人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:俳句 ( 135 ) タグの人気記事




西暦2016年睦月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に 第358回


隣の庭にたわわに鳴れる柿ことごとく鳥たちの御馳走となる

耕君から「お父さん怒ったり注意したりしないでね」と云われてしまった大晦日

ひとつ家に四人が眠るお正月

正月の眠りを醒ます核実験たった一発で夜も眠れず

短歌雑誌で有名選者の詠草立ち読みしたがこれはすごいと思える歌なし

津津浦浦自公のポスター貼られたり総閉塞のこの国の冬

目の色を変えてラアラア叫んでる水爆水爆それがどうした

品性のひとかけらなきキャスターがしたり顔にて喋りに喋る

千代田区隼町2丁目の「光解体」てふ会社が妙に気になる

おめでとう!琴奨菊の初優勝やれば出来るのだな日本人も

火曜日の危険物ゴミに出されている黒黄まだらの巨大なバナナ 

なんとなく先に逝く人が羨ましいそんな時代に生きてるわれら

レッツダンスなどと人を踊らせ自らは唄っているだけデビッドボウイ

高橋の源一郎が急ぎゆく鎌倉駅の東口かな

海鴎ヒチコック映画の如く来襲す源氏池

男ではなく女でもなさそうな第三の性

男でもあり女でもあるような私たちの性

ほんたうの愛を求めてプルーストジェンダーの魔境を軽々と超ゆ

若者がカセットテープに夢中だとか個体は系統発生を遡る

大阪の心斎橋の大丸の子供服売り場で走ったあの頃

耕君の区分判定は4なるが5を目指して検査に行きけり

わたくしに内緒で国境なき医師団に3千円寄付せし妻よ隠さずともよし

バーキンのジーンズ姿見て入店を拒否した有楽町の仏蘭西料理屋

なにゆえに微かな恐怖が湧いてくるプラットフォームの先頭に立つとき

選ばれた62人の金持ちが36億人の貧乏人の資産と同じお金を持っているとか

目の前の息子の耳を眺むればその姿形の好ましきかな

物を売ることにまつわるさまざまな手立てはつねにいささか物悲しきかな

中国かバングラデシュの誰かが縫ったユニクロのシャツを着て東京行の電車に乗りこむ


     ハスキルのピアノに抱かれる冷雨哉 蝶人
     ハイドンの「五度」聴き終わり春の雪



by amadeusjapan | 2016-01-31 10:33 | 詩歌

西暦2015年極月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に第356回


いくら野良犬でも解剖してはいけません綾部高校生物クラブ

亡き父と同じ年まで生きたのでもう明日からは楽しき余生

時代劇の名悪役として知られたる五味龍太郎静かに逝きたり

「ジェジェジェジェ」の賞味期限が尽きたので「びっくりぽん」に乗り換えてます

マーリンズ外野の控えに甘んじて鈴木一郎ストーブにあたる

てやんでえ消費税などみなやめっちまえ景気などすぐに回復するじゃろ

ひむがしの空より谷戸に光差し竜胆の花いま開かんとす

いくたびも迷いし末に需めたり十年連用日記既に古稀過ぎたれば

古稀過ぎて迷いし末に求めたり博文館の十年日記

なにゆえにいくら探しても見つからぬわたくしと天皇を結ぶ一本の糸

大丈夫君も僕も地球も太陽も日々滅亡に向かってるから

共産党昔は右翼と思いしがこの頃まともなことをいう

死に急ぐこととも知らず益荒男はひたすらけなげに生き急ぐなり

タイヒラメ美美しく並んでいるけれどとどのつまりは魚の死体

イケテルと思いしことが泥まみれ他人事ではないWの悲劇

爆買いの中国人の歓声が轟き渡る銀座八丁 

吉田翁が推薦されしレコードを師走の銀座で需めしあの頃

年の瀬に読みたき記事はただひとつ吉田秀和のお薦めCD

妻は子の我は我のみの行く末を案じて眠れぬ寒き夜かな

書を捨てて街へ出よと妻は説く寺山修司を知ってか知らずか

むざむざと鴉と雀に喰われけり無住の隣家の鈴なりの柿

蟷螂の腹より出でし発条にデザインされた舗道を歩む

シューベルトの「未完成」を聴きながら思うこといかなる生も未完成なり

外出の時は新しい肌着を身につけるいつどこで何があるか分からないので

マカ不思議有名人物の名さえついてればただの紙切れが札束に化ける

淫行という言葉の妖しさよ生涯に一度くらいは淫行したし

熱海にも鎌倉にも支局持つNHKの人の多さよ

基督も博士もいない聖夜祭

轟々と万物流転す極月尽


     原節子野坂昭如三津五郎水木米朝鶴見俊輔 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-31 12:28 | 詩歌

共和国について~これでも詩かよ第165番



ある晴れた日に第354回


ある朝、アベ独裁体制にドタマに来たイシバ地方創生相が突如逆上した。

ギャクジョー、アタマニキタジョー、アシタノジョー。

「どこへ行っても地方は全部死んでる。どんな田舎でも国が助けてくれることだけを期待している。オラッチはもう知らん、シラン。お国のあてなんかに期待せずに、あんさん自主独立して勝手にやってみなはれ!」

すると「ああそうですか」というて、岩手県上閉伊郡大槌町が1982年の独立宣言を33年振りに更新し、改めて新キリキリ国として独立した。

キリキリ、ギリギリ、キリギリス。

その翌日、「よおーし、そおゆうことなら}というて、
普天間基地問題で業を煮やしていた翁長沖縄県知事が、日本国からの独立を宣言し、
「琉球共和国」として生まれ変わった。

するとその翌日の翌日、なんたら維新の連中が、選挙で大勝した勢いに乗って「てなもんやおおさか狂騒国」なる新都市国家を樹立した。

カワッタ、ワカッタ、キョウワコク。

それからしばらくして、オラッチの在の十二所村が、村民二百名の総意で独立した。

ドクリツ、コクリツ、ドクリツコウドウタイ。

あとは一瀉千里だった。

イッシャセンリ、サクライセンリ、センノリキュウ。

かのリヴァイアサンのごとき怪物に成りあがった新日本帝国から、離脱する市町村共同体が相次ぎ、この国はあアッというまに三々五々、四分五裂さ。

アラアラアラ、サンザンブンレツ、リヴァイアサン。

で、なにが起こったって?

帝国は、たちまち徳川家不在・天皇家不在の江戸時代三百藩体制
のような独立国割拠の状態に逆戻り、
民草は、思い思いの憲法と政治経済社会体制を選んで、
末永く、それなりに仕合わせに暮らしましたとさ。

うむwmwm、ソレデイイノラ、ソレデイイトモ。


         基督も博士も見えず聖夜祭 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-24 14:20 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧 正規版



ある晴れた日に第352回


「わたし、狡いんです。そんな立派な女じゃないんです」原節子は永遠に死なない

おもざしを隠しつつ過ぎたりと妻はいう哀れなるかな昭和の大女優

鎌倉の十二所に住みし柿本さんの眼どんくまさんに似て限りなく優しい

むごたらしく死んぢまったジーン・セバーグちゃんを懐かしく思い出す秋日和かな 

シューベルトの「未完成」を聴きながら思うことどんな生も完成している

いつの間にか僕の背中に少年が立つほんにお前はリトル・インディアンずら

お相撲はモンゴルに譲り韓国には野球ゴルフを勝たせてあげよう

九回裏に四点を奪いけり韓国の執念の凄まじさよ

20ポイントのおまけがつきし買物を知らずに買った恨みは深い

一週間におよそ二十の歌を詠むそのほとんどが月並みなれど

月並みにあらざる二、三の歌選び新聞歌壇に投稿するなり

新聞の歌壇に投稿すれどほとんどが没になり入選するは年に数回

鴎外を三百円漱石を九百円で古本屋は売る

東西の正横綱はマンガラジャラブ・アナンダ ムンフバト・ダバジャルガル

美味そうな柿がいっぱい成っている鳥が寄らぬは渋柿のあかし

奥歯痛が世界を圧し霜月尽

バングラデシュの誰かが縫ったユニクロのカジュアルシャツ着てコンビニへ行く

狂信が君を殺して我殺しアラーを殺して世界を殺す

「ケータイくらい充電しとけ」と言い放つそれでもお前は福祉の職員か

こんなに野菜が高いのも暮しが良くならないのもみんなお前のせいだ安倍

これまでも駄目な総理はいっぱいいたけれど今度の奴が一番ひでえや

10年かけてゆるゆるとこの国の農業牧畜業を壊滅させるTTP

鎌倉がくたばる前に私ににくたばらせてよ神よ仏よ

日曜の魔法使いとなりて妻つくる林檎ケーキほど世に美味きものなし


  火曜日の危険物ゴミに出されている一本のバナナ 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-08 15:28 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その9



ある晴れた日に 第351回


一億を総活躍させるというその一億にどうか私を入れないでください

施設なる四十一歳の息子から「お父さん大好きですお」と電話が掛かる

格別に見たいとは思わない平成39年に建つと云う日本最高ビル

なんとなく先に逝く人が羨ましいそんな時代に生きてる僕たち

プードルの薄茶の巻き毛の幾束が風に吹かれて空に舞いおり

何十年知らんぷりしていた近所の人に突然挨拶するようになったりもする

国がそう出るなら俺っちはこっちを行くぜ

本当はわしゃもう知らん勝手にしろと言いたいところだが

空は晴れたが心は闇だ。杉作、日本の夜明けはまだまだ遠いのお。鞍馬天狗

飽食の時代はますます深まりゆきまた一人ビア樽ダルポルカが街をゆく

道端に転がっていた栗の実が今日のわが家の晩御飯となる

ひともとの栗の大樹の有難さ今夜の御馳走を降らしけり

今日もまた電柱の上に鎮座して大谷戸を統べる一羽の鳶

なにゆえにヤクルトはこんなひどい投手に投げさせるおかげで試合は滅茶苦茶じゃないか
 
イチローに安打が出ないと暗くなる私もアメリカと戦っているんだ

知ることと忘れることとどちらが大切わきまえる歳となりけるかも

詩は鈴木志郎康短歌は奥村耕作私叔する二人を得たるわが晩年の仕合わせ

このまんま息子とガードレールにぶつかって死んでも構わないという気持ちになったと妻は言いけり

知らぬ間に誰かが私を見つめている数限りなき防犯カメラ

私は後退できません後退するときは誰か誘導して下さいと大書せしトラック

熱戦をついに制した若者が人差し指を天に突き上ぐ


  熱海にも鎌倉にも支局持つNHKの人の多さよ 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-05 13:13 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その8



ある晴れた日に 第350回


いかがわしまがまがしくもうざったしカボチャ祭りに浮かれる人々

その昔「中の中」だと思っていたが流れ流れて下流老人

仕事無く蓄えは無く扶養者ありげにわれこそは下流老人

何を尋ねても「加齢、加齢」というげに医者とは楽な商売

お御籤で凶を引きたる人ありきもう一度引き給えと勧めてはみたものの

今日もまた指をくわえて眺めている隣の柿が熟して腐ってゆくのを

日米の安保のごとく並び立つ薄とセイタカアワダチソウ

わが家でも猫を一匹飼っている私の背中で丸くなるネコ

土曜日の朝一番の散髪屋息子と並びて髪を切られる

おでこには点検シールを二枚張られすべての車は黙して走る

八割がた雲が空を覆っていても晴れなんだって そんな話初めて聞いたな

土日なく働き続ける皆さんに熱き連帯の挨拶を送ります

「日日日」上から三つ重ねて「たそがれ」と呼ぶげに日本語は玄妙なるかな

ことごとく毬栗落ちし林かな

暫くは蜻蛉の群れに混ざりけり

彼岸花イデオロギーには毒がある

秋闌けて憲法九条断末魔

気違ひが出刃包丁を持つ九月哉

なるほどね日豪トンガニュージーランド合体したのがジャパン・ウェイか

洗濯機の指定は9だけどおそらくカップに6でいいのだろう

ゆるゆると朝夷奈峠を登りゆけば待ち構えおりし雀蜂の群れ

法案が叩き潰したパンドラの箱に残りしはつかな希望

なにゆえに亡き父親に贈らなかった息子が呉れし祝いのセーター


 淫行という言葉の妖しさよ生涯に一度くらいは淫行したし 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-04 14:12 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その7



ある晴れた日に 第349回


わが街の花は竜胆だというけれど市内のどこでも見たことがない

広辞苑は第4版があれば十分よと笑っておりし歌人ありきつつがなきや

一枚のポロシャツだけで人変わるたかがファッションされどファッション

家毎に三つの憂い窓閉ざす

冥界より聴こえる音や霜月尽

世界中がアマゾンの本をポチるので火星社書店は潰れてしまった

8.6 8.8に8.15 すべてが単なる記号となるのか

真夜中にミンミン鳴くのはやめてくれ明日は朝が早いんだ

この辺は三軒に一軒が空家ですこの国には家も土地も要りません

脳内にショスタコーヴィチの「ワルツ第2番」鳴り響き五七五なぞ歌えやしない

芸大の庭で拾いし一粒のムクロジの実が大樹となりたり

のっとおんりーばっとオールソオしかわからんかった何十年も英語を勉強したけど

スコーカー激しくびりつく真夜中のグレングールド

適当に「いいね」を押せばそれでいいのにああだこうだとからんでくるやつ

君も僕も最後の最後までつまびらかにしない人世でいちばん大切なこと

となりの家の子が声を限りにラアラアと意味無き意味を叫んでいる

みずからの存立自体を危うくする存立事態を存立させるな

毎日が日曜のわたくしなれどなぜだか日曜日はどこか違う

一頭の蝶なら渡れる韃靼海峡

クワガタは子には宝農夫には栗を根絶やしにする恐るべき毒虫


「通帳に2億円の預金がある」と嘯く商人の隣で冷やし中華を食したり 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-01 17:07 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧



ある晴れた日に 第348回


われもまた一匹の獣であるMGMのライオンとなりて吠えておれば

友ありて利他だ利他だと叫んでいたが今頃どこでどうしているか

北海道には棲息しないのになぜヤマトシジミ

家の中でくたばっておる文月尽

また朝日は昇る頭領を無くした息子たちの上に

昆虫は動物の仲間でねその中でいちばん気持ち悪いのが人間なんだよ

赫赫たる業績遺し我よりもいち早く泉下に沈みし人々

三十年飽きず眺めし山麓にウサギ跳ねると初めて知りぬ

「ああそうかそうするよ」といつも長男のわれに素直なりし

水無月や不穏のうちに日々過ぎる

こなた鶯かなたガビチョウ日中歌合戦 

小林散髪屋へ行って一晩寝て鏡を見たらエグザイルの後ろの方で踊っている奴の頭のように突っ立っていた

<不味くはないが美味でもない>と書き込みありし中華でランチする

自動車になぎ倒されしてふてふの瑠璃色の羽羽羽

賛成はしないが反対もしなかった人々が巻き込まれてゆく戦争

憲法を返せ北方領土を返せ拉致被害者を返せ国立競技場を返せいますぐに

この夕べ人々はみな惑星にしてゆるやかな円弧に従い歩みゆく

莫迦な親がガツンと一発喰らわせなったのでいつも偉そうにしている莫迦

お隣の躾の悪い飼犬の無駄吠えに耐える日曜の午後

カワセミを見るといいことがあるというけれどそうでない日もある

ゆくゆくは天皇になるてふ少年が両親と観たのは昆虫映画

どのような昆虫よりも人間が気持ち悪いといずれ知るだろ

勤務中写経をしていた上司ありき今頃どこでどうしているか

拡散も転送も希望せずぽつぽつと紡いでいる私だけの言葉

遺されしスノードームはいつも冬美は恐ろしきもののはじまり

死に近く食草ならざる草に産む認知症の蝶哀れなり

そいつらを見付け次第リモコンで切ってゆくぶち切ってゆく猪八戒

青空に白い雲が浮かんでいる絵に「呪い」てふタイトルをつける画家

あのねえ人世は生きてるだけで辛いのよ偶には楽しいのよ

バングラデシュの誰かが縫ったユニクロのカジュアルシャツ着てコンビニへ行く

ブタブタ人嫌いじゃないのは石ちゃんだけ

見境なく産卵するや紋黄蝶

グールドの唸りは深し五月闇

ドロンドローンアランドローン

人は死ぬ誤嚥で御縁で五円で御免


 マツコデラックス伊集院光安倍晋三左の者の共通点を挙げよブタブタ  蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-30 16:57 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その2



ある晴れた日に 第343回


ノアという箱車が走り去る選ばれし家族とプードル乗せて

要するにただの白い車じゃないかライムホワイトパールクリスタルシャインカラー

車などみな似たりよったりなれど買う人が無理矢理個性をつける
 
或る夜に大イノシシが現われておっとり刀の猟友会員

一身の都合にて入社し一身の都合にて退社していく人はみな

同じニュースを朝から晩まで流しているテレビ局


親しげに皆が挨拶してくれるどこの誰だか知らない人が

癒された元気をもらいました等々々手垢に塗れた言葉を使うな

真夜中の凍結を防ぐために自らを暖めているひとりぼっちの我が家の風呂よ

滑川に落ちた緑の手袋よ五指を開いて我に訴う

「外国人出て行け」と君が叫ぶたび「日本人出て行け」と返るこだま

暗黒の帝王が君臨する我ら今ゴッサムシティの住人 

この道はいつか来た道愚かなるわが民草がたどりたる道

世界一平和な国になるためにあらゆる武器に別れ告げしが 

改正にあらず改悪である悪しき憲法を作るのだから

原発に賛成もせず反対もせぬ人こそが国運を握る

「ねえあたしの遺影撮ってよ」というファインダーの先の義姉の笑顔

親しげに皆が挨拶してくれるどこの誰だか私は知らない

もう二度と会うまい人の手を取りて長い長い握手をしにけり

グルグルとレントゲン台で踊ってる古稀の男の胃検診サーカス

とある日とある街でそれは起きるだろう前代未聞の奇跡や災厄

「でもスタップ細胞はあるかも」言いながら自転車を駅まで走らせる

共同体の熱きほてりを遠ざかりゴールポストに消えゆく球見る

ヒューヒューと喉元過ぎる音さえも明石家さんまは笑いに変えて

ただ一首天下を揺るがす歌詠めば冥土の土産に旅立つものを

「今がいちばん若いのよ」と妻が励ますどんどん歳をとりゆく私

バルテュスの夢見る少女テレーズの白いパンツがどうにも気になる

ただ一本の蓮の蕾が咲かざりき

絶望は希望に似たり寒昴
 
歳時記をバイブルにしながら生きて行くなんておいらにゃ到底出来ないよ

曇天の空より落ちる雪の片障がいの子もまた天の贈物

モンシロなどつまらぬ蝶と思いしがいつか消えゆくしかと見ておく


  みずからの死ぬべう夕べに着る服を夢の中にて考えているなり 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-18 11:23 | 詩歌

西暦2015年霜月蝶人花鳥風月狂歌三昧在庫処分編その1



ある晴れた日に 第342回



一冊の書物を遺しこの世から立ち去らんとする人の原稿を直す

目を閉じて髭を剃らるるわが息子大仏に似た顔となりけり

ニッポンはアメリカと組んで中国を抑えつけようとしているわれら民草の頭越しに

何匹も犬や猫を飼う人を「犬猫病患者」と呼ぶことにする

君と僕頬笑む瞳のその奥で我らの父母もまた頬笑んでいる

獄舎にてなき青春の思い出をつくりゆかんと死刑囚歌いぬ

「目には目を歯には歯をだぜ!」世界中が憎しみの坩堝に堕ちる

「目には目を」叫びあまねく世に満ちて再び手に取る井筒訳『コーラン』

罪もなく麻酔もなしに異教徒のナイフで首を斬られし君よ

惨劇の火種を自ら撒きながらしすべてを偽イスラム国の所為にする

終着駅は始発駅と思ひたし非業の死者に頭を垂れて

勇ましく天下国家を語りけり我が家の嵐しばし忘れて

職人と梯子を詰め込んで朝の国道を走る軽トラ

いつの間にか「大衆の原像」見失い三途の川を彷徨う吉本

共同の幻想装置の暗闇で吉本隆明嘲笑ってる 

世間では障「害」者などと呼んでいます虫一匹殺せない息子を

障害の「害」という字が気になりて「がい」と改めなお落ち着かず

亡き父のたった一つの形見なれど迷いに迷いて鞄捨てたり

Yes or No右か左か答えられず立ち尽くす間に世は移り行く

偉いなあ手帳の背中に一本の鉛筆を入れることを思いついた人

次々に謎の評論家が現れてあれやこれやの妄論を吐く

小寒や箪笥に眠る割烹着

五七五最後に開く季語辞典

四十年虫一匹殺せぬ息子かな


  四〇年朝日の当たる家に住み苦しきことのやや勝りゆく 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-17 12:00 | 詩歌

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧