「ほっ」と。キャンペーン

晴風万里

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧




西暦2015年文月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に 第325回


泉水橋医院で呉れた薬をみな飲めば下痢吐気で二日間眠れず

お月さまと土星金星木星を夜の地球から眺める贅沢

筆跡を見ればだいたい分かるはずあんたがなんぼのものであるかは

漱石君即天はたして去私なるや挙止虚私清私にして巨私巨資鋸歯

そういえば魂なんてすっかり忘れ果てどこかに置き去りにしてきたようだ

霧の海マッチを擦ろうが擦るまいが身捨つるほどの祖国などない

失われた青春を牢屋で作りだしていると坂口弘歌えり

宝塚清く正しく美しく地獄の季節も生き延びたのか

古の人に我あれや国会の強行採決を見れば悲しき

あれからどないしとったと聞かれたが答えられない夢の中では

「決められる政治」を託した男がやりまくる最悪だけを決める政治

夏になれば農夫は西瓜を獲り入れるこれ以上正しい仕事があるだろうか

昆虫を気持ち悪いという子供昆虫は動物でねそのなかでいちばん気持ち悪いのが人間なんだよ

デフォルトになってもよござんすか希臘首相ケツを捲くるや水無月尽 

シンクロナイズドスイミングに一番いいのはカラヤン指揮の音楽と井村コーチ語れり

「インクを買うなら最新プリンターを買おう」というがインク代の儲けにあきたらずまたプリンターを買えというのかエプソン

安倍さん橋下さんは大嫌いやっぱりまれちゃんは可愛いで終わる井戸端会議

安倍蚤糞戦争法案新国立嫌な感じの熱い夏だぜ

民草の多くは正しく判断したり競技場にノン戦争法案にノン

早朝は軽トラ多しこの国の土台を支える人たちが行く

青空にぽっかり浮かんだ白い鳩いつまで続くわれらの平和

競技場五輪原発戦争法案みな撤廃せよニッポンのヒトラー 

カザルスの「鳥の歌」など聴きおればピースピースと泣くように歌う

鶴見俊輔死す九十三歳残念残念残念だった

三人で朝昼晩と食べてます見たこともない大きな西瓜

本郷台の駅前に立つ楠並木アオスジアゲハが泣いて喜ぶ

「この梅はお持ちくださいいくらでも」春日さんって太っ腹だね

三百万の死者のすべてを国会に招きて改憲発義するべし

沖縄の民草の服に身を包み隠れ蓑にした三十二軍兵士

ガマに逃げし沖縄の民を戦場に追いやりしは皇軍第三十二軍



半死にでくたばっているのにみなさまのNHKがお届けするワーグナー 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-31 11:16 | 詩歌

真夏の夜のラプソディー「これでも詩かよ」第155番 その3




ある晴れた日に 第324回


すると別の学生の一隊が、「これからは国産ドッグファイトからグローバル・キャット・ファイトの時代じゃ!」と叫んで、ドラえもんやのび太と一緒に真っ白な衣裳に身を包んで「猫じゃ猫じゃ」と歌いながら、講堂の舞台の上で踊りはじめた。

ミャオ ミャオ ミャオ
Myaw Myaw Myaw
ニャ、ニャ、ニャン ニャン

おめえはなにを舐めてんだ
あんたのお尻を舐めてんだ
くすぐったいからやめてけれ

なんだ坂、こんな坂
ニャー ニャー ニャニャン、ミャー ミャー、ミャー
おいらは猫だ あたいは猫だ

ぶち猫、三毛猫、どらの猫
白猫、黒猫、ヒマラヤン
なんだ猫、こんな猫

さび猫、とらねこ、バーミーズ
赤とら、サバとら、純白猫
お前は、単なる猫に過ぎない

赤猫、灰色猫、斑猫
アビシニアン、オリエンタル、バナナブラウン、
そうさ、おいらはただの猫

ペルシャ、ベンガル、ターキシュ
メインクーン、ロシアンブルー、チェシャ猫
猫は猫でも国際品

キジトラ、トビ三毛、縞三毛
マンクス、ボンベイ、コンラート
そうさ、あたいはMade in the World

なんだ坂、こんな坂
ニャー ニャー ニャニャン、ミャー ミャー、ミャー
おいらは猫だ あたいは猫だ


  安倍蚤糞戦争法案新国立嫌な感じの熱い夏だぜ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-30 11:35 | 詩歌

真夏の夜のラプソディー「これでも詩かよ」第155番その2




ある晴れた日に 第323回


 私の目の前には仏文5年生の怒りのチビ太やイヤミや蝶の好きな多田さん、グラン佐々木、それに六つ子なども勢ぞろいしていて、徒党を組んで階段教室を下りながら全員が黒づくめの犬になってしまって、「なんだ坂、こんな坂」と大声で歌いながら踊り狂うている。

ワン ワン ワン
Wang Wang Wang
ワワン ワワン ワンワンワン

おめえは、なにを舐めてんだ
あんたのお尻を、舐めてんだ
くすぐったいから、やめてけれ

なんだ坂、こんな坂
ワンワン、キャンキャン ワンワンワン
おいらは犬だ あたいは犬だ

秋田犬、津軽犬、岩手犬
阿波犬、越後柴、樺太犬
なんだ犬、こんな犬

紀州犬、高安犬、薩摩犬
四国犬、屋久島犬、縄文犬
お前は、単なる犬に過ぎない

森林狼犬、仙台犬、大東犬
秩父犬、珍島犬、土佐闘犬
そうさ、おいらはただの犬

羽衣之柴、肥後狼犬、豊山犬
前田犬、北海道犬、豆柴犬
犬は犬でも、国産犬

雪甲斐犬、琉球犬、鷹版犬
三河犬、重慶犬、日向犬
そうさ、あたいはMade in Japan

なんだ坂、こんな坂
ワンワン、キャンキャン ワンワンワン
おいらは犬だ あたいは犬だ


  競技場五輪原発戦争法案みな撤廃せよニッポンのヒトラー 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-29 10:36 | 詩歌

真夏の夜のラプソディー~「これでも詩かよ」第155番



ある晴れた日に 第322回


その1

 私は長い間この街に来たことがなかったが、ふとこの街の大学をまだ卒業していなかったことに気付いた。

 急いで教務へ行くと3つの教科のレポートと卒論を提出すれば証書を授与するというので、しばらく当地に滞在して長年の懸案を果たすことにした。

 いよいよレポートすべき国文学講座が始まる日、キャンパスの入り口で「こっち、こっち」と私に手招きする人がいるので、近寄ってよく見ると今中さんだった。

 どうして彼がこんな所にいるのか分からなかったが、今中さんは、「早く、早く。急がないと授業が始まってしまうぞ」と、私の手を取るようにして坂の隣を上昇しているエスカレーターに乗り移った。

 ところがそのエスカレーターが鈍速なので、焦った2人が3段跳びの駆け足で飛躍してると、到達まぢかなエスカレーターがちょんぎれて、私たちはまるでだらりの帯のようになった階段の先端に両手でぶら下がって、ひとの助けを呼ばなければならなかった。

 ようやくキャンパスの構内に辿りついたが、今中さんは「今日の授業は最後に漢字の書き取りテストがあるから、どうしてもその参考書が必要だ。僕が一っ走り書店に行って買ってくるから、君はここで待ってて呉れた給え」と云う。

 それきり今中さんはいつまで経っても戻ってこないので、しびれを切らし焦りまくった私は、傍を通りかかった学生に教室の場所を聞くなり、全速力で走りだした。教室に着くと大勢の人が立錐の余地なく詰めかけて授業どころの騒ぎではない。


  あれからどないしとったと聞かれたが答えられない夢の中では 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-28 12:57 | 詩歌

猛暑に西部劇!!! その3



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.874、875、876


○アンソニー・マン監督の「ララミーから来た男」をみて

 弟の敵討ちをするために遥々ララミーからやって来た男は何を隠そうジェームズ・スチュアートである。

 スチュアート選手はその町でカワイ子ちゃんに惚れたり、町の権力者たならず者と対立して何度か殺されそうなめにあいながら、その都度奇跡的に立ち直り、とうとう悪者を退治して好きな女との再会を約しながら颯爽と町を去っていくのでありましたあ。

 はじめは善玉と思えた人物が、最後には悪玉であることが明らかになるのであるが、映画はまったくそういう風には描いてきていないので、真相があばかれても嘘かよという白けた気分になってしまう。


○エオドワード・ズウィック監督の「グローリー」をみて

 モーガン・フリーマンとデンゼル・ワシントンが共演する1989年製作のアメリカ映画なり。

 しかし南北戦争で黒人連隊が活躍していたなんて知らなかったな。

 南北戦争は、どうしても勝者になった北軍からの視点で描かれることが多いが、この映画ではそうでありつつも北軍幹部の腐敗や堕落、犯罪的な行為にも触れているのが新鮮だった。

 ボストンからやって来た主人公の大佐は拙宅でお世話になっているミサワ・ホームイングというリフォーム会社の営業の桑名君にそっくりなので驚いた。


○ラウール・ウオルシュ監督の「限りなき追跡」をみて

 ラウール・ウオルシュ監督による1953年の西部劇だが、他の多くの西部劇と違って主人公のロック・ハドソン、悪役のフィル・ケイリーなどの人物像をきっとりと描きこんでいるから活劇とドラマに厚みが出る。

 主人公の美しい婚約者ドナ・リードに横恋慕した悪役は彼女を誘拐して強姦してしまうのだが、ここまで描いてしまう監督なんてウオルシュくらいのものだろう。

 相思相愛の2人のこれからがちょっと気になるラストずら。



  安倍橋下百田は大嫌いやっぱりまれちゃんは可愛いで終わる井戸端会議 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-27 14:15 | 映画

猛暑に西部劇!! その2



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.872、873


○ジョージ・キューカー監督の「西部に賭ける女」をみて

 なんといってもソフィア・ローレンのやわらかくくねる女体が妖艶。お相手はアンソニー・クインだが、んなもんぶっ飛ばすほどのお色気を拡散しつつ、映画はそのまま終了してしまいます。

 私は80年代のパリのオペラ座でこの人を遠くから見たが、彼女が場内に入場して席につこうとしただけで満座の聴衆の目が彼女に集中するのが分かった。千両役者とはこういう人のことをいうのだろう。


○バート・ケネディ監督の「戦う幌馬車」をみて

 おなじみジョン・ウェインとカーク・ダグラスの競演で、そこにはもちろんインディアンもからんで、いわゆるひとつのステレオタイプな西部劇を楽しみながらやっている。

 この映画の中でカーク・ダグラスは、いつも後方からジャンプしながら馬に飛びついて鞍に収まると言う離れざわをやっているのだが、どういう訳だかラストでは見事に失敗したところで、ジ・エンドになるのである。


    三人で朝昼晩と食べてます見たこともない大きな西瓜 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-26 10:02 | 映画

猛暑に西部劇! その1



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.870、871


○フィリプ・カウフマン監督の「ミネソタ大強盗団」をみて

 西部劇をみているとワイアット・アープとビリーザキッドを扱った映画が多いことに気づかされるが、ジェシー・ジェイムズが登場するを映画もかなり多い。

 しかしその1本であるこの作品の主役はジェシー・ジェイムズではなく、同じ強盗仲間の名前さえ聞いたいたことのないヤンガー兄弟である。

 ロバート・デュヴァルがジェシー役をやっているが、これは完全なミスキャスト。この人には悪人は似合わない。


○マーク・ライデル監督の「11人のカウボーイ」をみて

 ジョン・ウェインが夏の2ヶ月間に1500頭の牛を遠くまで運搬するカウボーイがいないので、やむを得ず少年カウボーイをアルバイトで雇って決死の大旅行に乗り出すが、悪者の悪巧みによって無残に殺されてしまい、少年カウボーイたちが復讐するという無茶クチャな西部劇ずら。

 いくらちゃんとした大人のカウボーイが集められないからというて、小学生中学生の男の子を危険で無謀な旅に連れ出すなんて一人前の男がやることではない。げんにその1人は不慮の事故で死んでしまう。息子の願いを許す親も親である。

 確かにジョン・ウェインは悪者と男らしく戦って孫のような少年カウボーイの鑑になったかもしれないが、死んでしまっては御仕舞づら。

 あまつさえ彼の仇打ちをするんだと少年カウボーイが人殺しをするラストは正気の沙汰とは思えません。


     鶴見俊輔死す九十三歳残念残念残念だった 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-25 11:25 | 映画

日本文学全集22「大江健三郎」を読んで



照る日曇る日第802回


「人生の親戚」「治療塔」「鳥」「狩猟で暮らしたわれらの先祖」のほかに短いエッセイを盛り沢山に収めた、切れ味鋭い池澤夏樹版健三郎セレクションずら。

「人生の親戚」は、どこかマルケスやリョサなどの影響を受けたところもあるようだが、ヒロインの(いずれも障がいを持った!)2人の子供が、(ひとえに作家の小説的レシピの好みで)投身自殺をするというトリヴィアなトピックづくりに違和を覚える。

 こういういかにもな(変態的&ドストエフスキー的?)プロットを導入しなくても、この女性の悲劇的な生涯を「深刻に」描く方途はいくらでもあったに違いないのに。

 「治療塔」はエリート地球人が非エリート地球人を差し置いて他の惑星に脱出したものの、新生活を築くことに失敗したので逆戻りするという奇妙なSFだが、その惑星にあらかじめ据え付けてあったという「治療塔」の存在は興味深いずら。

 もしも宇宙のどこかに、こういう暗黒物質が生んだ生命の樹(聖なる生命賦活システム)のごときものがあったなら、もしかすると(おたくの光君も、うちの耕君も)、生まれながらの脳の障がいを克服することが出来た(出来る)かもしれないね。

 巻末のエッセイ「ナラティヴ、つまりいかに語るかの問題」を読むと、よくもこんな辛気臭い文章を書くなあと文句を言われつけているこの作家が、どのような試行錯誤を経て、かくも豊饒なる日本語表現を獲得するに至ったかが窺い知れる。ずら。


   民草の多くは正しく判断したり競技場にノン戦争法案にノン 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-24 12:41 | 読書

国立新美術館で「マグリット展」をみて~「これでも詩かよ」第152番



ある晴れた日に 第321回


                Ⅰ

 君も知るように、「巨人の時代」には「飢餓」と「呪い」と「禁じられた書物」が欠かせない。

 これこそが「永遠の明証」と「終りなき認識」の「生命線」なのだから。

「哲学者のランプ」が「自由の入り口で」照らすのは「弁証法礼賛」の「前兆」だ。
 
「空気の平原」で「絶対の探求」を目指す「人間嫌いたち」は、「禁じられた世界」へと「炎の帰還」を果たすだろう。

 ごらん、「精神の自由」と「真理の探究」を求める「狂気について夢想する男」によって、自称「スノッブたちの行進」が「再開」された。

 さあ我われもすみやかに旅立って、「精神界」の「赤いモデル」を目指そうではないか。

「ガラスの鍵」を使って密かに「王様の美術館」に忍び込み、「幕の宮殿」に飾られている「イレーヌ・アモワールの肖像」から「礼節の教え」を盗み取ろうではないか。


                Ⅱ

 おや、そうこうする間に、いつのまにか「火の時代」が始まったようだ。

「恋人たちの散歩道」を待ち伏せしている「不穏な天気」と「風の装い」をよくごらん。

「誓言」をもって「白紙委任状」を「テーブルにつく男」に渡した「大家族」は、もはや「上流社会」の「同族意識」など抛り投げてしまい、「神々の怒り」と「自然の脅威」の前に恐れおののいているようだ。

 今では「世紀の伝説」と化した「エルノシア」では、ハムレットの代わりに「不思議の国のアリス」が「観光案内人」となって、「心のまなざし」と「美しい言葉」で「心臓への一撃」をお見舞いしている。  

「アルン・ハイムの地所」を流離う「巡礼者」たちは、「手の力」で「稲妻」を呼び集め、「ある聖人の回想」が物語られる瞬間を心待ちにしているようだ。

 しかし、「彼は語らない」。

「水浴の女」たちが、いつのまにか「困難な航海」に出かけたからだ。


                Ⅲ

 さあ友よ、今日は「ゴルコンダ」の「大潮」の日だ。

 みなが待ち望んだ「ヘーゲルの休日」だ。

「空の島」にはいかなる「概念」もその「影」すらなく、「傑作あるいは地平線の神秘」という「イメージの忠実さ」、あるいは「イメージへの裏切り」という名の「即自的イメージ」だけが、「ハゲタカの公園」で鳩のように大空にはばたいている。

「一夜の博物館」には、「心臓の代わりに薔薇を持つ女」という名の「女盗賊」が、「博学な樹」に攀じ登って、「完全なる調和」を夢見ている。 

 さあ「町の鍵」を深く差し入れて、今こそ「美しい虜」を思うさま「凌辱」しようではないか!

「光の帝国Ⅱ」に滞在中の「シェヘラザード」と懇ろになって、「微笑」と「媚薬」で彩られた、終りなき「会話術」と「ことばの用法」を教わろう!

「青春の泉」から「絶対の声」をくみ上げ、果てしなき「愛のワルツ」を踊ろう!

 けれども「観念」せよ、汝ら老い先短い者たちよ。

 お前たちは、「ヨーゼフ・ファン・デル・エルスト男爵と娘の肖像」からは「応用弁証法」を、

「宝石」と「夜会服」を身に纏った「無知な妖精」からは、「レディ・メイドの真実」の「喜劇の精神」を学ばなければならない。

 昼なお暗い「オルメイヤーの阿房宮」の「座敷席」で、一輪の「深淵の花」を見るまでに。



注 この詩は、2015年3月25日から6月29日まで国立新美術館で開催されたルネ・マグリットの展覧会に出品されたほぼすべての作品の題名を用いてつくられた。括弧の中の言葉がそれである。



  青空にぽっかり浮かんだ白い鳩いつまで続くわれらの平和 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-23 13:53 | 美術

新潮日本文学古典集成「萬葉集一」を読んで



照る日曇る日第801回


 萬葉集という本邦最大最高の詩歌集を編んだのは大伴家持とされるが、その家持がどれくらい女性にもてたのか、この一冊を読めばよく分かります。

 本妻は従妹に当たる大伴坂上大嬢(おおともさかのうえのおおいらつめ)で、この幼馴染の二人は相思相愛の理想的なカップルであったと思われるのですが、天平四年から十一年くらいまでの間に謎の「離絶」の時期があるのです。

 普通なら二人はそれで終ったはずですが、やはりどうしても忘れられなかったとみえて、さながら焼けポックイに火が付いたように再度くっつき、その後は不動の正妻の地位を守るのです。

 では、どうして突如アツアツだった二人が別れてしまったかというと、小生の素人考えでは、あまりにも大伴家持が女性にもてすぎるので、坂上大嬢が頭に来たのではないかと邪推するのです。

 歌人というよりも古代名門豪族の代表的な武人として台頭する藤原氏と毅然と対峙した「男の中の男」、その魅力が光源氏のようにあらゆる階層の女性たちを魅了したのでしょう。

 さてそのお相手ですが、女流歌人とし名を知られる笠女郎をはじめ、山口女王、大神女郎、中臣女郎、河内百枝娘子、粟田女娘子、大宅女、安都扉娘子、丹波大娘子等々その数知れずというくらいですが、本書によれば本命は紀女郎(きのいらつめ)であったそうな。

 家持は紀女郎との間に何通もの相聞歌を交わしていますが、本妻の坂上大嬢とのラブレターと比べると、その数においてもその熱烈の度合いにおいても敵わない。やはり最後は収まるべきところに収まったといえるのではないでしょうか。

 
 世の中し 苦しきものに ありけらし 恋にあへずて 死ぬべき思へば 坂上大嬢

 後瀬山 後も逢はむと 思へこそ 死ぬべきものを 今日までも生けれ 家持



昆虫を気持ち悪いという子供昆虫は動物でねそのなかでいちばん気持ち悪いのが人間なんだよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2015-07-22 14:31 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧