、ソノア・リキエルは仏の新人ジュリー・ドウ・リブラン、3年前ディオールを解雇されたジョン・ガリアーノがマルタン・マルジェラに。

15年春夏東コレ=見せる服より着られる服を。原点に光、普段着が主流。メッセイジ性なくリアル・クロージング。

15年秋冬NYコレ¬=脱癒し、まとう力強さ。変革を求め、自らを奮い立たせるような力強さ。オスカー・デ?ラ・レンタ死去して元ニナ・リッチのピーター・コッピング初のショー。マーク・ジェイコブスの反リラックス変化。

15年秋冬パリコレ=ルイ・ヴィトン、セリーヌ、ディオールなど「花と愛と自由」の1970年代調を引き継ぎながらも未来へ導く強さと官能。暗さに向き合うコムデギャルソン。

15年秋冬東コレ=タケオ・キクチ、ユキ・トリイ、ケイタ・マルヤマなどヴェテラン、中堅が個性豊かに盛り上げる。

(以上は朝日新聞文化欄からの抜粋です)

 その他英国のバーバリーが三陽商会との契約を終了させ、今年7月以降はバ社の直営店のみで販売されることになったが、これはラグジュアリー路線を貫徹しようとする本国が、三陽独自のボルームゾーン版の普及を切捨て、さらなるイメージアップを図ろうとするもの。

 かつて高島屋がピエール・カルダンで行ったように日本では欧米の高級ブランドを大衆化して拡販する商法が得意中の得意で、このような極東ローカルの俗流大衆路線を粛清して純潔を死守しようとしたのだろう。

 ニッポン人なんか信用しないぞ! 今年3月に出されたバーバリーのイメージ広告はそんな決意を暗に秘めているように感じられる。


  隙あらば高級ブランドのスリッパを叩き売るそれがニッポン人ぞなもし 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-04-21 11:22 | ファッション

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧