人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:戦争 ( 18 ) タグの人気記事




鎌倉時代のテロルの現場を歩く その4 三浦泰村とその一族の「宝治合戦」



茫洋物見遊山記第182回&鎌倉ちょっと不思議な物語第344回


 その合戦は、1247年宝治元年に起こったので、「宝治合戦」と呼ばれている。三浦氏は代々源氏に仕え、頼朝の挙兵時にも大きな役割を果たした御家人中の最大最強勢力であった。

 その後鎌倉から追却された前将軍九条頼経を中心とする反執権勢力に接近した三浦泰村は、時の執権北条時頼から危険視され、さまざまな政治的策動を仕掛けられていた。

 宝治元年6月5日、時頼の外祖父で三浦氏の排除を狙う安達景盛らが突如三浦泰村邸を襲撃し、これに時頼も加担したため鎌倉幕府の中心部で大合戦の火蓋が切って落とされた。

 両軍は現在の大学前バス停付近の筋替橋辺りで激戦を繰り広げたが、戦況は徐々に不意を打たれた三浦勢に不利となり、泰村らは頼朝が祀られている法華堂(現在の頼朝の墓付近)に籠って防戦に努めたが武運つたなく、一族の500名余りが自刃して果てたという。

 大倉幕府を一望する法華堂跡のやぐらには、恨みを呑んで自刃した三浦一族を祀る五輪塔が遺されているが、その小ささと粗末さがいかにも哀れである。

 この戦いは安達景盛が主導して時頼を巻き込んだ形になったが、宿敵三浦氏を滅亡させて後顧の憂いを絶ったはずの安達家は、景盛の孫の泰盛の時代になって弘安8年1285年の霜月騒動で全滅してしまい、いたずらに北条家に名をなさしめる結果となった。

 「宝治合戦」によって三浦氏を滅亡させた北条氏は、将軍側近勢力を一掃し、ここに合議制の執権政治が終焉して北条得宗家による「安倍」専制体制が確立するのである。
 
 以上はNPO法人鎌倉ガイド協会の資料をもとに一部小生が改変しつつ記述いたしました。

  戦争が近付いているんじゃない我われがどんどん戦争に近付いている 蝶人



by amadeusjapan | 2015-06-20 10:09 | 鎌倉案内

半藤一利著「日露戦争史3」を読んで



照る日曇る日第664回

クリミアを軍事力行使してまで自国領土に編入したロシアの帝国主義的領土拡張欲は、世紀を越えても変わらないようである。

開戦に消極的だった元老伊藤博文の反対を押し切って、その狂暴な「北方の熊」に文字通り総力を挙げて歯向かった明治ニッポンが、どう考えても「奇跡的な」勝利を収めたことが果たして良かったのか、そうでなかったのか、この本を読むと複雑な感慨にとらわれる。

明治ニッポンは20億円の軍事費とおよそ8万人の血の犠牲の見返りとして、戦争の当初の目的であった「韓国の自由処分」「ロシア軍の満州からの撤退」「遼東半島租借権と東支鉄道の権利」に加えて南樺太を手に入れ、世界の自称「一等国」に成り上がった。

 どうせ植民地利権を放棄せざるを得なくなったにせよ、これに満足して軍事増強に走らず、ひたすら通商貿易に徹する「小国主義」を貫き通していたらまだしもであったろうが、明治40(1907)年に山県有朋がロシア、アメリカ、清国に伍して大兵力を蓄える帝国国防方針を打ち出した瞬間に、本邦は大東亜戦争に直通する「大国主義」への道を一瀉千里に走り続けることになったのである。

 歴史に「もしも」はないかもしれないが、もしこの時に我らの父祖たちがおのれの身の程をわきまえて、もう少し謙虚かつ賢明に身を処すことができたなら、と長嘆息せずにはいられない。


なにゆえに牛に負けぢと膨れあがる身の程知らずの日帝パンク 蝶人



by amadeusjapan | 2014-03-22 10:27 | 読書

木下恵介監督の「二十四の瞳」を観て



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.448


最近内外の映画はデジタル・リマスターを施されることによって格段に見やすく聴きとりやすくなったが、本作もその恩恵に浴している。

この映画は壷井栄原作の歴史的悲戦厭戦映画などとレッテルを張るよりも全篇文部省唱歌オンパレードという珍しい音楽映画なので、子供たちによる「七つの子」とか「仰げば尊し」などの合唱がよく聴こえるようになったのがよろこばしい。全体をつうじてすこし歌い過ぎという嫌いもあるが。

蛇足ながら「二十四の瞳」とはいうが、教え子一二名のうち戦死したのが五名、のこり七名のうち男子ひとりは失明したために残ったのはわずか「十二の瞳」になってしまった。

若き日にとった杵柄を齢老いてまたつかみとり、教え子たちから贈られた自転車にまたがって降りしきる雨をものともせずいっさんに分教場にむかう女教師。ラストの右から左への移動撮影が美しい。 

蛇蛇足ながら、この度の自民党政権がめざす改憲安直参戦のモードが高まれば、またぞろ多くの若者、のみならず成人男女が戦場に送り込まれるのだろう。戦争とは人殺しである。私は(その時がきてみないと分からないがいまのところ)人を殺すよりはそれこそかの山背大兄王のように自虐的にむざむざと殺されるほうを選びたい。

それは少なくともおのれは死地に飛び込む気もない人たちが、人殺しをしたくない若者たちをもっともらしいウオーゲーム的発想で左団扇で死線に送り込もうとする愚だけは犯したくないからである。 


国益国益と騒いでいるがいったいどういう国のどいつのための利益なんだ 蝶人



by amadeusjapan | 2013-05-07 12:15 | 映画

半藤一利著「日露戦争史2」を読んで



照る日曇る日第578回

この本を読んで痛感するのは、一朝事ある時(例えば第2次大戦)のわれら大衆は容易に情動化(例えば橋下現象や民主自公大転換)し、一時の毀誉褒貶に激動して抑制を忘却するということである。

その先例が日露戦争の連合艦隊で、明治37年5月に東郷が戦艦初瀬、八島を失った時やウラジオ艦隊の跳梁に手を焼いている時などは袋叩きにされている。

ところが8月の黄海と蔚山海戦で奇跡の大勝利を挙げてウラジオ艦隊を撃滅すると手のひらを返したように上村艦隊を激賞する。

乃木大将についても同様で、この典型的な「やさしい日本人」タイプの凡庸な指揮官を、大衆はある時は無能、またある時は軍神呼ばわりしてやむときがない。

彼の無能さにあきれ果てた大山と児玉が、乃木の権限を剥奪して直接指揮を執ることになって初めて旅順奪還が成ったわけだが、この拙劣極まりない「兵隊皆殺され作戦」を企画、立案したのはほかならぬ児玉(とそれを追認した大山)であった。

もっと衝撃的な事実は、203高地奪取以前に、本土から運ばれてきた28センチ巨大榴弾砲の集中爆撃によって旅順港のロシア艦隊は壊滅的な打撃を受けていたことで、もしこのことを事前に日本軍が知っていたら、旅順で死傷者7万4千8百(それに先立つ瀋陽で2万3千5百、沙河で2万571名)の「鬼哭啾啾」「死屍累々」の犠牲者を出さずに済んだということである。これら当時の戦争指導者が(大東亜戦争当時よりは優れていたにせよ)、もう少しましな人物であったなら、民草の犠牲は大幅に減っていただろう。 

それにしても、またしても愛国主義が高揚してそれが戦争に転化すれば、我人俱にもはや誰にもとどめることのできない狂乱の渦に巻き込まれていくに違いない。


わが街で作っておりし口紅をこれからはベトナムで作ると資生堂がいう 蝶人



by amadeusjapan | 2013-03-30 09:35 | 読書

横須賀三笠公園の「記念館三笠」に乗って



茫洋物見遊山記第107回

1905(明治38)年5月27日の日本海海戦で大活躍をした、かつての連合艦隊旗艦の「三笠」を見物しました。

ロシアのバルチック艦隊が36隻中撃沈16、自沈5、拿捕6の被害を出したのに対して、我が方のそれはたった3隻の水雷艇が沈没しただけという大戦果を挙げることが出来たのは、その前年の黄海海戦で敵艦隊を逃がしてことの反省から編み出した丁字戦法の成功が大きかったようですが、東郷司令官と伊地知艦長、加藤参謀長、秋山参謀のコンビによる卓越した戦闘指揮が僥倖にも恵まれてあの奇跡的な勝利を生みだしたように思えます。

東郷平八郎の銅像がそびえる海辺の公園に横付けされている戦艦三笠は、海戦の2年前に英国ビッカーズ造船所で竣工した当時の最新鋭艦でしたが、全長122m、排水量15,140トンの三笠はあまり大きくない。横浜の山下公園に係留されている氷川丸が163.3m 、11,622トンですから、主砲の30センチ砲を4門備えているとはいえ、それよりも小さい舟なのです。

船内に展示された海戦の様々な記録や写真、映像、有名な電文、そして思いがけず小さい司令官の戦闘服や余りにも狭い「長官室」「艦長室」などもつぶさに見学することができましたが、なんといっても感動したのは狭い狭い艦橋(ブリッジ)に記された東郷以下4名の指揮官が海戦の間そこに立っていたことを示す足跡の表示でした。

最前列に東郷、その右に伊地知艦長、少し下がったその後ろに加藤参謀長、その左の東郷の背中のあたりに秋山参謀長という位置が、そのまま当日の彼らの「皇国の興廃この一戦にあり」という肌身を晒す決死の心意気を示してあまりあるものでした。

彼らは「天気晴朗なれども波高」い日本海の荒波、前後左右から飛んでくる敵艦隊の砲弾をものともせず、なにひとつ敵の目から彼らを遮蔽する物とてない無防備の状態で夕刻の戦闘終了までこの修羅場に立ちつくしたのです。

じっさい敵の砲弾は彼らがブリッジに仁王立ちする旗艦三笠に集中したために113名の兵員が死亡し、艦長の伊地知は脚を負傷し後部に退きましたが、東郷が立ち去った後はそこだけ乾いた足跡が残されていたという証言があります。

それほどまでにして強敵ロシアから勝ち得た際どい勝利を、その後のわが陸海軍は身の丈に合った果実として賞味することなく、さながらイソップ物語の「牛に挑んだカエル」のように無謀な戦争に乗りだしてすべてを失ってしまったのです。

茫々一世紀、私は往時の英雄たちの雄姿をしのびながら、この小国の民の前途に幸多かれと祈らずにはいられませんでした。


一戦し見事滅びる皇国よりも永久不戦のわが生いとおし 蝶人



by amadeusjapan | 2013-03-02 10:14 | エッセイ

半藤一利著「日露戦争史1」を読んで



照る日曇る日第535回

満州から朝鮮半島へと南下してくる西欧の超大国ロシア。朝鮮を落としたら彼奴は日本海を渡って帝都を侵すに違いない。臥薪嘗胆、仏の顔もここまでだ、二度と「三国干渉」の憂き目を見てはならない。今こそ北方の巨熊にひと泡ふかせるのだ。そしてついに明治37年2月4日、涙の御前会議で対ロ戦争の聖断が下され、ここに世紀の一戦が始まるのだった。

それにしてもいっこうに要領を得ないのが日露戦争だ。日清、日露、第一次大戦の進軍があって大東亜戦争があり、その悲惨な結末の終点が現在ならば、当時いくら西欧列強のアジア侵略が猖獗をきわめていたにせよ、我が方のみは(山本海軍大将が唱えたように)朝鮮半島はもちろんあらゆる外地に介入せずに現列島版図をかたく保守していたほうが、よっぽど「東洋及び世界の永遠の平和に資する」こと大であったはずだからだ。

などと抜かすのは、厳しい現実(飢饉、物価高騰と鬱々たる社会不安)を知らぬ平成の脳天気ボーイの妄言であろうが、本書を読むとこの成算無しの無謀な戦争に最後まで反対し、抵抗していたのは帝国の滅亡に頭が及んでいた伊藤、山県の二元老と他ならぬ明治天皇であったと知れる。(大東亜との何たる相違!)

戦争への道に最初に踏み込んで行ったのは政治家や指導層ではなく、一部の右翼や官僚、軍人、アホ馬鹿東大七教授や国粋的新聞社で、彼らがつけた口火は当時の一般大衆によって巨大な烽火となって燃え盛り、(「清水の舞台から飛び降りる」東条内閣などとは雲泥の差の)冷徹果断な桂内閣を激しく揺さぶることになる。

はじめは戦争に反対していた新聞社も、国民世論が「対ロ憎し」で沸騰すると、社論を投げ捨てて大衆に屈服して好戦的な論陣を張り、それがまた大衆のナショナリズムを燃え上がらせ、新聞社の部数は爆発的に増加する。大東亜とまったく同様にマスコミは戦争で儲けるのである。

膨大な資料を読みこなしながら著者は日露戦争の真因に迫ろうとする著者には、二度と戦争許すまじの老いの一徹の迫力があるが、著者が明言するように、「戦争が不可避であるという確信が戦争を引き起こす」(トゥキディデス『戦史』)のであろう。われわれは尖閣、竹島よりも大事なことが、世の中にはいっぱいあることを忘れてはならない。

    尖閣、竹島よりも大切なことが世の中にはあるんだ 蝶人


*諸君、この動画を見よ!
http://www.youtube.com/watch?v=WgI_DvelAv8



by amadeusjapan | 2012-08-26 10:53 | 読書

片山杜秀著「未完のファシズム」を読んで


照る日曇る日第526回


「持てる国」英米ロと「持たざる国」日本の余りにも大きなギャップ、これが本書のキーワードです。

国土に資源なく、人こそ満ちたれどそれを養い育む科学技術産業も剰余豊かな文化文明もない日本を、いかにして文武両道を兼備した欧米並みの強国に仕立て上げてゆくか。それが漱石鴎外のような知識人のみならず日本の軍人と軍隊にとっても最重要の課題でありジレンマであったことを、私は本書によって初めて教えられました。

わが国が持たざる国である以上、その身の丈に合った軍事力で西欧先進国に対抗しようと考えた荒木貞夫や小畑敏四郎などの「皇軍派」と、まずは日本を豊かな強国にしてから一流国と対等になり、ある段階で軍事的に叩こうと考える永田鉄山や鈴木貞一・石原莞爾などの「統制派」の骨肉の闘争は有名です。

日本のような持たざる国が物資物量の豊富な大国と戦ってもまず勝ち目はない。しかしそれでは持たざる国の軍隊の存在理由なんて全然がない。物資兵力が劣勢でも精神を鼓舞し、側面攻撃などの戦略を活かして賢い短期決戦を挑めば、局部的な勝利を収める可能性はあるはずだから、その間に味方に有利な休戦にもちこむ道もあるだろう。

そういう苦し紛れの現実主義に立つ「皇軍派」の小畑たちは、武器より精神力が大事だと力説した「統帥綱領」と「戦闘綱領」を残してあの2.26事件で「統制派」との党派闘争に敗れてしまいます。

しかしいくら統制派でも単なる陸軍の派閥ですから、持たざる国を一挙に持てる国にするなんてたやすくは出来ません。それには長い時間と経験、そして政治・経済・社会全体にまたがる機能・権限の強力と集中が必要です。

それでもあえてここを強突破するためには、議会と明治憲法と天皇主権の掣肘をとっぱらって陸軍軍事独裁体制を敷く必要がありました。統制派きっての跳ね上がり石原莞爾は、わが国を豊かにして1966年に世界最終戦争を仕掛けるはずだったのに、実際にはおのれの理論をおのれの軍靴で踏みにじって「満州国」を創成!?しましたが、この恣意的で無思慮な試みが不毛な突出に終わったことは他ならぬ歴史が証明(未完のファシズム)しています。

そして「統帥綱領」と「戦闘綱領」の精神力賛美は、その後、中柴末純の歪んだ脳髄によって東条英機の「戦陣訓」に発展的に継承され、仮に劣勢でも勝敗に関係なく降伏せずに全員戦死せよ!という「一億玉砕」の思想に結晶していきました。

以上駆け足で著者の考えを紹介しましたが、その他にも宮沢賢治の文学と国柱会の関係など興味深い論考が随所で繰り広げられています。


介護される方が死ぬか介護する方が死ぬかそれが問題だ 蝶人



by amadeusjapan | 2012-07-28 08:55 | 読書

「山本周五郎戦中日記」を読んで



照る日曇る日第516回


本書には1941(昭和16)年12月8日の真珠湾攻撃の日から1945(昭和20)年2月4日までの日記が全文復刻されている。

当時彼は38歳。東京大森の馬込文士村に居を構え、連夜の空襲の中を防空壕と行き来しながら代表作となる「日本婦道記」などを雑誌に連載していたようだが、空襲を今か今かと待ちながら彼は「鉄兜をかぶって玄関先で小説を書き」、空襲警報が鳴ると組長として隣組を駆けずりまわって避難させ、敵機が去るとまた原稿用紙を広げ、ヒロポンを打ちながら徹夜して書きまくという日々が続くのである。

この頃の出版社は用紙が配給になり短編の依頼ばかりだったようだが、作家は愛する妻子のために、否それ以上に鬼畜米英と戦う祖国と同胞のために、彼の最善の小説を書くことをもって彼の戦争とみなしている。ここでは書くことが最前線で敵と砲火を交えている兵士の戦闘と完全に等価になっており、空襲で死ぬことも恐れぬ文字通り「決死の文学戦争」が書斎で戦われていたことが分かる。

 昭和19年11月9日には「スターリンが革命記念日に日本を侵略者と断言した。この事実の重さを責任者は正当に理会しているのか」という記述があるが、著者の願いも空しく当局はソ連に対する備えを怠り、昭和20年8月の対日宣戦と南樺太や北方領土の不法占領を許したことを我々は記憶し続けなければならない。

 「己には仕事より他になにものも無し、強くなろう、勉強をしよう。
 己は独りだ、これを忘れずに仕事をしてゆこう。
神よ、この寂しさと孤独にどうか耐えてゆかれますように」(昭和19年10月19日)

「しっかり周五郎」と綴った著者だったが、この日記が終わったあとの3月には東京大空襲で長男が行方不明となり、5月には愛妻を喪う。作家の命懸けの戦いは、その後も長く続いたのである。


過去に向きあうなんてそんな恐ろしい事あっしにはできまへん 蝶人



by amadeusjapan | 2012-05-26 09:37 | 読書

川西政明著「新・日本文壇史第六巻」を読んで



照る日曇る日第460回


葦平、泰次郎、泰淳、知二、順、宏、鱒二、道夫……、文士が、続々とアジアの戦場に出る。彼らは満州から中国、フィリピン、シンガポール、ビルマ、インド……、大東亜共栄圏のために積極的にしろ消極的にしろ陸海空で戦う。
そして著者は読者を道ずれに、にわか戦士となった文士のその足跡を、執拗に追う。追いながら、その抽象的な戦争体験ではなく具体的な戦場体験を疑似追体験しながら生々しく執拗にあぶりだす。戦争体験と戦場体験は天地ほども違う。

戦場は普通の市民を狂気に駆りたて、精神を錯乱させて地獄の亡者に変身させる。この世の修羅に全身を晒した彼らにとって、もはや理非曲直を冷静に判断することはできない。頭でっかちの歴史観は蒸発し、血と殺戮と動物的本能だけが彼の知情意を支配するのだ。

兵士相手の慰安婦たちの手摺れた肉体にはない村落の中国人女性の肉体を犯すことでおのれの肉体奥深く仕舞いこまれていた官能の火が消せなくなった文士がいる。中国兵を殺さざるを得なかった文士がいる。そして、それは、僕。それは、君。

中国女を強姦し、中国兵の捕虜を斬殺し、強盗、略奪、放火、傷害その他ありとあらゆる犯罪を意識的かつ無意識的に敢行する「皇軍」兵士と、その同伴者の立場に立たざるを得なかった文士たち。この陥穽を逃れるすべは当時もなかったし、これからもないだろう。

ひきよせて寄り添ふごとく刺ししかば声も立てなくくづをれて伏す 宮柊二

恐ろしい句だ。悲愴で真率の句だ。そして彼らは、この惨憺たる最下層の真実の場から再起して、彼らの戦後文学を築き上げていったのである。

私たちは、「戦争はいやだ。勝敗はどちらでもよい。早く済さえすればよい。いわゆる正義の戦争よりも不正義の平和の方がいい」、という井伏鱒二の言葉をもう一度呑みこむために、もう一度愚かな戦争を仕掛けて、もう一度さらに手痛い敗北を喫する必要があるのかもしれない。

田舎の一キリスト者として戦争に反対し牢屋に繋がれた祖父小太郎よ、あなたは偉かった。不肖の孫たる私にはあなたのような思想と信念と勇気はない。私は命じられれば唯々諾々と無辜の民を殺戮しそうな自分が怖いのだ。

脳内に兇暴なる鰐を飼うわたしたち 蝶人



by amadeusjapan | 2011-10-26 17:37 | 読書

ドナルド・キーン著「日本人の戦争」を読んで 前篇



照る日曇る日第302回

太平洋戦争中に戦死した日本人兵士の日記を読んで、「どんな学術書や一般書を読んだ時よりも日本人に近づいたという気がした」と語る著者は、このたびはわが国を代表する作家や学者、知識人、たとえば永井荷風や山田風太郎、高見順、大仏次郎、内田百聞、伊藤整、徳川夢声、渡辺一夫、海野十三、清沢洌などの戦時中の日記をふんだんに引用しながら、彼らがどのようにこの未曽有の非常事態を受け止めたかを記録し、時折抑制の利いた感想を付け加えています。

数多くのテキストが登場する中で、著者が特に頻繁に取り上げているのは、永井荷風、山田風太郎、高見順の三名の日記です。
戦時中の荷風の主な文学活動は、大正六年一九一七年からつけている日記でした。その文章は「その蒼枯、その艶麗、哀愁を含める小説といわんより詩に近き芸術愈々至境に入れり」と山田風太郎が評したようにじつに見事なものでしたが、その内容は愚かな戦争に自分と国民を巻き込んだ軍部に対する恨みと憎しみが随所に顔をのぞかせています。

当時もしもこのような危険な言及が外部に漏れたなら、ただでは済まされなかったでしょう。渡辺一夫のように官憲の検閲を恐れてフランス語で日記を書いていた人もいたわけですから、これは文字通り命がけの表現活動でした。

かの一九四五年三月の東京大空襲によって偏奇館が炎上した際にも預金通帳とこの日記だけは必死で持ち出したところに荷風という人の人柄がありありとしのばれます。

ちなみに著者によれば、岩波版の荷風日記は後世になってから荷風あるいは校訂者の手によって書き換えられた個所もあるので、オリジナルに近い東都書房版を参照するべきだとしています。

♪やれやれまたあの膨大な全巻の読み直しをせよというのか荷風散人 茫洋



by amadeusjapan | 2009-10-20 14:18 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧