人気ブログランキング |

晴風万里

タグ:鎌倉 ( 287 ) タグの人気記事




鎌倉文学館にて「鎌倉文士・前夜とその時代」展をみて



茫洋物見遊山記第194回&鎌倉ちょっと不思議な物語第362回

 同館が主宰する文学散歩に参加していながら、肝心の展覧会がまだだったので、快晴の午前にひとわたり見物してきました。
 例によって川端康成とか久米正雄とか、里見弴とか高見順とか小林秀雄とか芥川龍之介なんかの実筆がずらずら並んでいましたが、中村光夫選手なんかの字は細かいですね。
 字が細かい人はやはり繊細で神経質なのかなあと思いながら、ガラスケースの内外を眺めていたら、超細かくて虫めがねでもなければてんで読めない文章がありました。
 それは驚いたことに築地警察署から小林多喜二が確か中野重治の娘さんに宛てた手紙で、内容は特にどうということはないが、そのすぐ後に虐殺されるとはこれっぽちも思えないほど晴朗なトーンで延々と書かれ、なにせ警察からの手紙ゆえ定められた極小スペースに牛ぎゅう詰めの超細字で面々と綴られているのでした。
 しかし鎌倉文士でもないのに、どうして小林多喜二の手紙が展示されていたんだろう?
 多喜二と彼女はどういう関係だったんだろう?
 あとは妻に宛てた芥川の、神経症的で、律儀で、異様な遺書がいま読んでも不吉なオーラを放っていたなあ。芥川とか太宰とかは作品だけで遠くから付き合ってればいいけれど、実際に交渉するとなると大層気骨が折れる厄介な人物だったんだろうなあ。
 なお同展は来る12月13日まで同館にて寂しく開催ちう。

    東の空より谷戸に光差し竜胆の花いま開かんとす 蝶人



by amadeusjapan | 2015-12-10 15:05 | 鎌倉案内

原節子死す



そんな私のここだけの話op.215&鎌倉ちょっと不思議な物語第361回

 原節子嬢が9月5日に95歳で亡くなっていたというニュースを聞いて、ああついに来るべきものが来た、という感慨に襲われた。このひとだけはいつまでも死なないのではないかとひそかに考えていたのだが、天網恢恢そうは問屋が卸さなかったのである。

 原節子という人は詰らない作品の詰らない役にもたくさんでており、必ずしも演技がうまかったとは思わないが、小津をはじめ成瀬、黒澤両監督のメガフォンに助けられ、その存在自体が既に何者かであるというような希少な価値を獲得するに至っていたかけがえのない俳優のひとりであった。

 晩年は私の家にほど近い浄明寺の隣に隠棲しておられたので、時々散歩がてら生垣の向こうの離れを覗きこんでみたが、それらしい人影はついに見当たらなかった。


これで日本映画史は最終コーナーを回り、とうとう日本の大女優はひとりもいなくなってしまったことは淋しさの極みである。

 
 「わたし悪いんです。悪い女なんです」原節子は永遠に死なない 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-26 14:16 | 鎌倉案内

速報! 生誕100周年記念「柿本幸造 絵本原画展」in鎌倉のご案内




鎌倉ちょっと不思議な物語 第360回

鎌倉に55年間住んだ絵本作家、故柿本幸造さんの絵本原画展が開催されます。

誰もが知っている「どうぞのいす」や「じゃむじゃむどんくまさん」から隠れた名作まで、錦秋の3日間に限り、貴重な原画が勢ぞろいしています。

どうぞお子様連れで鎌倉までお運びください。会場は駅から歩いて2分の鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉)ギャラリーで、入場は無料です。

                  記

2015年11月27日から29日 10時から17時まで
(初日は13時から、最終日は16時まで)

問い合わせ03-6868-3785 NPO読書サポート


  鎌倉の十二所に住みし柿本さんの眼どんくまさんに似て限りなく優しい 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-21 13:05

秋の鎌倉文学散歩



茫洋物見遊山記第192回&「鎌倉ちょっと不思議な物語」第359回


 鎌倉文学館の主催で年3回行われているこの催しですが、今回は「鎌倉文士の足跡」を辿るウオーキングでした。

 というても行動半径は駅の周辺の近場ばかり。午前10時に裏駅の時計広場に集合してお昼前には駿河銀行前で解散という短時間ツアーなんだね。もちろん文学館の学芸員の方が用意されたテキストをもとに懇切丁寧な解説をしてくださいますので毎回勉強になります。

 鎌倉文士というのはキザで嫌な言葉ですが、そもそも文士というのは武士という言葉ともども古事記や吾妻鏡に出ているといわれて、ちょっと驚きました。その当時は役所の事務方という意味で現在のように文学者などを意味しなかったそうですが。

 久米正夫、高見順、川端康成などの鎌倉文士が、戦争末期に喰うに困って始めた貸本屋「鎌倉文庫」は鶴岡会館付近にあり、その開設準備は小町通りと若宮大路をつなぐ路地にあった「龍謄」という喫茶店で行っていたそうです。

 昭和20年8月17日に鎌倉養生院で肺結核で亡くなった島木健作も、その死の直前までこの「鎌倉文庫」の企画に賛同して蔵書を提供しています。

 ちなみにこの鎌倉養生院というのは現在の清川病院で、中原中也も昭和12年10月22日にこの病院で亡くなっているので、私は彼らを悼むべく毎年の健康診断をこの倒産寸前の由緒ある病院で行っているわけです(笑)。

 中也と云えば以前の日記で、最晩年に彼が長谷の玩具屋「からこや」で空気銃を買ったと書いてしまいましたが、今回のツアーでそれは下馬四つ角にあった「林家」という今は材木屋になっている百貨店で買い求めたそうです。

 中也はそれで八幡様の鳩を撃ったようですが、私ならさしずめそこらへんにうようよしている凶悪にして獰猛なる台湾栗鼠を撃滅したいですなあ。


   月並みにあらざるはずの歌選び新聞歌壇に投稿するなり 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-12 13:31 | 鎌倉案内

鎌倉国宝館で「鎌倉震災史」展をみて



茫洋物見遊山記第191回&「鎌倉ちょっと不思議な物語」第358回

 いつも仏像や御雛様の展示をしている国宝館が異色の展覧会を来る12月6日まで開催しています。題して「鎌倉震災史」。歴史地震と大正関東地震という副題がつけれれているとおり、当地における有史以来の地震や津波や地割れ、建築物倒壊、死傷や人身事故の赤裸々な実態を歴史文書と絵巻物、写真などで明らかにしています。

 「吾妻鏡」を読んでいると驚くのは鎌倉の地に夥しい天変地異が起こっていることで、その中には8回の地震&津波情報の他に、化物や精霊、怨霊、妖怪のたぐいの出現と併せて天文の異常を伝える記述も多く、そのたびに幕府はパニックになって例の博士に占わせています。

  例えば寛喜2(1230)年には、大規模な震災と山崩れ、液状化現象が、わが家の近所で発生しました。

 三代将軍実朝が父頼朝を偲んで1212年に建立した大慈寺(現在はカトリック修道院が建っている)の七堂伽藍は、裏山の阿弥陀山の大崩壊によって次々に倒壊し、滑川をはさんだ広大な敷地は、激震と液状化現象によって甚大な被害を蒙ったと「吾妻鏡」にも記されています。

 その後も鎌倉は建長5(1253)年6月の大地震、正嘉元(1257)年8月23日の山崩れ、地割れ、湧水、後代に入ると1703年の元禄大地震、1923(年の関東大震災など先日の東日本大震災に匹敵するほどの災害を経験しているのです。

 
 「天災は忘れたころにやってくる」と申します。ことし寛喜大震災から785年、関東大震災からは92年を迎える鎌倉が、またしてもの大震災に見舞われる日は、それほど遠くないでしょう。


   鎌倉がくたばる前に私をくたばらせてよ神よ仏よ 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-09 13:10 | 鎌倉案内

高橋源一郎選手独演会



「鎌倉ちょっと不思議な物語」第357回&バガテル-そんな私のここだけの話op.214


 秋日和の昨日は、商工会議所で鎌倉文学館開館30周年記念の「鎌倉文士前夜とその時代」という講演会があり、高橋源一郎、館長の富岡幸一郎両氏の対談があった。

 富岡と云う人はてんで知らないが、私は処女作「さようなら、ギャングたち」以来の源ちゃんのファンなので楽しみしていたのだが、源ちゃん、定刻になっても現われない。

 会場を間違えたそうでおよそ10分間の遅刻であったが、対談は完全に源ちゃんのペースで、演題のテーマからは明後日、しあさっての方角へどんどんずれてゆくのだが、そのはちゃめちゃなずれが、ほとんど晩年の小林秀雄の講演さながらの見事な落語になっていて、成程新旧鎌倉文士の要諦は座談の御笑いの洗練された芸にあるのかと笑い転げつつも唸らされた。

 源ちゃんは現在64歳であるが、これまで5回結婚していて、およそ50回引越ししたので、作家業より不動産の目利きであると自慢していた。彼は現在妙本寺の森の中にある素敵な隠れ家に住んでいるが、以前鎌倉にいたときはロシア文学者の神西清の旧邸に居住していて、この家は扉を開いた瞬間に、「この家に決めた!」と声が出るほど素晴らしい家だったらしい。

 彼は鎌倉とは不思議な縁で結ばれていて、大学時代の寮は鎌倉にあったし、70年代の10年間は当地の斎藤建設の土方をやっていたので、鎌倉中の下水道工事は自分が手がけたと自慢していた。

 いわゆる鎌倉文士が酒を喰らっている間に、地べたを這いつくばって働き、別れた最初の奥さんへの慰謝料、養育費を払っていたわけで、ここに源ちゃんの原点があるのだろう。

 文学については「自分は過去の文学を全部破壊してやるという意気込みで取りかかったが、おじが戦争で死んだルソン島へ行って戦争のことなどをつらつら思いみると、あにはからんや過去の文学のしんがりに連なっていると痛感する」

「これからは老人の時代だ。文学は時間の藝術だから年季の入った老人の新人が登場するのではないか」

「他の藝術は無理だろうが、文学だけは認知症になっても大丈夫。武者小路実篤や小島信夫、庄野潤三の最晩年の名品を見よ」

 等々の気炎があがり、最後は海あり山ありの鎌倉は永住の地としては最高だ。万歳万歳と地元賛歌のお手盛りシャンシャン音頭で楽しく幕を閉じたのでありましたあ。


 10年かけてゆるゆるとこの国の農業牧畜業を壊滅させるTTP 蝶人



by amadeusjapan | 2015-11-07 11:55 | 鎌倉案内

「神奈川県立美術館鎌倉館&別館」にて最後の展覧会をみる



茫洋物見遊山記第189回 &鎌倉ちょっと不思議な物語第356回


 鎌倉からはじまった。PART3を見物しました。もう何回もみた作品が並んでいてとても懐かしかったのですが、高村光太郎の「上高地風景」という油絵や、島崎藤村の息子、鶏二の「風景」、内田魯庵の息子内田巌の「少女像」、舟越保武の「萩原朔太郎像」などには、はじめてお目にかかりました。

 でも私の眼は、どうしても松本俊介の「自画像」や「立てる像」の修敏な暗さや佐伯祐三の色彩の輝き、古賀春江のモダンな「窓外の化粧」、暗欝な「サアカスの景」などの方へ走ってしまいます。

 ああ、天才はどうして若死にしてしまうんだろう。

 古賀選手最晩年の巨大な二枚は川端康成がこの美術館に寄贈したそうですが、当時こんな前衛的な作品をいち早く購入していた見識は只者ではありませんな。作者が死んだ年に描かれた絶筆の「サアカスの景」ではラクダが宙に飛ぼうとして飛べずにいるのが、まるで絵描き自身の進退窮まった姿のようです。

 今回はこれが最後ということで中三階にある別室に入ることが許されましたが、当館を建築した坂倉準三の手になる製図板、椅子、机なども置いてありました。

 あそうそう、彼はここの喫茶室も内部の造作もみな自分でやっていて、なかなか趣味が宜しい。空間を構成する手際に和的なインチメイトな感性をかんじます。

 三室を全部見終わってこれまで開催された展覧会のカタログなどをみていたら地震があった。しばらくガラスがミシミシ揺れてスタッフの女性が怯えていましたが、はしなくもここはまだ耐震対策を施していない建物であったことを思い出しました。

 本館の内部のあれやこれやをバチバチ写真に撮ってから別館へ行って「工芸と現代美術」展を駆け足で見物しましたが、魯山人やイサム・ノグチがおいてあった。魯山人はどこか山師みたいなところがあってあまり好きではありませんが、大ぶりの陶器などは気宇壮大なところがあって気持ちが良い。

 ノグチが広島原爆慰霊碑のためにつくったマケット(雛型)があったが、米国人故に使用されなかったそうですが、実現されていたらすごい仕上がりになったことでしょう。

 この展覧会は来年1月31日までやっているので、最後の最後のお別れにもういちど来てもいいかなと思いつつ妻と後にしました。


  天才は若死にするが鈍才はしぶとく生きる悔やんで生きる 蝶人



by amadeusjapan | 2015-10-22 13:56 | 美術

川喜多記念映画館でアーサー・シュレシンジャー監督の「真夜中のカーボーイ」をみて



闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.889& 鎌倉ちょっと不思議な物語第355回



邦題の「カーボーイ」じゃなくて正しくは「カウボーイ」ですね。 なんか水野晴郎という人の勝手な思いつきでそうしたようですが、下らない冗談は顔だけにしてほしかった。

 映画は、はじめは脱兎のごとく終わりは処女膜を喪失した処女の如く哀しい。
 まあいうならば、アメリカのテキサスの田舎町からNYへ出てきた能天気なカウボーイの青春と友情、その挫折を描くアメリカン・ニューシネマの佳作ずら。

 ところで1960年代の後半からアメリカン・ニューシネマがブームになったのは、1930年代から敷かれていた米国の表現コードがちょうどこの頃に解禁されたからだという噺を聞いたことがあるが、それって本当かなあ。

 それにしてもジョン・ボイトとダスティン・ホフマンはどうしてあんなに最後まで惹かれあったのだろう。もしかしてホモセクシャル? いやそうではないだろうな。

 今回はテレビの録画ではなく、珍しく鎌倉の川喜多記念映画館でみた。以前は確か800円だったけど、1000円に値上げしたらしい。そのせいかだいぶ席が空いていた。

 ここは川喜多長政・かしこ夫妻の旧邸があった広大な山と庭園付きの広大な土地で、ご夫妻の一粒種の川喜多和子さんが亡くなられたあとで鎌倉市に寄付されて現在のような形になったのだが、和子さんの亭主である柴田駿さんが社長をしていたフランス映画社が倒産したときに、もしこの土地があったらそれを免れることが出来たかもしれないという思いにとらわれたことだった。

  柴田駿さん、いまどうされているのだろうか?


    アジサイのごとき男女うごめくシネマかな 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-13 11:14 | 映画

鏑木清方記念美術館で「秋の情趣展」をみて



茫洋物見遊山記第188回 鎌倉ちょっと不思議な物語第354回


 鏑木清方の旧邸に建つ美術館で、清方の多彩な表現を楽しむ「秋の情趣展」を鑑賞しました。今回は「孤児院」という珍しい題材の大きな日本画に接してちょっと驚きました。制作されたのは明治35年ということですが、当時はとても珍しい社会福祉施設だったと思われますが、それゆえに画家の好奇心が動かされたのではないでしょうか。

 おそらく孤児たちの教育を担当するであろう若く美しい女性が描かれているのですが、その華やかな衣裳(トップスは着物でボトムは緑色のロングスカート)と足を無造作に投げ出したポーズがちょっとこの場になじまない感じで、そこが面白いと思いました。

 ちなみにこの年清方は24歳、夏目漱石は倫敦にあって精神衰弱の噂を立てられており、9月には根岸の子規庵で正岡子規が34歳の若さで亡くなっております。鏑木清方は、なんと94歳の天寿をまっとうしたのでした。

 なお本展は来る月10月18日まで閑古鳥鳴く鳴く開催中。



   なんとなく先逝く人が羨まし日に日に近付く嵐思えば 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-10 10:52 | 美術

鎌倉国宝館で「仏像入門展」をみて



茫洋物見遊山記第187回 鎌倉ちょっと不思議な物語第353回

 残念ながら去る6日の日曜日に終ってしまったのだが、この夏休みのお子様向けと思われた展覧会は、仏像のあれやこれやを知りたい大人にも非常に為になる有意義な展覧会であったずら。

 会場には寿福寺の薬師如来や円覚寺の「阿弥陀三尊像」、怪しく面妖な秘仏「歓喜天像」など数多くの仏像がずらりと並んでいて、如来と菩薩と明王、天部の違いを懇切丁寧に教えくれるのでした。

 悟りを開いた釈迦をモデルにした最高尊の如来には、釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来などがありますが、薬師は左手に薬鉢を持っているので明快ですが、釈迦如来と阿弥陀如来の区別はなかなか難しい。

 鎌倉大仏を釈迦如来とみた与謝野晶子は、

  かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな

 と誤って詠んだわけですが、阿弥陀如来の手の印の結び方と釈迦如来の定番の両手を重ねるスタイルはちょっと似通っていて、よーく観察しないとその違いが分からないからです。

 しかし、もしかすると晶子さんは、じつはその違いが分かっていながら、あえて「釈迦牟尼」と詠んだのではないでしょうか。なぜかというと、これが阿弥陀如来なら

  かまくらや  みほとけなれど 阿弥陀如来は 美男におはす  夏木立かな

 のように第3句が字あまりになって、無事におさまらないからです。牟尼は釈迦の尊称ですから、阿弥陀牟尼とする訳にもいきません。

 後年、彼女は周りからやいやい言われて、仕方なく

  かまくらや  仏なれども大仏は 美男におはす 夏木立かな

 という改定版をつくったりしましたが、これがいかに駄目な歌かは御本人がいちばんよく知っていたと思います。


 かまくらや 高徳院の大仏は 来年はじめに ドック入りとか 蝶人



by amadeusjapan | 2015-09-09 13:51 | 美術

あまでうすが綴る音楽と本と映画と詩とエッセイ
by amadeusjapan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

最新のコメント

sukebass117..
by amadeusjapan at 11:47
コメント失礼します。 ..
by sukebass117 at 14:39
こんにちは。 私も汐留..
by desire_san at 23:10
santiargonさ..
by amadeusjapan at 14:18
明白な輪郭も色彩もなく、..
by santiargon at 13:54
santiargon さ..
by amadeusjapan at 11:21
desire_sanさん..
by amadeusjapan at 11:19
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 06:39
埴谷雄高の『自動律の不快..
by santiargon at 04:23
こんにちは。 私も六本..
by desire_san at 13:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧