晴風万里

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧




静かな海と楽しい航海



「これでも詩かよ」第57番&ある晴れた日に第193回

朝はコーヒーとトースト、
昼は「笑っていいとも」を見ながら生協の関西風キツネうどん、
夜は肉じゃがとご飯とみそ汁とデザートにイチゴを食べて、

寅さんの映画を一本見てからお風呂に入り、
「いろいろあったけど、今日もなんとか一日終わったね」
などと言いながら、親子三人枕を並べて寝てしまう。

「たまには朝の七時までぐっすり寝ていたいね」
という声も確かに聞こえた。
「いつまでこうしていられるのかしらね」という声も。

ああ、静かな海と楽しい航海。
われらは今夜も船に乗る。
三々五々で宙に舞う。

しかし波一つない海岸には、
大きく傾いた一本の松の木だけが、
しきりに北風にそよいでいるだけ。

私こと今日もいろいろありまして、それなりに楽しかったのですが、
そのいろいろが突然無くなる日が、
誰にも訪れると改めて知った。

神と仏の不在は、いつまでも続くのであるか。
やはりこの世には神は再臨せず、
無量千万億の菩薩は地上に湧出しないのであろうか。

私の驚き。
それは、あれだけ人世と神様にシニカルだった伯母さんが、
いよいよとなるとガバと祭壇にぬかずいたこと。

けれども、彼女はほんとうに神様を信じていたのだろうか?
迫りくる死の恐怖に耐えきれず、
目の前を流れてきた木の十字架に縋り付いただけではなかったのか?

ここで皆さんに質問。
もしもこの世に神仏のご一人ご一体もいまさずば、
あなたの人世 寂しいですか? 空しいですか?

そう訊かれたら、私だっていくぶんは寂しく空しい気持ちに襲われるが、
その寂しさと空しさにじっと向き合うことが
われらの人世を、より実直なものに仕上げることになるのではなかろうか。

人間は神仏なき世にあって
ただ一匹の動物として生まれ、一匹の動物として黙って死んでゆく。
それでいいのだ。それでいいのだ。

ああ、静かな海と楽しい航海。
われらは今夜も船に乗る。
三々五々で宙に舞う。


なにゆえに出したメールをシカトする無礼じゃないかなんとか言えよ 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-11 13:17 | 詩歌

橋本征子著「青い魚」を読んで



照る日曇る日第648回

「夏の呪文」「闇の乳房」「破船」「秘祭」に続く北の詩人の最新作が届けられました。

冒頭の「青い魚」を皮切りに「キャベツ」、「そら豆」、「カブ」、「サラダ菜」、「みょうが」、「歯」、「ルピナス」、「メークイン」、「ラ・フランス」、「ブラック・オリーヴ」、「オレンジ」、「プラム」、「海月」、「オリーヴ・オイル」、「柘榴」、「林檎」、「肩甲骨の木」と全部で18の詩篇が並んでいるのですが、その大半が私たちにとっても身近な場所にある、いわばなんの変哲もない題材なのです。

ところが詩人がひとたびそれらを凝視すると、「わたし」はたちどころに「青い魚」へと変身し、キャベツの葉は「死者たちの掌」、そら豆は「わたしの醜い親指の第一関節」に、サラダ菜の真ん中には「わたしの桃色の乳首」が咲くことになる。

このようにいともたやすく対象に憑依し、対象と主客一体となった瞬間から、詩人独自の美しくも恐ろしい魔術的な幻想が次々に生まれてくる姿は、一種の驚異というべきでしょう。

そしてそれは、キッチンから飛び立ち、窓から外に出て、街路や海や広大な空を舞い、遠くはるかな宇宙の高みへと飛翔していくあいだに、なにやら人類の普遍的な夢と記憶の記念塔へと変容していくようなのです。

日常から非日常、「いまここ」から「いつかどこか」、個から出て普遍、全体へといたる目には見えない、高くて、氷のように透き通ったスケルトン。

大本教の開祖出口なおが、おのれの身近な素材に憑依して、世界認識の鍵となるお筆先を解きはなったように、詩人は、おのが身の周りのありとあらゆる事物に憑依して、独自の詩語をはなち、それによって固有の世界認識に通ずる独創的な回路を見いだしたのではないでしょうか。

なにゆえに人の心は見えぬのかすべての人は通り過ぎゆく 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-10 10:56 | 読書

逗子の名刹「岩殿寺」を訪ねて



茫洋物見遊山記第144回&鎌倉ちょっと不思議な物語第308回


ここは鎌倉ではありませんが、限りなく鎌倉に近い逗子の山の上に立つ曹洞宗の古刹、海雲山岩殿寺で、境内からはかつて泉鏡花が賛嘆した逗子湾の絶景をいまも眺めることができます。

このお寺は古くはかの後白河法皇が参拝して坂東33ヶ所第2番の霊場と定められたそうですが、法皇が東下した史実はないので、これは眉つばでしょう。しかし鎌倉幕府の将軍との縁は深く、長女大姫の病回復を祈願して頼朝と政子は、夜な夜な第1番霊場の杉本観音からの巡礼古道をたどり、お百度を踏んだと伝えられています。

されどそもそも大姫の病気は、頼朝が彼女の婚約者であった木曽義仲の長男義高との相思相愛の仲を引き裂いた精神的なショックからきており、いわば自業自得ともいえましょうが、昔も今も子を思う親の心に変わりはないと改めて思わされる逸話です。

ところが月夜の鬱蒼とした杉木立の中を頼朝夫婦が手に手をとって歩んだ巡礼古道を、ほかならぬ逗子市が道路建設のために破壊したために、この歴史的遺産は往時の姿をとどめることなく、その途次で無惨にも断ち切られてしまったのです。

お寺の裏山に立ち、その道路越しに遥か鎌倉を望めば、環境破壊の傷跡とともに、はかなく消えた中世のひとつの恋の行方を偲ぶことができるでしょう。


なにゆえにたった一日で終わってしまったのか東西十五万人が集まった関ヶ原の戦い 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-09 11:43 | 鎌倉案内

ドナルド・キーン著作集 第八巻「碧い眼の太郎冠者」を読んで



照る日曇る日第647回&音楽千夜一夜第320回


谷崎潤一郎が序文を書いている表題作、外国人向けの本邦案内書である「生きている日本」、各地の訪問記である「日本再見」、そしてクラック音楽についてのエッセイ「わたしの好きなレコード」他一篇の三冊の単行本を一巻にまとめた分厚い本であるが、なんといっても面白かったのは、かつて「ドナルド・キーンの音盤風刺花伝」というタイトルでレコード芸術に連載された音楽談義である。

メトロポリタン歌劇場の全盛時代に著者が耳目を属したフラグスタート、メルヒオール、ピンツア、ビヨルリング、ニルソン、カバリエ、ロス・アンヘレスなどへの共感もさることながら、50年代のカラスの「トスカ」をまの辺りにした著者が、「私を愛して、アルフレード、私があなたを愛するのと同じくらいに!」と叫んだ時のカラスと、光源氏への愛と現世への愛をいままさに捨て去ろうとする瞬間の六条御息所のためらいを重ねて見せる時、それは最高の高みに達するのである。

私は「フィガロの結婚」の白眉は、第4幕の最後でアルマヴィーバ伯爵が許しを乞い、伯爵夫人がそれに応ずるわずか数小節にあること信じている(だからベームが素晴らしく、アーノンクールなぞ二流三流の指揮者の演奏が全然駄目なのだよ)が、著者もその見解を認めたうえで、モーツアルトの天才は、他の作曲家がしたであろうようにその黄金の旋律を繰り返して展開しなかった底知れぬ懐の深さにあると論じているが、さもありなんと頷かれる。

ミラノスカラ座で「神々の黄昏」のサクラに雇われた話、1941年のメットでワルター&フラグスタートの、1950年のザルツブルク音楽祭におけるフルトヴェングラーとまた彼女との「フィデリオ」を聴いた著者の終生忘れ難い感動、英コベントガーデンでカラスの「ノルマ」を聴いた著者の絶叫が、その海賊版CDに収録されている話、三島由紀夫は「レオノーレ序曲第3番」を聴いているうちに「「獣の戯れ」のプロットを思いついた話等々、じつに興味深い逸話がてんこもりの本書は、音楽と文芸の共感覚について話が及び、「詩の一行が音楽と化し、一節の旋律が一篇の詩に行きわたる」と論じたうえで、次の一句を示して画龍点睛の見事な大団円となる。

       海くれて鷗のこゑほのかに白し はせを

なにゆえに突然悲哀に墜ちるのか倹しき我が家も妻子もあるのに 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-08 11:24 | 読書

安丸良雄著「出口なお」を読んで



照る日曇る日第646回


女性教祖と救済思想と副題されたこの本を、とても興味深く親近感を持ちながら読んだ。

大本教の教祖としてあまねく世に知られることになったこの女性は、私の祖父の同時代のひとで、当時最底辺、最下層の貧民であった彼女が、質山峠を越えて襤褸の買い出しに行く姿を瞥見したといっていたのを覚えている。

郡是の創業者波多野鶴吉翁の影響のもとに基督者となり丹陽教会の設立に尽力した祖父にとって出口なおは奇矯の言を吐く気違い女であり、大本教は正体不明の邪宗であったことは言うを待たない。

祖父の強い教育的指導のもとで幼い時から強制的に教会に通わされた私は、亡き塩見牧師が窓の外に見える大本教本部のみろく殿を指差しながら、「あのような得体のしれない多神教よりも一神教のキリスト教のほうが遥かに優れた宗教なのです」と決めつけられたことを覚えているが、にもかかわらずだんだんと興味が失せ、とうとう今日のような無神論者へと腐敗堕落の一途をたどってしまったのはなんとしても残念なことだった。

大正10年の第1次大本事件の時は押し寄せた警官隊が爆発させるダイナマイトの音が町中を揺るがせたそうだが、30年後の私は彼らが完膚無きまでに破壊した出口なおと王仁三郎の桃山御陵に似た墓地跡の天王平で、夢中になって蝶を追いかけていたのである。

この本を読むと、そんな大本教と出口なおの来歴がじつに詳しく解き明かされていて参考になるが、いちばん驚いたのは、添付された彼女の旧居付近の地図に、私が通った散髪屋さんや好物の餅屋さん、同級生の家などが実名入りで掲載されていることだった。

出口なおと大本教は、私の中でいまなおいきいきと生き続けているのである。


なにゆえに「みんないなくなっちゃった」というのまだ私たちが生きているのに 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-07 11:06 | 読書

ジェームズ・ブルックス監督の「愛と追憶の日々」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.611

ジャック・ニコルソンがなんと宇宙飛行士役でシャーリー・マックレーンと悪乗りして丁々発止、嫌み寸前の名演怪演を繰り広げるのが見ものの映画だが、マクレーンの娘役のデブラ・ウインガーが3人の子供を抱えて、まだ若いのにガンで亡くなってしまうという悲しいお話。女房をさしおいてヒョロヒョロ若い女に手を出す夫役をジェフ・ダニエルズが好演している。

デブラ・ウインガーはいよいよいけなくなって病院で愛する息子(なぜか娘はいない)に別れの言葉をかけるのだが、本当は母親を愛しているけれど、反抗期で親に反発して無視している長男は、こんな人世の大事な瞬間なのにソッポをむいて突っ張っているのが、まるで幼い時の私のようで微笑ましくも悲しい。

息子に対して、デブラは「君は本当は私を愛しながら、わざとそんな不遜な態度を取ったことを、私が死んでから悲しみとともに悔いるだろう。しかしそんな君のことを、私は今許すと言ってあげるわ」とコメントして別れを告げるのだが、先回りしてそんな余計なことを言う必要はまったくなかった。

母に死なれた息子は、その時が来れば、自分からその折りの不遜な態度を死ぬほど後悔して泣くのだから。

なにゆえにものに怯えて噛みつくや被災地からやって来た次郎 蝶人 
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-06 10:12 | 映画

泉下の人



「これでも詩かよ」第56番&ある晴れた日に第192回


ことしは、むかし私が勤めていた会社の同僚が他界された。

安永和代さん。

ことしの五月に八〇歳で儚くなられたという。
満州から引き揚げてこられた方で、詳しくお尋ねしなかったが、きっといろいろ苦労されたに違いない。

私が入社した時安永さんはすでに超ベテランOLで、
ちょっと昔風にいうと「お局さん」として小さな組織に君臨していたから、
若い女子は敬して遠ざけていたが、私には優しかった。

しかし私がグアムに出張したとき、お土産に樽の中から兵隊のオチンチンが飛び出す大人のオモチャを買ってきたら、
「課長、課長、見て下さい! 佐々木さんたら、こんな酷いものを買って来たんですよ!」

と血相変えて言い付けられたことがある。
そーゆー軽い冗談をいっさい受け付けない、
とても真面目な方だったのです。

酒井精一さん。

彼の名前は、彼の父上が親しかった農業経済学者の東畑精一氏にちなむ。
東大国文の秀才で、卒論は「保田與重郎論」。
私は彼から「橋」にまつわる興味深い話をはじめて聞いた。

「あのね、僕がいっとう快感を覚えるのは、高速をドライブしながら、車がゆっくり右に曲がっていくときなんです」
と教えてくれた。

私はその一部をちょっと変えて、
「左側にハンドルを切り高速を墜ちゆくときの軽き眩暈 」
という短歌を詠んだが、それを彼に見せる機会はついに訪れなかった。

七月一七日。まだ早すぎる六〇代での急死でした。

さて今宵は西暦2013年のクリスマス・イヴ。
私は深く頭を垂れ、おふたりの霊よ安かれと祈っています。
さほど遠くない日の再会を約しつつ。


なにゆえに道は右に曲がるのが気持ちいいのか亡き君に訊ねている 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-05 10:55 | 詩歌

ある修道女



「これでも詩かよ」第55番&ある晴れた日に第191回


山の麓の公園で、ひとりの修道女が携帯電話をかけていた。
声を潜めて話していた。

修道院に入るにはお金が要る、と誰かから聞いた。
お金の額で待遇が決まるというのだ。

地獄の沙汰のみならず
天国の沙汰も金次第?

厳しい戒律に縛られて
あんがい自由もないのだという。

山の上には修道院
「無用の者立ち入るべからず」の張り紙。

齢老いた修道女の電話は続く。
いったい誰と、何を話しているんだろう。


なにゆえにこれほどの傑作を採らぬのかといたずらに選者を怨みし朝も再々 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-04 09:59 | 詩歌

鎌倉でいちばん美味しくて、良心的なイタリアンは?



バガテル-そんな私のここだけの話op.171 &鎌倉ちょっと不思議な物語第307回

たまたま鎌倉に住んでもうすぐ40年になんなんとしているわけですが、当時は昔ながらの商店や食べ物屋さん以外にほとんどなにも無かった田舎町に東京資本のいろいろなお店がどんどんできて、観光客も増えてきました。

例のユネスコ遺産騒動も手伝ってか、最近はアホ莫迦テレビが見境なしにそれらの飲食店や土産物屋を取材し、それまで住民が敬して遠ざけていた超超不味い店にまで長蛇の列ができているのは、バカバカしさを通り越してちょっと怖いような気持ちにもなります。

そんな町に私がたまたま長く住んでいたからといって、色々なところを食べ歩いているわけではないのですが、最近私が入れこんでいる「Trattoria Fonte Kamakura」(トラットリア フォンテ カマクラ)というイタリアンを紹介したいと思います。

その名前が示す通り、リストランテではなく、よりカジュアルで家庭料理風のメニューを供するこの小さなトラットリアは、 鎌倉駅東口から5番のバスに乗り、7分くらいでつく「岐れ路」停留所を降り、進行方向にある「岐れ路」の信号を越えて2分歩いた「大御堂橋」の信号の手前にあります。(途中右側に違う名前のイタリアンがあるので間違えないように)

ここはイタリアに留学して料理を叩きこんだ若いシェフが赤ちゃんが生まれたばかりの奥さんと2人でやっているこの店は、とれたての鎌倉野菜や近海の新鮮な魚などが見事に生かされており、そのくせ値段がとても安く、いつ訪れても心から満足させてくれる超お薦めのトラットリアです。客の大半は近所の住人ばかりというのも気に入っているのですが、来鎌倉の節はどうぞその手軽な素晴らしさをお試しください。

店のHPはhttp://trattoriafontekamakura.com/

奥さん手書きのブログはhttp://fonte22.blog.ocn.ne.jp/


なにゆえに同じ水曜日に休むのかお向かい同士のイタリアンレストラン 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-03 10:47 | 鎌倉案内

「マニフィカト~500年の合唱音楽」50枚組を聴いて



音楽千夜一夜第319回


ルネッサンスからバロック、古典派、ロマン派の時代を経て現代へと至る過去500年の中で歌われてきたさまざまな合唱音楽の中から、代表的なものを中心に50枚のCDにまとめたお買得なボックセット。2012年度グラミー賞合唱部門受賞のウィテカーのアルバムまで収録されています。

ガーディナーやホグウッド、ピノック、ルセなどのピリオド系に加え、ジュリーニ、デュトワ、ケンペ、ショルティ、デュトワ、デイヴィスといった巨匠たちの名前が並ぶのは壮観で、マクリーシュの『天地創造』、ブーレーズの『詩編交響曲』まで代表的な合唱曲を50枚のCDに収めています。

特に聴きごたえがあったのは、シャイーとゲバントハウス管弦楽団の『マタイ受難曲』で、これはビデオで視聴したときはつまらない演奏だと思ったのですが、このCDは良かった。

その他のバッハの受難曲やカンタータを担当しているのはガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツとモンテヴェルディ合唱団ですが、これは半分過去の人の過去の音楽の面影を耳にしているような印象で、新旧すべてに冠絶するものは、やっぱりカールリヒターとミュンヘンバッハの大演奏でありましょう。

しかしデッカとドイツ・グラモフォンの総力を結集した名演名録音が、安倍蚤糞による価格暴騰にもめげずたった1枚185円という廉価で入手できるのは喜ばしい限りです。

なにゆえにEMIもフィリップスも無くなったのか栄枯盛衰クラシック・レーベル 蝶人
[PR]



by amadeusjapan | 2014-01-02 21:24 | 音楽

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧