人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:展覧会 ( 123 ) タグの人気記事




鎌倉文学館にて「鎌倉文士・前夜とその時代」展をみて



茫洋物見遊山記第194回&鎌倉ちょっと不思議な物語第362回

 同館が主宰する文学散歩に参加していながら、肝心の展覧会がまだだったので、快晴の午前にひとわたり見物してきました。
 例によって川端康成とか久米正雄とか、里見弴とか高見順とか小林秀雄とか芥川龍之介なんかの実筆がずらずら並んでいましたが、中村光夫選手なんかの字は細かいですね。
 字が細かい人はやはり繊細で神経質なのかなあと思いながら、ガラスケースの内外を眺めていたら、超細かくて虫めがねでもなければてんで読めない文章がありました。
 それは驚いたことに築地警察署から小林多喜二が確か中野重治の娘さんに宛てた手紙で、内容は特にどうということはないが、そのすぐ後に虐殺されるとはこれっぽちも思えないほど晴朗なトーンで延々と書かれ、なにせ警察からの手紙ゆえ定められた極小スペースに牛ぎゅう詰めの超細字で面々と綴られているのでした。
 しかし鎌倉文士でもないのに、どうして小林多喜二の手紙が展示されていたんだろう?
 多喜二と彼女はどういう関係だったんだろう?
 あとは妻に宛てた芥川の、神経症的で、律儀で、異様な遺書がいま読んでも不吉なオーラを放っていたなあ。芥川とか太宰とかは作品だけで遠くから付き合ってればいいけれど、実際に交渉するとなると大層気骨が折れる厄介な人物だったんだろうなあ。
 なお同展は来る12月13日まで同館にて寂しく開催ちう。

    東の空より谷戸に光差し竜胆の花いま開かんとす 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-10 15:05 | 鎌倉案内

速報! 生誕100周年記念「柿本幸造 絵本原画展」in鎌倉のご案内




鎌倉ちょっと不思議な物語 第360回

鎌倉に55年間住んだ絵本作家、故柿本幸造さんの絵本原画展が開催されます。

誰もが知っている「どうぞのいす」や「じゃむじゃむどんくまさん」から隠れた名作まで、錦秋の3日間に限り、貴重な原画が勢ぞろいしています。

どうぞお子様連れで鎌倉までお運びください。会場は駅から歩いて2分の鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉)ギャラリーで、入場は無料です。

                  記

2015年11月27日から29日 10時から17時まで
(初日は13時から、最終日は16時まで)

問い合わせ03-6868-3785 NPO読書サポート


  鎌倉の十二所に住みし柿本さんの眼どんくまさんに似て限りなく優しい 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-21 13:05

鎌倉国宝館で「鎌倉震災史」展をみて



茫洋物見遊山記第191回&「鎌倉ちょっと不思議な物語」第358回

 いつも仏像や御雛様の展示をしている国宝館が異色の展覧会を来る12月6日まで開催しています。題して「鎌倉震災史」。歴史地震と大正関東地震という副題がつけれれているとおり、当地における有史以来の地震や津波や地割れ、建築物倒壊、死傷や人身事故の赤裸々な実態を歴史文書と絵巻物、写真などで明らかにしています。

 「吾妻鏡」を読んでいると驚くのは鎌倉の地に夥しい天変地異が起こっていることで、その中には8回の地震&津波情報の他に、化物や精霊、怨霊、妖怪のたぐいの出現と併せて天文の異常を伝える記述も多く、そのたびに幕府はパニックになって例の博士に占わせています。

  例えば寛喜2(1230)年には、大規模な震災と山崩れ、液状化現象が、わが家の近所で発生しました。

 三代将軍実朝が父頼朝を偲んで1212年に建立した大慈寺(現在はカトリック修道院が建っている)の七堂伽藍は、裏山の阿弥陀山の大崩壊によって次々に倒壊し、滑川をはさんだ広大な敷地は、激震と液状化現象によって甚大な被害を蒙ったと「吾妻鏡」にも記されています。

 その後も鎌倉は建長5(1253)年6月の大地震、正嘉元(1257)年8月23日の山崩れ、地割れ、湧水、後代に入ると1703年の元禄大地震、1923(年の関東大震災など先日の東日本大震災に匹敵するほどの災害を経験しているのです。

 
 「天災は忘れたころにやってくる」と申します。ことし寛喜大震災から785年、関東大震災からは92年を迎える鎌倉が、またしてもの大震災に見舞われる日は、それほど遠くないでしょう。


   鎌倉がくたばる前に私をくたばらせてよ神よ仏よ 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-09 13:10 | 鎌倉案内

国立劇場で「通し狂言伊勢音頭恋寝刃」の千穐楽をみて



茫洋物見遊山記第190回


 久しぶりの歌舞伎を息子と一緒に半蔵門で鑑賞いたしました。

 演目は近松徳三の手になる「伊勢音頭恋寝刃」でこの劇場ではなんと53年振りの公演だそうです。

 寛政8年5月、伊勢国古市の遊女屋」油屋で地元の医者、孫福斎が仕出かした殺傷事件を題材にした狂言だそうですが、要するに名刀「青江下坂」を巡る争奪を横道また横道に逸れながら、延々と辿るのです。

 例によって登場人物のあれやこれやが私の粗放な脳髄には分かり難く、前半はかなり退屈したのですが、後半の大詰めにきて大復讐劇と大殺戮が巻き起こったので、ようやく頽勢を挽回して、意気揚々と4時間に亘る大公演の千穐楽を打ちあげることができました。

 名刀がじつは村雨のごとき妖刀であって、柄を握った主人公(中村梅玉)を誘導して次々に悪党共を斬ってゆくのを例のスローモーションでやるが最大の見どころで、この「青江下坂」が手元にあれば極悪非道の権力者に送り届けてやりたいと思ったことでした。

出演はほかに雁治郎、高麗蔵、東蔵などの中村一門で、光る役者は一人も居なかったずら。その後夜の銀座に出たら大通りに観光バスが止まっていて街は中国人の爆買一色。なんだかとても嫌な感じでした。

 息子の案内で資生堂ギャラリーにて小沢剛の「帰って来たペインターF」展を見ましたが、これは戦争中にインドネシアで従軍した架空の日本人画家「ペインターF」の戦前から戦後の生きざまを物語にして、絵画と映像作品に仕上げたもので、レオナルド藤田らしい画家が七幅の大画面に暗躍しています。史実とからめた作家のコンセプチャルな見立てが秀逸だったずら。

 次に小柳ギャラリーで開催中の内藤礼の個展を見たのだが、そこに並んでいたのはほとんどなにも描かれていない何枚もの白いキャンバス、そして雑誌の一ページを切り取ってしわくちゃにした人物写真だったので驚いた。

 こんなもののどこが作品であり芸術なのか。ただのゴミではないか。

 こんな人を莫迦にした羊頭狗肉に安からぬ値段がつけられ、それをこぞって買いあげたりしている異様な光景を目の当たりにして、私は頭に血が上り、我が腰にかの妖刀あればと歎シじざるをる得ない銀座の秋の夜だった。



 マカ不思議有名人物の名さえついてればただの紙切れが札束に化ける 蝶人



by amadeusjapan | 2015-10-29 14:38 | 美術

「神奈川県立美術館鎌倉館&別館」にて最後の展覧会をみる



茫洋物見遊山記第189回 &鎌倉ちょっと不思議な物語第356回


 鎌倉からはじまった。PART3を見物しました。もう何回もみた作品が並んでいてとても懐かしかったのですが、高村光太郎の「上高地風景」という油絵や、島崎藤村の息子、鶏二の「風景」、内田魯庵の息子内田巌の「少女像」、舟越保武の「萩原朔太郎像」などには、はじめてお目にかかりました。

 でも私の眼は、どうしても松本俊介の「自画像」や「立てる像」の修敏な暗さや佐伯祐三の色彩の輝き、古賀春江のモダンな「窓外の化粧」、暗欝な「サアカスの景」などの方へ走ってしまいます。

 ああ、天才はどうして若死にしてしまうんだろう。

 古賀選手最晩年の巨大な二枚は川端康成がこの美術館に寄贈したそうですが、当時こんな前衛的な作品をいち早く購入していた見識は只者ではありませんな。作者が死んだ年に描かれた絶筆の「サアカスの景」ではラクダが宙に飛ぼうとして飛べずにいるのが、まるで絵描き自身の進退窮まった姿のようです。

 今回はこれが最後ということで中三階にある別室に入ることが許されましたが、当館を建築した坂倉準三の手になる製図板、椅子、机なども置いてありました。

 あそうそう、彼はここの喫茶室も内部の造作もみな自分でやっていて、なかなか趣味が宜しい。空間を構成する手際に和的なインチメイトな感性をかんじます。

 三室を全部見終わってこれまで開催された展覧会のカタログなどをみていたら地震があった。しばらくガラスがミシミシ揺れてスタッフの女性が怯えていましたが、はしなくもここはまだ耐震対策を施していない建物であったことを思い出しました。

 本館の内部のあれやこれやをバチバチ写真に撮ってから別館へ行って「工芸と現代美術」展を駆け足で見物しましたが、魯山人やイサム・ノグチがおいてあった。魯山人はどこか山師みたいなところがあってあまり好きではありませんが、大ぶりの陶器などは気宇壮大なところがあって気持ちが良い。

 ノグチが広島原爆慰霊碑のためにつくったマケット(雛型)があったが、米国人故に使用されなかったそうですが、実現されていたらすごい仕上がりになったことでしょう。

 この展覧会は来年1月31日までやっているので、最後の最後のお別れにもういちど来てもいいかなと思いつつ妻と後にしました。


  天才は若死にするが鈍才はしぶとく生きる悔やんで生きる 蝶人



by amadeusjapan | 2015-10-22 13:56 | 美術

鏑木清方記念美術館で「秋の情趣展」をみて



茫洋物見遊山記第188回 鎌倉ちょっと不思議な物語第354回


 鏑木清方の旧邸に建つ美術館で、清方の多彩な表現を楽しむ「秋の情趣展」を鑑賞しました。今回は「孤児院」という珍しい題材の大きな日本画に接してちょっと驚きました。制作されたのは明治35年ということですが、当時はとても珍しい社会福祉施設だったと思われますが、それゆえに画家の好奇心が動かされたのではないでしょうか。

 おそらく孤児たちの教育を担当するであろう若く美しい女性が描かれているのですが、その華やかな衣裳(トップスは着物でボトムは緑色のロングスカート)と足を無造作に投げ出したポーズがちょっとこの場になじまない感じで、そこが面白いと思いました。

 ちなみにこの年清方は24歳、夏目漱石は倫敦にあって精神衰弱の噂を立てられており、9月には根岸の子規庵で正岡子規が34歳の若さで亡くなっております。鏑木清方は、なんと94歳の天寿をまっとうしたのでした。

 なお本展は来る月10月18日まで閑古鳥鳴く鳴く開催中。



   なんとなく先逝く人が羨まし日に日に近付く嵐思えば 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-10 10:52 | 美術

鎌倉国宝館で「仏像入門展」をみて



茫洋物見遊山記第187回 鎌倉ちょっと不思議な物語第353回

 残念ながら去る6日の日曜日に終ってしまったのだが、この夏休みのお子様向けと思われた展覧会は、仏像のあれやこれやを知りたい大人にも非常に為になる有意義な展覧会であったずら。

 会場には寿福寺の薬師如来や円覚寺の「阿弥陀三尊像」、怪しく面妖な秘仏「歓喜天像」など数多くの仏像がずらりと並んでいて、如来と菩薩と明王、天部の違いを懇切丁寧に教えくれるのでした。

 悟りを開いた釈迦をモデルにした最高尊の如来には、釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来などがありますが、薬師は左手に薬鉢を持っているので明快ですが、釈迦如来と阿弥陀如来の区別はなかなか難しい。

 鎌倉大仏を釈迦如来とみた与謝野晶子は、

  かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな

 と誤って詠んだわけですが、阿弥陀如来の手の印の結び方と釈迦如来の定番の両手を重ねるスタイルはちょっと似通っていて、よーく観察しないとその違いが分からないからです。

 しかし、もしかすると晶子さんは、じつはその違いが分かっていながら、あえて「釈迦牟尼」と詠んだのではないでしょうか。なぜかというと、これが阿弥陀如来なら

  かまくらや  みほとけなれど 阿弥陀如来は 美男におはす  夏木立かな

 のように第3句が字あまりになって、無事におさまらないからです。牟尼は釈迦の尊称ですから、阿弥陀牟尼とする訳にもいきません。

 後年、彼女は周りからやいやい言われて、仕方なく

  かまくらや  仏なれども大仏は 美男におはす 夏木立かな

 という改定版をつくったりしましたが、これがいかに駄目な歌かは御本人がいちばんよく知っていたと思います。


 かまくらや 高徳院の大仏は 来年はじめに ドック入りとか 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-09 13:51 | 美術

神奈川県立近代美術館で「鎌倉からはじまった。PART2 1951-2016」をみて



茫洋物見遊山記第186回 鎌倉ちょっと不思議な物語第352回


鎌倉館の最後の1つ手前のさよなら公演を見物してきました。本館はすべてが館蔵品ですが、この会場で何回も目にした高橋由一の「江の島図」や青木繁の「真・善・美」、関根正二の「少年」、「村岡みんの肖像」なぞの名作をこれが最後と見おさめました。

別館では「版画」を特集していて、私の大好きな藤牧義夫、谷中安規に加えて、ブリューゲル、ブレイク、ドラクロワ、ドーミエ、ルドン、ムンク、カンディンスキー、キリコ、ルオー、エルンスト、マティス、ピカソなどの貴重な作品を鑑賞する機会に恵まれました。こんなコレクションがあったとはちーとも知らなかったなあ。

なお本展は来る10月4日まで泣く泣く淋しくさよなら公開ちうです。


  「民主主義は多数決です」と軽く言うそんな男の民主主義とは何 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-07 13:15 | 美術

国立新美術館で「マグリット展」をみて~「これでも詩かよ」第152番



ある晴れた日に 第321回


                Ⅰ

 君も知るように、「巨人の時代」には「飢餓」と「呪い」と「禁じられた書物」が欠かせない。

 これこそが「永遠の明証」と「終りなき認識」の「生命線」なのだから。

「哲学者のランプ」が「自由の入り口で」照らすのは「弁証法礼賛」の「前兆」だ。
 
「空気の平原」で「絶対の探求」を目指す「人間嫌いたち」は、「禁じられた世界」へと「炎の帰還」を果たすだろう。

 ごらん、「精神の自由」と「真理の探究」を求める「狂気について夢想する男」によって、自称「スノッブたちの行進」が「再開」された。

 さあ我われもすみやかに旅立って、「精神界」の「赤いモデル」を目指そうではないか。

「ガラスの鍵」を使って密かに「王様の美術館」に忍び込み、「幕の宮殿」に飾られている「イレーヌ・アモワールの肖像」から「礼節の教え」を盗み取ろうではないか。


                Ⅱ

 おや、そうこうする間に、いつのまにか「火の時代」が始まったようだ。

「恋人たちの散歩道」を待ち伏せしている「不穏な天気」と「風の装い」をよくごらん。

「誓言」をもって「白紙委任状」を「テーブルにつく男」に渡した「大家族」は、もはや「上流社会」の「同族意識」など抛り投げてしまい、「神々の怒り」と「自然の脅威」の前に恐れおののいているようだ。

 今では「世紀の伝説」と化した「エルノシア」では、ハムレットの代わりに「不思議の国のアリス」が「観光案内人」となって、「心のまなざし」と「美しい言葉」で「心臓への一撃」をお見舞いしている。  

「アルン・ハイムの地所」を流離う「巡礼者」たちは、「手の力」で「稲妻」を呼び集め、「ある聖人の回想」が物語られる瞬間を心待ちにしているようだ。

 しかし、「彼は語らない」。

「水浴の女」たちが、いつのまにか「困難な航海」に出かけたからだ。


                Ⅲ

 さあ友よ、今日は「ゴルコンダ」の「大潮」の日だ。

 みなが待ち望んだ「ヘーゲルの休日」だ。

「空の島」にはいかなる「概念」もその「影」すらなく、「傑作あるいは地平線の神秘」という「イメージの忠実さ」、あるいは「イメージへの裏切り」という名の「即自的イメージ」だけが、「ハゲタカの公園」で鳩のように大空にはばたいている。

「一夜の博物館」には、「心臓の代わりに薔薇を持つ女」という名の「女盗賊」が、「博学な樹」に攀じ登って、「完全なる調和」を夢見ている。 

 さあ「町の鍵」を深く差し入れて、今こそ「美しい虜」を思うさま「凌辱」しようではないか!

「光の帝国Ⅱ」に滞在中の「シェヘラザード」と懇ろになって、「微笑」と「媚薬」で彩られた、終りなき「会話術」と「ことばの用法」を教わろう!

「青春の泉」から「絶対の声」をくみ上げ、果てしなき「愛のワルツ」を踊ろう!

 けれども「観念」せよ、汝ら老い先短い者たちよ。

 お前たちは、「ヨーゼフ・ファン・デル・エルスト男爵と娘の肖像」からは「応用弁証法」を、

「宝石」と「夜会服」を身に纏った「無知な妖精」からは、「レディ・メイドの真実」の「喜劇の精神」を学ばなければならない。

 昼なお暗い「オルメイヤーの阿房宮」の「座敷席」で、一輪の「深淵の花」を見るまでに。



注 この詩は、2015年3月25日から6月29日まで国立新美術館で開催されたルネ・マグリットの展覧会に出品されたほぼすべての作品の題名を用いてつくられた。括弧の中の言葉がそれである。



  青空にぽっかり浮かんだ白い鳩いつまで続くわれらの平和 蝶人



by amadeusjapan | 2015-07-23 13:53 | 美術

出光美術館で「田能村竹田展」をみて



茫洋物見遊山記第185回

 田能村竹田は江戸時代後期、というより幕末の南画の画家で、今年が没後180年に当たるそうです。

 会場に彼のお得意の山水画がたくさん並んでいましたが、私は山水画は好きですが、その山水をものような「精妙無窮」の細密画筆致で顕微鏡的視野の元に描いた南画がどうも苦手なので、こりゃまた失礼しましたとばかりに会場をさっさと後にしました。

 同じ南画でも、竹田の先輩格の池大雅、与謝野蕪村、浦上玉堂、後輩でも富岡鉄斎なら私的にはまだ鑑賞に耐えるのですが、これは駄目だ。目の毒だ。

 しかし世の中にはもっと酷い南画を書く人物もいるもので、その代表がかの夏目漱石選手で、私は彼のくねくねぐちゃぐちゃと軟体動物のようなけたくその悪い山水画を眺めているうちに、だんだん胸が悪くなってきたことを思い出しました。

 漱石の作物だからといって世間では小説でも画でも揮毫でも世に二無き逸物として褒め称えているようですが、私は歳をとるにつれてはてなと首をひねる機会が増えてきました。本命の小説でも、このような病的な南画的表現が気になります。

 漱石が最晩年に描いていたこれらの幽霊的南画や写生画を、同じく最晩年に正岡子規が描いていた晴朗な水彩画と比べると、どちらが「即天去私」の悟達の世界を体現していたかがよく分かると思います。


 漱石君即天はたして去私なるや挙止虚私清私にして巨私巨資鋸歯 蝶人



by amadeusjapan | 2015-07-08 10:37 | 美術

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧