人気ブログランキング |

晴風万里

2015年 03月 24日 ( 1 )




夏目漱石の「三四郎」を読んで



照る日曇る日第770回

購読している朝日新聞がさきの「こころ」に続いて日々連載していたのでなんとなく再読することになってしまったが、止せばよかったと後悔することになってしまった。なんというか、読物としてほとんど詰らなかったのである。

 むかしはじめて読んだときはこちらが若かったせいか、主人公の三四郎と田舎者の自分をなぞらえて帝都の美と知の象徴のごときヒロインの美禰子にもおおいに憧れたのであるが、今回は「この男なんでこんな女に惚れたのか、馬鹿な恋をしたもんだ」と冷たく突き放してしまった。歳はとりたくないものです。

 結局改めて記憶に焼きつけられたのは、上京する列車で喰うた弁当箱を窓から投げ捨てる場面と、乗り合わせた女と名古屋で同宿した女から「あなたは度胸のない方ですね」と切り捨てられるシーン、乗り合わせた広田先生が、「日本は滅びるね」と断じ、由比ヶ浜の海岸を抜き手で泳いで帰ってくるところ、

 さうして三四郎池の青空とヒロインが丘の上に登場する個所と最後に三四郎と美禰子が別れる全編のキモのところ。(以下引用)

「ヘリオトロープ」と女が静かにいった。三四郎は思わず顔を後へ引いた。ヘリオトロープの罎。四丁目の夕暮。迷羊。迷羊。空には高い日が明かに懸る。(引用終わり)

 ちなみにこの迷羊には「ストレイシープ」とルビがふってある。

 とどめは教会から出てきた美禰子が旧約聖書第51篇第2節の名台詞「われは我が愆を知る。わが罪はつねにわが前にあり」を「聞き取れない位な声でいう」ところ。

 嗚呼、これで哀れ三四郎は万事休すとなるのである。

 漱石の小説の魅力は、「猫」や「坊っちゃん」のように物語が軽快で文章が生き生きしていること、のはずだったが、ここでその痕跡が残るのは、はつかに生前の子規を思わせる与次郎の快活と剽軽さのみ。全体的にプロット相互のつながりが小澤征爾の指揮のように気息奄奄として、物語の展開になめらかさと合理性を欠いている。

 それゆえこの青春恋愛ビルダングス小説の生命線は、この「ストレイシープ」だの「ハイドロオタフヒア」や聖句のひけらかしなどの英文学的素養と蘊蓄にあるといえよう。


      明治大正昭和平成人間皆迷羊 蝶人

 



by amadeusjapan | 2015-03-24 10:28 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧