人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:演劇 ( 19 ) タグの人気記事




チェーホフの「三人姉妹」を読んで観る



照る日曇る日第794回


 読んだのは昭和二五年に岩波文庫から出た湯浅芳子の翻訳、視聴したのはケラリーノ・サンドロヴィッチ演出のシスカンパニー製作のものをNHKが中継録画したものでしたが、いずれも期待を上回るようなものではありませんでした。

 私は何を隠そう湯浅芳子の人とその翻訳は好きなのですが、いかにも用字用語が古すぎてこればっかりはどうしようもない。それにこの芝居には仏蘭西語やラテン語なども出てくるのですが、フランス語はともかくラテン語などどこまで正確なのか、読んでいても甚だ心もとない。

 話の内容もだいたい知っていたのですが、三人姉妹がやたらモスクワへ戻りたいとか、生きていることの意味が知りたいとか、軍人が自分たちが消えてなくなっても次代の人間に資することができればそれでいいとか、わりとセンチメンタルなセリフを連発するのが気になります。

 ふと思うのですが、トルストイがベートーヴェン、ドストエフスキーはマーラーだとしたら、チェーホフはさしずめショパンかしら。人世観の基調に短調の抒情と詠嘆が疾走しています。

 さてお芝居の方ですが、長女オリガに余貴美子、次女マーシャに宮沢りえ、三女イリーナに蒼井優、男優に堤真一、段田安則などを取りそろえているにもかかわらず、蜷川演出と違って役者、特に堤真一は勝手に台詞を喋っているだけ。

 オーソドックスな演出といえばそうなのだろうけれど、子細に点検してみると一幕の終りでは台詞の順序を勝手に入れ替えているし、台本で「静かに笑う」と指定されている個所は、宮沢りえなどみな大声で莫迦笑いしている。

 ケラリーノ・サンドロヴィッチは「鬼才」だそうですが、全4幕をつらつら見物してもどこが鬼才なのかさっぱり分からない。これでは一昔前の新劇の舞台のほうがよほど完成度も感銘の度も高かったといわざるを得ません。
  

 それに彼自身が台本を用意したというのですが、まさか自分でロシア語から翻訳した訳でもないだろうし、いったい誰の翻訳に依拠しているのか。もしかすると著作権を無視してあれこれの脚本を自由に引用して「創作」しているのかもしれません。

 とまあさんざん悪口を書いてしまいましたが、私はこの演出家の演出ではなく、1980年代の「有頂天のケラ」時代の音楽活動を「鬼才」どころか「天才」の名に値すると今でも思っております。

 こんな下らない演劇から1日も早く足を洗って、狂気と笑いの怒涛のライヴ活動に復帰してほしいものです。



 へらへらとマルクス兄弟になりきって歌ってる君は有頂天のケラ 蝶人



by amadeusjapan | 2015-06-15 11:20 | 読書

明治座で「春日局」をみて



茫洋物見遊山記第167回


 明治座の前を通ったことはありましたが、ここで芝居をみるのは恥ずかしながら生まれて初めて。橋田壽賀子の原作・脚本、石井ふく子の演出で「春日局」を見物しました。

 主人公のおふくを高島礼子、お江与(江)を一路真輝、その他大空真弓、沢田雅美、京野ことみなどが出演しますが、滑舌を含めた総合的な演技力では徳川家康を演じた西郷輝彦に軍配が上がったのは私も意外でした。

 橋田選手の無用の長台詞をこの「星のフラメンコ」の歌手が音吐朗々と語り終えたのは見事。さすが元御三家だけのことはあります。

 されど元宝塚の一路真輝などは肝心の台詞が聞こえてこない。遊女役の京野ことみもいかにも演技が拙い。ヒロインの高島礼子にしたって、まあ学芸会に毛が生えたようなものでしょう。

 素人か素人同然の主役を輝かせるためにはよほど脇をしっかり固めなければいけないのに、それが出来ていない。

 演出はまるで3流のテレビドラマを見ているようで感傷的な音楽をやたら流して中高年の女性を泣かせようとするのですが、それが却って真の劇的効果を損なっていることをこのヴェテラン演出家は知らないようです。

 こういう大衆演劇をレベルアップさせるのは、小劇場の演劇や文楽や能や歌舞伎などをもういちど見直してみる必要がありそうです。

 なお本公演は23日まで人形町の明治座で。すぐ隣に水天宮の仮宮が工事のために引越して鎮座しています。


    散華とは国が強いたる犬死にと思い知るこそ慰霊なりしを 蝶人



by amadeusjapan | 2015-01-22 13:33 | 芸術

半蔵門の国立劇場で「南総里見八犬伝」をみて



茫洋物見遊山記第166回


 曲亭馬琴の有名な大河浪漫大小説を渥美清太郎がうまく脚色して尾上菊五郎が監修した本作は人情噺よりも立ち回りと荒事、そして要所要所でのと大仕掛けの場面転換が眼にも鮮やかな正月らしいエキサイティングな通し狂言でした。

 発端の里見家の息女、伏姫と迷犬八房の絡みからして規模雄大な舞台が幕を切って落とされますが、序幕本郷円塚山における犬山道節(尾上菊五郎)の火遁の術による華やかな登場、2幕目足利成氏館芳流閣上の犬塚信乃(尾上菊之助)と犬飼現八(尾上松緑)との息もつかせぬ大格闘が最大の見どころです。

 特に感動したのは回り舞台を回転する天守閣から信乃に蹴落とされた捕り手の面々が、バック転しながら舞台暗渠に落下したあと、その姿が3階席の私たちから見られないように黒布を前身に纏いながらゆるゆると姿を消していくことで、そんな隠れた細部にまで神経を遣っている役者魂にいたく感嘆させられたことでした。

 大詰の扇谷定正居城における善悪両党の一大決戦における鳴りもの光りもの大爆発は目が眩むほど華やかなものですが、もしかするとこういう勇壮無比な大スペクタクルこそ本来の歌舞伎の姿なのかもしれません。

 細部で瑕瑾無きにしもあらずながら、全体としてのお芝居の楽しさと勢いと鮮度は抜群でとりわけ美術部門、大道具、小道具の充実と健闘に拍手を贈りたいと思います。 

 なお本公演は来る27日まで。

  なにゆえに松竹歌舞伎座に行かないか阿呆莫迦再建計画には反対だった 蝶人



by amadeusjapan | 2015-01-16 10:15 | 芸術

横浜能楽堂で「熊野」を観る



茫洋物見遊山記第126回

いつもは本邦で音響1,2を争う県立音楽堂に行くために紅葉坂を喘ぎながら登るのですが、今日はその右奥にある能楽堂で第61回横浜能をみました。

演目は狂言が和泉流の三宅右近、近成演ずる「酢薑」で、シテの堺の酢売りとアドの津の薑(はじかみ=山椒)売りの2人が鉢合わせして酢と薑の利点をお互いに自慢し合う滑稽譚ですが、その頭韻を踏まえた両者の秀句(洒落句)セリフの切れ味の鋭いこと。作者が誰だか知りませんがよほど学のある人物に違いありません。

後半の能は金剛流の「熊野」(金春禅竹の作と伝えられ、「ゆや」と呼ぶ)でシテの熊野を豊嶋三千春、ワキの平宗盛を福王和幸が務めました。昔から「熊野松風に米の飯」と称されるほどポピュラーで興趣に満ちた能の代名詞的なこの演目は、何度見ても米の飯のように飽きない名作です。

平家物語の小さなエピソードを大きく膨らませた宗盛とその愛妾熊野の細やかな心遣い、そして胸に病床にある母親への思いを殺して舞う熊野の「中之舞」こそ、この演目のハイライトでしょう。この日の熊野の「中之舞」をマイケル・ジャクソンやEXILE(エグザイル)の外面模写的で内容空虚なロボトミー・ダンスと比べてみれば、本邦の中世の踊りがどれほど高雅な芸術的価値に満ち満ちているかが小学生にも分かることでしょう。

本作に限ったことではありませんが、歌舞伎という「江戸オペラ」で最も重要な役割を果たしているのが「下座音楽」であるとするならば、能という「室町オペラ」を特徴づけるのは笛(能管)、小鼓、大鼓(大皮)によって構成される三拍子(時として太鼓を加えて四拍子)の囃子方でしょう。

鋭くリズムを刻む笛、柔らかくシテの心情に寄り添う小鼓、非情で激烈な運命の転回を打哭する大鼓というトリオが奏でる音楽こそが「室町オペラ」、いな本邦の芸能の最下層に脈打つ「血の音楽」あるいは原始心母であり、この三拍子の囃子の一撃は、マーラーの交響曲第六番第四楽章のハンマーによる「運目の打撃」よりもはるかに骨身にしみ通るようにして私たちの心臓を直撃します。

かくして私たちは能を観るたびに、世界で最も単純にして、最も強力な音楽との出会いを果たすことになるのです。

またしても世界最強最美の音楽が鳴り響く六月一日横浜能楽堂 蝶人



by amadeusjapan | 2013-06-06 02:20 | 芸術

「円」の2013アンシャンテ公演「ビロクシー・ブルース」を観て



茫洋物見遊山記第125回

演劇にうとい私が生まれて初めて見物したニール・サイモンの自伝的ビルドゥングスドラマですが、非常に面白かった。

ときは第2次大戦中の1943年、アメリカ南部ミシシッピー州のビロクシーを舞台に作家をめざす主人公のユージンをはじめとする新兵仲間が、とても風変わりな鬼軍曹に徹底的にしごかれながらも軍人として一人前?になっていく疾風怒濤、悲喜交々、波瀾万丈の物語です。

そこでは洋の東西を問わず人間性を完膚無き迄に剥奪する軍隊組織の在り方、ユダヤ人や黒人、同性愛者への強烈な差別と偏見がするどく見据えられているのですが、その傍らでは新兵同士の友情や鬼軍曹への対決、主人公のユーモラスな娼婦初体験やロマンチックな初恋などが息もつかさず繰り拡げられ、見る者を飽きさせません。

特に興味深いのはユージンと同じユダヤ人のエプスタインという若者で、彼がおのれの思想と信条を武器にしながら身を挺して非情で冷酷な軍隊組織と孤立無援の戦いを続けていく姿は感動的ですらある。こういう人物こそがアメリカの民主主義の根底を支えてきたのでしょう。

訓練を終えて軍隊紙「スターズ&ストライプス」の記者となった主人公をのぞいて戦場に赴いていった仲間たちの多くが悲惨な結末を迎えたというエピローグを聞くと、思わず胸が痛くなりました。

演出も役者も新人ばかりの自主公演とはいえ、どんなセリフも耳にきちんと届くヴェテラン芦沢みどりの達意の翻訳、低予算を逆手に取ってパイプ什器のみで軍営や列車などの空間を自在に表現した舞台装置の工夫など、随所に見どころ聞きどころのある自主公演でした。
◎本公演は本日28日と明日29日まで演劇集団「円」(東京メトロ銀座線「田原町」下車)にて上演中。
http://www.en21.co.jp/
http://enchante2013.web.fc2.com/

全山が緑というがその緑ぜんぶが全部違っているのだ 蝶人



by amadeusjapan | 2013-05-28 11:56 | 芸術

ベス・ヘンリー作芦沢みどり訳「クライムス・オブ・ザ・ハート」公演を観て



茫洋物見遊山記第122回

久しぶりに演劇の「ナマ」を体験しました。演劇集団「円」の若手俳優、演出家たちによる自主公演「クライムス・オブ・ザ・ハート」です。

これは女性演劇作家ベス・ヘンリーの出世作で、1974年10月のアメリカ南部ミシシッピーを舞台にちょうど30歳の誕生日を迎えた長女レニー、27歳の次女メグ、24歳の三女ベイブのマグラス三姉妹が二日間にわたって繰り広げる疾風怒涛、波瀾万丈のしちゃかめっちゃか物語です。

「三人寄れば文殊の知恵」とか申しますが、とんでもない。チエーホフでも「かしまし娘」でも、姉妹が三人いるだけで悲劇と喜劇がないまぜになった人世ドラマが粛々と幕を開けることは、三人姉妹の一人と一緒になったわたくしには非常によく分かります。

しかし『魂の罪』と題されたこの作品で露呈されるのは、煉瓦工場で働きながら祖父の介護に滅私奉公せざるを得ない長女の鬱屈や、プロの歌手を目指してカルフォルニアで孤立無援の戦いを続ける超お節介屋の饒舌と強がりと孤独、町内の大物弁護士に嫁ぎながら十五歳の黒人の少年と情を通じ、夫のDⅤに耐えられずに発砲してしまい、愛猫と一緒に首吊り自殺した母親のあとを追ってガスレンジに首を突っ込む末女の絶望などなどです。

私たちは劇が進むにつれて、(狂乱の七〇年代という舞台とは無関係に)おのれの生をおのれらしく生きようとするときに私たちが発散する独善的なエゴイズムとそれと同じ数の有形無形の心身の傷跡について思いを致さないわけにはいかないのです。

やれやれ、近しき人間はそれゆえにお互いを傷つけずには生きていけないのか、と村上春樹選手にならってため息のひとつふたつも出そうになったところで、一時は悪罵炸裂修復不能近親憎悪精神異常悪魔女集団とも思われたこのマグラス三姉妹の上に、苦あれば楽ありとでもいうように、神様は優しい癒しの御手をそっと差し伸べられるのですが、それは見てのお楽しみ。

よく練られた脚本と最も適切な日本語への繊細な置き換えが新人熱演の舞台の転回を見事に支え、これは近来出色のバフォーマンスと申せましょう。


◎本公演は本14日と明15日(いずれも午後2時開演)の2回のみ。
5月24日から29日までニール・サイモン作「ビロクシー・ブルース」も始まりますよ!
http://enchante2013.web.fc2.com/

全国の学友諸君お元気ですかこの国は右翼だらけになりました 蝶人



by amadeusjapan | 2013-05-14 11:35 | 芸術

「ドナルドキーン著作集第6巻 能・文楽・歌舞伎」を読んで



照る日曇る日 第573回

 
私は西洋音楽が好きで、殊にモザールのオペラを愛していて、電脳上のあざ名を「あまでうす(あざーす)」と名付けているくらいだが、その大好きなモザちゃんの遥か高みを天駆けるのが浄瑠璃と江戸歌劇場の下座音楽である。ちなみに三島由紀夫の最愛の音楽は「人形抜きで演奏される浄瑠璃」だったが、さすがと膝を打たずにはいられない。

よしんばそれがどんな下らない演目、下手くそな演奏であろうとも、その最初の太夫の一声、三味線の撥の一撃、太鼓の一打を耳にした途端に全身が蕩けて陶然となってしまうこと、かのエーリッヒ・クライバーの棒の一閃による「フィガロの結婚」の序曲の開始のエラン・ヴィタールの比ではなく、これこそ私たち日本人の原始心母に先天的にうがたれた天然情動装置の仕業に違いない。

さて本書には、最近晴れて日本人となられたキーン翁が若きアメリカ人時代から孜々と筆を進めた能と歌舞伎と人形浄瑠璃に関する論文やエッセイが粛々と一巻にまとまられているが、かくも私たちを理屈抜きに感動させる古典芸能の成立史やその魔術の謎、世界に冠たる芸術の特性についてきわめて精緻に解き明かされている。

例えば能の役に応じて使用される衣装の色彩の「位」や、文楽の人形を操る三人の人形遣いの実際の仕事がこれほどきめ細かく具体的に記述されたことが、かつてあっただろうか。

また翁が若き日にものされた「文学的主題としての継母の横恋慕」と題する論文では、聖書、古代エジプト・インド神話と文学、ホメロス、エウリピデス、ラシーヌ、今昔物語、源氏物語、大唐西域記、宇津保物語、摂州合邦辻などを縦横無尽に引用して、東洋と西洋におけるヒッポリュトス的三角関係を見事に論じ切って去っている。

この本は読んで為になるばかりか、読者に一刻も早く能や浄瑠璃が上演される舞台や劇場に駆けつけたいと思わせる不思議な魅力に満ちているが、その原動力とは翁が本邦の古典芸能に寄せる無類の尊崇と愛情だろう。

さあて木が入り太鼓が吼えて幕が開く。つま弾く三味に野太い太夫の声がして、 さあさ浄瑠璃のはじまりはじまり 

春一番御所人形のごとき童かな 蝶人



by amadeusjapan | 2013-03-17 02:22 | 読書

ピナ・バウシュ演出ウッパタール舞踏団の「私と踊って」を視聴して


♪音楽千夜一夜 第209夜


ほんとはこれは音楽としてはドイツの古い民謡が効果的に使われていても、音楽以上に演劇と舞踊と音楽が混然一体となった一種の総合芸術なのだが、どこに入れたらいいのか分からないので、ここで千夜一夜することにする。

昨日も今日も風が強く、さっき庭で2羽の紋白蝶が交尾しようという体制に入っていたのだが、風だけではなく、そういう気分にならなくなってしまったので、1尺ほど離れた別々の葉っぱに止まって薄青い筋の入った翅をしっかり閉じて、まだ夕方なのに早い夜に入ってしまったけれど、この「私と踊って」という作品は、ある男と女のまさにそういう関係を劇にしていると思った。

はじめは女が、次に男が、男と女に恋をして、最後の最後に全員が舞台の最前列に勢ぞろいして「「私と踊って!」と叫ぶ時に男と女の切ないまでの純粋存在が真っ裸の無垢の状態で全面開示され、観客の心の奥底を鋭く貫きとおすのであるが、芝居の見どころとしてはそこに至るまでの男女のかけひき、すなわち愛の提示や虚勢や内心の葛藤や絶望や憎悪やらのほとんど見るに堪えない荒々しい展開にある。

青年男女も胡蝶も、できたら好きな相手と性交したいと念じてはいるのだが、昆虫においてすら性交や生殖は生の最終目標ではなくて、その周辺、その周縁に散らばっている歌や踊りや休憩や沈思や買い物や睡眠や蕩尽や暇つぶしにこそ、生の本質、換言すればクチュールというものがある、ということをピナ・バウシュ選手はわれらに伝えようとしているのだ。

言言肺腑を衝くという言い方があるとしたら、これは見見臓物を抉るとでもいうべきパフォーマンスであろう。女を演じたジョセフィン・アン・エンディコットの熱演が感動的だった。


別々の葉っぱで眠る紋白蝶 蝶人



by amadeusjapan | 2011-06-25 17:05 | 創作

井上ひさし著「井上ひさし全芝居その七」を読んで



照る日曇る日 第412回

この最終巻に収められたのは、「夢の裂け目」「夢の泪」「夢の痂(かさぶた)」、「水の手紙」「円生と志ん生」「「箱根強羅ホレル」「私は誰でしょう」「ロマンス」「少年口伝隊一九四五」「ムサシ」「組曲虐殺」という著者最晩年を華やかに彩った戯曲たちである。

彼が一枚一枚、一字一字神田金港堂のモンブランで書き刻んだ戦中戦後の日本人の精神ドラマを雪降る春の夕べに読んでいると、わが心の裡なる幻のステージで、豪華絢爛な演劇メドレーが次々に再演されていくような錯覚に陥り、さらに親子二代に亘ったこの頑固な「共産主義者」が、革命家小林多喜二を扱った「組曲虐殺」で擱筆せざるを得なかった運命を顧みると、感慨無量のものがある。 


けだしこれほどに面白くて可笑しく、我等の生活と思想について深々と躓かせてくれる演劇作家の最新作ともはや対面できないという悔しさと哀しさがこみあげてくる全七四五頁というべきであろう。

「組曲虐殺」についてはかつてこのスペースで感想を述べたことがあるが、著者の最後から二番目の「ムサシ」と同様、敵味方の流血の争闘をアウフヘーベンする無類の「笑いを含めた許しの境地」にいたく感銘を覚えた。前者ではタイトルとはうらはらに「虐殺」の血糊をあえて見せず、後者では二人の剣豪は対決を中止してそれぞれの平和の道を究めることになるのである。

これらの宥和的な姿勢は、東京裁判を取り扱った「夢の裂け目」「夢の泪」「夢の痂(かさぶた)」の三部作や、広島の原爆投下の悲劇を主題にした「少年口伝隊一九四五」の糾弾的なスタンスとはかなり異なるもので、これをもって著者晩年の思想的進化と見るのか、はたまた退歩ととらえるのかは、観者によってそれぞれの感想があるだろう。

私が今回のベストに選んだのは、ロシアの文学者チエーホフの生涯を描いた2007年に書きあげられた「ロマンス」で、ここにはチエーホフの芸術と人生のエッセンスが、著者みずからの創作の喜びと悲しみと重ね合わせるようにして、ひそやかに歌いあげられている。死んだ日露二人の芸術家は、骨の髄までボードビリアンだったのである。


利幅薄き莫大小の商いで10億円を寄付したる人 茫洋



by amadeusjapan | 2011-03-17 10:35 | 読書

「井上ひさし全芝居 その六」を読んで

照る日曇る日 第382回


昔昔貧乏な学生時代の私は、主にNHKの舞台大工のアルバイトやビル建築の真夜中の肉体労働でかろうじて生活していました。NHKにおける泊まり込みの主な仕事は「歌のグランドショー」と「ひょこりひょうたん島」のスタジオのセッティングでしが、後者の人形劇の作家の一人が井上ひさしという人物であることを知ったのは私が見事リーマンになりおおせた後のことじゃった。

彼の本業である演劇はテレビでしか見たことがなかったが、宮沢賢治の父親を佐藤慶が演じた「イーハトーボの劇列車」や樋口一葉の薄幸の生涯を描いた「頭痛肩こり樋口一葉」にはいたく感動し、いずれは彼の劇作品をのこらず見物してみたいという希望を抱いていた矢先にこの春に急逝してしまった。

それでという訳でもないが先日は小説の遺作「一週間」を読み、続いてこの本をひもといてみたという次第です。

本巻に収められたのは「父と暮らせば」「黙阿弥オペラ」「紙屋町さくらホテル」「貧乏物語」「化粧二題」「連鎖街のひとびと」「太鼓たたいて笛吹いて」「兄おとうと」の八編であるが、どの作品も心血を注いで書きあげられた傑作ぞろいでありました。

この人の脚本は単に内容がすこぶるつきに面白いのみならず、舞台や人物の設定やセリフやら音楽の吟味が徹底的に具体的な上演に即して書かれていることで、これは普通の戯曲家が普通にやるレベルをはるかに超えている。小澤征爾が振る「白鳥の湖」ではプリマドンナがずッこけるが、これがモントーやゲルギエフならみんな安心して踊れるというようなことである。

「父と暮らせば」「紙屋町さくらホテル」は広島鎮魂劇であるが、いずれも丸山定夫や園井恵子のサクラ隊の全滅などを直接描かず、幕が静かに、あるいは急速に降りた直後に惨劇の実態がくっきりと像を結ぶ手腕は並みのものではない。

河上肇と吉野作造兄弟、林芙美子をそれぞれ題材とした「貧乏物語」、「兄おとうと」「太鼓たたいて笛吹いて」も内容豊かな力作であるが、私は敗戦直後の旧満州を舞台にした喜劇的な音楽劇「連鎖街のひとびと」がいたく心に沁みた。そこでは演劇が過酷な現実を無化しようとする途方もない夢が丸裸で転がっている。

思えばこの戯曲家は、むずかしいことをやさしく,やさしいことをふかく,ふかいことをおもしろく,おもしろいことをまじめに,まじめなことをゆかいに,ゆかいなことをいっそうゆかいに、という彼の願いどおりの作品を、後の世代のために書き遺したのであった。



難しいことをもっと難しくその難しいことを浅はかにその浅はかなことを面白おかしくさわぐ世間よ 茫洋



by amadeusjapan | 2010-10-24 15:57 | 読書

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧