人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:芝居 ( 2 ) タグの人気記事




「円」の2013アンシャンテ公演「ビロクシー・ブルース」を観て



茫洋物見遊山記第125回

演劇にうとい私が生まれて初めて見物したニール・サイモンの自伝的ビルドゥングスドラマですが、非常に面白かった。

ときは第2次大戦中の1943年、アメリカ南部ミシシッピー州のビロクシーを舞台に作家をめざす主人公のユージンをはじめとする新兵仲間が、とても風変わりな鬼軍曹に徹底的にしごかれながらも軍人として一人前?になっていく疾風怒濤、悲喜交々、波瀾万丈の物語です。

そこでは洋の東西を問わず人間性を完膚無き迄に剥奪する軍隊組織の在り方、ユダヤ人や黒人、同性愛者への強烈な差別と偏見がするどく見据えられているのですが、その傍らでは新兵同士の友情や鬼軍曹への対決、主人公のユーモラスな娼婦初体験やロマンチックな初恋などが息もつかさず繰り拡げられ、見る者を飽きさせません。

特に興味深いのはユージンと同じユダヤ人のエプスタインという若者で、彼がおのれの思想と信条を武器にしながら身を挺して非情で冷酷な軍隊組織と孤立無援の戦いを続けていく姿は感動的ですらある。こういう人物こそがアメリカの民主主義の根底を支えてきたのでしょう。

訓練を終えて軍隊紙「スターズ&ストライプス」の記者となった主人公をのぞいて戦場に赴いていった仲間たちの多くが悲惨な結末を迎えたというエピローグを聞くと、思わず胸が痛くなりました。

演出も役者も新人ばかりの自主公演とはいえ、どんなセリフも耳にきちんと届くヴェテラン芦沢みどりの達意の翻訳、低予算を逆手に取ってパイプ什器のみで軍営や列車などの空間を自在に表現した舞台装置の工夫など、随所に見どころ聞きどころのある自主公演でした。
◎本公演は本日28日と明日29日まで演劇集団「円」(東京メトロ銀座線「田原町」下車)にて上演中。
http://www.en21.co.jp/
http://enchante2013.web.fc2.com/

全山が緑というがその緑ぜんぶが全部違っているのだ 蝶人



by amadeusjapan | 2013-05-28 11:56 | 芸術

演劇集団円公演『コネマラの骸骨』を見る



茫洋物見遊山記 第2回


ロンドン生まれの若き劇作家マーティン・マクドナーの話題作『コネマラの骸骨』を見物してきました。これはアイルランドのリーナン地方を舞台にした、はちゃめちゃに面白いどたばた活劇シリーズの第2作で、第1作の『ビューティークイーン・オブ・リーナン』と第3作の『ロンサムウエスト』はすでに同じ劇団の「円」の手で上演されています。

あらすじや批評などは別のところに書いてしまったのでここでは繰り返しませんが、マクドナーの芝居の第1の特徴は、いずれも人間の心の奥底に潜んでいる狂気や殺意や孤独を恐ろしいまでに深々とえぐり出している点にあります。

しかもそれらの表現がきわめて恣意的、発作的、痙攣的に展開されるように見える点に第2の特色があります。マクドナーは、いわば演劇の即興性とでもいうべき境地を目指しているようです。はしなくも今回の上演では、それが劇場狭しと飛び交う「骸骨の百叩き」ジャムセッションという形で露呈しました。

3番目には「聖なるもの」と「性なるもの」への独特のこだわりです。神や教会や神父という宗教的権威に対する憎悪と反発はかなり度を越しているだけに、逆にそれが彼の生と倫理に生得のものとして厳しく粘着していることをうかがわせるのです。

性的な問題の取り扱いも興味深いものがあって、たとえばこの芝居の中で「男性の性器は涜神的であるから墓地に埋葬できないために業者が切断して飢饉に苦しむアイルランドの民衆にトラックで売り捌いている」という真に迫った冗談が出てきますが、そういう罰当たりなセリフをふんだんにまき散らすのがこの遅れてやってきた怒れる若者のお上品な本領と思われます。

真夜中の教会の墓地で、ランプを照らしながら妻の死体を掘り出す主人公……。しかしその荒涼とした光景よりも人間の魂の中の風景はもっと寒々しく、もっともっとおどろおどろしく、悲しくもはかないものであることに、この芝居を見た人はきっと気づくことでしょう。


森新太郎の演出はいつの間にか安心して見ていられるレベルに到達し、芦沢みどりのいつもながらの生き生きとした翻訳によるテキストを、山乃廣美、石住昭彦、吉見一豊、戎哲史の役者陣が好演しています。
また衣装の緒方規矩子が、原作者マクドナーを思わせる悪童マーティンに、英国の通信会社ボーダーフォンのロゴ入りTシャツをさりげなく着せていたことにいたく感銘を受けました。


♪半世紀遅れてやって来た若者マーティン・マクドナー怒れ怒れもっともっと怒れ! 茫洋



by amadeusjapan | 2009-10-23 08:06 | エッセイ

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧