人気ブログランキング |

晴風万里

<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧




高浜虚子旧居を訪ねて




茫洋物見遊山記第68回&鎌倉ちょっと不思議な物語第248回&勝手に建築観光第44回&茫洋広告戯評第15回



若き日の芥川龍之介の下宿からほどちかいところになんと高浜虚子の旧居がひっそりとたっていました。虚子の死後は次女の星野立子さんが住んでいたようですが、その後は人手に渡って現在に至っているようです。すぐ傍に江の電が走っているのですが、その音がやむとまた秋の日の静寂に包まれてしまいます。

相当に古い木造家屋の前にはかなり広い庭があって、一輪の紅い薔薇が咲き残り、他にもさまざまな花が植えられていましたが、私は隅っこに小さな花弁をつけていたホトトギスに目を奪われました。

虚子が正岡子規の推挽で俳誌「ホトトギス」を出したのは明治30年のことでしたが、その「ホトトギス」と子規ゆかりの杜鵑草がこの庭にあるのは当然と言えば当然とはいえ、いったい誰が植えたのだろう、もしかして虚子が手ずから植えたのではないだろうかと思って、私はしばらく生垣の間からじっと眺めておりました。

庭の外と狭い路の間には「高浜虚子旧居」の小さな石碑と「浜音の由比ヶ浜より初電車」と立子の書で刻んだ虚子の句碑がうずくまっていました。これなどは例の「花鳥風詠」をうたい文句にした偉大なる俳人のいかにも凡庸な作品ですが、毎朝江の電の由比ヶ浜駅から鎌倉に出て、横須賀線で東京駅の近所の丸ビルになった編集所まで通っていた虚子の几帳面な性格を窺わせるには充分です。

私は時折丸ビルのその「ホトトギス」事務所を用もないのに尋ねては明治の俳人の面影を慕っていたのですが、それにしても、(と話は飛びますが)、その立派なビルジングを耐震性がどうたらこうたらと抜かして1995年に一夜にして倒壊させ、下らないコンクリートの残骸ビルを再建した三菱地所は許せません。

あまつさえ彼らはてめえがぶっこわした歴史ある建築物の土台となった米国産パイン材をば社長が登場する広告に使って、そのまだまだ使用できる頑丈さを誇示していますが、それならなおさら巨大な犬小屋の新丸ビルなんぞ必要はなかったのではないでしょうか。

「一丁倫敦」を模したジョサイア・コンドル設計の三菱一号館を1968年にさっさと解体しておいて、世間の風潮が歴史や回顧や環境保全の方向にむかうと、突如美術館として再建したよなどといばっている会社は、所詮文化を語る資格のない金もうけだけの土建屋であり、亡くなった虚子も草葉の陰でよよと泣いていることでしょう。



江の電や虚子邸で咲くホトトギス 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-10 15:53 | 鎌倉案内

芥川龍之介の下宿跡を訪ねて



茫洋物見遊山記第67回&鎌倉ちょっと不思議な物語第247回


恒例の鎌倉文学館の文学散歩で学芸員の方のガイドに導かれて、秋の半日をそぞろ歩きました。自転車から転落して腕の骨を折った細君は無念の欠席です。

今回はまず江の電由比ヶ浜駅から芥川の下宿跡を訪ねました。芥川は大学卒業後横須賀機関学校の教師となり、大正5年から鎌倉に住みますが、その最初の住まいがFMかまくらの向かいにある旧野間西洋洗濯店の下宿でした。彼は同年12月の日記に「朝六時から起きて全速力で小説を書いて居る。鎌倉の物価の高いのにはあきれかえる」と書いていますが、この頃から当地の物の値段は馬鹿高かったのですね。

 高いのは物価だけではありません。税金も気位も高い。あまけに市役所の職員の給料は全国で一番か二番目に高い。私なども細君の実家が当地になかったらまったく無縁の地であったに違いないのですが、気がつけば三〇年以上この海と山と谷間の地にへばりついています。やれやれ。

それはともかく鎌倉は人口に比してクリーニング屋さんが圧倒的に多いのは、そもそもが当時の富裕層の避暑地だったから。街中をてくてく歩いているとすぐに「西洋洗濯店」が見つかります。若き日の文豪もそんなお店に下宿しておそらくは「鼻」か「芋粥」を書いていたのでしょう。

*参考資料は鎌倉文学館に拠る


     秋風に松寥々と聳えけり芥川が「鼻」書きし家の跡 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-09 17:28 | 鎌倉案内

リンダ・ハッテンドーフ監督の「ミリキタニの猫」を見て


闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.166

最初はNYのソーホーでうろつく中央アジア系のホームレスの話かと思ったのですが、この段ボールにうずもれた一画で妙な絵を描き続けている薄汚れた爺さんがなんとジミー・ツトム・ミリキタニ(三力谷勉)という純然たる日本人と知って驚きました。

ジミーは一九二〇年にアメリカのサクラメントで生まれました。三歳で郷里の広島に戻ったのですが軍国ニッポンに幻滅しプロの画家を夢見て渡米。しかしおりしも始まった日米戦争でツールレイクの日系人強制収容所に連行され、五年間の苦難の日々が続いたあとも全米各地を放浪します。

そして二〇〇一年NYのソーホーであの運命の9・11にも相変わらず絵を描いているところを、たまたま若い奇特な女流監督に見出されてこのドキュメンタリー映画ができたというわけです。

興味深いのはこの古風な日本人画家の強烈な個性と魅力的な人柄で、非商業絵画のマスターと自称して雨の日も風の日も絵筆をふるい続けるその年齢を感じさせない情熱、日本を捨てアメリカを選んだのに、市民権をはじめすべてを奪って強制収容所に叩き込んだ強国への不信と怒り、にもかかわらず独力でおのれの運命を切り開こうとする太陽のように明るい生命力が見る者を次第にひきこんでいきます。

はじめ老人が野垂れ死にする悲惨な映画かと心配しながら見ていた私でしたが、次第に理解者やサポーターが現れて環境が変わり、弱肉強食の格差社会の片隅でそれなりに仕合わせな居場所を見出していく、背筋をぴんと伸ばした国際的日本人の生き方に共感を覚えると同時に、アメリカおよびアメリカ人の懐の深さに感嘆せずにはいられませんでした。


コラボとは対ナチ協力者のことであるコラボコラボと連呼するな馬鹿者 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-08 15:14 | 映画

四方田犬彦・石井睦美著「再会と別離」を読んで



照る日曇る日第462回


一人の男と一人の女が出会えば、光と闇の中でさまざまな記憶がはぐくまれ、二人の間にはいくつもの時間が音を立てて流れはじめる。

これは五〇歳代の真ん中までてんでに漂流し続けてきた二人の作家が、来たるべき再会を前にして、彼らの過ぎこしと行く方をゆくりなく心をこめて語り尽くした真情あふれる魂の交流録である。

それは期せずして彼らの半生の呼び出しと向き合いの機会ともなり、男が幼き日々の父親への憎悪と軽蔑をあからさまにすれば、女は別れた夫の自滅の原因はおのれの不明にあるとする心も凍り付くような告白を行い、彼らの交換日記は単なる消息通知から突如お互いの全存在を賭けた魂の格闘技の様相を呈して読む者を慄然とさせる。

彼らが閲したあまたの生、そしていくたの死! 失われた時が一挙によみがえり、闇の奥に秘められていた彼らの実存が色をなして立ち上がる時、希望と絶望の鐘が鳴り響き、彼らはたしかにもうひとつの生を生きはじめるのである。


今日こそは毀れた夢を繕う日愛する魂よ美しく装え 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-07 17:39 | 読書

小倉慈司・山口耀臣著「天皇と宗教」を読んで



照る日曇る日第461回

「天皇の宗教」と聞かれれば、そりゃあやっぱり神道でしょう。なんたって国家神道というくらいだから、ものすごく格調高いんじゃないか、と思うのですが、実態はそうでもなさそうです。

私はときどき正月二日に鎌倉宮の正式参拝に訪れて、神主さんかその代理人の年頭のメッセージを聞くことがあるのですが、その内容たるやおそまつ君そのもの。犬が西向きゃ尾っぽは東、なんて地元の古老の人生訓に比べてもいちじるしく劣る内容を偉そうに演説しています。かつて口丹波は丹陽教会の名牧師、塩見森之助先生の素晴らしい説教に接した私にすれば、今は亡き我が家の愛犬ムクにでも喰われろという超低レベル。おそらく現在の神道の教義のレベルなんて、かの靖国神社でも伊勢神宮でもその程度に違いありまっせん。 

もちろん戦時中の高松宮のように「皇族よ、信仰に目覚め神ながらの道を拝せ。いまぞその時!」なーんていう性急に神道を国家宗教にしたがるファナチックな方々も大勢いらっしゃったようですが、古代から近世、現代に至るまで天皇家では紆余曲折の限りを尽くして、総合的には「神道6割、仏教4割」くらいの比重で恭しく信仰され、宮廷内の儀式として機能しているようですね。

本書を読むと、天皇の葬儀にしても江戸時代の大半は火葬してから京都の泉湧寺に葬っていたのに、明治維新で神道が巻き返して現在では懐かしの神式で土葬しています。されど当代の皇后陛下はカトリックの家に育った人だが、それでおよろしいのか? 死んで花実が咲くのでしょうか? それとも皇族には宗教の自由なんてないのかしらん。

この際、天皇や天皇家や天皇制のことなんかどうでもよろしいが、いったい神道って何なんですかね。広辞苑では「もと自然の理法、神のはたらき。我が国に発生した民俗信仰で祖先神や自然神への尊崇を中心とする古来の民間宗教が外来思想である仏教・儒教などの影響を受けつつ理論家されたもの」とあります。「信仰」とはあるが、「宗教」とは書いてない。

そこで思い出すのがかつて明治の初めに米欧を訪ねた岩倉使節団の当惑です。本書によれば彼らは西洋人に事あるごとに「何宗か?」と聞かれて往生したようですが、そのアナーキーな事情は現在もあまり変わっていないのではないでしょうか。

私たちの大半は冠婚葬祭のときだけは仏教や神道やキリスト教信者の振りをしていますが、一部の例外を除いて本当にそれらの神を信仰しているわけではない。かといって無神論者でもなさそうだ。宗教と無宗教の間をふらふらと彷徨いながら、じつは世界史上まれな自然の理法、すなわち「新しきかむながらの道」を模索しているのではないでしょうか。


汝等あらゆる宗教原理主義を拝しあたらしき自由の道を歩め 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-06 17:41 | 読書

崔洋一監督の「クイール」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.165

京都府亀岡市を舞台に盲導犬のクイール君が大活躍するお話ですが、崔洋一監督の演出はクールと言うか、さっぱり燃えないというか、観客が期待するお涙頂戴のペット感動物語に走らないところが、妙に印象に残りました。

彼がスポットライトを当てているのは主人公のラブラドール・レトリバーよりも、彼がケアする渡辺という中年の盲人で、このあまり好きに慣れない人物を小林薫が苦労しながら演じています。

渡辺氏はこの地域の盲人協会の会長をしているらしいのですが、無類の頑固者で性狷介にして固陋頑迷、一筋縄ではいかない孤高の人物です。こういう人は健常者にもいますがもちろん障碍者に世界にも存在していて、みずからのハンディキャップにひるむことなく、それをかえって社会的な優位性や武器と捉え直して、規制の秩序や権威にはげしく挑むのです。

健常者を中心に高くそびえたつ民官産からなる行政や医学、教育界コンツエルンの巨塔は、ある範囲まではかれら障碍者を敬して遠ざけるためのスペースを準備してかれらの抗議や要求に柔軟に対応しますから、このあらかじめ許容された領域をば、なにを勘違いしたのかわがもの顔で振舞う哀れな障碍者リーダーもあら悲しや往々にして登場するのです。

この映画では、渡辺某氏が日課にしている役所への陳情シーンにそれが如実に表現されており、この障碍を持つリーダーの怒りと悲しみ、そして第三者から眺めれば嗤うべき思い上りが見てとれるのですが、その重複する複雑怪奇な心理の綾を知ってか知らずか、氏の生涯に亘って一意専心献身のまことを尽くす一頭の忠犬のいきようが、氏のそれとだぶってこれまた哀れでした。

密教とかけてアッコちゃんと解くその心は秘密と魔法がいっぱい 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-05 19:50 | 映画

鎌倉国宝館で「鎌倉×密教」展を見る



茫洋物見遊山記第66回&鎌倉ちょっと不思議な物語第246回


秋風薫る八幡宮の傍らにある国宝館で「秘仏光臨」「鎌倉ゆかりの密教尊像が一堂に集結」と銘打たれた特別展に行ってきました。

どうでもよいことですが、最近は大小を問わず展覧会のタイトルやキャッチフレーズにプロの宣伝マンを起用してああだこうだとカッコを付けていますが、往々にして実態とかけ離れたこけおどしの惹句であり羊頭狗肉そのものです。映画のアホ馬鹿宣伝の悪い影響が芸術美術の世界にまで及んできたようで寒心に堪えません。

さて今回の「鎌倉×密教」展における発見は鎌倉新仏教における密教の怪しい浸透ぶりで、たとえば寿福寺を創始した臨済宗の開祖栄西や浄妙寺を興した同じく臨済宗の退耕行勇は禅宗の僧侶であると同時に密教の徒でもありました。鎌倉新仏教の推進者の大半が密教の熱心な信奉者でもあったということはそれが否定的な媒介として作用したにせよ改めて注目しておく必要があると思われます。

会場には私にはあんまり興味のないまんちゃらかんちゃら曼荼羅の薄汚れた図像がどっさりぶら下がっておりましたが、それよりも2つの木造坐像が私の耳目をとらまえました。一つはしどけなく優美な姿態が印象的な来迎寺の「如意輪観音菩薩坐像」でこれは性的な風紀が乱れに乱れた南北朝の製作ですからここまでセクスイーであることが許されたのでしょう。

もう一つは象の頭と人間の身体を持つ異様な2体が抱擁するように向かい合って立つ「歓喜天像」です。見るからに奇怪なやはり南北朝のこの立像は敵に呪いをかけるための秘仏だそうですが、それ以上に異常なまでの性的なメッセージを会場全体に強烈に発散しているようでした。おお見るだけで目が瞑れそう。怖や怖や。

なお本展は来る11月27日まで当地で開催されています。



せっかく料理をお勉強したいと思っているのに細かいことをグチャグチャいわないでよ 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-04 16:37 | 鎌倉案内

シャルル・ミュンシュ指揮「後期ロマンチック作品集」を聴いて



♪音楽千夜一夜 第227回

ワーグナー、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、マーラー、リヒアルト・シュトラウスを天才指揮者ミュンシュがボストン交響楽団をドライヴして聴かせる7枚組のCD。

どれも素晴らしく聴きごたえがあるが、特に凄いのがマーラーの歌曲「さすらう若者の歌」と「亡き子をしのぶ歌」で、カナダの歌手モーリン・フォレスターの沈湎たる歌唱が深々と心に響く思いもかけない名盤である。

チャイコフスキーの4番と6番の交響曲、「ロメオとジュリエット」、「フランチエスカ・ダ・リミニ」「弦楽セレナーデ」もオケが歌いに歌いまくっており、彼らが当時のクラッシック界のトップを走る名コンビであったことを立証してあますところがない。これほど輝かしいオーケストラを30年近くかかってメタメタにした小沢に無理矢理聴かせてやりたい珠玉の演奏揃いである。


表には野尻裏には大佛と書きたり大佛次郎旧邸 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-03 16:35 | 音楽

リチャード・ブルックス監督の「熱いトタン屋根の猫」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.164


まるで熱いトタン屋根の上の猫のようにおのれの性欲を向こう三軒両隣に発散しているエリザベス・テイラーは耀くように美しい。

猫どころか荒野を疾走するピューマのように自分の欲望をまっしぐらに貫こうとする動物的生命の燃焼と躍動の光波は、人生に拗ねているポール・ニューマンのみならず見る者すべてを圧倒する。

これとは対照的に、親友を自殺に追いやったのは自分だと自責の念に駆られ、自棄自暴に陥りアルコール漬けの退嬰的な生活を送っているホッモセクシュアルのポール・ニューマンの悲惨な姿は映画とはいえ真に迫っている。

そして死病の告知を受けながらもそんな息子と正面から向き合い、彼の複雑に入り組んだ精神の暗闇にともに侵入してついにコンプレックスを紐解き、父親としての責務を果たそうとするバール・アイヴスの熱演は、「大いなる西部」で名演技をしのいで素晴らしい。

最後の終わりよければすべてよしというハッピーエンドは強引にとってつけた感があるが、それでもテネシー・ウイリアムズ原作のこの映画は、一匹の熱いトタン屋根の雌猫が、恋する雄猫の同性愛をほんの一瞬でも異性愛に転換させ、彼女の思惑通りに晴れてベッドインするという大人の幸福な寓話たりえて見事である。


雅子妃よ愛児を連れて実家へ戻れ諸悪の根源は天皇制にあり 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-02 13:44 | 映画

アーネ・グリムシャー監督の「理由」を見て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.163

ショーン・コネリーが主演する1995年製作のミステリー・サスペンス映画である。

私は年々記憶力がはげしく減退しているので、前に見たことをすっかり忘れてまた見てしまうことが多いのだが、映画の半ばを過ぎてもそのことに気付かず、終わり近くになってようやくなんだ2度目じゃないかとがっくり来ることもしばしばだが、これもその例にもれず、前半の善人が後半で悪人に変身してしまうあざといプロットも忘却の彼方であった。

しかし少女を暴行殺戮した死刑囚を、お人よしの正義の味方ショーン・コネリーが再審法廷闘争に勝利して無罪にしてやったのに、無罪放免されたその男が恩人の妻(地方判事)と娘に対して昔の事件の意趣返しにまたぞろ残虐な復讐に乗り出すなんて、じつにあほらしい話で、こうやって160分かけて観終わった後味も気色悪いことはなはだしい。

コネリーは良い役者なのだから、もっとまともな映画に出るべきだ。


日帝を制圧したりアワダチソウ 蝶人



by amadeusjapan | 2011-11-01 16:27 | 映画

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧